13回忌法要にふさわしいお花とは?選び方や金額相場について解説

13回忌のお花はどのようなものを選ばれますか?法要では欠かせないお花、実際に選ぶとなると選び方や金額など迷われることも多いのではないでしょうか? 今回、記事ではそのような時のために13回忌の法要にふさわしいお花の選び方や金額について解説します。

目次

  1. 13回忌のお花について
  2. 13回忌法要とは
  3. 13回忌のお花は誰が用意するの?
  4. 13回忌のお花の選び方
  5. 13回忌にふさわしいお花の種類
  6. 13回忌に贈るお花の金額相場は?
  7. 13回忌にお花を贈るときのマナー
  8. 13回忌のお花は持ち帰っていいの?
  9. 13回忌のお花についてまとめ

13回忌のお花について

お花

13回忌の法要とは故人を偲び、思い出をご遺族やご親族と語り合う大切な儀式です。

13回忌の法要でお花をお供えしたいと思うのは故人を変わらず大切に思っているからこそ。

しかし、いざ13回忌の法要のためにお花を選ぶことになった場合、どのようなものが良いのか、いくら位の金額がふさわしいのか、迷われることはありませんか?

そこで今回終活ねっとでは

  • そもそも13回忌法要とは
  • 13回忌法要のお花を準備する人
  • 13回忌法要にふさわしいお花の選び方
  • 13回忌法要のお花の種類
  • 13回忌法要のお花の金額相場
  • お花を贈る時のマナー
  • 法要後のお花の持ち帰りについて

以上のポイントを中心に13回忌法要にふさわしいお花の選び方、金額相場について解説していきます。

おすすめのお花なども紹介していますので是非最後までお読みください。

13回忌法要とは

仏壇

まず13回忌法要とは一体どのようなものでしょうか?

13回忌法要とは故人が亡くなって満12年の命日に行われる法要のことです。
命日に集まるのが難しい場合は、その前後で法要が行われます。

たくさんの人を集めて、法要を行うのは7回忌までのご家庭が多いようです。
13回忌となるとご身内や非常に親しかった人たちだけで執り行われることも珍しくありません。

しかし、集まる人々が減ったといっても13回忌法要が、ご遺族たちににとって、大切な日であることには変わりありません。
そのような大切な一日を彩る素敵なお花を選びたいものですよね。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
13回忌についてもっと詳しく知りたい方はぜひ以下のもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“13回忌” とは? - 終活用語集

人の死後満12年、数えて13年目の忌日です。また、その日に行う法事のことです。13年忌とも言います。 13回忌には宇宙の真理である金剛界大日如来様とひとつとなります。 13回忌の法事・法要は満12年目の命日に行ないます。

13回忌のお花は誰が用意するの?

お墓

13回忌のお花は誰が準備すれば良いのでしょうか?

これは基本的に施主が準備します。
ご仏壇やお墓用のお花が基本となりますが、法要の時は仏壇のみではなく仏壇周辺も飾り付けられる方が多いようです。

また、法要に参列される方がお花をお供えされたり、法要に参列できない方からお花を送られたりすることもあります。
頂いたお花は一緒に飾り付けましょう。

依頼すればお寺が法要時のお花を準備してくれることがあります。
法要をお寺でする場合の時のみが多いようですが、事前にお寺に相談されるのも良いでしょう。
もし、お寺がお花を準備してくださるのであれば、かかる費用も合わせて確認しましょう。

13回忌のお花の選び方

null

それでは本題の13回忌のお花の選び方について解説していきます。

13回忌は故人が亡くなられてから年数の経った法事です。
よって、亡くなられてから日の浅い四十九日や、一周忌の時よりも、明るい色合いのお花を選ばれても問題ありません。

明るい色の花を選ぶ

13回忌でのお花は、もちろん故人へのお供えの意味合いもありますが、遺族の心の慰めとしての意味もあわせ持ちます。
集まった方々が見ていて和やかになるような明るい色のお花を選びましょう。

しかし、真っ赤や真紅などといった慶事に使われる色や派手すぎる色合いはまだ避けたほうが無難です。

四十九日や一周忌の時などは白を基調としたお花を選ばれたと思います。

13回忌ではこれにとらわれず、白以外にも黄・赤・紫・青・ピンク・パステルカラーなどを取り入れてお花を選びましょう。

故人の好きだった花を選ぶ

故人の好きだったお花が分かるようであれば是非そのお花をお供えしましょう。
故人の好みを周囲の人たちが覚えていてくれる、この心遣いはご遺族に大変喜ばれるものです。

また故人の好きだったお花が分からない時でも、個人の好きだった色などを上手く取り入れて、お花を準備されるのもお勧めです。

棘や毒のある花は避ける

13回忌ともなると四十九日や一周忌ほどお花の選び方にルールがあるわけではありません。
しかし、やはり刺のあるバラや、毒をもつ彼岸花などは避けたほうが良いでしょう。

この理由は刺や毒のある花はお供えを活ける人の手や、故人、仏様を傷つける、お供えに用いる花器を傷つけるなど諸説色々あるようです。

また棘や毒のある花以外にも香りの強すぎるお花も部屋に匂いが染み付いたりするため、避ける方が無難です。

13回忌にふさわしいお花の種類

それでは具体的によく法要で使われるお花の種類を見ていきましょう。

胡蝶蘭

胡蝶蘭

胡蝶蘭は、洋蘭の一種で大輪の花を何輪も咲かせるためとても華やかなお花です。
色も白や淡いピンク、黄色、グリーンなど様々なものがあり法要にもよく使われます。

花持ちも非常に良いことも人気の理由の一つです。
鉢花が多く出回ているイメージですが切花でも流通しています。

鉢花ですが鉢のサイズが大きく非常に豪華なスタンダート胡蝶蘭や、スタンダートな胡蝶蘭より鉢のサイズ花も小さなミニ胡蝶蘭もあり、選択肢も豊富です。

百合

null

百合は、純潔の象徴とされ冠婚葬祭の幅広いシーンで利用されます。
こちらのお花も一本の茎に大輪のお花を複数輪咲かせます。

色は白や淡いピンクなど落ち着いた色が多いのですが、背丈の高さ、花の大きさなどから大変華やかな印象を与えます。

わずかに芳香するものもあり、人気の高いお花です。

ただし香りが強すぎるものや、花粉が仏壇や参列者の服を汚してしまうことがありますので、贈られる場合はそのことに注意が必要です。花粉の処理などは事前に花屋さんなどへお任せしましょう。

菊

は日本において法要時のお供えの定番のお花です。
皇室の家紋にもなっているお花で、高貴という意味を持つお花でもあります。

一輪咲の菊はやや落ち着いた印象を与えるかもしれません。
しかし、この菊以外にも、スプレー咲タイプのものや、お花の形が丸く可愛らしいピンポン菊など種類は様々です。

色は一輪咲の菊は白・黄・赤が中心ですが、スプレー菊はその3色以外にもピンクやグリーンなど様々な色があります。
ピンポン菊も白・黄・赤の他に淡いピンクや淡いオレンジがあります。

カーネーション

カーネーション

カーネーションは母の日の代表的なお花です。
母の日前後には鉢花も出回りますが、通年多く流通しているのは切花です。
色はピンク・黄・オレンジなど単色のものから、ピンク地に白い縁取りなどの複色のものまで様々です。
キリスト教の場合ではカーネーションがお供えの花の中心となっています。
日本でも冠婚葬祭の幅広いシーンで使われています。

花の大きさは百合や蘭と比べると小さいですが、他のお花と組み合わせやすく人気があります。

どのお花が良いか迷ったときは?

ご紹介しましたように、13回忌の法要ではお花選びの幅が広がります。
このため一層お花を迷われる方がいらっしゃるかもしれませんね。

このような場合は、お花屋さんに、お花を組み合わせた花束やフラワーアレンジメントがありますので、それらを選ばれるとよいでしょう。

13回忌に贈るお花の金額相場は?

困った人々

13回忌に贈るお花の金額の相場について解説します。

まずは法要に参列される方の場合です。
ご仏前を別に用意されますので、¥5000~10000前後が相場のようです。

次に法要に参列できない方についてです。
お花のみを贈られる場合が多いかと思います。
この場合、花束などの切花でしたら¥8000~¥10000、鉢物でしたら¥10000~¥20000が相場だと言われています。

故人との関係やご遺族との付き合いの深さなどによって贈るお花は変わってきます。
この相場を目安に贈るお花を決められてはいかがでしょうか?

13回忌にお花を贈るときのマナー

メッセージ

法要に合わせお花を贈る場合、最低限注意しておきたいマナーをまとめました。

法要の日程を事前に確認しておく

法要の日程・場所を事前に確認しておきましょう。

法要の日程は祥月命日当日とは限りません。日程が前後している場合もありますので、必ず確認しましょう。

また13回忌の法要の場所も確認しましょう。
お寺やホテルなどご自宅以外でも13回忌の法要は行われます。
お花はその会場に届くようにします。
ご自宅以外にお届けするときは、どなたへお届けするお花なのか明記し手配することが大切です。

法要の前日に届くように贈る

お花は法要の前日までに届くようにしましょう。

13回忌の法要の当日、何かと施主は忙しいものです。

当日にお花の受け取りなどがあると思わぬ負担をかけてしまうかもしれません。
しかし、お花のお届け日が早すぎても法要当日にお花が傷んでしまう可能性があります。

このような事態を避けるため、お花は法要の前日に届くようにするのが良いでしょう。

メッセージを添える

お花には送り主のお名前だけではなく、メッセージも添えましょう。
お花を贈る方からのメッセージがあるとより一層ご遺族に喜ばれます。
故人への変わらぬ感謝の言葉やご遺族へのねぎらいの言葉を是非お花に添えてみてください。

13回忌のお花は持ち帰っていいの?

花

基本的には持ち帰っても良いとされています。

しかし、お寺やご住職によっては故人の供養のためにお花をお供えしたままの方が良いとされていることもあります。
墓地・霊園に必ず確認してみましょう。

13回忌のお花についてまとめ

お花

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは13回忌にふさわしいお花の選び方や金額について

  • 13回忌のお花は明るい色のものを選んで良い
  • 棘や毒のあるお花、派手すぎる色のお花は避けたほうが無難
  • 13回忌の法要には菊以外にも胡蝶蘭や百合の花などが好まれる
  • 13回忌の法要にお花を贈る場合、前日に届くようにしたほうが良い
  • 13回忌のお花の金額の相場は¥8000前後から
  • どのお花のが良いか迷ったらお花を組み合わせてもらう

以上のポイントを中心に解説しました。

13回忌の法要は身近な人々で個人を偲ぶ会になります。
場にあったお花を選び、集まった方々と共に良い一日を過ごしたいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

「13回忌・お花」に関連する記事

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「13回忌・お花」についてさらに知りたい方へ

3回忌法要のお花は何を選べばいい?金額相場や人気のお花をご紹介のサムネイル画像

3回忌法要のお花は何を選べばいい?金額相場や人気のお花をご紹介

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

四十九日でお供えする花はどうする?花の種類や金額相場を解説しますのサムネイル画像

四十九日でお供えする花はどうする?花の種類や金額相場を解説します

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!のサムネイル画像

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

四十九日のお花について解説!お悔やみの手紙やお返しまでご紹介のサムネイル画像

四十九日のお花について解説!お悔やみの手紙やお返しまでご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「13回忌・お花」についてさらに知りたい方へ

3回忌法要のお花は何を選べばいい?金額相場や人気のお花をご紹介のサムネイル画像

3回忌法要のお花は何を選べばいい?金額相場や人気のお花をご紹介

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

四十九日でお供えする花はどうする?花の種類や金額相場を解説しますのサムネイル画像

四十九日でお供えする花はどうする?花の種類や金額相場を解説します

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと