3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

3回忌においては、故人にゆかりのある人もたくさんいらっしゃいます。そんな3回忌における引き出物として、何を用意すべきでしょうか?終活ねっとでは今回、3回忌の引き出物についてどのようなものを用意すればよいのか、そして、のしの書き方についても解説していきます。

目次

  1. 3回忌の引き出物について
  2. 3回忌の引き出物の金額相場
  3. 3回忌にオススメな引き出物を紹介
  4. 引き出物につけるのしに関するマナー
  5. 引き出物の渡し方
  6. 3回忌の引き出物のまとめ

3回忌の引き出物について

葬儀

引き出物とは、法事に参列された方が持参した香典やお供え、お花などに対する返礼品となります。
年忌法要において3回忌法要は、故人にゆかりのある方も招いて実施する大きな法要となることが一般的です。

したがって、たくさんの参列者がいらっしゃいますので、どのくらいの金額でどんな引き出物を用意すべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回、終活ねっとでは3回忌法要の引き出物について、以下のような内容でまとめてみました。

  • 3回忌の引き出物の金額相場
  • 3回忌にオススメな引き出物を紹介
  • 引き出物につけるのしに関するマナー
  • 引き出物の渡し方

今回の記事を参考に3回忌法要の引き出物について、どのようなものを用意し、引き出物をお渡しする時のマナーについての知識を整理して、皆様の終活にお役立てください。

また、安くお坊さんを手配したいという方はこちらをご覧ください。

3回忌の引き出物の金額相場

お金

引き出物にどんな物を用意するか考える際、まずはどのくらいの金額のものを用意すべきかが気になるところではないでしょうか?
一般的に引き出物の金額の相場は、いただいた金額の1/2~1/3といわれています。

ただし、法要においては会食を実施、会食の場で引き出物をお渡しする場合もあります。
また、参列していただいた方へのお礼としての意味もお返しには含まれ、このお返しの考え方としては会食と引き出物をセットで考えることが一般的です。

したがって、お供えとしていただいた金額にかかわらず、引き出物としては2千円~5千円程度のものを用意しておけば問題ありません。

3回忌にオススメな引き出物を紹介

null

3回忌法要として用意すべき品物の相場については、2千円~5千円程度が相場だとお伝えしました。

では、具体的にどのような品物を選択すれば良いのでしょうか?
引き出物は、お忙しい中参列いただいた方への返礼品ですので、会食と併せて感謝の気持ちを形にして伝えるものです。
したがって、選択する品物はどんなものを用意すべきか迷ってしまう方もたくさんいらっしゃると思います。

そこでここでは、3回忌法要における引き出物としてオススメな品物をご紹介していきます。
どのような引き出物を選ぶべきか迷ってしまっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

寝具・タオルなどの実用品

タオルは、引き出物として最もよく選ばれている品物です。
特に白いタオルは、白装束で旅立つという意味が込められていることから白いタオルが引き出物としては良く選ばれています。

また、昔は白いタオルと同様の意味を込めて「さらし」が引き出物として選ばれていましたが、最近では「さらし」に代わってシーツや毛布などの寝具も引き出物として選ばれています。

石鹸や洗剤などの消耗品

石鹸や洗剤などは「けがれを洗い流す」という意味が込められて、引き出物として選ばれている品物です。
また、石鹸や洗剤はどのような家庭でも必要とされるものであり、持ち帰る際にもあまり荷物にならないということなどから引き出物として選ばれております。

日持ちするお菓子

引き出物として選ばれるものとして、食べて「なくなるもの」として日持ちするお菓子なども良く選ばれています。
慶事ではありませんのであまり華やかなお菓子ではなく、おまんじゅうや最中など、お茶受けに喜ばれるようなお菓子を選択すると良いでしょう。

お茶やコーヒー

日持ちするお菓子と同様に、消え物として選ばれる品物としてはお茶やコーヒーが選ばれています。
お茶であれば参列者がどのような年齢層の方であろうとも万人受けする品物ですし、コーヒーももらってうれしい品物の一つです。

最近では、人気コーヒーチェーン店のおしゃれな引き出物もありますので、引き出物として人気の品物とされています。

カタログギフト・商品券

最近では、参列者が自由に好きな引き出物を選べるという理由から、カタログギフトや商品券を贈る場合も増えてきています。

引き出物として何を選んでいいか迷ってしまい、なかなか決めることのできない場合にはカタログギフトや商品券を検討してみると良いでしょう。

ただし、ご年配の方や目上の方のなかにはカタログギフトや商品券の引き出物に対してあまり良い印象を持たない方もいらっしゃいますので、事前にどのような方が参列されるかを調べたうえで選択する必要があります。

引き出物につけるのしに関するマナー

葬儀

法要の時に用意する引き出物については、のしをつけることとなりますが、のしにはいくつかの種類があり、どののしをつけていいのか分からなくなってしまうこともあります。
49日法要なのか3回忌法要なのか、どののしを使うべきかはその法要によって異なってきます。

では、3回忌法要ではどののしを使えばマナー違反にならないのでしょうか?

ここでは、3回忌法要ではどののしを使うべきなのか、そしてのしの表書きの書き方、のし紙のつけ方などについて解説していきます。

のしの種類

のしには、結びきり水引が「黒白」、「黄白」、「青白」などの種類があります。

水引の色については、金・銀・紫・赤・藍・緑・黄・黒、とあり、黒に近づくにしたがって「弔事」に使用され、金に近づくにつれて「慶事」に使用されます。
そして、3回忌法要における引き出物ののしについては、結びきり水引が「黒白」又は「黄白」を使用することが一般的なマナーとされています。

全国的には「黒白」の水引きが一般的であり、「黄白」の水引きは、関西圏でよく使われている水引きです。

表書きの書き方

次に表書きの書き方を紹介します。
引き出物ののしの表書きについては水引きの上に「」又は「粗供養」と記載し、その下に施主の名前を記載するようにします。

「志」は宗教を問わず使える表書きです。
また、「志」という字には「気持ち」を表す意味があることから、感謝の気持ちを表すものとして一般的に記載される表書きとされています。

なお、神式の場合は「偲草」、キリスト教の場合には「記念品」と表書きに記載することもありますのでご参照ください。

のし紙の付け方

のし紙のつけ方にも種類があることをご存知でしょうか。
のし紙のつけ方には、「内のし」と「外のし」というつけ方があり、一般的に「内のし」は弔事に「外のし」は慶事に選ばれるつけ方とされます。

では、「内のし」と「外のし」について以下で解説していきます。

内のし

内のしは、のし紙を包装紙の下につけるのし紙のつけ方で、のし紙が包装しの内側に付けられることから控えめな印象を与えます。

したがって、慶事と違って控えめに引き出物をお渡しする弔事においては、内のしでが好まれることが一般的です。

外のし

外のしは、包装紙の上からのし紙を付けるつけ方であり、表書きが先方良く伝わることから主に慶事におけるのしのつけ方とされています。

しかし、地域や風習によっては「外のし」が弔事に使われる場合もありますので、事前に確認して選択することが好ましいでしょう。

墨の色は何色?

通夜や告別式の場合、「急な出来事で急ぎ準備したため墨が磨れなかった」ことや「すずりに涙が落ちて墨が薄くなってしまった」という風習から薄墨でも問題ないとされています。

ただ、49日法要後についてはあらかじめ法要の時期が分かっていることから準備する期間が十分あるため、黒墨で表書きを書くことが一般的となっています。

しかし、地域によっては49日法要後も薄墨で表書きを記載することがマナーとされる場合もありますので、地域の風習などを事前に確認した上で、準備すると良いでしょう。

引き出物の渡し方

葬儀

引き出物は、法要に参列いただいた方への感謝の意味を込めてお渡しするもので、あらかじめ事前に会場に準備しておき、しかるべきタイミングでお渡しすることとなります。

では、引き出物はどのようなタイミングでどのようにお渡しするのが良いのでしょうか?
3回忌法要においては、会食が用意されている場合や会食が用意されていな場合など、どのように法要が進められるかによって引き出物をお渡しするタイミングが異なります。

そうすると、会食が用意されている場合と用意されていない場合では、どのタイミングでどのように引き出物をお渡しするべきなのでしょうか?
ここでは、3回忌法要における引き出物をお渡しするタイミングやその時の挨拶についてご紹介いたします。

引き出物を渡すタイミング

引き出物をお渡しするタイミングとしては、基本的には3回忌法要の法事がすべて終了したタイミングとなります。
つまり、参列者をお見送りする際にお渡しすることが一般的です。

ただし、3回忌法要においては、法事の後に食事会がセットになっている場合が多いです。
法事の後に食事会が設けられている場合には、事前に食事会の席に引き出物を用意しておいてもらい、食事会が終了したタイミングでお渡しするのがタイミングとしては良いでしょう。

基本的に引き出物は、施主が参列者一人一人に手渡しすることがマナーとされていますので、できる限り手渡しすることを心がけましょう。

引き出物を渡す際の挨拶

引き出物をお渡しする際には、参列していただいた感謝の意も込めて、しっかり挨拶をしながらお渡しすることが大事です。

上記でもお伝えしましたが、3回忌法要においては、会食がある場合とない場合があります。
したがって、会食の有無によって、どのような挨拶をしながら引き出物をお渡しすべきなのか、3回忌法要の内容によって異なってきます。

以下では、会食がある場合とない場合でどのような挨拶をすべきなのか、一般的な挨拶の例を掲載しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。
どのような挨拶をどのタイミングですべきか、ご親族の方とも相談の上、検討すると良いでしょう。

会食がない場合

会食がない場合には、3回忌法要が終わったあと、参列者一人一人に手渡しすることとなります。
その場合には、以下のような言葉をかけながらお渡しすると良いでしょう。

ささやかですが心ばかりのものをご用意しました。
今後ともよろしくお願いいたします。

会食がある場合

会食がある場合は、会食の場に事前に引き出物を用意してあります。
したがって、会食の挨拶の際には以下のような言葉とともに引き出物をお渡ししましょう。

お荷物となり恐縮ですが、皆様のお手元に心ばかりのものをご用意してあります。
どなたさまもお忘れなきようお持ちかえりください。

3回忌の引き出物のまとめ

葬儀

以上、3回忌の引き出物についてまとめてきました。
今回終活ねっとで紹介したポイントは以下のようになります。

  • 一般的に引き出物の金額の相場は、いただいた金額の1/2~1/3といわれているが、お供えとしていただいた金額にかかわらず引き出物としては2千円~5千円程度のものを用意しておけば問題ない。
  • 引き出物の品物としては、「寝具・タオルなどの実用品」、「石鹸や洗剤などの消耗品」、「日持ちするお菓子」、「お茶やコーヒー」、「カタログギフト・商品券」などがおすすめ
  • 引き出物につけるのしの種類としては、水引が「黒白」又は「黄白」のものを選ぶ。
    表書きには「志」又は「粗供養」と記載し、弔事におけるのしのつけ方は「内のし」が一般的。
    墨の色は黒墨で書く。
  • 3回忌法要後に会食がある場合には会食後にお渡しし、会食が無い場合には法要後に手渡しすることが重要。
    お渡しする際には、適切な挨拶をしながら引き出物をお渡しする。

いかがだったでしょうか。
3回忌は、故人にゆかりのある方を含めてたくさんの方を招いて実施する最後の法要です。

施主として、最後の引き出物をお渡しするところまでマナーとして気を配りたいですね。

今回の記事を参考に、法要を迎えることとなった場合でも、施主として細かいマナーまでしっかり把握して整理してみてください。

「3回忌・引き出物」に関連する記事

「3回忌・引き出物」についてさらに知りたい方へ

  • 17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説のサムネイル画像

    17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説

    17回忌の引き出物をどうしようか悩んでいませか?17回忌ともなれば、ほぼ身内だけの小さな法要になります。だからこそ難しいのが引き出物ではないでしょうか?17回忌の引き出物に使う金額の相場や、地域によって違う熨斗の書き方を解説します。

  • 四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説しますのサムネイル画像

    四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します

    四十九日法要の引き出物には、どんな品物を選んだらよいのでしょう。故人を偲んでお供えをしてくださった皆様に、感謝の気持ちが伝わる品物を選びたいものです。今回の終活ねっとでは、四十九日法要の引き出物について詳しく解説します。

  • 一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

    一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!

    家族の一周忌に集まってくださった皆様にお渡しする品物を「引き出物」といいます。節目となる法事・法要の引き出物にどんなものがよいのか悩む方も多いようです。そこで今回は一周忌の引き出物について詳しく解説します。ぜひ最後までお付き合いください。

  • 3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

    3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

    3回忌には、お供えのお礼として引き出物をお返しする必要がありますよね。では、3回忌の引き出物に用いるのしはどのように準備すればいいのでしょうか?今回は、引き出物に用いるのしについて、表書きや水引きなどご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!のサムネイル画像

    一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!

    一周忌には、親族だけではなく生前交友関係のあった友人なども参列していただくのが一般的です。事前準備や引き出物・引き菓子の準備に不安はありますよね。今回は、一周忌のマナーとして、事前準備やオススメの引き出物・引き菓子についてご紹介しますので、ぜひお読みください。

  • お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!のサムネイル画像

    お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!

    お葬式の際には、参列してくださった方々に対してお礼の品、いわば引き出物を渡す事になりますが、これらについての細かいマナー等は調べないと分からない事が多く有ります。そこで、これらに関する効率的な理解の促進の為、本記事ではお葬式の引き出物についてまとめていきます。

  • 一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!のサムネイル画像

    一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!

    法要は誰もが経験することでありながら、分からないことが多いですよね。一周忌への参列の際にはお供えを持っていきますが、法要を行う側の場合、どのようにお返しすればよいのでしょうか。本記事をお読みいただき、一周忌でのお供えのお返しに関する疑問を解消していきましょう!

  • 四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!のサムネイル画像

    四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!

    仏教では亡くなってから49日目を「満中陰」と呼び、四十九日法要が行われます。では、御供物料を入れるのし袋や、お供え物・引き出物にかけるのし紙は、どのようなものを使用すれば良いのでしょうか。今回は、四十九日法要で使う熨斗について詳しく解説いたします。

  • 33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介のサムネイル画像

    33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介

    33回忌法要とは故人が亡くなってから30年以上が経過した時期に行われます。長い年月を経て行われる儀式には、どんなものをお供えしたらよいでしょうか。今回は33回忌のお供えにふさわしい品物や金額の相場についてご紹介します。ぜひ参考になさってください。

  • 一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説しますのサムネイル画像

    一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説します

    故人が亡くなって1年経つ頃に行われる一周忌の法要は、親族にとっては節目の行事ですね。けれども、一周忌の準備を進めとお返しの品物やマナーについて、意外と知らないことが多いのではないでしょうか?そこで、今回は一周忌法要に用意すべきお返しの品物について解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「3回忌・引き出物」についてさらに知りたい方へ

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説のサムネイル画像

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説しますのサムネイル画像

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します

一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!のサムネイル画像

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!

お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!のサムネイル画像

お葬式の引き出物に関する情報、まとめました!

一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!のサムネイル画像

一周忌のお供えへのお返しマナーは?お礼状の書き方もご紹介します!

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!のサムネイル画像

四十九日法要で使う熨斗(のし)とは?水引の色や書き方を解説!

33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介のサムネイル画像

33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介

一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説しますのサムネイル画像

一周忌のお返しはどうする?お返しの品物やのしについても解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「3回忌・引き出物」についてさらに知りたい方へ

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説のサムネイル画像

17回忌の引き出物は何を渡すの?金額相場や熨斗(のし)も解説

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説しますのサムネイル画像

四十九日法要の引き出物に適した品物とは?のしの書き方も解説します

一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像

一周忌の引き出物はなにを用意すればいいの?のしの書き方も解説!

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説のサムネイル画像

3回忌の熨斗(のし)の表書きの書き方や水引きについて解説

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!のサムネイル画像

一周忌の引き出物と引き菓子は何を贈る?マナーもご紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと