13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説

13回忌などの法要ではお供え物を渡すのが一般的です。しかし、いざというときに何をお供えしたらよいか分からず悩まれた方も多いと思います。そこで、今回は13回忌に適したお供え物とその注意点などを分かりやすく解説していきます。

目次

  1. 13回忌のお供え物には何を選べばいいの?
  2. 13回忌法要とは?
  3. 13回忌に適したお供え物をご紹介
  4. お供え物の注意点
  5. お供え物を包むのしについて
  6. お供え物の渡し方
  7. お供え物は法要後にどうするの?
  8. 法事でのお供え物にお返しは必要?
  9. 13回忌のお供え物のまとめ

13回忌のお供え物には何を選べばいいの?

お墓

13回忌などの法要は参加する機会も少ないです。
そのため、いざという時に何をお供えしたらいいものかお悩みの方も多いと思います。

13回忌の機会に久しぶりに家族や親戚に会う方もいるでしょう。
だからこそ、失礼のないようにお供え物を選んで贈りたいものですよね。

そんなお悩みをお持ちの方は必見です。

今回終活ねっとでは、13回忌のお供え物について、13回忌に適したお供え物とその注意点やお返しについて以下をポイントに解説していきます。

  • 13回忌法要とは?
  • 13回忌に適したお供え物をご紹介
  • お供え物の注意点
  • お供え物を包むのしについて
  • お供え物の渡し方
  • お供え物は法要後にどうするの?
  • 法事でのお供え物にお返しは必要?

失礼のないようにお供え物を選ぶために、一緒に学びましょう。
また、後半ではお供え物の渡し方や法事でのお供え物にお返しについても解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

まだ法要の予定がない方もいざという時に必ず役に立ちますよ。

また、お坊さんをよりお安く手配したい方はこちらもご覧ください。

13回忌法要とは?

困った人々

13回忌法要とは何でしょうか?

年忌法要の一つで、故人が亡くなってから12年目に行う仏式の法要です。
故人を偲ぶ大事な場として、遺族や親族、故人と仲の良かった友人などが出席し営まれます。

また、7回忌以降は限られた親族だけで小規模に執り行われるのが一般的とされています。

なお終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
13回忌法要についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“13回忌” とは? - 終活用語集

人の死後満12年、数えて13年目の忌日です。また、その日に行う法事のことです。13年忌とも言います。 13回忌には宇宙の真理である金剛界大日如来様とひとつとなります。 13回忌の法事・法要は満12年目の命日に行ないます。

13回忌に適したお供え物をご紹介

仏壇

13回忌に適したお供え物とは何でしょうか?
ここでは、それを選ぶポイントなどを具体的にご紹介していきます。

それでは、適したお供え物とは何か一緒にみていきましょう。

お菓子

お菓子は日持ちするものを選ぶのがポイントです。
傷みやすいものであったり賞味期限があまりにも早いものも避けましょう。
故人が好きだったお菓子を持っていくのも良いとされています。

またお菓子などは、出席された方にそれぞれ分けて持ち帰っていただく場合が多く、小分けに袋詰めされているものなどが喜ばれます。

具体的にはおせんべいやあられの詰め合わせ、クッキーなどの焼き菓子、ゼリー、羊羹などが多く選ばれています。

果物

果物もお菓子と同様にできるだけ傷みやすいものを避け、日持ちするものを選びましょう。

また、お供え物には丸い果物が向いています。
丸いものは「円=縁」という昔からの考え方があり、丸い果物は縁起物としてお供えに向いているとも言われています。

具体的には、みかん、オレンジ、グレープフルーツ、りんご、ぶどうなど選ばれることが多いです。
夏に定番のスイカやメロン、桃なども大変人気です。

お花

一周忌以降のお花のお供えは白を基調したものでなくても良いとされています。

今回の場合は13回忌なので、一般的には胡蝶蘭やユリを中心として、白や黄色、紫などのお花を加えましょう。
故人が好きだった花も選ぶと喜ばれます。
また、お花選びが不安な場合は生花店で相談に乗ってもらうのも良いかもしれません。

ただし、花選びには注意点がいくつかあります。

バラなどの棘のあるお花や毒のあるものを送るのは避けましょう。
また、赤色などの派手な色のお花や匂いのきついものは、故人を偲ぶ場にはふさわしくないので注意してください。

さらにお花などはお手入れもしなければならないので、お手入れのしやすいものを選ぶなどの配慮をすると喜ばれます。

お供え物の金額相場は?

ではお供え物の金額相場はどれくらいでしょうか?

地域や家族によっても考え方や習慣が違ってきます。
また、家族でない場合は故人とどの程度のお付き合いかによっても金額は変わってきますが、だいたい、5千円〜1万円程度が相場として考えれます。

住んでいる地域や家族によっても相場の違いがありますので、不安な方は周りに一度相談してみると良いでしょう。

お供え物の注意点

仏壇

上記で適したお供え物について述べましたが、他にも様々なお供えものがあります。
一方で、お供え物に適さないものも多数あります。

ここではお供え物に関する注意点を解説いたします。
招かれた先で失礼のないように、お供えものには適さない物もあること覚えておきましょう。

肉・魚はNG

肉や魚といった生鮮食品はマナー違反とされています。

なぜ肉や魚がタブーとされているのでしょうか?
これは「殺生」を連想されるものとして考えられ、お供え物にはふさわしくないとされています。
また、傷みやすく賞味期限が短い面から見ても避けるべきです。

肉や魚以外にもタブーとされているものがあります。

  • 五辛(ごしん)もの
  • 日持ちしないもの

五辛(ごしん)ものもお供えにはタブーとされています。
古くから仏教では食べることを禁じられている、特に匂いや辛味が強い野菜のことです。
にら、ねぎ、にんにく、らっきょう、はじかみ (しょうが、さんしょう) のことを言います。

さらに、生クリームなどの日持ちがしないものもお供え物には不向きです。
ケーキなどの洋菓子は美味しいので喜ばれそうですが、賞味期限が短いので控えましょう。

線香をお供えしてもいいの?

それでは、線香をお供えしても良いのでしょうか?

線香などの消耗品はお供えとして良いとされています。
仏事には絶対に必要なものですし、賞味期限もありませんので、お供え物として喜ばれる品のひとつです。

線香以外にはロウソクなどもお供えしても良いものとされています。
仏壇では必ず使いますので、他の方と重複しても気にする必要はありません。

お供え物を包むのしについて

葬儀

一般的には、お供え物を持参する際にのし紙で包装しなければなりません。
しかし、のし紙や包装の仕方をご存知でしょうか。

常識として知らないと恥ずかしいマナーとなりますので、この機会にぜひ覚えておくと良いでしょう。

のしの選び方

まずはのしの選び方を紹介します。

お供え物には結び切りの水引がプリントされた弔事用ののしを選びます。
「結び切り」は一度切りで繰り返したくないことを意味し、弔事や慶事に対しての贈り物に使われます。

しかし、水引の色などで迷ってしまう方も多いと思います。
水引にもいろいろな種類があるので、間違ったものを使うと失礼に当たるので注意したいところです。

水引きはどうする?

では、水引はどうしたら良いのでしょうか。

一般的に、13回忌であると黄白や双銀の水引がプリントされたものを使用する事が多いです。
白黒の水引を使用するのは、四十九日や1回忌までとする地域が多いので、注意しましょう。

また、水引きの選び方も住む地域によって、風習や慣習が異なってきます。
不安な場合は先に家族や専門家などの詳しい人に相談してから、準備するようにしましょう。

お供え物の場合は内のし?外のし?

お供え物の場合は内のしにしましょう。
「内のし」は包装紙によってのし書きが隠れます。
お祝い事ではないので控えめな印象の「内のし」を選ぶのが一般的です。

それとは反対に結婚や出産のお祝いの時には「外のし」を選びましょう。

しかしお供え物でも、ひとつの場所にたくさん集まる場合は誰からのお供え物かすぐにわかるように「外のし」を選ぶときもあります。

こちらも地域によって違ってきます。
「内のし」「外のし」どちらでもマナー違反にはなりませんので、住んでいる地域に合わせて選びましょう。

のしの書き方

それではのしの書き方を解説いたします。

表書き

表書きは品物か現金によって上段に記する内容が変わりますので注意が必要です。

品物の場合は「御仏前」「御香」と記しましょう。
現金の場合は、「御供物料」と記するのが一般的です。

名前の書き方

下段に自身の名前を記します。
一般的に四十九日までは薄墨で書くとされていますが、13回忌の際は普通の墨で書きます。

お供え物を購入する時にお店でものしを用意してもらえることもありますので、尋ねてみると良いでしょう。

お供え物の渡し方

仏壇

お伺いした時にどのようにお供え物をお渡しすれば良いのか悩まれる方も多いと思います。

下記では、お供えの渡し方やお渡しする際の時の挨拶などを解説いたします。

渡すときの挨拶

お渡しする際ですが、いきなり仏壇にお供えせずに、まずは施主に挨拶しましょう。
渡す際には「心ばかりですが御仏前にお供えください」や、「どうぞお供えください」など一言添えるようにしましょう。

追記になりますが、お供え物は紙袋などから出し、表書きが相手から正面に見えるように渡しましょう。
お供え物をお渡しする時は、必ず両手で持って差し出しましょう。

郵送で送る場合は?

13回忌などの法要にお招きされた場合は出来るだけ参加しなければなりません。

しかし、どうしても参加できない場合には、郵送でお供え物を送る場合もあります。
お届けの日にちですが、法要の前日までに届くように手配をします。

また、郵送の際はお詫びの一筆を添えると良いでしょう。

香典と一緒に渡すの?

一般的にはお供え物と香典のどちらかひとつで良いとされています。
しかし、地域によっては両方とも準備する場合もあります。
この場合は一緒に渡しても良いとされています。

上記で述べたように挨拶をしてから渡します。
袱紗zから香典を取り出し、正面を相手に向けて差し出しましょう。

お供え物は法要後にどうするの?

仏壇

一度供えられた果物や菓子は法要後、出席者に小分けにして持ち帰ってもらうことが多いです。

そのため、お菓子などのお供え物は小分けになっている物の方が喜ばれます。

法事でのお供え物にお返しは必要?

困った人々

法事でのお供え物にお返しは必要です。

一般的には会食とお返し用意するのが良いとされてます。
お返しのだいたいの相場は2千〜5千円程度が多いです。
乾物系であるお茶やのりなどを選ぶことが多いです。

13回忌のお供え物のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、13回忌のお供え物について、適したお供え物とその注意点やお返しについて解説しました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 13回忌のお供え物には主にお菓子、果物、お花が良いとされる
  • 肉や魚、生ものなど、お供え物には適さないものもある
  • お供え物ののし紙や渡し方にまで大切なマナーが存在する
  • 法事でのお供え物にお返しは必要

お供え物と注意点やお返しのマナーについては理解していただけましたでしょうか?

今回の記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「13回忌・お供え物」に関連する記事

「13回忌・お供え物」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「13回忌・お供え物」についてさらに知りたい方へ

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介のサムネイル画像

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?のサムネイル画像

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向きのサムネイル画像

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?のサムネイル画像

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?

33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介のサムネイル画像

33回忌のお供えに何を持っていく?金額相場や具体例について紹介

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?のサムネイル画像

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?

7回忌のお供えにはなにを選べばいいの?渡し方や香典についても解説のサムネイル画像

7回忌のお供えにはなにを選べばいいの?渡し方や香典についても解説

17回忌法要に持っていくお供え物の種類は?金額相場も解説します!のサムネイル画像

17回忌法要に持っていくお供え物の種類は?金額相場も解説します!

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「13回忌・お供え物」についてさらに知りたい方へ

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介のサムネイル画像

23回忌のお供えに何を選ぶ?熨斗(のし)のマナーについても紹介

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?のサムネイル画像

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向きのサムネイル画像

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?のサムネイル画像

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと