13回忌の案内状について知りたい!書き方や送る時期について解説

皆さんは13回忌の案内状について、どのくらいの知識がありますか?どういう風に案内状を書けばいいのか分からない、送る時期が分からないなど悩んでいる方もきっといらっしゃいますよね。今回は13回忌の案内状について、書き方から送り方まで詳しく解説いたします。

目次

  1. 13回忌の案内状について
  2. 13回忌の法事とは
  3. 13回忌の案内状の送り方
  4. 13回忌法要の案内状の書き方
  5. 13回忌法要の案内状の例文
  6. 案内状には往復はがきがおすすめ
  7. 案内状の返信ハガキの書き方
  8. 13回忌の案内状についてまとめ

13回忌の案内状について

葬儀

皆様は13回忌の案内状について、何かお悩みの点はございますか?
例えば、どういう風に案内状を書けばいいのか分からない、送る時期が分からないなどです。

相手の方に失礼がないようにしたいけれど、どのような点に気を付ければよいのか分からないという方もいらっしゃると思います。

13回忌の案内状には、書き方や送り方にいくつか決まりがあります。

今回終活ねっとでは、13回忌の案内状について

  • 13回忌の法事とは
  • 13回忌法要の案内状の送り方
  • 13回忌法要の案内状の書き方
  • 13回忌法要の案内状の例文
  • 案内状には往復はがきがおすすめ
  • 案内状の返信ハガキの書き方

以上のポイントを中心に解説していきます。

13回忌の案内状の書き方について、例文も載せていますのでぜひ最後までご覧ください。

13回忌の法事とは

葬儀

13回忌法要とは、故人の命日から満12年目に行われる法要のことです。
通常は、7回忌法要の次に行われます。

13回忌法要は、遺族だけで集まって追善供養をするというのが一般的です。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
13回忌についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“13回忌” とは? - 終活用語集

人の死後満12年、数えて13年目の忌日です。また、その日に行う法事のことです。13年忌とも言います。 13回忌には宇宙の真理である金剛界大日如来様とひとつとなります。 13回忌の法事・法要は満12年目の命日に行ないます。

13回忌の案内状の送り方

困った人々

13回忌の案内状を送るタイミングはいつ頃なのでしょうか?

また、案内状は誰に送ればいいのか、切手はどうすればいいのかについてはご存知ですか?

ここでは、よくある疑問を解決していきます。

13回忌の案内状はいつ送るの?

13回忌の案内状は、法要を行う1か月前に届くように送っておくといいでしょう。

案内状は、法事への出欠確認も兼ねております。

直前に送ってしまうと、返信はがきが返ってくるのが遅れてしまう可能性もあります。
誰が法事にご出席されるのか正確な人数が把握できなくなってしまい、施主側である自分たちが困ってしまいます。

トラブルを避けるためにも、案内状の日にちには余裕を持たせましょう。

13回忌の案内状は誰に送ればいいの?

故人と親しかった方々が多く集まるのは、3回忌までというのが一般的です。

基本的に、13回忌法要に参列するのはご遺族だけです。

同居していないご家族の方などがいらっしゃいましたら、案内状を送るようにしましょう。
また、お世話になった親族の方にも案内状を送るようにしましょう。

切手はどうすればいいの?

案内状に貼る切手は、通常の切手を使用しても問題ありません。

もしどうしても気になるというのであれば、弔事用の切手も販売されています。
マナーに厳しい方が親族にいらっしゃる場合などは、弔事用の切手を使用すると良いでしょう。

13回忌法要の案内状の書き方

困った人々

次に13回忌法要の案内状の書き方について説明いたします。

案内状の書き方には、気を付けなければならない点が多くあります。

しかし実際に案内状を書くとなると、どのように書けばいいのか悩んでしまいますよね。

ここでは、案内状を書く際に気を付けるべきポイントを挙げています。
案内状を書く際はぜひ参考にして下さい。

頭語・結語をつける

法要の案内状を書く際には、頭語・結語は必ず付けるようにしましょう。

頭語・結語には正しい組み合わせというものがあります。

間違った組み合わせにならないように、書く際には注意をする必要があります。

  • 文頭「拝啓」→ 文末「敬具」
  • 文頭「謹啓」→ 文末「敬具」

上記2つが、回忌法要の案内状でよく使われる頭語・結語の組み合わせです。

時候の挨拶をつける

頭語・結語のほかにも、季節を表す挨拶は必ず書くようにします。

時候の挨拶は、案内状を出す月や季節によって変わってきます。

時候の挨拶の一例を以下に紹介いたします。

  • 一月…厳寒の侯、大寒の候
  • 二月…立春の候、節分の候
  • 三月…早春の侯、春暖の候
  • 四月…春暖の候、惜春の候(せきしゅん)
  • 五月…新緑の侯、立夏の候
  • 六月…梅雨の侯、入梅の候
  • 七月…盛夏の侯、大暑の候
  • 八月…残暑の侯、晩夏の候
  • 九月…初秋の侯、秋分の候
  • 十月…秋冷の侯、紅葉の候
  • 十一月…晩秋の侯、立冬の候
  • 十二月…師走の候、冬至の候

上記の言葉の後に、「皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」といった挨拶を続けます。

相手の方が喪中の場合は、「お慶び申し上げます」という言葉は適切ではない場合もあります。
その場合は「お元気にお過ごしでしょうか」など、相手の方を気遣う言葉に変えたほうが良いとされています。

故人の名前を明記する

案内状には故人の名前、そして施主と故人との関係をきちんと記します。

以下に、名前と続柄の明記方法の例を挙げます。

  • 亡祖父 ○男…施主が故人の孫の場合
  • 亡母 ○子…施主が故人の子供の場合

通常は名前だけで良いですが、施主と故人の苗字が異なる場合は故人の氏名を書きます。

(例)亡義父 山田太郎

13回忌であることを明記する

また、案内状には13回忌法要であることを明記します。

施主と個人の名前と続柄を記した後に続くように書くのが一般的です。

(例)亡祖父 ○男の13回忌法要

法事の日時や場所を明記する

案内状には、法事を行う日付や曜日、開始時刻などを明記します。

西暦はあまり用いられません。

書く際は「平成○○年○月○日(○曜日) 午前(午後)○時」とします。

法事を自宅で行う場合は、「自宅にて」と記します。

ホテルなど自宅以外で行う場合は、住所だけでなく最寄駅や地図などを添えて参列者へ配慮します。

法事の行程を明記する

案内状には、法事の行程も明記します。

行程を説明すると言っても、全てを詳細に明記する必要はありません。

  • ご僧侶による読経
  • 参列者の焼香
  • 卒塔婆供養
  • お墓掃除、お墓参り
  • 会食

といったように、法事・法要といっても様々です。

詳しく記載する必要はありませんが、法事をどのような流れで行うのかを明記すると良いでしょう。

(例)法要後は自宅にて、粗宴をご用意しております
   ご参詣、ご焼香をお願い申し上げます

法要後に食事を用意しているといったような、行事行程の流れを簡単に説明します。

句読点を使わないようにする

案内状には句読点を使わないようにするという決まりがあります。
句読点を使わないという決まりは案内状だけではなく、遺族が送るお礼状でもあてはまります。

句読点を使わない理由には諸説あります。

毛筆で文字を書いていた時代には、句読点は使用していませんでした。
句読点を使うようになってからは、句読点を使用しない慣習が重要な場面でのみ使われるようになりました。
「重要な文書には句読点を使わない」という慣習に則ったものと言われているのが理由の一つです。

13回忌法要の案内状の例文

仏壇

上記のポイントを踏まえた13回忌法要の案内状の例文を以下に紹介します。

仏式・神式・キリスト教と宗教が異なると、案内状の書き方も異なります。

仏式の場合

仏式の場合、13回忌法要の案内状の例文は以下の通りです。


謹啓 新緑の侯 皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます
さて○月○日は亡父 ○○の13回忌に当たります つきまして左記の通り法要を執り行いたく存じます 法要後は自宅にて粗宴をご用意いたしております ご多用中とは存じますがご参列 ご焼香くださいますようお願い申し上げます
敬具

日時 平成◯◯年◯◯月◯◯日(◯曜日)午前◯時◯分より
場所 ○○
住所 ○○市○○町 ○-○-○-○
電話 ○○○-○○○-○○○○

平成◯◯年◯◯月

                             住所 ○○市○○町 ○-○-○
                             電話 ○○○-○○○-○○○○
                                      
                                      施主のお名前

※お手数ではございますが◯月◯日までに返信にてご都合をお知らせ下さい

神式の場合

基本的な書き方は、仏式と変わりません。

しかし神式では仏教用語を使わないので、神道用語に置き換える必要があります。

法要は神式では「霊祭」と呼ばれます。

仏式では「亡父 ○○の13回忌に当たります つきまして左記の通り法要を執り行いたく存じます」と記しましたが、神道用語に置き換えます。

神式では「亡父 ○○の10年祭に当たります つきまして左記の通り霊祭を執り行いたく存じます」となります。

ここでは10年祭を例に挙げましたが、神式には13回忌法要はありません。
百日祭のあとは一年祭、三年祭、五年祭、十年祭が行われます。

キリスト教の場合

キリスト教では、カトリックとプロテスタントとで法事にあたる儀式の内容が異なります。

  • カトリック

    カトリックでは教会で「追悼ミサ」という儀式を行います。
    故人の命日から3日目、7日目、30日目に行われます。
    仏式の一周忌にあたる一年後の命日にミサを行い、それ以降は特に決まりはありません。

  • プロテスタント

    追悼ミサではなく「記念集会」とよばれるものが仏式の法要に当たります。
    自宅で行われることもあり、故人の命日から1年目、3年目、7年目に記念集会が開かれます。それ以降は特に決まりはありません。

神道同様、仏教用語は使いません。

仏式では「亡父 ○○の13回忌に当たります つきまして左記の通り法要を執り行いたく存じます」です。

キリスト教式では「亡父 ○○昇天の1年目の記念式に当たります つきまして左記の通り記念式を執り行いたく存じます」となります。

案内状には往復はがきがおすすめ

null

案内状は、法事に出席してもらうように促すためのものだけではありません。
案内状を送った方々の出欠確認をとるためにも送ります。

封筒を使用する際は、「不幸が重なる」という意味合いがある二重封筒を使わないのが礼儀です。

封筒は白色の無地のものを使うようにします。
また、相手が返事を出せるように返信ハガキを同封しましょう。

最近では、封筒を使わない往復はがきを用いた略式が多く用いられているようです。

往復はがきには特にマナー違反になる点もなく、容易に送ることが出来ます。
案内状の送付方法で迷っている方は、こちらの方法がオススメです。

案内状の返信ハガキの書き方

人々

ここでは案内状が届いた際に書く返信ハガキの書き方についてご説明いたします。

法事の案内状の返信を書く際は、ボールペンを使用しても問題ありません。
また、薄墨を使用する必要もありません。

出席の場合

出席の場合は、以下のポイントに注意しましょう。

  • 「御出席」の「御」の字を斜め二重線で消して「出席」の文字を丸で囲む
  • 「御欠席」の文字を全て二重線で消す
  • 「御住所」の「御」の字を二重線で消して「住所」の下に住所を記入
  • 「御芳名」の「御芳」の字を二重線で消して「名」の下に氏名を記入
  • 表面にある施主のお名前「○○○○行」の「行」を二重線で消して「様」を記入

コメントについては、無理に書く必要もありません。

余白がどうしても気になるのであれば、案内状のお礼と「○○様のご冥福をお祈り申し上げます」といった旨の言葉を添えると良いでしょう。

欠席の場合

欠席の場合は、以下のポイントに注意しましょう。

  • 「御出席」の文字を二重線で全て消す
  • 「御欠席」の「御」の文字を斜め二重線で消して「欠席」の文字を丸で囲む
  • 「御住所」の「御」の字を二重線で消して「住所」の下に住所を記入
  • 「御芳名」の「御芳」の字を二重線で消して「名」の下に氏名を記入
  • 表面にある施主のお名前「○○○○行」の「行」を二重線で消して「様」を記入

こちらも、コメントについては無理に書く必要はありません。

しかし、法事に出席できないお詫びの言葉を一言添えて、主催者側への配慮を示すのが礼儀です。

例えば、「この度は○○様の13回忌法要のご連絡を頂き有難うございます。今回は都合がつかず、御法要に出席できなくなりました。誠に申し訳ございません。」などと添えるようにしましょう。

13回忌の案内状についてまとめ

お墓

いかがでしょうか?

今回終活ねっとでは、13回忌の案内状について以下の事を解説してきました。

  • 13回忌の法事とは、故人の命日から満12年目に行われる法要の事
  • 13回忌の案内状の送り方
  • 13回忌法要の案内状の書き方は7つの点に注意する
  • 13回忌法要の案内状の例文
  • 案内状には封筒を使用するよりも往復はがきがおすすめ
  • 案内状の返信ハガキは自分への敬称を消す

案内状と一口で言っても、細かい決まりがあります。

法事の案内状で特に「句読点をつけない」というマナーについては、知らなければ見落としてしましがちな点です。
案内状を受けとる相手の方にも失礼の無いよう、しっかりとマナーを学んでおきましょう。

13回忌の案内状の書き方で不明な部分がある方は、ぜひ今回の記事を参考にして疑問を解決してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「13回忌・案内状」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「13回忌・案内状」についてさらに知りたい方へ

17回忌法要の案内状はどう書くの?挨拶の例文や返信の仕方もご紹介のサムネイル画像

17回忌法要の案内状はどう書くの?挨拶の例文や返信の仕方もご紹介

7回忌法要の案内状の書き方を紹介!マナーや送る範囲も解説しますのサムネイル画像

7回忌法要の案内状の書き方を紹介!マナーや送る範囲も解説します

3回忌法要の案内状を書く!書き方のマナーや例文について紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の案内状を書く!書き方のマナーや例文について紹介します

一周忌の案内状はどう書くの?案内状の例文や返信の仕方もご紹介のサムネイル画像

一周忌の案内状はどう書くの?案内状の例文や返信の仕方もご紹介

一周忌の案内状はどう書くの?送り方や返信はがきについても解説のサムネイル画像

一周忌の案内状はどう書くの?送り方や返信はがきについても解説

お墓に関する案内状について、書く内容や送り方など紹介します!のサムネイル画像

お墓に関する案内状について、書く内容や送り方など紹介します!

四十九日法要に送る案内状はどう書けばいい?送り方なども紹介のサムネイル画像

四十九日法要に送る案内状はどう書けばいい?送り方なども紹介

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!のサムネイル画像

3回忌法要はいつ行う?間違えやすい年忌法要の数え方を解説します!

誰にどんなことを送ればいいの?葬儀案内状についてご紹介しますのサムネイル画像

誰にどんなことを送ればいいの?葬儀案内状についてご紹介します

7回忌法要はいつ行えばいいの?香典やお布施などのマナーも解説!のサムネイル画像

7回忌法要はいつ行えばいいの?香典やお布施などのマナーも解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「13回忌・案内状」についてさらに知りたい方へ

17回忌法要の案内状はどう書くの?挨拶の例文や返信の仕方もご紹介のサムネイル画像

17回忌法要の案内状はどう書くの?挨拶の例文や返信の仕方もご紹介

7回忌法要の案内状の書き方を紹介!マナーや送る範囲も解説しますのサムネイル画像

7回忌法要の案内状の書き方を紹介!マナーや送る範囲も解説します

3回忌法要の案内状を書く!書き方のマナーや例文について紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の案内状を書く!書き方のマナーや例文について紹介します

一周忌の案内状はどう書くの?案内状の例文や返信の仕方もご紹介のサムネイル画像

一周忌の案内状はどう書くの?案内状の例文や返信の仕方もご紹介

一周忌の案内状はどう書くの?送り方や返信はがきについても解説のサムネイル画像

一周忌の案内状はどう書くの?送り方や返信はがきについても解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと