13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

13回忌の法要に招待されたけど、香典の書き方やマナーは完璧と言える自信はありますか? 法要に何度も参列することの方が少ないので、香典の書き方やマナーは忘れがちです。 今回は、13回忌の香典の書き方などが不安という方には嬉しい情報をまとめています。

目次

  1. 13回忌の香典の書き方について
  2. 13回忌の法事とは?
  3. 13回忌に香典は渡すの?
  4. 13回忌の香典の書き方
  5. 13回忌の香典マナー
  6. 13回忌の香典の金額相場
  7. 13回忌の香典の書き方についてまとめ

13回忌の香典の書き方について

葬儀

13回忌の法要に招待されたけど、香典の書き方やマナーについて完璧と言える自信はありますか?

一般的には法要に何十回と参加した人は少ないと思います。
そのため香典の書き方やマナーは忘れがちです。

そこで今回終活ねっとでは、13回忌の香典の書き方やマナーについて下記の内容をまとめております。

  • 13回忌の法事とは何か?
  • 13回忌に香典を渡す必要はあるのかどうか
  • 13回忌の外袋・中袋の書き方など
  • 13回忌の香典マナー
  • 香典の金額相場

曖昧な記憶を頼りに香典の書き方などを間違えてしまっては大変ですので、この記事をよく読んで完璧な香典を渡せるようにしましょう。

お坊さん便を利用して、安くお坊さんを手配したいという方はこちらもご覧ください。

13回忌の法事とは?

困った人々

13回忌の法事とは故人が亡くなってから満12年目に行われる法事です。
年忌法要は亡くなった年を1年目として数えるため、13回忌は亡くなった年の12年後に行われます。

13回忌ではその他の年忌法要と同様に、故人の冥福を祈るために親族などが集まります。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
13回忌についてもっと詳しく知りたい方はぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

“13回忌” とは? - 終活用語集

人の死後満12年、数えて13年目の忌日です。また、その日に行う法事のことです。13年忌とも言います。 13回忌には宇宙の真理である金剛界大日如来様とひとつとなります。 13回忌の法事・法要は満12年目の命日に行ないます。

13回忌に香典は渡すの?

困った人々

13回忌というと亡くなってから随分と時が流れたように感じ、香典は渡すべきか悩ましく感じるのではないでしょうか。

13回忌に参列した方であれば、3回忌や7回忌に参列していた可能性は高く、その時には香典を持参したかと予想されます。
その前に参加した法要で香典を渡したように、13回忌でも香典は持参します。

香典は亡くなった方に対するお供えの意味もあり、お盆にお供えをするのと同じことです。

13回忌の香典の書き方

葬儀

13回忌に持っていく香典ですが、表書きや名前の書き方には自信がありますでしょうか?
法要に参列するという機会は、人生の中でそこまで多いものではないので、自信がないという方もいらっしゃるでしょう。

そこでここでは13回忌の香典の書き方について詳細な情報をまとめますので、ぜひ参考にしてください。

外袋の書き方

まずは外袋の書き方について解説します。
外袋はご遺族に香典を渡す際に、まず目に留まる部分ですので、より一層気を遣いたい部分ですね。

宗派によって表書きが変わる

表書きは宗教・宗派によって推奨される書き方が異なります
故人の宗教・宗派は事前に確認し、下記を参考に表書きを書き分けてください。

仏教の場合

仏教の場合は13回忌の香典では御仏前や御香典、御香料などを使います。

御仏前などと似た言葉として御霊前がありますが、これはくれぐれも間違って使わないようにしてください。
仏教では人が亡くなると肉体は滅んでも魂は霊となると信じられています。
その霊は四十九日を過ぎると極楽浄土に旅立ち、成仏すると言われています。

そのため四十九日を過ぎている13回忌であれば、御霊前は表書きとして不適切なのです。

神道の場合

神道の場合は仏教の年忌法要と似ているものとして「式年祭」というものがあります。

式年祭は1年祭・3年際・5年祭・10年祭とあり、10年祭以降は10年毎に行われます。
したがって、正式には13回忌は神道の場合はありません。

ただ13回忌に近い10年祭や20年祭であっても香典の表書きは変わらないため、神道の場合の正しい表書きをご紹介しておきます。

神道の場合は表書きとして、御玉串料(おたまぐしりょう)や御榊料(おさかきりょう)を使うことができます。
宗教・宗派を問わない表書きとして「御霊前」も使うことができます。

キリスト教の場合

キリスト教はカトリックとプロテスタントに宗派が分かれますが、カトリックであれば1年毎に追悼ミサという式典が行われます。
一方、プロテスタントでは記念式と呼ばれる式が開かれます。

これらの式典に参加する場合、香典は御花料という表書きを使えば良いです。
宗教・宗派を問わない表書きとして御霊前も使うことができます。

無宗教の場合

無宗教の場合は、規範とする宗教ごとの香典の決まりがないため判断に苦しみますよね。

無宗教の法事であれば香典をそもそも受け取らないということもありますが、もし香典を渡す場合は宗教を問わず使える御霊前を表書きとして使うのが無難です。

名前の書き方

香典の外袋には表書き以外にも名前を書きます
個人の名前を書くだけであれば、困ることはないですが2人以上の名前を書く時にはいくつかの決まりがあるため、ここではそれをご紹介します。

連名の場合

もし夫婦連名で香典袋を渡したい時は、まず下段中央に夫の名前を書きます。
そして、その左下に妻の名だけを書けば良いです。

ただ、夫婦の場合は基本的には夫の名前だけ書けばいいことになっています。
妻の名前をわざわざ書く時は、妻の親族である場合や妻も個人と親しい仲であった場合に書きます。

もし友人などと自分の2人で連名にする場合は、下段に線対称となるように2名の名前を書きます。

複数人で出す場合

3人以上の複数人で香典を渡す場合は、どのように書けばいいのでしょうか?

まず3人の場合は、1名を下段中央に書きます。
残りの2名を両側に書けば良いです。

4人以上であれば全員の名前は書けないため、「友人一同」や「株式会社○○ ▲▲部一同」といったグループ名で書くと良いです。
もし会社全体で香典を渡す場合は、会社名と代表取締役の名前を書きます。

中袋の書き方

すぐには見られないからといって、中袋をぞんざいに扱ってはいけません。
中袋に名前や住所を記載するのは、あとで遺族が香典返しをする際の送り先として使われるため丁寧に記載しましょう。

中袋に記載することは下記で詳細にご説明します。

名前の書き方

名前の書き方は、基本的には外袋の時と同じです。

夫婦の場合は原則的には夫の名前を書き、友人などの2名の場合は2人の名前を書きます。
会社などまとまったグループで出す場合は、グループ名などで書けば問題ありません。

住所の書き方

上記でも少しご説明しましたが、中袋に記載している住所をもとにして遺族は香典返しを送ってくれます。
そのため複数名で香典を渡す時には香典返しを受け取れる人の住所を書くようにしましょう。

丁寧に郵便番号まで記載するのか迷う時は、特に書かなくても問題ありません。
住所が分かれば、郵便番号は逆引きで調べることができるからです。

金額の書き方

住所・名前の他に中袋には、香典に包んだ金額も書きます。
その際に金額は難しい漢数字で記載するのがマナーです。
対応する漢数字は以下の表を参考にしてください。

1
2
3
5
7
8
10
100

中袋が無い場合

地域の風習によっては中袋をあえて使わないこともあります。
中袋がない時には外袋の裏側に金額と住所を書きます。

薄墨を使うの?

香典といえば薄墨で書くというイメージを持っていらっしゃる方が中にはいらっしゃいますが、必ずしもそれは正しいとは言えません。

薄墨を使うのは四十九日までとされています。
薄墨を使うのは悲しみで墨が霞んでいる様や、急いで硯を擦ったことを示すために使っており、予定があらかじめわかっている13回忌では濃墨で文字は書きます。

ペンで書いてもいいの?

文字を書くものは基本的には墨が良いとされています。
しかし、コンビニなどで売っている筆ペンでも構いません。
またサインペンでも問題はありません。

ただし、字の細くなるボールペンやすぐに消えてしまう鉛筆は使うのは避けましょう。

13回忌の香典マナー

葬儀

ここまで香典の書き方について解説しましたが、関連する情報としてマナーに関することも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

新札を使用してもいいの?

13回忌に限らず法事の際にも、できるだけ古札を使うようにします。

なぜ新札は使ってはいけないかというと、新札を香典に包むと、いつ起こるかわからない不幸に対して香典の準備をしていると解釈されるからです。

もし新札しか手元にない場合には折り目を入れてから香典袋に入れましょう。
また古札といっても、ボロボロのものや端が切れているものを使うのは失礼になりますのでやめてください。

お金の入れ方に注意する

お札は肖像画が描かれている方が表なのですが、香典袋にお金を入れる際には表側を下にして入れます。

これは顔を下にしていることから、悲しみでうつむいている様を表していると言われています。

袱紗に包んで渡す

香典はそのまま法要に持っていくと汚れたり、水引が乱れたりします。
そのようなことを防ぐためにも袱紗(ふくさ)に香典を包んで持参しましょう。

袱紗は他にもご遺族の心中を察し、礼節を重んじますという意思表示としても使われるものですので、必ず使うようにしてください。

終活ねっとでは、袱紗に関して解説した記事もあります。
袱紗に関することをもっと知りたいという方は、下記の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

香典はいつ渡せばいいの?

香典の渡すタイミングですが、会場に着き、最初に施主に会った際に渡すのがベストです。

もしこのタイミングを逃してしまった時には、香典を渡すのが遅くなったことを一言詫びて渡すと良いでしょう。

13回忌の香典の金額相場

お金

香典に関して悩むことが他にもあるとすると、包む金額も挙げられます。
一体どれくらいが香典の金額としてふさわしいのでしょうか?

相手との関係性によって香典金額は変化しますので、以下を参考にしてください。

  • 故人と血縁関係にある親戚などの場合:1万円~3万円
  • 故人と深い仲にあった友人などの場合:1万円~3万円
  • 故人と一般的な付き合いであった友人などの場合:5千円~1万円

もし夫婦で13回忌に参加する場合は上記の金額に1万円~2万円追加すれば問題ありません。

また法要後の会食に参加する場合は、別途飲食代も包んだほうがいいので、1万円~2万円追加します。

13回忌の香典の書き方についてまとめ

葬儀

いかがでしょうか?

今回終活ねっとでは13回忌の香典について以下のことをご紹介しました。

  • 13回忌の法事とは何か?香典は必要かどうか?

    13回忌の法事とは故人が亡くなってから満12年目に行われる法事で、香典は渡す必要がある。

  • 13回忌の香典の書き方

    仏教の場合は「御仏前」「御香典」「御香料」などを使う。
    神道の場合は「御玉串料」「御榊料」「御霊前」などを使う。
    キリスト教の場合は「御花料」「御霊前」などを使う。
    無宗教の場合は「御霊前」を使う。
    名前は人数に応じて連名やグループ名で書く。

    中袋には名前・住所・金額を記載し、中袋がない場合は外袋の裏側に書く。

    文字は濃い墨で書き、筆ペンやサインペンを使っても良い。

  • 13回忌の香典マナー

    香典には適度に使われた古札を入れ、入れる際には肖像画を下にして入れる。
    香典を持参する際には袱紗に入れ、最初に施主に会った時に渡す。

  • 13回忌の香典の金額相場

    故人と血縁関係にある親戚などの場合:1万円~3万円。
    故人と深い仲にあった友人などの場合:1万円~3万円。
    故人と一般的な付き合いであった友人などの場合:5千円~1万円。

    夫婦の場合は1万円~2万円追加し、会食に参加する際にも1万円~2万円追加する。

13回忌に渡す香典に関して幅広い情報をまとめました。
表書きや名前の書き方、中袋に書くことや注意点など知らないと損をすることもあったかもしれません。

これを読んで頂いた結果、正しい香典を渡すことができれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「13回忌・香典・書き方」に関連する記事

「13回忌・香典・書き方」についてさらに知りたい方へ

  • 7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

    7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

    7回忌の香典となると表書きや名前の書き方、渡す際のマナーといったしきたりがあります。 親戚などが集まる場において香典で恥を書きたくないという人は、この記事を読めば不安が解消されます。 7回忌に最適なお供え物などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

  • 23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

    23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

    23回忌の香典は、正しく包みたいものの、なじみがなくてよくわからないものです。冠婚葬祭の礼儀作法は、事前に正確なことを知っておきたいものです。金額、関係性や家族構成、宗派ではどう香典が異なるのか?情報を子細に整理しましたので、23回忌の参考にしてみてください。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

  • 13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

    回忌法要における13回忌は最後の法事となることが多いため、13回忌法要には多くの方をお招きするのが一般的です。今回はその13回忌の香典について、書き方やマナーなどを解説していきます。香典に関するマナーについて、改めて整理しながらみていきましょう。

  • 3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

    3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

    法要における香典について、書き方や金額相場を御存じない方も多いのではないでしょうか。特に3回忌の法要では、ご家族以外にも遠い親戚などの参列者がいらっしゃいます。マナー違反にならないよう、今回の記事では3回忌の香典の書き方や金額相場について詳しく学びましょう。

  • 7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

    7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

    故人が亡くなった後には7回忌などの年忌法要があり、その度に香典金額はどうしたらいいかと迷うことがあると思います。 そういった方にとって今回の記事は必見です。 今回この記事では故人との関係別での香典金額や7回忌での香典袋の書き方などを詳しく解説しています。

  • 33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

    33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

    香典袋にも種類があるのをご存知ですか?33回忌の法要に出席する場合、香典も持参します。香典をお渡しする際、間違ったものをお渡ししてしまうとマナー違反になったり恥をかいてしまうこともあります。今回は33回忌に相応しい香典袋の選び方と書き方についてご紹介します。

  • 7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

    7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

    皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「13回忌・香典・書き方」についてさらに知りたい方へ

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説しますのサムネイル画像

33回忌の香典袋はどのように書くの?袋の選び方とともに解説します

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「13回忌・香典・書き方」についてさらに知りたい方へ

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説しますのサムネイル画像

7回忌の香典の金額相場は?表書きや包み方についても解説します

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介のサムネイル画像

23回忌の香典はいくら包む?金額相場や表書きについてもご紹介

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像

3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと