法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

目次

  1. 法事の香典について
  2. 香典とは
  3. 法事に香典を持っていくタイミング
  4. 法事での香典の書き方
  5. 法事での香典の入れ方・包み方
  6. 法事の香典の渡し方
  7. 法事の香典の金額相場
  8. 法事の香典の注意点
  9. 法事の香典についてまとめ

法事の香典について

葬儀

法事には香典を持っていかれると思いますが、香典の意味や金額などをご存知でしょうか。

法事といっても、様々な執り行い方があります。
どんな法事のときに香典が必要なのか、香典を持っていくときはどの位の金額がよいのでしょうか。

また、香典はどのような形で持っていけばよいのでしょうか。

法事は亡くなった方を弔う大切な場ですから、失礼のないように対応したいものです。
しかし、香典を持っていく際の慣習や礼儀・作法が分からないと、相手に失礼になってしまうかもしれません。

そこで今回、終活ねっとでは法事の香典について、

  • 法事の香典とは、どういう意味なのか?
  • 法事に香典を持っていくタイミングは、いつなのか?
  • 法事の香典の表書き・名前・金額などの書き方は、どのようにしたらよいのか?
  • 法事での香典の入れ方・包み方は、何か決まりはあるのか?
  • 法事での香典を渡し方は?渡すタイミング・渡す際のあいさつ・渡す相手は?
  • 法事での香典の金額の相場はどの位か?
  • 法事での香典の注意点は、他にどんなことがあるか?

などの点を中心に、分かりやすく解説します。

香典袋の表書きや名前の書き方、香典の金額相場など全て紹介します。

香典を包もうとしている方、法事を控えている方には特に参考になる記事になっています。
ぜひ最後までお読みください。

香典とは

葬儀

まず、法事の香典について簡単に説明しておきましょう。

香典は、故人を弔うために故人の霊前に供える金銭です。
つまり、お香やお花の代わりとして、参列者の方々が故人に対して供養の気持ちを表現するものです。

また香典は、ご不幸に見舞われたご遺族の出費を軽減する相互扶助の意味もあるとされています。

香典は葬儀の際、通夜または告別式の日に香典袋に入れて持参します。
通常は葬儀以外にも、初七日や四十九日、一周忌などの法事の際にも持参します。

法事に香典を持っていくタイミング

葬儀

それでは、法事に香典を持っていくタイミングとは、どんなときなのでしょうか。

香典のタイミングを説明する前に、まず法事とは何かを説明しておきましょう。

故人の冥福を祈り、お経をあげる追善供養を法要といいます。
法要の後の会食を含めた一連の仏事全体を法事といいます。
しかし現在では、両者を区別せず法事・法要と言ったり、法要のことを法事と言うことも多いです。

香典を持っていく法事としては、まずお葬式があります。
葬儀では、通夜または告別式の日に香典を持参します。
法事は他にも四十九日以前の忌日法要と、その後の一周忌や回忌法要があります。

仏教では四十九日までが忌中で、忌があける四十九日以降とは法事のやり方などに違いもあります。

次に法事に香典を持っていくタイミングについて、四十九日の前後に分けて説明しましょう。

初七日~四十九日の間

最初に初七日~四十九日の間の法事を説明しましょう。

仏教では、亡くなられた四十九日後に極楽浄土に行けるかどうかの判断が下されるとされています。
そして下表のとおり、亡くなられた日から数えて7日ごとに7回の忌日が設けられています。

忌日読みかた1日 命日
初七日しょなのか7日
二七日ふたなのか14日
三七日みなのか21日
四七日よなのか28日
五七日(三十五日)いつなのか35日
六七日むなのか42日
七七日(四十九日)なななのか49日 忌明け

四十九日までの忌日のうち、親戚や友人を招いて法事を行うのは、通常初七日と四十九日です。
ただ最近は、葬儀の際に初七日の法要を一緒に行う方が多くなっています。

四十九日までの忌日法要は、通常遺族のみで供養します。
ですから、ご遺族以外の方が香典を持っていく法事は、四十九日法要と考えてよいでしょう。

もちろん、初七日法要が葬儀と別に行われ参列するときは、参列者の方は香典を持参します。
稀に故人と親しかった友人などが、四十九日までの間の忌日にご自宅にお悔やみに行かれることもあります。

四十九日以降

四十九日後の主な法事・法要としては、初盆と回忌法要があります。
四十九日以降は、お香典とは言わずに御供物料・御仏前などとします。

四十九日の後には百箇日もありますが、最近は省略されることが多いです。
なお、香典返しや挨拶などは四十九日から遅くとも百箇日までの間に済ませます。

初盆・新盆

初盆(はつぼん)とは、四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆のことです。
新盆(にいぼん・あらぼん)とも言います。

亡くなってから四十九日を過ぎる前にお盆が訪れるときは、翌年のお盆が初盆になります。

お盆は東京など7月に迎えるところもありますが、一般には毎年8月13日から16日です。
通常のお盆の際は、故人や先祖の霊を自宅に灯りをともしてお迎えします。
そして故人を供養し、お墓参りもします。

初盆の際にはこれだけでなく、親族・故人と親しかった知人などを自宅に招き、法要を行います。
初盆の法要に出席する際は、御仏前などとして香典を持参します。
また、提灯を贈る場合もあります。

回忌法要

回忌法要は、毎年の祥月命日に行われる法要です。

  • 一周忌

    一周忌は、亡くなってから満1年目の命日です。ご遺族・親族や故人と親しかった友人・知人などで供養を行った後、会食します。一周忌で喪が明けます。

  • 三回忌

    三回忌は、満2年目の命日です。ご遺族・親族・友人・知人などで供養を行った後、会食をします。規模は一周忌より縮小され、最近はご遺族だけで行う場合も多くなっています。

  • 七回忌

    七回忌は、満6年目の命日です。7回忌はご遺族・親族だけで供養するようになり、法要の規模は次第に小さくなります。また、七回忌以降は同じ年に法要が重なるときは、まとめて行うこともあります。

  • 十三回忌

    十三回忌は、満12年目の命日です。十三回忌の法要以降は、ご遺族のみで供養することが多いです。

  • 十七回忌

    十七回忌は、満16年目の命日です。十七回忌の頃になると、法要を行わない方も多いです。

  • 三十三回忌

    三十三回忌は、満32年目の命日です。ご遺族も高齢になっていますので、三十三回忌で通常は弔い上げとなります。

法事での香典の書き方

葬儀

次に、法事での香典の書き方を説明しましょう。

表書き・名前・金額の書き方や、使う用具などに分けて見ていきましょう。

表書きはどうする?

香典の表書きの書き方は、宗教・宗派によって異なります。

仏式の場合

仏式の場合は御霊前や「御香料」、「御香典」などとします。

浄土真宗では即身成仏という教えがあるため、「御霊前」を使わずに「御仏前」とします。
他の宗派では、「御仏前」は四十九日の忌明けまでは使わないため注意が必要です。

神式の場合

神式の場合は玉串料や「御榊料」、「御神前」などと書きます。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合は、カトリックならお花料あるいは「御ミサ料」とします。
プロテスタントは「お花料」のほかに、「献花料」なども使います。

宗教・宗派が分からないときは、一度ご遺族の方に確認されたほうがよいでしょう。
もしわからないときは、一般的によく使われる「御霊前」にするとよいでしょう。

名前の書き方

次に名前の書き方について説明しましょう。

名前は香典袋の水引きの下、つまり下段中央に氏名をフルネームで書きます。
2人以上の場合は、連名で書くこともできます。

夫婦で連名の場合

夫婦で葬儀に出席する場合も、夫の名前だけを書くのが一般的な書き方です。
ただ、故人と親しかったときなどは夫婦連名とすることもあります。

夫婦連名で書く場合は、中央に夫の氏名をフルネームで書きます。
そして、左側に妻の名前を書き添えるようにします。

友人で連名の場合

友達同士で複数名で出す場合は、3名まで連名で書けます。

連名で書く場合は、右側から目上の人や年齢順に書きます。
序列が無い場合は、氏名の五十音順に書きます。
3人までの場合は、表書きに全員の名前を書きます。

4名以上のときは、中央に友人一同と書くか、代表者の氏名を書き他一同と添え書きします。
まとめた場合は、別紙に全員の住所・氏名・香典の金額を書き、香典袋の中に同封しておきます。

会社で香典を出す場合

会社から香典を出すときは、中央に代表者の氏名を書き、右に会社名と役職を添え書きします。

会社の役員・社員などが連名で出す場合は、中央に会社名と(所属部署)一同などと書きます。
別紙に全員の住所・氏名・香典金額を書き、香典袋に入れておきます。

会社の同僚2~3名なら会社名を書き、目上の人を一番右にして順次氏名を連名にしましょう。

中袋の裏にも名前を書く

中袋の裏の左側には、住所や氏名を書いておきましょう。

金額の書き方

香典袋には香典の金額を記載しますが、ここでは金額の書き方を説明しましょう。

金額の書き方については、金額の数字や書く場所について紹介します。

漢数字を使う

香典の金額は基本的に縦書きとし、漢数字で書きます。
例えば、香典の金額が1万円のときは「金壱萬円也」や「金壱萬圓也」と書きます。

金額の後には「也」はつけても良いですが、つけなくても問題ありません。
「壱・萬・圓」などの漢数字は、大字あるいは旧漢数字といいます。

最近は大字でなく普通の漢数字で「一万円」と書く方も多いようです。
しかし間違いのないように、少なくとも「壱万円」としたほうがよいでしょう。

市販の香典袋には、金額欄が横書きになっているものもあります。
横書きの場合は、様式にしたがって算用数字で書いても構いません。

中袋の表に金額を書く

金額の書き方については、明確なルールがあるわけではありません。
一般的には金額を中袋の表に書きますが、裏に書くという方もいます。
表裏どちらに表記しても構いませんが、はっきり書くようにしましょう。

中袋がない場合は?

ものによっては中袋がない場合や、地域の観衆で中袋を使用しない場合があります。
中袋を使用しないときは、香典袋の外袋に住所や金額を明記します。
香典袋の表側に氏名を書き、住所と金額は裏に書きます。

香典袋の裏側の中央より下の左側に、ご遺族などが見て分かるように書きましょう。
横書きの場合は、裏側の右下に住所・金額を書きます。

薄墨で書くの?

香典袋の表書きは、四十九日までは薄墨で書きます。
薄墨は、涙で墨が薄まるほどの悲しみを表すと言われています。

四十九日以降の法事は、突然のことではありませんので薄墨ではなく普通の墨を使用します。

中袋は四十九日前でも、薄墨ではなく普通の黒墨で書くようにします。
中袋の記載は、住所・氏名・香典金額を確認しやすいようにはっきり書いた方がよいのです。

ボールペンはNG?

香典袋の表書きは、毛筆や筆ペンを使って書きます。
ボールペンやサインペンは、避けましょう

中袋や中包みも正式には筆で書きますが、ペンでも構いません。
中袋の記載は表書きと違い内容の確認用ですので、サインペンやボールペンでも問題ありません。

香典の書き方については、今まで見てきた通り様々なマナーがあります。
香典のマナーは宗教・宗派によって違うこともありますので、注意しましょう。

法事での香典の入れ方・包み方

葬儀

次に、法事での香典の入れ方・包み方を説明しましょう。

香典の入れ方や包み方は、必ずしも明確に決まったルールはありません。
しかし、気持ちよく香典を受け取って頂けるようにマナーには注意しましょう。

法事では入れ方に決まりはない?

法事の香典の入れ方は、場合によっては決まりがあります。

実は、お札には表と裏があります。
通夜・葬儀の際は、お札を裏向きに入れるのがマナーです。
お札の肖像(顔)がある方が表ですので、お札の肖像を裏側に向け顔が下向きになるように入れます。

一般の法事の際のお札の入れ方には、明確な決まりはありません。
そうは言っても乱雑に入れるのではなく、少なくともお札の向きを揃えるのがマナーです。

新札を使ってもいいの?

法事に新札を使ってもいいのでしょうか。

通夜・葬儀の際は、新札は避けましょう
新札はあらかじめ予期して準備していたと思われますので、通夜・葬儀では使いません。
新札しかない場合は、お札に折り目をつけるのがマナーです。

通夜や葬儀以外の法事は既に決まっていることですので、本来なら新札を使ってもよいものです。
しかし、人によって新札は失礼だと思われる場合もあります。
やはり法事における新札の使用は避けたほうが無難でしょう。

そうは言っても、汚れたお札やしわだらけのお札は避けるのが基本的なマナーです。

のし袋に包むの?

のし袋とは、熨斗(のし)と水引がついている金銭を入れる袋です。
のし袋は本来祝儀用の袋ですが、のしがない不祝儀用の香典袋をのし袋ということも多いです。

香典は、不祝儀用ののし袋である香典袋に包むのが基本です。

仏式では無地か蓮の絵がある香典袋を使います。
蓮の絵の香典袋は、仏式のみで使われるものです。
神道やキリスト教の葬儀では使わないように注意しましょう。

香典に使う袋は、中に入れる香典の金額にふさわしい袋を選びましょう。
見栄えが良いからと金額に不釣り合いの袋を使うのは、避けましょう。
逆に香典が少額だからといって、袋に入れないで手渡すのもいけません。

それなら白封筒に入れればよい、との考えもあるでしょう。
しかし香典袋は直ぐに入手できますので、香典は香典袋に包んだほうが失礼がないでしょう。

水引きに決まりはある?

次に水引きにはどんな決まりがあるのか見ておきましょう。

仏式や神式の香典袋には、水引きが使われます。

水引きは、「不祝儀事は一度限りにしたい」という意味で結び切りにします。
葬儀や法事に使う不祝儀袋の水引きは、本数や色も決められています。

仏式の場合

法事の際の水引の本数は5本が基本ですが、簡略化した3本あるいは丁寧な7本結びもあります。

水引きの色は、一周忌までは一般に黒白・双銀などの水引を使います。
三回忌以降は、青白・双銀が使われることが多いようです。

関西など地域によっては、黄白の水引が用いられることもあります。

神式の場合

神式の場合は、白黒・双白・双銀の結び切りのものを使用します。

キリスト教式の場合

キリスト教式では、袋の表書きは献花の代わりという意味でお花料が一般的です。
キリスト教の場合、ユリの花や十字のついたキリスト教用の香典袋を使用します。

キリスト教式では、「御仏前」の表書きは使いません。
しかし、「御霊前」を使うことは可能です。

また、香典袋の水引は黒白か双銀のものを使用するようにします。
ただし、蓮の絵などがついているものは避けます。

のし袋に〆や糊付けは必要?

のし袋には、〆や糊付けは必要ありません
〆や糊付けは、封が開封されて中を読まれることのないようにするためのものです。

しかし香典は入れ忘れもありますので、受付で中を確認する必要があります。
ですから、むしろ糊付けや〆はしない方がよいです。

袱紗(ふくさ)に包むべき?

香典を持っていく際は、香典袋をそのままむき出しにして持参してはいけません。
参列者は香典袋を袱紗(ふくさ)に包むのが礼儀です

袱紗には、様々な色や種類があります。
法事の内容や香典の金額によって使う色や種類が異なります。
また包み方も作法がありますので、注意しましょう。

終活ねっとには、袱紗についての解説もあります。
是非こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀に持っていく袱紗(ふくさ)ってなに?包み方や選び方を解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

法事の香典の渡し方

葬儀

次に、法事の香典の渡し方を説明しましょう。

香典は袱紗(ふくさ)に包んで持っていき、お通夜や葬儀の時に手渡しましょう。
香典袋を袱紗から出すときは、袱紗を右手の上に置き、左手で出します。

渡すときは、相手から香典袋の名前を読めるように向きを変えて、両手で渡します。
渡す際には、お悔やみの言葉を添えるのが礼儀です。

香典を渡すタイミングは?

通夜や告別式に参列する際は、受付で香典を渡すのが一般的です。
しかし場合によっては、香典を祭壇などに置くこともあります。

葬儀場の受付では芳名帳に記帳します。
香典を渡すタイミングは、芳名帳が置かれている場所によって違います。

芳名帳が受付の目の前に置かれているときは、先に受付の方に香典を渡してから記帳しましょう。
記帳台が受付から離れた所に設けられている場合は、香典を渡す前に記帳しましょう。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
香典を渡すタイミングについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

香典を渡す際のあいさつ

香典を渡す際には、ご遺族に向かって簡単なあいさつをします。
ご遺族に一礼して、次の例文ように簡潔に弔意を述べるとよいでしょう。

  • このたびはご愁傷さまです
  • ご冥福をお祈り申し上げます
  • 心からお悔やみ申し上げます
  • 仏前にお供えください

香典は誰に渡すの?

それでは一体、香典は誰に渡したらよいのでしょうか。

通夜や告別式の時は一般に受付がありますので、香典は受付の方にお渡しします。
自宅で葬儀が行われる場合は、受付の方がいなければ喪主に直接香典をお渡ししてもよいでしょう。

また四十九日や一周忌以降の法要のとき、受付は通常置きません。
受付が無い場合、香典は施主の方に直接お渡しするとよいでしょう。

法事の香典の金額相場

葬儀

法事の際の香典の金額は、法事の時期や性格と故人との関係により違います。

亡くなって間もない四十九日や一周忌までは多めの香典とします。
一周忌以降は次第に少ない金額になっていきます。

また、故人と関係の深かった人や目上の人は大目に包むものとされています。

法要の後には食事会がありますので、食事会に出席するかどうかによっても違いがあります。

親族の場合

故人の親族の方は、法事の出席だけなら1万円~3万円です。
会食を伴うときは会食費を上乗せして、大体2万円~5万円程度でしょう。

夫婦で出席する場合は、法事だけなら2万円~5万円です。
会食を伴うときは、3万円以上になるでしょう。

故人と親しい関係にあった場合

故人と親しい関係にあった場合は、法事の出席だけなら1万円~3万円の香典にします。
会食を伴うときは2万円~5万円位でしょう。

一般的な間柄だった場合

親族や親しい関係でなく一般的な間柄であった場合は、5千円前後~1万円位です。
会食を伴うときは1万円以上が多いでしょう。

香典で避けた方がいい金額

4千円や9千円など死や苦を連想させる数字は、避けましょう。

法事の香典の注意点

葬儀

最後に法事の香典の注意点を簡単にまとめておきましょう。

御供物を持参する場合も香典は必要?

御供物を持参する場合も、香典は必要なのでしょうか。
実は供物や香典については、決まった慣習やルールはありません。

ですから、御供物を持参される方のお気持ち次第となります。
法事に香典を持参される方がほとんどですが、必須というわけではありません。
一般にお供物を持参する場合は、香典を併せて持参するとしても、金額は少なめでも良いでしょう。

法事に参列出来ない場合はどうする?

都合がつかず法事に参列できないときは、自宅にお詫びとお悔やみの弔電を打つと良いでしょう。

弔電を打った上で香典を送る際には、きちんと香典袋に入れて渡します。
改めてお詫びとお悔やみの言葉を添えて、現金書留として送りましょう。
間違えても、現金書留の封筒にそのままお金を入れないように注意しましょう。

香典を送る時期は、基本的には法事の前が良いのです。
法事の後になるときでも、間を置かずに送りましょう。

香典返しは必要?

通常、葬儀の際の香典返しは必要です
一般に四十九日法要後にお礼の挨拶状を添えて送ります。
香典返しの金額は、頂いた香典の半額程度にするのが一般的です。

お世話になった目上の方などには、直接お渡しすることもあります。
また会社関係の方から香典をいただいた場合は、葬儀後の出社時などにお渡しすることもあります。

最近では法要の当日、香典の金額に関係なく一律に香典返しする即日返しも多くなっています。

法事の香典についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、法事の香典について香典袋の書き方や香典の金額などを解説してきました。

以下に今回の記事の要点をまとめました。

  • 香典は、法事の際に故人を弔うために霊前に供える金品で、相互扶助の意味もある。
  • 香典を持っていくタイミングは、四十九日以前の忌日法要とその後の回忌法要がある。
  • 四十九日まで7日ごとに7回の忌日があるが、法事を行うのは初七日と四十九日である。四十九日後の法事・法要には初盆と一周忌・三回忌などの回忌法要がある。
  • 法事での香典の書き方は、表書き・名前・金額の書き方など、いろいろなルールやマナーがあるが宗教・宗派によっても異なる。
  • 法事の際の香典の入れ方に決まりはなく、宗教による違いもある。新札は避け・お札の向きを揃え・香典袋に入れて、袱紗に包んで持参するとよい。
  • 香典を渡し方は、受付があるときは受付で渡す。自宅での法事のときは喪主・施主の方に直接渡すのがよい。
  • 香典の金額は、法事の時期・性格と故人との関係、食事の有無により異なる。
    故人と関係が深い人や目上の人、食事会に出席するときなどは多めにする。

ご覧いただいたように法事の香典のマナーは、葬儀の場合と一般の法事の場合で異なることも多くなっています。
また宗教による違いもあり、多岐にわたります。

どうしたらよいか迷われるときは、できるだけ一般的なルールやマナーに従って対応されると良いでしょう。

法事や香典のことは、これからますます考える機会が増えると思います。
分からないことがあれば、専門家の意見を聞いてみることも大切です。

終活ねっとでは、他にも多くの解説記事を載せています。
ぜひ他の記事も併せてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「法事・香典」に関連する記事

「法事・香典」についてさらに知りたい方へ

  • 一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

    一周忌法要における香典はどのようにしたらよいのでしょうか?一周忌の法要はご遺族にとって大切な場ですから、金額や書き方など失礼のないようにしたいものです。今回の記事では一周忌の香典について、香典袋の表書きや名前の書き方、金額の相場などを分かりやすく解説します。

  • 法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

    法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

    皆さんは、法事の際に持参する香典のマナーについて詳しく知っていますか?法事に関するマナーを知らないと、ご遺族や故人に対して失礼にあたることもあります。そこで今回の記事では、香典袋の表書きの書き方や香典袋の選び方など、法事の香典袋のマナーについて解説します。

  • 葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

    葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

    日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

  • 3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

    3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

    3回忌などの法事・法要に参列する際には香典を包まないといけませんよね。では、3回忌などの法事・法要に包む香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか?今回は、3回忌の香典の金額相場を故人との関係別にご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

    仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

    人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • 7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

    7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

    皆さんは7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方をご存知ですか?今まで正しい方法を知らずに、香典袋を書いたり選んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、7回忌法要の香典袋の正しい書き方や選び方について解説していきます。最後までご覧ください。

  • 一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

    一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

    故人が亡くなって1年の節目で迎える一周忌ですが、参列する際に香典袋は欠かせません。しかし、葬儀のときと異なり一周忌の香典袋には書き方やマナーについて独特のしきたりがあります。今回はいざというときに役立つ一周忌の香典袋の書き方などをご紹介します。

  • 法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

    法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

    法事の際に必ず持参していくことになるものの1つが香典ですが、その表書きの書き方にも「御霊前」や「御仏前」などいろいろあります。表書きが「御仏前」の場合の書き方やマナーの面などでどこに気を付ければいいのでしょうか?

  • 葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

    葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

    葬儀に参列できなかった場合は、葬儀後に香典を贈ることがあります。葬儀後に香典を贈る場合は、気を付けなければならないことがいくつかあります。今回は、葬儀後に香典を贈りたいと考えてるときの正しい渡し方や金額相場、表書きなどについて詳しく紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「法事・香典」についてさらに知りたい方へ

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介しますのサムネイル画像

7回忌法要の香典袋はどうすればいいの?書き方や選び方を紹介します

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと