香典返しに商品券を贈るのは失礼?送り方やオススメの商品券もご紹介

香典返しに何を贈るべきなのか悩んでしまうという方も多いですよね。それでは、香典返しとして商品券を贈ることは大丈夫なのでしょうか?今回は、香典返しとして商品券を贈ることの可否や、香典返しの基本的なマナーについて紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 香典返しで商品券を贈ることについて
  2. 香典返しに商品券を贈っても失礼じゃない?
  3. 香典返しを商品券にするメリット・デメリット
  4. 商品券の送り方
  5. 香典返しに商品券を贈る際のマナー
  6. 香典返しにオススメの商品券とその相場
  7. 香典返しで商品券を贈ることまとめ

香典返しで商品券を贈ることについて

お金

香典返しとは、葬儀で香典を頂いた方に贈る返礼品のことをいいます。
香典返しは、お葬式を執り行った喪主は必ず贈るべき品とされています。

しかし、香典返しに何を贈るべきなのか悩んでしまうという方が多いのも事実です。
香典返しとして送るべき品物に迷った時、商品券の方が喜んでもらえるのではないかと思った方もいらっしゃると思います。

そこで今回終活ねっとでは、香典返しでの商品券について

  • 香典返しに商品券を贈ることについて
  • 香典返しとして商品券を贈る時の方法
  • 香典返しを贈る時のマナー
  • オススメの商品券を相場と共に紹介

以上のポイントを中心に説明していきます。

詳しくご説明しますので、香典返しに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

香典返しにおすすめの商品券をご覧になりたい方は、以下をご覧ください。

香典返しに商品券を贈っても失礼じゃない?

困った人々

香典返しに商品券を贈ることは、失礼には当たりません

最近では、高額のお返しに相手が喜んでもらえるものが見当たらないということもあります。
そのため香典返しの品に迷ったときは、商品券を贈る方も増えていると言われています。

商品券を贈ってもいいのか不安に思われる方は、贈る相手を選ばれてはいかがでしょうか。
一般的に、商品券を贈ると失礼になるとされているのが、目上の方やご年配の方です。

また、地域の風習でタブーとされているところもあります。
身内の方か若い方に商品券を贈ると喜ばれますし、香典返しとして贈ってもトラブルにはなりづらいです。

香典返しは、相手にお礼を伝えるためのものです。
相手の反応が分からない場合は、親族や家族と相談して香典返しの品を決めましょう。

香典返しを商品券にするメリット・デメリット

null

香典返しにふさわしいとされている品物はかぎられています。
贈る相手と金額によって選ぶべき品物も変わるため、返礼品選びに迷う方も多いでしょう。

そこで、商品券を香典返しとして贈ることの長所と短所を説明します。
ぜひ以下の点を検討し、香典返しの品物を考える参考にしてください。

メリット

まず、香典返しに商品券を選ぶことのメリットについて説明します。

メリットとデメリットを比較して、香典返しに商品券を選ぶべきかどうか考えましょう。

香典返しの品物を考える手間が省ける

香典返しでは、形が残ってしまう品物を贈ることはマナー違反とされています。
形が残らないものを選ぶ理由には、将来の借りを残さないという意味と悲しい思いを残さないという意味があります。

つまり、香典返しには後に残らない品物を選ばなくてはなりません。

しかし、肉や魚などは後に残らないものですが、贈るのはマナー違反とされています。
四足の動物や生臭いものは、香典返しには相応しくないとされているからです。

他にも酒や昆布といった品物が、様々な理由で香典返しにふさわしくないとされています。

以上のことを踏まえながら、香典返しの品物を考えるのはかなりの手間ですよね。
つまり、商品券であれば贈る品物を選ぶ手間が省けるため、贈る側の負担にはなりません。

相手に好きな商品を選ぶことができる

商品券を贈ることは香典返しをする側だけでなく、香典返しを受け取る側にもメリットがあります。

香典返しの品物は、後に残らない品物という基準があります。
そのため、贈られてくるものがおおよそ決まってきてしまいます。

例えば、タオルや洗剤などの日用品、またはお茶や海苔などの飲み物や乾物が香典返しによく使われています。

しかし、同じものばかり贈られても使わないものが増えるばかりで困ってしまいますよね。

商品券を贈れば、相手の状況によって商品券で好きな品物を選んでもらえます。
石鹸が大量に余っている相手の家に、石鹸を贈ってしまうといったことがなくなります。

デメリット

次に、香典返しに商品券を選ぶことのデメリットについて説明します。

何事にも長所と短所があるように、商品券を贈ることにもデメリットがあります。
欠点も考慮した上で、香典返しに商品券がふさわしいのかどうか考えてみてください。

金額がわかってしまう

デメリットの1つは、商品券では金額が直接的に分かってしまうことです。

つまり、香典返しの金額がストレートに伝わることで、贈る側の奥ゆかしさや謙虚さが損なわれてしまうのではないかという懸念があるのです。

実際に、香典返しとして商品券は生々しすぎると敬遠される方もいます。

しかし、商品券でなくても品物の値段はおおよそ予測がついてしまいます。
また高額なものになればなるほど、相手に気にいってもらえる品物が見つからない、迷ってしまうという意見もあります。

快く思われない可能性がある

香典返しを受けとった方の立場や価値観によっては、商品券ではなく品物を贈ってほしいという方もいらっしゃいます。

また、金額が明確に分かってしまうことで現金をそのまま返されたと感じる方もいらっしゃいます。

香典返しの内容によって不快に思われるという可能性は、どの品物を贈ってもありえます。
しかし、現金を返されたも同然であると商品券を嫌がりそうな方には、贈るのを避ける方が良いでしょう。

商品券の送り方

配達

香典返しの作法として、香典返しを贈る日付が決まっています。

基本的に香典返しは、四十九日が過ぎた忌明け法要の後に贈ります。
四十九日法要後にするのは、香典返しが「香典に対するお礼」と「四十九日の法要が滞りなく済み、忌明けした」ということを報告するという意味を持っているからです。

また最近では、渡し忘れがなく便利であることから、葬儀当日に会葬御礼の品と一緒に香典返しを贈ることも増えていると言われています。

しかし、葬儀の作法は地域によって違いがあります。
香典返しのマナーについては、地域の方や親戚の方への確認が必要です。

販売店で購入時に配送手続きをする

香典返しは、必ずしも手渡しである必要はありません。

例えば、高島屋などで商品券を購入した際、そのまま配送の手続きをしてしまう方法もあります。
お店によっては、熨斗(のし)などをつけてくれるサービスもあります。

しかし、手渡しでない場合は直接お礼が言えないので、挨拶状・お礼状の添付が必要になります。
郵送の場合は香典返しにお礼状を添えるか、先にお礼状を贈りましょう。

郵送や宅配業者に依頼する

郵送の場合、香典返しにお礼状や挨拶状などの手紙を付けて贈るのがマナーです。

香典返しを一回自宅に持ち帰り、手紙をじっくり考えて書いてから贈りたいという方もいらっしゃると思います。

そこで販売店から商品券を買い、宅配業者に依頼して郵送してもらうという手段があります。

商品券は現金ではないので、ゆうメールで贈ることができます。
しかしゆうメールの場合、手紙を一緒に送ることはできないので気を付けましょう。

また、宅配業者に依頼する場合は、水漏れなどがないように2重で包装するなどの注意が必要です。

香典返しに商品券を贈る際のマナー

葬儀

香典返しに商品券を贈るときの、特別なマナーというものはありません。
商品券を贈るときも、基本的な香典返しのマナーさえ押さえていれば大丈夫です。

ここでは香典返しの基本的なマナーについて解説します。

商品券だけではなく挨拶状も添える

香典返しには、挨拶状を添えることが一般的です。
特に直接香典返しを渡せない場合、挨拶状の添付は必ず必要です。

商品券を香典返しとして贈る場合も同様に、挨拶状が必要になります。

挨拶状を添えることによって、商品券を選んだことについて相手に対して無作法をしたいわけではないと弁解することもできます。
挨拶状には、句読点や「ますます」のような繰り返し言葉の使用はマナー違反です。

挨拶状に絶対に書かなくてはならない内容は、一般的に5つあるとされています。

まず香典返しを贈る一番の理由である、香典を送っていただいたお礼を書きましょう。
次に四十九日が迎えられたことの報告と、故人と生前にお付き合いしていただいたことに対する感謝の言葉を入れます。
そして、香典返しの品物を送ることの報告をします。
最後に、略儀になってしまうことへのお詫びで締めます。

封筒や熨斗(のし)は必要?

香典返しには、熨斗がない掛け紙を付けることが必要になります。

関東と関西では、掛け紙にかかれている水引や表書きの種類が変化します。
東日本では、黒白5本結び切りの水引に「志」の表書きが一般的です。
西日本では、黄白5本結び切りの水引に「満中陰志」の表書きが一般的です。

他にも、地域によっては「忌明志 」を表書きに書くところもあります。
また宗教によって異なり、神式やキリスト教の場合は「偲び草」と表書きに書いたりすることもあります。

香典返しを贈るときには必ず、地域の慣習や宗教の確認が必要になります。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
香典返しが不要な時の対応についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

ご遺族の負担を減らしたい、香典返しが不要な場合、香典返しを辞退するにはどうすればよいのでしょうか?また、香典返しが不要な方にはどのように対応すべきなのでしょうか?香典返しを辞退する方法、ご辞退された方への対応をご紹介します。

香典返しにオススメの商品券とその相場

お金

商品券といっても様々な種類がありますよね。

そこで次に、商品券の特徴や購入できる場所、サービス、相場について紹介します。
ぜひ香典返しとして、相手に喜んでもらえる商品券を選んでみてください。

高島屋商品券

高島屋商品券は、基本的に高島屋各店で使用できます。
また、おつりが戻ってくるため使い勝手が良いです。
値段は1千円~10万円まで種類があります。

購入は商品券を売っている高島屋に直接足を運ぶか、高島屋オンラインストアで注文できます。
またサービスとして、指定した届け先まで配送してもらえます。
用途に応じて、懸け紙での包装も行っているため容易に送ることが出来ます。

JCBの商品券各種

香典返しにはJCBの商品券もおすすめです。

JCBの商品券は、JCBギフトカードと呼ばれているものがあります。
日本全国のJCBギフトカード取扱店で使用できます。
お値段は、千円券と5千円券の2種類があります。

購入は販売店や電話、インターネットなどで注文できます。
サービスとしてカードケースと紙箱の場合、のし紙の種類や外のし・内のしなど包装の種類を指定できます。
JCBギフトカードの数量によっては、無料包装も選択することができます。

イオンギフトカード

イオンギフトカードは、全国のイオングループ各店で使用できます。

イオンギフトカードは、1千円~10万円まで一枚のカードに入金できます。
1枚にまとめられるためお財布がかさばらないですし、有効期限がないので使いやすいです。
カードの購入は、全国のイオンなどの販売店で注文できます。

クオカードや図書カード

商品券を香典返しとして贈る場合、クオカードや図書カードを選択するという手もあります。

クオカードは、コンビニエンスストアやファミリーレストランなどで使用できます。
カードの購入は、コンビニなどの販売店などで直接行うか、ネットやFAXで注文できます。

クオカードは、300円~1万円まで値段が選べます。
有料で、のし紙やのしケースに名前を入れるサービスもしています。

図書カードも非常に購入しやすく、書店で使えることが分かっているため使用しやすいです。
値段は、500円~1万円の中から選べます。

香典返しで商品券を贈ることまとめ

人々

いかがでしたかか?
今回終活ねっとでは、香典返しでの商品券について以下のことを説明してきました。

  • 香典返しに商品券を贈ってもマナー違反ではない。
  • 香典返しに商品券を贈る時は、贈る相手の立場や地域の慣習に注意する。
  • 香典返しを贈る時は、挨拶状を添えてと熨斗(のし)がない掛け紙をかける。
  • 商品券には様々な種類があり、掛け紙などの包装のサービスも充実している。

香典返しは、香典へのお礼と四十九日法要の報告を含んでいます。
基本的なマナーを守れば、香典返しには相手への思いやりの気持ちで選んだものは何を贈っても大丈夫ということですね。

香典返しの品物に悩んでいる方は、ぜひ商品券を検討してみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、他にも香典・香典返しに関する記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「香典返し・商品券」に関連する記事

「香典返し・商品券」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「香典返し・商品券」についてさらに知りたい方へ

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!のサムネイル画像

香典返しに人気の品物やタブーとされている品物を詳しく紹介します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説のサムネイル画像

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説しますのサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状って?挨拶状の文例や注意点を解説します

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介のサムネイル画像

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介

粗供養には何を送れば良い?お礼はすべき?粗供養についての疑問点のサムネイル画像

粗供養には何を送れば良い?お礼はすべき?粗供養についての疑問点

今となっては懐かしい、お札と言えば聖徳太子の一万円札のサムネイル画像

今となっては懐かしい、お札と言えば聖徳太子の一万円札

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと