香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

お通夜や告別式などで持参する香典には、お悔やみとご供養の気持ちをこめた大切な意味があります。今回は香典の特に表書きについて詳しくご説明します。宗教宗派別の香典の表書きや名前の書き方など、誰もが知っておきたいマナーについてですので最後までご覧ください。

目次

  1. 香典の表書きについて
  2. 香典とは
  3. 香典の表書きの種類
  4. 香典の書き方
  5. 香典を包む袱紗についてご紹介
  6. 香典の表書きについてまとめ

香典の表書きについて

葬儀

葬儀について考えることは終活の柱のひとつです。
お通夜や告別式には、さまざまなしきたりやマナーがあります。

そして、お通夜や告別式に参列する際に、忘れてならないのが香典です。
香典は亡くなったかたへのお悔やみとご供養の気持ちをこめて、喪主のかたにお渡しします。
香典については、さまざまなしきたりがあります。

そこで今回は、香典の表書きについて詳しく解説いたします。
今回の終活ねっとのこの記事は次の点がポイントです。

  • 香典とは?
  • 仏教、宗派による香典の表書きの種類
  • 香典の表書きの書き方
  • 香典を包む袱紗について

マナーを守って、失礼のないように香典をお渡ししたいものです。
ぜひ最後まで目を通していただき、皆様の終活のお役に立てていただければと思います。

香典とは

葬儀

葬儀を行なって亡くなったかたをお見送りすることは、ご遺族のかたにとって心理的にも金銭的にも負担が大きいものです。
また、お通夜や告別式では、式の後に遺族のかたが参列者に飲食をふるまう習慣があります。
香典には、そういったご遺族のかたの金銭負担を軽くする目的があります。

香典は主に戦後になってから広まった習慣と言われています。
お通夜と告別式のほかに、一周忌や三回忌といった年忌法要においても、参列する際には香典を持っていきます。

なお、葬儀でお渡しする香典についてもっと知りたい方は、終活ねっとの次の記事も役立ちますので、ぜひ併せてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

香典の表書きの種類

葬儀

香典は現金を香典袋に入れて、お持ちします。

香典袋の表書きの種類は様々で、宗教宗派によって書き方が異なります。
葬儀や告別式の受付でいざという時に慌てないよう、ここでは宗教宗派による表書きの違いをご説明します。

仏式は「御香典」「御香料」「御霊前」

仏式では「御香典」「御香料」「御霊前」のいずれかが書かれた袋を使います。

迷われるかたが多いのが、「御霊前」と「御仏前」の違いです。

これは四十九日の法要で分けられます。
お通夜、告別式、初七日には「御霊前」を使い、四十九日の法要より後の法要は「御仏前」となります。
これは四十九日の法要は満中陰(まんちゅういん)と呼ばれ、忌明けする意味が込められているためです。

お通夜と告別式は「御霊前」、四十九日からは「御仏前」と覚えておくと便利です。

なお、香典は一周忌や三回忌といった年忌法要の際にもお持ちします。
年忌法要の際は、「御香典」「御香料」の表書きにします。

浄土真宗は「御仏前」

仏式で気をつけたいのが、浄土真宗の葬儀に参列する場合です。

一般に仏教ではお通夜や告別式では「御霊前」を使いますが、浄土真宗の場合は「御霊前」と「御仏前」の使い分けは行ないません
お通夜でも告別式でも浄土真宗では「御仏前」を使います。

神式は「御玉串料」「御榊料」

神式ではどうでしょうか?
お通夜と告別式、法要のいずれの場合でも、神式では「御玉串料」「御榊料」のいずれかを表書きします。
それぞれ「御玉串料」は「おんたまぐしりょう」、「御榊料」は「おんさかきりょう」と読みます。

神式において気をつけたいのが、香典袋は白い無地のものを選ぶことです。
仏式でよく使われる蓮の花がプリントされた香典袋は使えません。

ちなみに神道での葬儀のことを、神葬祭(しんそうさい)と呼びます。

キリスト教は「御霊前」「御花料」

キリスト教の葬儀では、お香は焚きません
したがって、キリスト教は「御霊前」または「御花料」のいずれかを香典袋に表書きします。

神式の場合と同様に、蓮の花がプリントされた香典袋は使いません。
白い無地のものか、十字がついたキリスト教専用の香典袋を使うようにします。

無宗教では「御霊前」

近頃は、宗教や宗派にとらわれない無宗教の葬儀を行なうかたが増えています。
参列するお通夜や告別式が無宗教のものの場合「御霊前」と書くようにします。

無宗教の葬儀では、ご厚志お断りしますと伝えられる場合があります。
これは、香典やお供えの物はご遠慮しますという意味です。
喪主のかたから、ご厚志お断りしますと言われた場合には、香典を持参する必要はありません。

香典の書き方

葬儀

実際に香典を用意しようと思っても、香典の書き方がわからない、という方もいると思います。

市販の香典袋は、ほとんどの場合に表書きが印刷されています。
ここでは表書きの下部に記入する、名前の書き方をご説明します。

名前の書き方

香典は、個人でお渡しする場合と複数名でお渡しする場合があります。
それにより、名前の書き方が変わってきます。

個人の場合

個人の場合は香典袋の下部の中央に、フルネームで書き入れます。
「御霊前」の文字の大きさとのバランスを見ながら書くとよいでしょう。

2・3人で包むときは連名で書く

会社の同僚や親しい友人など、複数名で香典を準備する場合があります。
2・3人で包む際は、連名で2名のフルネームを中央に書くようにします。

もし3名の連名の場合は、中央に一人の名前を書き、その両側に一人ずつの名前を書きます。

4人以上のときは「〇〇一同」と書く

人数が4名以上になる場合は、香典袋の名前は代表者一名のみを書き、左側に小さめの文字で、他3名というように書きます。

また、たとえば職場の同僚などで部署全員の連名で香典を準備したい場合は、「〇〇株式会社営業部一同」というように所属を書くようにします。

4人以上で「〇〇一同」と表書きをした場合は、香典袋のなかに全員の名前を書いた別紙を入れておきます。
これは、遺族のかたがどなたからの香典なのかをわかりやすくするためです。

会社は会社名に「一同」か「有志」をつける

会社で香典を送る場合は、香典の表書きに会社名に一同または有志のいずれかを明記しておきます。
それによって、会社全体からの香典なのか?社内で特に親しかったかたたちからの香典なのか?遺族のかたがわかりやすくなります。

薄墨の筆か筆ペンで書く

香典の表書きは薄墨の筆または筆ペンで書くのが原則です。
もし筆が手に入らなかった場合は、ペンで書いてもよいです。
しかし、鉛筆やボールペンなどでの表書きは失礼にあたるので使いません。

お通夜と告別式の香典は、必ず薄い墨で表書きをします。
薄い墨で書くのは、突然のことで墨を磨る時間がなかったこと、悲しみの涙で墨が薄くなったことを表わす慣習です。
したがって、お通夜と告別式は薄い墨を使いますが、四十九日などの法要は事前に日にちが決まっているため、普通の濃い墨で表書きをします。

なお、薄い墨色の筆ペンは市販されています。
手元に用意しておくとよいでしょう。

パソコンから印刷する

手書きの文字に自信がないという声をよく聞きます。
その場合は、表書きをパソコンから印刷しても問題ありません。
パソコン専用のテンプレートを使って、きれいに素早く、表書きの印刷ができます。

住所や金額はどこに書けばいいの?

香典袋には、名前のほかに住所と金額も明記するようにします。
これはご遺族のかたに、誰からの香典なのか?をわかりやすくお伝えするためです。

では住所や金額はどこに書くのが良いのでしょうか。
住所と金額は、香典袋の中袋に書きます。
もし中袋が無い場合は、香典袋の裏面に書きます。

香典を包む袱紗についてご紹介

葬儀

香典を包む袱紗(ふくさ)をご存知ですか?
香典は必ず袱紗に入れて持ち運びます。

袱紗は会場の受付で開き、香典を受付のかたにお渡しします。
弔事用の袱紗は、紫や紺色、グレーといった色がほとんどです。

袱紗については、終活ねっとの次の記事でわかりやすくまとめています。
ぜひ併せてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の袱紗(ふくさ)とは?渡し方や包み方などのマナーを解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

香典の表書きについてまとめ

葬儀

香典の表書きについて、その種類や書き方などをご説明してきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の記事は次の点がポイントでした。

  • 香典はお通夜や告別式、法要の際に持っていくことで、ご遺族のかたの金銭負担を軽くする目的がある。
  • 表書きは、仏式は「御香典」「御香料」「御霊前」、四十九日より後は「御仏前」。ただし浄土真宗はお通夜からすべて「御仏前」。神式は「御玉串料」「御榊料」、キリスト教は「御霊前」「御花料」、無宗教では「御霊前」。
  • 香典の書き方は、名前は3名までは連名で、4名以上は「〇〇一同」と書く。会社名には「一同」か「有志」をつける。
    薄い墨の筆または筆ペンで書く。パソコンからの印刷も可能。
    住所や金額は中袋に書く。
  • 表書きは、薄い墨の筆または筆ペンで書く。パソコンからの印刷も可能。
    住所や金額は中袋に書く。
  • 香典は袱紗に包んで持ち運び、会場の受付で袱紗を開いてお渡しする。

この記事で見てきたように、香典の表書きは、宗教宗派によっても異なり、書き方にもしきたりがあります。

香典を要する際に、どんなことをどのようにすれば良いのかがわかれば、恥ずかしい思いをすることがない上、相手の方に失礼に当たることをしてしまう心配がありません。
香典についての知識は、いざという時に慌てないための大切なマナーなのです。

今回の記事を皆様の終活に役立てていただければと思います。

また、終活ねっとでは他にも終活やお墓に関する記事を掲載しています。
そちらも一読ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「香典・表書き」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典・表書き」についてさらに知りたい方へ

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!のサムネイル画像

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

葬儀での御香典について解説!金額相場から書き方・包み方までご紹介のサムネイル画像

葬儀での御香典について解説!金額相場から書き方・包み方までご紹介

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「香典・表書き」についてさらに知りたい方へ

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!のサムネイル画像

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

葬儀での御香典について解説!金額相場から書き方・包み方までご紹介のサムネイル画像

葬儀での御香典について解説!金額相場から書き方・包み方までご紹介

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと