お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

お墓の跡を継ぐ人がいない場合、お墓をどうすればよいのでしょうか。今回終活ねっとでは、お墓の後継ぎがいない場合の解決策や墓じまいの方法・費用などについて詳しくご紹介していきます。お墓の後継ぎがいない方必見の内容となっております。是非ご覧ください。

目次

  1. お墓の跡継ぎがいない場合について
  2. 跡継ぎがいなくなったお墓はどうなる?
  3. お墓の跡継ぎがいない場合はどうする?
  4. お墓の跡継ぎがいない場合の墓じまい手順・方法
  5. 跡継ぎがいない場合の墓じまいにかかる費用
  6. お墓の跡継ぎがいない場合についてまとめ

お墓の跡継ぎがいない場合について

お墓

終活で最も大事なことの一つにお墓について考えるということがあります。
お墓はたくさんの種類があり、悩む方もかなり多いです。
特に、後継ぎがいない場合にお墓をどうするかは非常に難しい問題です。

そこで今回終活ねっとでは、お墓の跡継ぎがいない場合についてスポットを当て

  • 跡継ぎがいないお墓がどうなってしまうのか
  • 跡継ぎがいない場合の具体的なご供養方法
  • 跡継ぎがいない場合の墓じまいの方法と一連の流れについて
  • 跡継ぎがいない場合の墓じまいに掛かる費用とその詳細

以上の点を中心に、詳しくご説明させて頂きたいと思います。

後継ぎがいない場合の解決策について詳しくご紹介します。

現在お悩みの方はもちろんですが、これからご家族とお話し合いをなさるという方もぜひ最後までお付き合い下さい。

跡継ぎがいなくなったお墓はどうなる?

お墓

まず最初に、跡継ぎのいなくなったお墓がどうなってしまうのかをご説明していきます。

お墓は墓地・霊園に建てられており、日々の管理はそれぞれの墓地・霊園の運営団体によって行われています。

お墓の承継者は、年間の管理費用を運営団体に収めて管理をお願いすることになるのですが、跡継ぎがいなくなったお墓はこの管理費用が支払われなくなってしまいます

このように、管理費用の支払いをする跡継ぎや縁故のある方が誰もいらっしゃらず、長期間放置されているお墓のことを無縁墓と言います。

無縁墓となったお墓について、管理者側では次のような流れで処理をすることが許されています。

  • 無縁墓についての情報を官報や立て札で知らせ、縁故者からの申し出を待つ。
  • 一年間待っても誰からも申し出がない時は、無縁墓とみなして墓地を処分する。
  • 処分されるお墓から取り出されたご遺骨を無縁仏としてご供養する

大切なお墓を守る方が誰もいなくなった無縁墓は、最終的にこのような大変寂しい最期を迎えることになってしまうのです。

ご遺族の手で墓じまいを行い無縁墓にならないようにすることも、とても重要なご供養と言えるでしょう。

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする?

お墓

では次に、お墓の跡継ぎがいない場合にはどのようにすれば良いのでしょうか。

ここでは、具体的なご供養方法をご説明していきます。

永代供養してもらう

まず始めに、永代供養してもらうという方法について紹介していきます。

永代供養とは、ご遺族に代わって故人のご遺骨を長期間にわたりご供養する方法です。

故人のご供養は回忌法要を継続して行っていきますが、亡くなって49年目の五十回忌を最後に弔い上げ(とむらいあげ)をして、先祖代々として合祀されるのが一般的です。

永代供養ではこの回忌を目安とする期間ご供養を行い、その後は故人のご遺骨を合祀して弔います。

具体的な永代供養としては、次のようなものが挙げられます。

納骨堂での永代供養

納骨堂にてご供養を行い、節目となる回忌法要後にご遺骨を合祀してご供養するのが納骨堂での永代供養です。

納骨堂には様々な種類があり、ロッカータイプで個別に納骨出来るものやご位牌だけ個別となっているものなど、ご遺族のご意向に合わせて選ぶことが出来ます。

合祀されるまでの回忌法要を何回忌まで行うのか、その期間も納骨堂によって違ってきますので、選ばれる際にはよくご説明を受けてから考える必要があります。

納骨堂での永代供養の費用について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

永代供養墓での合祀

一般的なお墓ではなく、モニュメントとなる石碑を建ててご遺骨を納骨し、節目となる回忌法要後に合祀されるのが永代供養墓での合祀です。

永代供養墓は、個別に納骨出来るものから最初から合祀されるものまで様々な形があり、ご遺族のご希望に合わせて選ぶことが可能です。

永代供養墓での合祀も、回忌法要を何回忌まで行うのかで契約期間が決まります。
それによって費用に違いが出ることもありますので、永代供養墓を選ぶ時にはよく説明を聞いてから決めるようにしましょう。

樹木葬をする

樹木葬は自然葬の一つで、ご遺骨の埋葬が許可された土地に樹木を植え、その根元にご遺骨を埋葬してご供養します。

埋葬後の管理が必要ないことや、自然の中へ回帰するという考えに添っている点が多くの人の注目を集め、生前予約をして準備をする方も少なくありません。

ご遺骨は個別埋葬と合同埋葬から選ぶことが出来ますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、それぞれをよく比較してから決めるようにしましょう。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

散骨する

ご遺骨をパウダー状になるまで粉骨し、それを自然の中へ撒いてご供養する方法が散骨です。

海や山といった自然の中に散骨するほか、最近ではロケットなどで宇宙に散骨する宇宙散骨・巨大な風船にご遺灰を詰めて大空に放つバルーン葬も大きな話題となっています。

散骨によるご供養は決して違法ではありませんが、場所によっては自治体の規則で禁止されていたり所有者の許可がなければ出来ない場所もあります。

散骨を専門に行っている業者・事業主も多数ありますので、わからない点などを相談してアドバイスを受けてみるのも良いでしょう。

手元供養する

お墓を墓じまいなさった後、ご遺骨をどこにも預けず手元供養なさる方もいらっしゃいます。

現在は手元供養にも様々な方法があり、ご遺族で話し合われた上で一番良いと思われる方法を選ぶことが出来ます。

  • ご遺骨を分骨して小さな骨壷に納める

    手のひらに乗るほどの小さな骨壷にお納めし、毎日お供えやお経を唱えるなどしてご供養を行います。一目では骨壷と分からないような形のものが多く、お住いの関係などでご供養するスペースに悩まれる方を中心に大変大きな支持を集めています。

  • ご遺骨をプレート状に加工してご供養する

    故人のご遺骨を石板のような小さなプレート状にして、お手元でご供養する方法です。ご遺族の生活空間に溶け込み、身近に故人を感じながら毎日欠かさずご供養が出来る点で大きな反響を呼んでいます。

  • ご遺骨をアクセサリーにしてご供養する

    故人のご遺骨をアクセサリーに加工し、身につけてご供養する方法です。ゴールドやシルバーで出来たペンダントトップに少量のご遺灰を入れて身につけたり、ご遺骨をダイヤモンドなどの宝石にしてアクセサリーを作るなど、ご遺族の皆様のご希望に合わせて加工を行うことが可能です。

お墓の跡継ぎがいない場合の墓じまい手順・方法

お墓

ここからは、お墓の跡継ぎがいない場合の墓じまい方法について詳しくご説明していきたいと思います。

墓じまいとは、お墓からお納めしているご遺骨を取り出してお墓を完全になくすことを言います。

これまで長期に渡りお守りしてきたお墓をおしまいにするというおつとめは、物理的な工事以外にも多くの人とのコミュニケーションが大切になってきます。

どのような点に注意して墓じまいを進めていけば良いのか、その内容を流れに添って時系列にご説明していきます。

親族とよく話し合う

まず始めに、墓じまいを考える上で一番大切なことは親族とよく話し合うということです。

お墓とは、近親のご遺族だけでなくご親族のとっても一族の象徴となる大切な集いの場所です。

その場所に出向き手を合わせることで、亡くなられた故人を身近に感じることが出来るということに安心感を持つ方も多く、大変デリケートな問題となっています。

それだけに、たとえ承継者であってもどなたにも相談なさらず墓じまいを行うと、後で親族間の揉め事となってしまうことも少なくありません。

  • 墓じまいをしたいという意志をご親戚に伝えること
  • 話し合いの上でご遺骨をどのようにご供養するか話し合うこと
  • 墓じまいに際し檀家を抜ける場合にはその内容についても伝えておくこと

このような内容について、ご親族のご理解とご納得をいただいた上で墓じまいをスムーズに進めていけるように事前によく話し合いを行うようにしましょう。

お寺・霊園の管理者に報告する

次に、墓じまいをすることが決まったら、お墓のある墓地・霊園にその旨をご報告します。

墓じまいを行うためには、寺院墓地・霊園のご協力が不可欠です。

  • これまでお世話になってきたことのお礼をお伝えする
  • 跡継ぎがおらず墓じまいをしなければならないことをお話しする
  • 墓じまいのための工事についてご協力をお願いする

このような内容についてご報告を行い、お寺や墓地・霊園の管理者にご理解を得るようにしましょう。

墓じまいの日程や工事を行う石材店などが決まってからご報告をしてしまうと、お寺や墓地・霊園にご迷惑を掛けたり思わぬトラブルとなることもあります。

ご報告は親族間の話し合いが終わった後すぐのタイミングで行い、お寺や墓地・霊園にご協力をいただきながら墓じまいの日程を決めていくとより良いでしょう。

石材店を手配する

お寺や墓地・霊園にご報告をした後、実際に墓じまいの工事を行う石材店を手配します。

基本的にはご自身で石材店を探すことになるのですが、墓地・霊園によっては指定石材店制度がある場合があります。

  • お寺や墓地・霊園にご相談する時に、指定石材店があるかどうか確認する
  • 指定石材店がない場合にはご自身でよく比較検討して石材店を手配する
  • 石材店に相談する時に、お墓のある場所の地形やお墓の規模をしっかり伝える
  • 石材店への相談は一店舗だけではなく、複数店舗に見積もりをお願いする
  • 日程を決める時にはお寺や墓地・霊園の許可を得てから決定する

このような点に注意をして石材店を探し、一番良いと思われる石材店と契約するようにしましょう。

閉眼供養を行う

次に、閉眼供養を行います

お墓には故人の魂が宿っており、そのまま墓石を大きく動かすような工事を行うことは大変失礼にあたることとされています。

閉眼供養とは、墓石に宿った魂に離れていただくために行われるご法要です。

ご法要はお坊様によってとり行われ、この閉眼供養が終わった後にご遺骨を取り出し、墓じまいが行われることとなります。

閉眼供養は檀家となっている寺院のお坊様にお願いすることになりますが、もし心当たりがない場合には墓地・霊園の方でご紹介いただける場合もあります。

大切な法要となりますので、必ず閉眼供養を行ってから墓じまいを行うようにしましょう。

遺骨を取り出す

閉眼供養が行われた後、墓石の撤去に入る前にご遺骨を取り出します

ご遺骨はカロートというお墓の中の納骨室に納められており、お墓の形状によっては地面に埋められるように設置されていたり、足元が悪くご自分で取り出すことが難しいこともあります。

大切なご遺骨をご自身の手で取り出したいというご遺族も多いのですが、無理をするとご遺骨の納められた骨壷を傷つけたり、ご自身がお怪我をなさることもあります。

ご遺骨を取り出す時はトラブルを避けるためにも無理をなさらず、石材店の方にお任せするようにしましょう

墓石を撤去する

ご遺骨を取り出した後、墓石を完全に撤去する作業を行います。
墓石の撤去は以下のような手順で行います。

  • 墓石を解体して運び出す
  • 基礎を壊して石材を撤去する
  • 植えられていた樹木などの伐採
  • 墓地の区画を整地する
  • 撤去された石材を処分する

墓地の区画は墓地・霊園から永代的にお借りしている場所ですので、お墓を建てる前の状態に戻してからお返ししなければなりません。

完全に更地となった状態に戻したら、墓じまいが完了となります。

跡継ぎがいない場合の墓じまいにかかる費用

お墓

では最後に、跡継ぎがいない場合の墓じまいにかかる費用についてご説明していきましょう。

墓じまいを行うためには多くの方のご協力が必要で、その際にそれぞれ必要な経費がかかってきます。

なかなか経験することが少ないだけに、墓じまいの費用についてどなたに尋ねることも出来ず気になさる方も少なくありません。

ここでは、墓じまいの中でも特に皆様が気になさっている項目について、その詳細を具体的な金額を挙げてご説明していきたいと思います。

墓石の撤去に必要な費用

墓じまいに掛かる費用の中で、一番最初に思い浮かべるのが墓石の撤去に必要な費用ですよね。

基本的な考え方として、石材店では次のような点に注目して費用を設定しています。

  • 区画の広さ
  • 墓石に使用されている石材の量
  • 特殊な重機を必要とした立地かどうか
  • 樹木の掘り返し等の作業があるかどうか
  • 基本料金内の作業員数で足りるかどうか

各石材店によって多少の違いはありますが、全国的な平均金額としては1㎡につき約10万円前後が基本料金となっており、上記のような項目が当てはまる場合には費用が上乗せされていきます。

実際に墓じまいを経験なさった方がお支払いした費用の平均は、約20万円~30万円位といえるでしょう。

石材店にご相談する際には、上記の項目について詳細な情報をお伝えした上で必ずお見積もりを出して貰い、他の石材店と比較検討をしてからお任せする石材店を決めるようにしましょう。

閉眼供養に必要な費用

お墓を閉じる前に行われる閉眼供養に必要な費用には、以下のようなものが挙げられます。

  • 法要を行ったお坊様へお包みするお布施

    一般の法要と同じだけの金額をお包みするのが良いとされています。寺院で金額が定められていたり、檀家同士の取り決めなどがある場合にはその金額をお包みします。全国的な平均金額としては、3万円から5万円が一番多い金額となっています。

  • お坊様へお包みするお車料とお食事料

    お墓まで出向いて下さるお坊様に対してお包みするのがお車料、法要後に行われる会食の代わりにお包みするのがお食事料です。こちらも地域性がございますが、実際にお包みした方の平均的な金額としては、お車料・お食事料ともに5千円が一番多い金額となっています。

  • お食事会の費用

    ご供養にお食事会を開かれる場合、参列下さった方々のお食事をご用意する必要があります。多くの場合には料亭やレストランを予約したりご自宅にて仕出しを頼むことが多く、平均的金額としてはお一人につき約5千円となっています。

ご法要は地域的な慣習やご親族とのお付き合いも大きく関わってきますので、一概にこれが平均というのがわかりにくくなってします。

上記した金額を目安として、ご親族や同じ檀家同士のお付き合いを加味した上で費用をご用意なさると良いでしょう。

(寺院墓地の場合)離檀料

寺院墓地にあるお墓を墓じまいする場合、墓じまいと同時に檀家もやめることになります。

檀家をやめることを離檀といい、この時に寺院に対しお包みするのが離檀料です。

離檀料もお気持ちをお包みすることになるのですが、明確な金額が決まっているわけではないので、お包みした方の多くはご親戚や檀家同士の取り決めにしたがってお包みなさっています。

平均的な金額としては約10万円~20万円が一番多い金額です。

寺院によっては離檀料を決めてあるところもありますが、基本的にはお気持ちをお包みすることになりますので、平均費用がわかりにくかったりご不明な点がある場合には、ご親戚や檀家の方にご相談して決められても良いでしょう。

終活ねっとでは、他にもお墓に関する記事を多数紹介しています。
墓じまいの離檀料についてもっと詳しく知りたいと感じた方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまい・改葬の離檀料とは?気になる費用相場について解説します!

お墓の維持管理が難しくなり、墓じまいをお考えの方が増えてきました。墓じまいするに当たって、お世話になったお寺への離檀料が必要になると聞いたことはありませんか?トラブルなく離檀をするにはどうしたらいいのでしょうか?離檀料の費用や相場について解説します。

お墓の跡継ぎがいない場合についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、お墓の跡継ぎがいない場合について詳しくご説明してきました。

最後にもう一度、それぞれの項目についてまとめていきます。

  • お墓の跡継ぎがいない場合のご供養について

    お墓から取り出されたご遺骨は、永代供養墓や納骨堂での永代供養・樹木葬・散骨・手元供養という方法でご供養される。
    墓じまいの前にご供養方法もしっかりと決めておくことが大切である。

  • お墓の跡継ぎがいない場合の墓じまいについて

    墓じまいはデリケートな問題があるので、近親者だけではなくご親族ともよく話し合った上で決めることが大切である。

    親族との話し合い→寺院や墓地・霊園→墓じまいをお任せする石材店選びの順でお話を進めていき、わからない点などがある場合には周囲の人と話し合いをして決めていく。

    石材店は墓地により指定されることがあるので、必ず確認してから話を進める。

    ご遺骨を取り出す前に必ず閉眼供養を行い、墓石をただの石材に戻してから墓じまいの工事に取り掛かる。

  • お墓の跡継ぎがいない場合の墓じまいにかかる費用について

    墓じまいにかかる費用には、「お坊様にお包みするお布施・お車料・お食事料」「離檀料」「墓石の撤去費用」がある。

    法要やお布施に関することは地域的慣習や檀家同士の決まりごともあるので、確認してからお包みすると良い。

    墓石の撤去を行う石材店は必ず複数の店舗でお見積もりを出してもらい、比較検討してから決めるようにする。

なかなか周囲の方にはたずねることが難しい墓じまいですが、多くの方にご協力をいただきながら進めていくことも大変大切です。

ご自身だけで悩まれることなく、ご親族や専門家の方にご相談しながら、悔いのない墓じまいとなるようにしましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

墓じまいだけでなく、お墓の移動についても知りたい方は以下の記事もぜひご覧ください。

また、終活ねっとでは全国の納骨堂を様々な条件で検索することや納骨堂への資料請求、見学予約をすることも可能です。
墓じまいした後に納骨先を探される方はぜひその下の終活ねっとのお墓探しもご利用ください!

こちらも読まれています

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!

お墓を別の場所へ移動するのは、人によって様々な理由があるかと思います。ですが、お墓の移動をするのが初めての場合、一体どのような手続きが必要となるのか知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、お墓の移動方法について解説します。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・跡」に関連する記事

「お墓・跡」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・跡」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

墓じまいの費用の相場を解説します!改葬や墓石の処分も!のサムネイル画像

墓じまいの費用の相場を解説します!改葬や墓石の処分も!

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?のサムネイル画像

放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・改葬について知っておこうのサムネイル画像

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・改葬について知っておこう

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと