アメリカの平均寿命は短い?日本との違いや短い理由を解説します!

アメリカの平均寿命は短い?日本との違いや短い理由を解説します!

アメリカの平均寿命は何歳だかご存知ですか?現代医療が最も進歩しているアメリカですが、意外にもアメリカの平均寿命は日本の平均寿命よりも低いのです。アメリカの平均寿命の裏に隠された意外な事実を日本の平均寿命と比較することでひとつずつ読み解いていきましょう。

最終更新日: 2020年12月17日

アメリカの平均寿命は78.74才

null

日本の平均寿命は83歳なのに比べて、アメリカの平均寿命は78.74歳です。

医療分野でも最先端という印象のあるアメリカですが、どうして日本との間にこのような違いが生まれたのでしょうか?

日本の平均寿命とも比較することで、日本とアメリカの違いがくっきりとみえてくるかもしれません。

そこで今回「終活ねっと」では、アメリカの平均寿命について

  • アメリカと日本の平均寿命の違い

  • アメリカの平均寿命と社会問題

  • 他の先進国と比較したときのアメリカの平均寿命

以上のことを解説していきます。
アメリカの平均寿命に隠された事実を日本の平均寿命と比べながら一緒に読み解いていきましょう。

なぜアメリカの平均寿命は低いのか

車

なぜアメリカの平均寿命は低いのでしょうか。
アメリカの平均寿命には、アメリカ国内のさまざまな社会問題や社会の仕組みが関係しています。

肥満問題

肥満問題について考えてみましょう。
肥満は生活習慣病を引き起こし、様々な疾患の原因として考えられています。
具体的にいえば肥満は「高血圧、糖尿病、心臓病、呼吸器疾患や関節症関連の病気」などの原因であると考えられています。

ここで、日本とアメリカの肥満が原因と考えられる死亡原因を挙げてみます。
日本では心疾患による死亡原因の割合が15.8%なのに対し、アメリカでは心疾患(31.6%)慢性下気道疾患(5.6%)脳血管疾患(5.2%)糖尿病(2.8%)というデータが得られています。
(全ての死亡原因を100%として計算した場合)

実際にアメリカでは、肥満が原因による生活習慣病が死亡原因全体の約4割を占めていることがわかりました。

薬物乱用

つぎに、薬物乱用について考えてみましょう。

薬物乱用による急性薬物中毒者や薬物依存者などの問題は、ニュースやワイドショーなどで取り上げられている機会が多いと思います。
なので薬物乱用という言葉を一回は聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

薬物に関していえば、日本とアメリカでは薬物に関する規制の厳しさが違うので、アメリカは日本に比べて人々が比較的容易に薬物を入手可能な環境であるといえるかもしれません。

日本とアメリカの薬物使用者を年齢層別に比較してみると、日本では40代〜50代の中高年層が薬物使用者数全体の半分を占めています。
一方のアメリカでの薬物使用者の年齢層は、25~54歳と幅広い年齢層で薬物が使用されていることがわかります。

結果としてアメリカでは、薬物使用者の人数は多く人々の急性薬物中毒死の件数も多いのです。
(2016年:アメリカ国立健康統計センターに基づく)

医療費が高い

アメリカの医療費は本当に高いのでしょうか?
そしてまた、高い医療費の原因はなんでしょうか?

事実、アメリカは日本と比較すると医療費が高いです。
原因として挙げられるのは、日本とアメリカとの間の医療保険制度の違いです。
日本では国民に「国民皆保険」加入が義務付けられていますが、アメリカではこれに類似した制度への国民の加入の義務がありません。

そしてまた、医療費の価格決定の仕組みも異なります。
日本では価格決定は国(厚生労働省)によって定められるのに対して、アメリカでは原則として各々の病院が価格を決定します。
ですから、アメリカで医療保険制度に加入していない人は、必要な医療費保険によってまかなわれないために経済的な負担が大きくなります。
アメリカでは一般的に一度の診察で平均的に100ドルが必要だといわれています。

なのでアメリカ国民にとって病院へ行くことは経済的に負担が大きく、多少の体調不良で病院に通う人はほとんどいません。

これらが原因となってアメリカでは国民の病気が悪化しやすく、必然的に合併症が引き起こる可能性が高まる傾向にあるのです。
そのためアメリカ国民の死亡率は日本国民の死亡率と比較して高いのです。

また、「終活ねっと」では平均寿命の算出方法を詳しく解説した記事をご用意しています。
平均寿命の算出方法についてもっと詳しく知りたい方はぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。

アメリカ以外の国の平均寿命

null

これまで、アメリカの平均寿命をアメリカの医療費の問題や肥満や薬物などの社会問題と照らし合わせて見てきました。

つまり、今まではアメリカの平均寿命を内側から観察してきたのですね。
ここでは、アメリカ以外の国の平均寿命をとおしてアメリカの平均寿命を評価してみましょう

シンガポールの平均寿命

シンガポールの平均寿命82歳と高いです。
シンガポールの平均寿命が高い理由として、食生活と医療保険制度における特徴があげられます。

シンガポールでは、国民の健康を損なうという理由で政府がお酒とタバコに高い税率をかけています。
これは、お酒とたばこに関する規制の厳しいアメリカでも、お酒とタバコにかけられている税率は低いので特徴的だといえます。

また、シンガポールの医療保険制度には「中央積立基金(CPF)」という福祉積立て金という制度があります。
これらのおかげでシンガポールの人々は長生きなのですね。

スイスの平均寿命

スイスの平均寿命83歳と高いです。
スイスの平均寿命が高い理由として挙げられるのは、スイスの高い裕福度と幸福度です。

アメリカは多民族国家で有名ですが、スイスも有数な多民国家のうちの一つです。
スイスの税率は周辺の国よりも低いので、いろんな国のお金持ちが集まりやすいのです。

なので、スイスは多民族国家でなおかつ裕福度が高いのですね。
ですから結果として、スイス国民は充実した医療制度を受けることができ、死亡率がアメリカよりも低いのです。

イギリスの平均寿命

イギリス国民の平均寿命82歳と高いです。
イギリスの平均寿命が高い理由として挙げられるのが、イギリスの充実した医療保険制度です。

イギリスにはNHS(National Health Service)という政府が運営する国民保険サービスがあります。
NHSは税収などの一般財源によって賄われている医療機関で、利用者は原則無料で病院に通うことができます。

また、6ヶ月以上イギリスに合法的に滞在することが可能なビザを持っている方であればNHSに加入することが可能です。
この充実した医療保険制度によってアメリカより死亡率が低く平均寿命も高くなります。

「終活ねっと」では世界の平均寿命ランキングを解説した記事をご用意しています。
世界の平均寿命ランキングについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

アメリカの平均寿命まとめ

人々

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、アメリカの平均寿命について解説させていただきました。

  • アメリカの平均寿命の短い原因として、肥満を原因とする生活習慣病が多数関係していること

  • 薬物使用者が幅広い世代で広がり、結果として急性薬物死亡者が多くいること

  • 医療保険制度の違いで、アメリカでは気軽に病院に通院できないということ

以上のことがわかりました。

アメリカでは平均寿命の違いから、日本よりもお年寄りを見かける機会が少ないかもしれません。
アメリカを訪れれば若者たちの活気を感じることができると思いますが、貧富の格差を是正するような社会制度が十分でないために、長生きのできる人が決して多いといえる環境でないと考えることもできます。

日本には充実した社会保障のおかげでお年寄りがたくさんいらっしゃいます。
ただその一方で、日本の財源はお年寄りの人たちが使う社会保障費によって圧迫され、未来の日本を背負っていく若者たちのために十分に割り当てられていないのではないかという意見もあります。
また、日本にはたくさんのお年寄りが住まわれているのに、終活という風習があまり浸透していないという現状もあります。

平均寿命というひとつの尺度を通して日本とアメリカ、それぞれの国が抱えている社会問題やその国の特徴などがわかったと思います。

日本もアメリカも、若者への教育やお年寄りの終活などを充実させることで、両社にとってより住みやすい国になるといいですね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

また、「終活ねっと」ではアメリカの他に日本の平均寿命について解説した記事をご用意しています。
日本の平均寿命についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 日本人の平均寿命が戦後急激に延びた理由とは?食生活の変化?のサムネイル画像
    日本人の平均寿命が戦後急激に延びた理由とは?食生活の変化?

    日本人の平均寿命は急速に延び続けており、2015年には男女ともに80歳を超えています。平均寿命が延びた理由には様々な要因があります。今回は、なぜ日本人の平均寿命がこれほどまでに延びたのかについてご紹介したいと思います。

  • 世界の平均寿命ランキング!長寿国といわれる日本は何位?のサムネイル画像
    世界の平均寿命ランキング!長寿国といわれる日本は何位?

    平均寿命ランキング、日本は常に1位。世界の長寿国といわれていますが、それは男女の平均寿命で見た場合の数字です。実は男女別でみると別の数字が表れてくる…!?WHOが発表したランキングを元に、世界の平均寿命ランキングを見ていきましょう!

  • 日本は健康寿命が世界一です、寝たきり期間も世界一?のサムネイル画像
    日本は健康寿命が世界一です、寝たきり期間も世界一?

    最近は平均寿命だけではなく、健康寿命が重要視されています。平均寿命も健康寿命も日本は世界一ですが、一方で、日本は寝たきり期間が世界で1番長い国、とする記事も見かけます。健康寿命に関することをいろいろ調べてみました。

  • 一生現役!世界的に寿命が高い国とその秘訣のサムネイル画像
    一生現役!世界的に寿命が高い国とその秘訣

    いくつになっても元気で長生きしたい!そして毎日を生き生きと過ごしたいですよね。他の国ではどうなんでしょうか。世界中で寿命が長い国ってどこなのか?何か秘訣があるのか?世界各国の寿命に関する特徴をシンプルにまとめてみました。

  • 平均寿命ってどうやって出すの?どうして女性の方が長生きなの?のサムネイル画像
    平均寿命ってどうやって出すの?どうして女性の方が長生きなの?

    高齢化が進む日本。厚生労働省が発表した、2015年における日本の平均寿命は、男性が80,79歳、女性が87,05歳でした。毎回ながら、男性より、女性の平均寿命の方が長いようです。そもそも平均寿命って?そのあたりからご紹介いたします。

  • 健康寿命のランキングを都道府県別・国別に紹介します!のサムネイル画像
    健康寿命のランキングを都道府県別・国別に紹介します!

    長寿の国日本で、私たち日本人が健康に生きられる期間(健康寿命)はどのくらいでしょうか?実際に健康的に長生きしている国や県はどこなの?私の都道府県はランキングにのってる?どうやったら健康寿命は延びるの?そんな疑問を解決するために、ランキング形式で紹介します。

  • 老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額のサムネイル画像
    老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額

    日本は医学の進歩や食生活の向上で、平均寿命が伸び、高齢でも働く人が増えてきています。年金支給年齢がもっと引き上げられるという話も聞きます。では老後に残しておかなければいけない貯金は平均いくらあればいいのでしょうか?老後に必要な貯金の話をします。

  • 鳩の寿命はどれくらい?精一杯生きる鳩の役割のサムネイル画像
    鳩の寿命はどれくらい?精一杯生きる鳩の役割

    街でよく目にするのにその種類は?その寿命は?・・・意識することは少ない、鳩はそんな存在ではないでしょうか。でも小さな存在でも、寿命の中での生き方について考えると、鳩と人が重なってくるところもある気がするのです。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事