告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

大切な人が亡くなると、通夜から告別式まで慌ただしく時間が流れます。そのため、喪主として準備すべきことや参列者として行うこと、注意すべきことを理解せずに、執り行ってしまうこともあります。ここでは、いざと言う時に慌てないように告別式などの準備について紹介します。

目次

  1. 告別式での準備について
  2. 喪主がやるべき葬式・告別式での準備
  3. 参列者がやるべき告別式での準備
  4. 通夜の準備について
  5. 告別式での準備についてまとめ

告別式での準備について

告別式

大切な人が亡くなると、通夜から告別式まで慌ただしく時間が流れます。
喪主として準備すべきことや執り行うことも、葬儀社に言われるまま行う人が多いのではないでしょうか。
そして、告別式が終わってから正しく行えたのか悩むことがあります。

今回終活ねっとでは、告別式での準備について解説します。

  • 喪主がやるべき葬式・告別式での準備
  • 参列者がやるべき告別式での準備
  • 通夜の準備について

この記事を参考にして大切な人を見送るときに後悔しないようにしましょう。
ぜひ最後までご覧ください。

喪主がやるべき葬式・告別式での準備

葬儀

大切な人が亡くなった時、喪主として通夜や告別式を取り仕切る場合があります。
通夜・告別式までは慌ただしいため、自分で考えることもなく葬儀社の指示通り動き、気付いたら全て終わっていたということが多いのではないでしょうか。
そして、会が終わった後にこれで良かったのか悩むこともあります。

喪主として大切な人を見送る時、どのようなことを準備したらよいのか理解していると、後悔することなくお見送りできるでしょう。
ここでは、喪主がやるべき葬式・告別式での準備について説明します。

参列者、僧侶への挨拶

喪主として通夜や葬儀を取り仕切るときは、参列者や僧侶への挨拶をする必要があります。

挨拶は故人への想いや参列者、僧侶への感謝の気持ちを述べる大切な場面です。
自分の想いを語ることが大切ですが、通夜や葬儀では言ってはいけない「忌み言葉」があります。
例えば、「死亡」「急死」「生存中」などがあります。

また、その他にも、「重ね重ね」「くれぐれ」「再び」「追って」などの重ね言葉というものがあり、不幸が重なるとして言うことがタブーとなっています。

喪主は上述した言ってはいけない言葉に注意して挨拶する必要があります。

喪主としての挨拶は、メモを見てはいけないと思っている人もいますが、そのようなことはなく、メモを見ながら挨拶を行っても問題はありません。
僧侶への挨拶は、葬儀が始まる前に控室などで行い、その後、参列者への挨拶を行います。

弔辞、弔電の確認

次に必要な準備は、弔辞・弔電の確認です。
弔辞と弔電の披露は葬式・告別式の中で行うようにします。
弔辞とは故人の親しかった人や会社の人などに依頼し、故人への追悼の言葉を述べてもらうもので、数人にお願いすることになります。

喪主は事前に、弔辞を読んでもらいたい人に依頼しておく必要がありますが、どなたにお願いするのかは家族や親族と相談して決めましょう。

また、弔電は葬儀に参列できない人が弔意を示して送る電報で、当日でないと何通ほど届くのかわかりません。
弔電が多ければ司会者に数通だけ読んでもらい、残りは氏名のみとなります。
そして、弔電が少ない場合は、全部読みますが、事前に喪主が目を通し、どれを読むかなどを決める必要があります。

喪主の挨拶の用意

葬式・告別式は、僧侶の読経が終わり、遺族や参列者の焼香、弔事や弔電の披露のあと、喪主が挨拶をして、閉会となります。

この時、喪主は故人への想いと、参列者への感謝の気持ちを述べることとなります。
そこで、喪主の挨拶の用意として、事前にメモなどで言うことをまとめておくと良いでしょう。

席順、焼香順の確認

次に喪主は、席順と焼香順の確認をする必要があります。

葬儀・告別式では、故人に縁の深い人から焼香するのが一般的です。
次に前方の人から順に焼香します。

葬儀の席順は、親族の場合、故人との血の濃い順に上座に座ります。
来客は、来賓や弔辞を読む人が前方に座るようになるので、喪主は、葬儀社と相談の上確認することが大切です。

会葬礼状、会葬御礼品の用意

会葬礼状、会葬御礼品の用意で注意すべきことは、喪主が大まかな数を葬儀社に伝えて、少し多めに準備してもらったほうが良いということです。

礼状や御礼品の内容は、葬儀社と相談して決めるようにします。

精進落としの料理と席の用意

初七日法要の後に、精進落としを振舞うことになります。
そのため喪主は、精進落としの料理と席の用意も行わなければなりません。

精進落としは、一般的に僧侶や故人の会社関係、親しかった人、親族を呼びます。
法要の席は、静かに故人の思い出を語れる場所を選ぶことが大切です。

料理の内容や予算などは、事前に店の担当者と打ち合わせることが必要となります。
この時も喪主の挨拶があるので、葬儀がしめやかに行われたお礼などを述べると良いでしょう。

参列者がやるべき告別式での準備

葬儀

続いて、参列者がやるべき告別式での準備について見ていきます。
告別式は故人との最後のお別れの場なので、身だしなみや持ち物に注意しましょう。

身だしなみの確認

身だしなみはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。
まずは身だしなみの確認から見ていきましょう。

服装

まずは服装について見ていきます。
参列者の服装は、準礼服が一般的です。
準礼服とは、ブラックスーツやアンサンブルスーツなどのことで、派手過ぎないものを選びます。

女性の場合は、ひざ下丈のスカートが良いですが、パンツスーツでも構いません。
そして、ストッキングは黒色を選ぶのが良いでしょう。

アクセサリーは、涙を連想させるパールが基本で、一連もしくは一粒のネックレスを選ぶようにします。
また、ブラックパールや黒珊瑚、ブラックオニキスは身につけて良いですが、ピンクパールやダイヤなどの華美なものや、「不幸が重なる」の意味から二連のネックレスは避けるようにします。

靴は男女とも黒色が良いでしょう。

急な訃報を受けて参列する場合は、黒や濃いグレーのスーツ、アンサンブルなどでも良いですが、サンダルやブーツは厳禁です。

バッグも、黒いシンプルなものを選びます。
荷物が多くサブバックが必要な場合も同様に、光沢のない黒無地を用意しましょう。
男性の場合は、基本的に何も持ちませんが、バッグを持つ場合は、女性と同様に黒無地のバッグが良いでしょう。

髪型

通夜や葬儀では、多くの人と顔を合わせることになるので、特に女性は髪型を気にすることがあります。
しかし、髪を巻く、ボリュームを出す、美容院に行ってセットするなどはおすすめできません。

葬儀に参列するときは、ロングヘアの場合、低い位置で上品に一つにまとめる髪型が良いでしょう。
その時、サイドやうなじにおくれ毛を残すと、だらしない印象を与えるので注意しましょう。
また、ピンやヘアゴムは黒一色かシンプルな飾りがついているものにします。

男性も、清潔な髪形を心掛け、スプレーやジェルを過度に使用しないようにします。

お化粧

お化粧も、髪型と同じように派手にしてはいけません。
アイシャドーやチークをする場合も、派手なものは避け、ナチュラルメイクを心掛けましょう。
口紅も、派手な色は好ましくないので、自然な色合いにして、リップグロスはつけないようにしましょう。

葬儀は正式な場なので、ノーメイクも相応しくありません
礼儀を持って、節度あるメイクをするようにしましょう。

また、香水など香りの強いものも避けるようにしてください。

持ち物の確認

葬儀における服装や髪型、メイクについて解説しましたが、持ち物は何が必要でしょうか。
ここでは、持ち物について確認していきます。

香典

葬儀へ参列するときに必要になるのは、香典です。
香典は、亡くなった方の霊前にお供えするもので、通夜か告別式のどちらかで持参するようにしましょう。
香典の表書きや不祝儀袋は、宗派によって違い、持参する金額も故人との関係により変わるので、注意が必要です。
故人の宗教がわからない場合は、表に「ご霊前」と書いてあるものを選べば、問題ありません。

また、香典は新札で用意すると、不幸を待っていたと考えられてしまうので、旧札で用意することが一般的です。

袱紗

不祝儀の香典をそのままで持って行くのは良くありません。
その時に必要なのが、袱紗です。
必ず香典は袱紗に包みますが、不祝儀の時の袱紗の色は、グレーや紫、紺、緑などを用意します。

数珠

数珠は、故人や仏様に敬意を表すもので、一般的には念仏や真言、題目を唱えるための仏具として、煩悩と同じ108つの珠でできています。

告別式の時の数珠は、自分の宗派のもので問題ありませんが、略式の数珠であれば宗派を問わず使用できるので便利です。

数珠の色に決まりはありませんが、地域によって数珠の房の色が決まっている場合もあるので、地域の風習を確認しておくと良いでしょう。
数珠を持っていない場合でも、貸し借りすることはおすすめできません。

弔辞・供花の確認

次に確認すべきことは、弔辞・供花の確認です。

参列者は、告別式に参列するときに、弔意を表すために供花を送ることがあります。
また、遠方で参列できない時や、香典を辞退された場合に、香典の代わりに送ることもあります。

供花は、通夜開始前に届くようにすることが良いとされていますが、難しい場合は通夜の日に届くようにすると、翌日の告別式の時に飾ることができます。
供花を送る場合は、葬儀社などに供花を送っても良いか確認すると良いでしょう。

告別式の時に、弔辞を読むように喪主から依頼された時は、断らず引き受けることが礼儀となります。
弔辞は、喪家に保存されることになるので、丁寧に真心を込めて書くことが大切です。
弔辞を書く際は、忌み言葉に気を付け、1000文字程度にまとめると良いでしょう。

お焼香のやり方

お焼香のやり方については、よく知らない人も多いと思います。
お焼香は「立礼」と「座礼」がありますが、最近は「立礼」が一般的です。

立礼の場合は、喪主や親族の後に参列者が、順番にお焼香をしていきます。
その際、左手に数珠を持ち、祭壇の前でご遺族に一礼した後、遺影に向かって一礼し合掌します。
その後、お香をつまみ、額の高さまで押し頂いてから香炉にくべて、遺影に向かって合掌し一歩下がり、再度、一礼してから自分の席に戻るようにします。

お焼香の仕方は、宗派によって多少の違いがありますが、わからない場合は、周りの人のやり方をまねても良いでしょう。

お悔やみの言葉の用意

告別式の時に、参列者がお悔やみの言葉を述べるときがあります。
例えば、香典を渡すときは「この度は誠にご愁傷さまです」「仏様への供養としてご霊前にお供えください」と言います。

通夜の準備について

通夜

通夜では、喪主がすべきことが数多くあります。
ここでは、喪主がすべき通夜の準備を、簡単にリストとしてまとめておくので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 遺影に使う写真の用意、確認
  • 香典返しの確認
  • 葬儀社との打ち合わせして、通夜の流れを確認
  • 受付の準備と会葬者の人数の確認
  • 会葬礼状、供物、供花の名前の確認
  • 僧侶への挨拶とお布施の準備
  • 通夜での喪主挨拶の確認
  • 通夜振る舞いの確認と接待
  • 手伝ってくれた人へのお礼

告別式での準備についてまとめ

通夜

今回終活ねっとでは、告別式での準備について以下のことを解説してきましたが、いかがでしたか?
この記事では以下の点を中心に解説しました。

  • 通夜・告別式では、参列者、僧侶への挨拶や弔辞の確認・喪主の挨拶の用意・席順、焼香順の確認・会葬礼状、会葬御礼品の用意・精進落としの料理と席の用意など、喪主のすべきことが数多くある。
  • 参列者の服装は準礼服が一般的で、髪型・化粧も全て派手すぎないようにする。
  • 参列者の持ち物は、香典・袱紗・数珠がある。
  • 参列者は、弔意を表すため供花を送ることがある。供花を送るときは、通夜開始前に届くようにするのが良いとされている。
  • 告別式の時に弔辞を読むように喪主から依頼された時は、断らず引き受ける。
  • お焼香は、立礼が一般的。お焼香の仕方は宗派によって多少の違いがあるが、わからない場合は、周りの人のやり方をまねても良い。
  • 香典を渡すときなどに述べる、お悔やみの言葉を用意しておく。
  • 喪主がやるべき通夜の準備は、遺影に使う写真の用意や確認・香典返しの確認・通夜の流れの確認・受付の準備と会葬者の人数の確認・会葬礼状や供物、供花の名前の確認・僧侶への挨拶とお布施の準備・通夜での喪主挨拶の確認・通夜振る舞いの確認と接待・手伝ってくれた人へのお礼など、様々な仕事がある。

通夜や告別式は、故人との最後のお別れの場です。
また、残されたご家族に弔意を示す大切な場でもあります。
お悔やみの気持ちを込めて、正しいマナーで故人やご遺族に接することが、参列者にとって大切なことでしょう。

また、喪主や遺族は、最後のお別れに来てくれた方に対し、故人に代わり失礼のないように接することが、故人への供養にもなることを覚えておきましょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しています。
ぜひ、そちらも参考にしてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「告別式・準備」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「告別式・準備」についてさらに知りたい方へ

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

告別式に出席する際に気を付けることは?マナーや流れをご紹介のサムネイル画像

告別式に出席する際に気を付けることは?マナーや流れをご紹介

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!のサムネイル画像

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

葬儀・葬式を行う際の親族のマナーを全て解説します。のサムネイル画像

葬儀・葬式を行う際の親族のマナーを全て解説します。

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?のサムネイル画像

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「告別式・準備」についてさらに知りたい方へ

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

告別式に出席する際に気を付けることは?マナーや流れをご紹介のサムネイル画像

告別式に出席する際に気を付けることは?マナーや流れをご紹介

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!のサムネイル画像

告別式の所要時間はどのくらい?告別式の流れについても解説します!

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと