ペット可のお墓ってあるの?その他のペットの供養方法も紹介!

ペットを飼っていらっしゃる方は年々増えているそうですが、ペットが亡くなったときの供養の仕方やペット可のお墓についてご存知ですか? 今回は各地のペット可のお墓や、法律関係、またお墓以外でのペットの供養方法も紹介いたします。 ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. ペット可のお墓について
  2. ペット可のお墓とは
  3. ペット可のお墓は少ない?
  4. 全国のペット可のお墓
  5. ペット可のお墓以外のペットの供養方法
  6. ペット可のお墓まとめ

ペット可のお墓について

null

ペットにも様々な動物がいますよね。

ペットを飼っていらっしゃる方、またはこれから飼おうと考えてる方はもし自分が亡くなったときに、または愛するペットが急逝したときに一緒のお墓に入れるのかどうかだったり、ペットの供養はどうしたらいいかだったりと考えたことはありませんか?

そこで今回終活ねっとでは、ペット可のお墓について解説します。

  • ペット可のお墓の種類
  • ペット可のお墓って多いの?少ないの?
  • ペット可のお墓ってどこにあるの?
  • お墓以外でのペットの供養について

以上の点を中心に紹介いたします。

ペットは家族同然、万が一にも亡くなった際に最後までペットを見届けられるようご参考になれば幸いです。

ペット可のお墓とは

お墓

ペットが亡くなったとき、ふと会いたくなる場所がほしいですよね。
ペットが入れるお墓として、樹木葬や墓石を建てて入れるものなどがあります。

また、ペット可のお墓にも大きく分けて2つのタイプがあり、人間と一緒に入れるお墓とペットのみが入れるお墓があります。

こちらではそのペット可のお墓の2つの特色、違いをご紹介いたします。

ペットと一緒に入れるお墓

まず、ペットと一緒に入れるお墓について見ていきましょう。

ペットと一緒に入れるお墓には民営のお墓が多く、樹木葬にも多く見られます。

樹木葬とは許可を得た区画に樹木でお墓を作る自然にやさしいお墓と言われており、遺骨をそのまま土に埋葬する形のようです。
平均で6~7年で土に還り、一緒に土に還れる埋葬方法だと注目されているようです。

一方で、一定期間遺骨を骨壺に納め、その後合祀(ごうし)する方法もあります。
基本的に宗派を問わないやり方で、ペットらしくかわいく飾り付けができるのも特徴的です。

また樹木葬は、費用も墓石に比べると比較的安く済むことも特徴です。

ペットだけが入れるお墓

もう1つが、人間と一緒には入れませんが、ペットだけが入れるお墓があります。
またその中にも種類があります。

1つが個別墓地です。
「屋外型個別墓地」と言われたりもしますが、塔婆や墓石を使用したペット可のお墓では一般的なお墓になります。

個別墓地は人間のお墓と同じで、墓石の大きさや種類等によって価格が様々あり、また土地の区画を決めて工事を行うので比較的費用が掛かってしまうものになります。

しかし、その分しっかりとした自分だけのお墓を建てることができるので、オリジナリティ溢れるペットらしいお墓にすることも可能です。
広い土地を要するので、個別墓地区画を持つペット霊園は少なく限られているようです。

そしてもう1つが、合同供養塔というお墓です。
こちらは複数のペットを一緒のお墓に入れることが特徴的なお墓です。

多頭飼いされている方におすすめですが、他の方のペットと遺骨が入り混じってしまうというのがあります。

上記の屋外型個別墓地と比べて一般的に費用が安く抑えられます。
多くのペット霊園に備わっているのも特徴です。

ペット可のお墓は少ない?

犬

ペット可のお墓が法律で禁止されているわけでありません。
たとえば、人間が亡くなった際、ご遺骨は管轄の市町村の許可が下りた墓地や、納骨堂に納めることが決められています。
しかし、その際にペットの遺骨を一緒に納めることを禁止する法律はありません。

ではなぜペット可のお墓が少ないのか、その理由はいくつかあります。

一つは、ペットはどうしても法律上「物」という扱いになってしまうからです。
そうなるとお墓に入れる際は「副葬品」という形になり、墓地独自の規約でペットを副葬品として扱えるかどうかがバラバラだからだそうです。

もう一つが、人間のお墓に副葬品を入れる際、墓地の管理者や自治体に許可をもらわなければいけないので、墓地管理者や他の墓地所有者の考えを尊重しなければなりません。
そのため、現状ペット可のお墓が少なくなっているそうです。

また、宗教的、歴史的な背景もその影響といわれています。
仏教では人間以外の動物全般は「畜生」とされており、「畜生道」というものがあります。
畜生道というのは、生前に悪行なる行為をした者は報いとして死後に生まれ変わる世界とされています。

昔は動物は基本的に家畜であり、労働の足とされていました。
また、土葬がメインであったこともあり、動物は人間と同じ埋葬の仕方はされるものではないという慣習がありました。

その慣習が長い間続いてきたこともあり、今でも抵抗がある方が多いようです。

全国のペット可のお墓

お墓

続いて、全国のペット可のお墓について紹介していきます。

首都圏を中心に、全国のペット可のお墓を備えている霊園を紹介します。
また、それぞれの霊園の特徴や費用、アクセス方法もあわせてお読みください。

東京

メモリアルパーククラウド御殿山
メモリアルパーククラウド御殿山

所在地東京都町田市相原町522-1

営業時間9:00-17:00

利用料金220,000~

メモリアルパーククラウド御殿山は東京都の八王子駅から車で12分の場所にある霊園です。

この霊園の特徴は、ガーデニング霊園というコンセプトの外見で見た目も美しく、日々変化する景色の移り変わりを楽しめるような霊園になっています。

また、宗教に縛られないのも特徴的で、国籍やお骨の有無も問わないフリーな霊園になっています。

もちろんペットと一緒に入れるお墓もあり、ペットの遺骨のみ先に入れることのできるお墓もあるようです。
相談無料で、料金も分割払いもできるので安心して埋葬できる霊園です。

千葉

サニープレイス松戸
サニープレイス松戸

所在地千葉県松戸市高塚新田22-1

営業時間10:00-21:00

利用料金258,000~

千葉県の東松戸駅から徒歩30分、駅から送迎バスが出ているサニープレイス松戸の霊園です。

この霊園の特徴は豊かな緑と光につつまれた明るい霊園になっており、上記でご紹介したメモリアルパーククラウド御殿山とはまた違った自然があふれる立地にあります。

こちらの霊園も宗教不問となってるのが特徴で、どの宗派の方でも安心して利用できる霊園になっています。

ペットと一緒に入れる共埋区画があります。
一緒にお墓に入ったあとに、人間のご遺骨を納骨堂に移る際ペットは同じ敷地内に供養塔があり、そちらに移され供養されるようです。

ペットと一緒のお墓に入りたいという方は一度は見学をしてみてはいかがでしょうか。

大阪

北摂・池田メモリアルパーク
北摂・池田メモリアルパーク

所在地大阪府池田市中川原町17-12

営業時間9:00-17:00

利用料金21,600~

続いては、大阪府にある北摂・池田メモリアルパークです。

この霊園の特徴はなんといっても費用の安さです。

こちらの霊園では2つの料金パックプランがあり、「祭壇使用料・個別火葬・収骨料・持ち帰り骨壺代金・永代供養」がすべて備わって21,600円からになります。

全国的にも珍しいペット専用のセレモニーホールがあるのも特徴で、写真立てや思い入れのあるグッズなどを周りに置きペットとの最後の時間をゆっくり楽しむことができるようです。

永代供養については、毎月ペット合同慰霊祭を設けているようですが、毎月となると少し大変ですよね。
しかし、こちらの霊園では立ち会えない場合でも毎月お寺内で供養しているようです。
これだと安心して供養できますね。

また、家族と同様の火葬ができ、こちらも人間の墓の隣にペットの牌を並べて建てられる区画もあります。

アクセスは阪急池田駅から車で10分、同じ阪急池田駅から無料送迎バスが運行されています。

ペット可のお墓以外のペットの供養方法

散骨

ペット可のお墓以外にペットの供養についてどんな方法があるのでしょうか。
こちらでは、ペット可のお墓以外のペットの供養方法についてご紹介いたします。

自宅の庭に埋葬する

一つはみなさんが一度は思い浮かぶ自宅の庭に埋葬するという供養方法です。

ペットの遺体をそのまま土に埋葬したり、火葬したあと遺骨を庭に埋葬したり方法は様々ありますよね。
自宅の庭という、一番身近な場所に埋葬し安心できる供養方法ともいえます。

実はこちら「私有地に埋葬する」のであれば合法ですが、山やそれ以外の場所に埋葬したり廃棄するのは「軽犯罪法」や「不法投棄」の罪に問われる可能性がありますのでご注意ください。

しかし、自宅の庭であれば私有地になるので、供養する際には私有地で行うようにしましょう。

手元供養する

亡くなったペットを手元供養するという方法もあります。

手元供養の前に先に火葬をしてから手元供養するパターンが多いようです。

最近では、民間のペット専門の火葬会社があり、火葬場は人間の斎場と同じような構造の「ペット火葬炉」とよばれるもので行います。

都市ガスや灯油等で、ペットの大きさによりますが大体30分~2時間程度で火葬されるようです。

そして、火葬が終わりましたら手元供養にうつります。
方法はいくつかあり、上記にもご紹介した自宅の庭に埋葬したり、またはペットの遺骨を使ってグッズを作って身近に置いておくといったケースもあります。

他に、自宅に祭壇を作りフォトフレームやお花、骨壺を飾って人間と同じように供養する方法もあるといわれています。

ペット霊園で供養してもらう

ペット霊園で供養してもらうといった方法も一つです。
愛するペットが亡くなり傷心のなか自分たちだけでなく、ペット霊園のスタッフの方に手伝ってもらいながらペットを見送ることができる方法ですね。

自宅じゃなく人間と同じようにちゃんと供養したいとお思いの方もいると思います。

お墓には入らなくても、納棺、葬儀、火葬と人間とほとんど変わらない形で供養してくれる霊園もあります。
ほとんどのペット霊園が、火葬後の返骨の有無を選べるそうなのでその点も安心できますね。

また、納骨堂があるペット霊園では火葬後、納骨堂にて遺骨を納骨できるようです。

先ほどご紹介した「北摂・池田メモリアルパーク」は、個別火葬や永代供養もしてもらえ、遺骨も持って帰れるプランもあるため、ペットの遺骨をそばに置いておきたいということも可能です。

散骨する

最後に、散骨について見ていきましょう。

霊園が遠方でなかなか足を運べなかったり、費用面等で自由に霊園や納骨堂を選べない方が海に散骨するという形をとっているようです。

家族同様のペットなのに、仕事や私用でちゃんと供養や葬儀ができず、お別れに立ち会えない人が、ゆっくりと満ち足りたお別れをする手段としても使われているそうです。

個人散骨、合同散骨、代行散骨と大きく分けて3つ種類あり、それぞれ費用面や場所、日時で融通が利くかどうかでの違いがあります。

また、全国各地に散骨会社があり、上記にも書いた霊園が遠方でなかなか思い通りの供養ができない方にも選びやすい供養方法になっています。

ペット可のお墓まとめ

犬

今回終活ねっとでは、ペット可のお墓についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

この記事では、ペットのお墓に関して以下のことをご紹介させていただきました。

  • ペットと人間が一緒に入れるお墓とペットだけが入れるお墓がある
  • ペット可のお墓は少ないが、法律で禁止されているのではなく宗教や歴史的背景が関係している
  • 首都圏を中心に、全国各地にペット可のお墓がある
  • お墓以外にも、手元供養、散骨など費用や希望に応じた様々な供養方法がある

ペットは家族同然、人間と同じ方法でペットを送り出せることがわかりましたね。

また、きちんと愛するペットを送り出したいけど諸事情で合わないという方にも応じた供養方法があることもわかりました。

ペットを飼われている方は増えていますし、供養に関しては人間も動物も違いはそうないでしょう。
ペットを飼われている方、これから飼われる予定の方、皆様にこの記事がお役に立てば幸いです。

終活ねっとでは、ご紹介したペットの火葬についてや、終活に関するさまざまな記事を多数掲載しております。
そちらも是非あわせてお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・ペット可」に関連する記事

「お墓・ペット可」についてさらに知りたい方へ

  • お墓掃除の代行を頼む時の費用や内容を全て解説します!

    お墓掃除の代行を頼む時の費用や内容を全て解説します!

    終活では、すでに持っているお墓の維持管理も大切なテーマです。お墓掃除に行く時間がないという方やお墓が遠方の方を中心に、お墓掃除の代行専門家が注目を集めています。今回は、お墓掃除の代行を頼む時に知っておきたい、費用の相場や代行の内容について詳しく解説いたします。

  • お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

    お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

    昔から「お墓を守る」という言葉はよく聞かれますが、それは具体的にはお墓の継承者となることを意味します。それではお墓の継承者とはどのような人のことを指し、もしいない場合はどのようにすればよいのでしょうか?今回は、お墓を守る担い手である継承者について見ていきます。

  • お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?

    お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?

    出来ることなら避けて通りたい、巻き込まれたくないお墓の問題やトラブル。実際のところ、一体どのような問題やトラブルがあるのでしょうか?起こり得る問題やトラブルを知っておくことは、有効な自己防衛策にもなります。お墓の問題やトラブルについて知っておきましょう!

  • お墓の土地代について価格の相場など役立つ情報を紹介します!

    お墓の土地代について価格の相場など役立つ情報を紹介します!

    お墓を購入するうえで必ずと言ってよいほど発生する費用の項目の1つに土地代が挙げられます。「土地代」と聞くといかにも高そうなイメージが付きまといますが、どのくらいの価格が相場となるのでしょうか?今回は、お墓に発生する費用でも土地代についてみていきます。

  • お墓を移す時にかかる費用・内訳はどれくらい?手順と併せて紹介!

    お墓を移す時にかかる費用・内訳はどれくらい?手順と併せて紹介!

    お墓の移転は、年々増加傾向にあります。では、いざお墓を移したいとなった場合に費用はいくらかかるのでしょうか。お墓を移す際に必要となる費用と内訳を詳しくご紹介します。また、お墓を移す手順も併せてご確認ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのでき

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参り

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多

シェアする

関連する記事

「お墓・ペット可」についてさらに知りたい方へ

おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介します

火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!のサムネイル画像

火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

お墓の敷石は何のためにどうやって敷くのか?のサムネイル画像

お墓の敷石は何のためにどうやって敷くのか?

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

1
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

2
お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

3
お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

4
永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと