室内霊園って何?メリット・デメリットや人気の室内霊園を紹介!

全天候型でお墓参りがしやすい室内霊園の人気が高まっています。今回は室内霊園について、そのメリットとデメリットや費用の相場などを詳しく解説いたします。東京、大阪、札幌ですでに人気の室内霊園についてもご紹介いたします。

目次

  1. 室内の霊園について
  2. 室内の霊園とは
  3. 室内霊園のメリット・デメリット
  4. 室内霊園の種類と費用
  5. 全国の人気の室内霊園
  6. 室内の霊園まとめ

室内の霊園について

お墓

お墓について検討し選択することは、終活において大きなテーマのひとつです。

これまでのお墓は、お寺の墓地や霊園に墓石を建てて子どもや孫へ代々と引き継いでいく形が一般的でした。
しかし、お墓のとらえ方は時代とともに大きく変化してきています。

子どもがいない方だけに限らず、子どもや孫への負担を軽くするために、永代供養の付いた霊園や屋内型の霊園を選ぶ方も増えています。


今回終活ねっとでは、室内の霊園について新たなお墓の形として全国各地で増えている室内霊園について注目してみました。
次のポイントから室内霊園について詳しく解説いたします。

  • 室内の霊園とは?

    そもそも室内の霊園とはどのような霊園を指すのか?今までのお墓との違いは?

  • 室内霊園のメリット・デメリット

    4つのメリットと5つのデメリットを整理してご説明します。

  • 室内霊園の種類と費用

    検討を始めるにあたって費用は気になるポイントです。室内霊園にかかる費用の内訳と種類ごとの費用をご説明します。

  • 全国の人気の室内霊園

    東京、大阪、札幌の3つの室内霊園をご紹介します。

いま話題の室内霊園について知ることは皆様の終活に役立ちます。
少し長い記事ですが、ぜひ最後までご覧ください。

室内の霊園とは

お墓

まずは、室内の霊園とは何かについて見ていきましょう。

従来のお墓は屋外にある墓地や霊園にあるのが一般的でした。
では、室内の霊園とはどのような形式のお墓を指すのでしょうか?

室内霊園は建物の中にお墓があり、納骨をします。
そして室内霊園でお参りをする際は、建物内の個々のスペースにお墓があるので、通常のお墓参りと同様にお参りをすることができます。

限られた面積に多くの方のご遺骨を収容でき、立地の良い場所に建物があることが多いので、室内霊園は主に大都市で増えています。

室内霊園のメリット・デメリット

お墓

メリットとデメリットの両方を知ることは、理想の室内霊園を選ぶうえでとても役立ちます。

ここでは、室内霊園のメリットとデメリットについて項目ごとにご説明します。

メリット

初めに、室内霊園を選ぶメリットは主に次の4点です。

天候を気にせずお墓参りができる

室内霊園ではお墓が建物の中にあります。
そのため雨や風、雪といった天候を気にせずいつでも好きなときにお墓参りができます。
お墓参りが室内であることで、天候が優れない日であっても、足元や雨具の用意などの心配をすることなく、気軽にお墓参りができるのは大きなメリットです。

お墓を掃除する手間がかからない

これまでのお墓は墓石の下に納骨をするのが一般的でしたが、室内霊園は室内の専用の参拝スペースでお参りをする形です。

お墓が室内にあることにより墓の周りを手入れする必要がないので、室内霊園ではお墓の掃除をする手間がかかりらないというメリットがあります。

特に、一般的な室外の墓地は、草取りや落ち葉掃きなどの掃除をする必要があり、負担になるものです。
お墓の掃除の手間が省けるのも室内霊園のメリットのひとつです。

交通アクセスの良い場所が多い

室内霊園は限られた面積に多くの方のご遺骨を収容できることで、通常の霊園のように広い場所を取らずに建物を建てられることから、比較的交通アクセスの良い場所にあるのが特徴です。

交通アクセスが良い限られた面積の場所でも、多くのご遺骨を収容できることから、室内霊園は都市向けの霊園であることがわかります。
東京や大阪には高層階の室内霊園もあります。

公共交通のアクセスが便利な立地の良さは室内霊園のメリットのひとつです。

セキュリティが高い

大切なご遺骨を納める場所として、いずれの室内霊園も入退出はきちんと管理しています。

多くの室内霊園ではお墓参りの際にはカードキーを使用し、部外者が入場できないようにしています。

入口を常に施錠することや防犯カメラの設置など、セキュリティの安全性の高さは室内霊園の大きなメリットと言えます。

デメリット

室内霊園にはメリットが多い一方、次のようなデメリットもあります。

建物の老朽化の恐れがある

一般のビルの場合、建物の寿命は約50年とも言われます。
室内霊園がある建物も年月がたつうちに老朽化する恐れがあります。

数十年後に建て替えの必要性が出た場合、追加の費用が発生することも考えられます。

お墓のデザインが選べない

室内霊園では限られた面積に多くの方のご遺骨を納めるため、墓石や納骨スペースのデザインが初めの契約の段階から決められていて、お墓のデザインが選べないことがほとんどです。

お墓のデザインを自分で選びたいと考えている方には残念ながら向いていないかもしれません。

お墓参りの時期に混雑する

お盆と春秋のお彼岸は大勢の方がお墓参りに出かけます。

ご遺骨のある参拝のスペースの限られた場所に多くの方が参拝しに来るので、お参りのために列に並ぶこともあるようです。
お墓参りが集中する時期の混雑は、知っておきたい室内霊園のデメリットです。

通常のお墓参りができない

従来の屋外にあるお墓は親族一同といった複数名でお参りができますが、室内霊園は大勢の方でのお参りにはあまり向いていないと言えます。

大勢でお参りする際は待合所やロビーなどを活用する必要があります。
また室内霊園によってはお供え物の種類やお花を指定していることがあります。

通常のお墓参りができない点は室内霊園のデメリットと言えるでしょう。

一定期間すぎると合祀される場合がある

室内霊園によっては、例えば三十三回忌といった時期を定めてご遺骨を個別の納骨場所から合祀に移す場合があります。
いったん合祀がされると個別の方のご遺骨を取り出すことができません。

すべての室内霊園に該当するわけではありませんが、一定期間すぎると合祀される場合があることは知っておきたい室内霊園のデメリットです。

室内霊園の種類と費用

お墓

室内霊園は墓石を建てる必要がないため、一般的に従来のお墓に比べて経済的な負担が軽く済むと言われています。

ここでは気になる室内霊園の種類と費用について、その内訳と平均的な相場をご説明します。

室内霊園にかかる費用内訳

費用の内訳についてそれぞれの項目を知ることで、より納得した室内霊園を選ぶことができます。

室内霊園の費用の内訳は主に次の3つです。

永代使用料

永代使用料とは、納骨場所である土地と建物を使用するために支払う費用です。
一度支払うと永代にわたって使用ができます。

永代供養料

永代使用料と似ている言葉ですが、意味は異なります。

ほとんどの室内霊園では永代供養が付いています。
永代供養料とはご遺骨を永代にわたって預かり供養してもらうための費用です。

室内霊園によっては合祀をしたうえで永代にわたって供養する場合もあります。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を紹介しています。
永代供養に関してもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養について費用の内訳や相場、選び方などを全て紹介します

永代供養を選ぶ際に費用は気になりますよね。では、永代供養の費用の内訳や相場、また霊園の選び方とはいったいどんなものなのでしょうか?今回は永代供養にかかる費用の訳と金額の相場を解説していきます。お寺や霊園を選ぶ時の注意点も説明していますのでぜひお役立てください。

管理費用

管理費用とは、室内霊園を維持管理するための費用です。
水道光熱費や霊園内の共用スペースの掃除の費用、メンテナンスなどに充当します。

年間管理料として一年ごとに支払いをする室内霊園が多いようです。

種類別室内霊園の費用

室内霊園は主に次の4つの種類に分類できます。

ここではそれぞれの特徴とともにどのくらいの費用がかかるのか?
ここでは、種類別室内霊園の費用について平均的な相場をご説明します。

ロッカー型

ロッカー型の室内霊園は、個別の納骨場所がコインロッカーのような形式で並んでいる室内霊園です。
共用のお参りのブースではなく、ご自分のロッカーの場所で直接お参りをすることができます。
室内霊園の中で最もシンプルな形式と言えます。

ロッカー型の費用の相場は約15万円から20万円で、そのほかに年間1万円程度の年間管理料がかかります。

近年ではロッカーの蓋の部分に修飾が施されたデザイン性の高いものも増えています。
シンプルなものは比較的安く、凝った装飾のものは比較的高いお値段となっています。

仏壇型

仏壇型の室内霊園は、仏壇を室内に並べた形式の室内霊園です。

仏壇の下部には納骨スペースを設けてあり、個別の仏壇の前でお参りをすることができます。
ロッカー型に比べてお供え物を置くスペースを広く取れます。
二人用あるいは三人用のご遺骨を収容できる仏壇型の室内霊園も多くあります。

仏壇型の費用の相場は約50万円からが相場ですが、安いものでは約30万円程度からあります。
そのほかに年間1万円程度の年間管理料がかかります。

自動搬送型

自動搬送型はエレベーターのような最新の自動搬送の機械でお参り用のスペースにご遺骨が送られます。
まさしくマンション型のお墓と呼ぶにふさわしい、時代に合ったお墓のスタイルです。

自動搬送型の室内霊園は限られたスペースでも効率的にご遺骨を収容できます。
そのため東京や大阪などの大都市で多く見られます。

平均的な費用の相場は約120万円から150万円ですが、都心にある場合はそれ以上の費用がかかる場合もあります。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を紹介しています。
自動搬送型のお墓に関してもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

マンション型のお墓とは?そのメリットや掛かる費用を紹介します

墓地不足やお墓の後継者の問題から、都市部を中心にエレベーターのような装置を備えたマンション型のお墓が注目されています。マンション型のお墓とはどのようなお墓を指すのでしょうか?メリットや費用の相場についても詳しく解説します。

室内墓所型

室内墓所型の室内霊園ではご自分の区画に墓石を建てることが可能です。
ロッカー型や自動搬送型に比べると墓石を置く十分なスペースな必要となります。

墓石の費用も含まれるため、平均的な相場は約150万円から200万円となっています。

ほかの3つのタイプに比べると室内墓所型はそう多くありませんが、ご自分らしいお墓を室内霊園で実現したいという方から注目を集めています。

全国の人気の室内霊園

お墓

室内霊園を選ぶにあたっては、どの種類の室内霊園なのか?という点や霊園の特徴、交通アクセス、費用などがポイントとなります。

ここでは、全国の人気の室内霊園について東京、大阪、札幌の3つの室内霊園をご紹介します。

東京

四季折々の美しい姿を見せてくれる新宿御苑は大都会のオアシスのような庭園です。

そのすぐ横にある室内霊園が人気です。
まずは、東京の室内霊園を紹介します。

新宿御苑前聖陵(せいりょう)

新宿御苑前聖陵は豊かな緑と最新型の設備を備えた6階建ての室内霊園です。
運営は高遠藩内藤家の菩提寺であった太宗寺です。
専用のカードをかざすとご遺骨を収容したお厨子が降りてくる自動搬送型となっています。

使用期限のない永代供養付きの室内霊園で、費用は90万円からです。
アクセスは東京メトロ新宿御苑前駅から徒歩3分、3線2駅が利用可能です。

新宿御苑前聖陵
新宿御苑前聖陵

所在地東京都新宿区新宿2丁目9−7

利用料金費用は90万円から

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅より徒歩3分、JR新宿駅から徒歩15分

大阪

続いて、大阪の人気の室内霊園を紹介します。
梅田に直結する東梅田駅からわずか3駅という立地の良い室内霊園です。

大阪みやこ霊廟 縁凛堂(えんりんどう)

大阪の中心地に建ち交通至便な立地が特徴です。
大阪みやこ霊廟縁凛堂は宗教法人奥之坊が運営しています。

全天候型の完全バリアフリー設計となっていて、お年寄りやお身体の不自由な方も安心してお参りができます。

永代供養が付いた室内墓所型の室内霊園です。
費用には永代使用料と永代供養料、御影石の墓碑の料金が含まれています。

大阪みやこ霊廟 縁凛堂
大阪みやこ霊廟 縁凛堂

所在地大阪市都島区都島本通1丁目20−17

利用料金費用は85万円から

地下鉄谷町線都島駅から徒歩3分

札幌

最後に、札幌の人気の室内霊園を紹介します。
札幌には全国初のガーデニング型の室内霊園があります。

札幌もなみ ふれあいパーク

四季折々の草花に囲まれたガーデニング型の墓地が人気を集めています。

札幌もなみふれあいパークは全天候型の室内霊園でありながら、ガーデニング霊園の魅力も兼ね備えた全国初のガーデニング納骨堂です。

2016年に開園し、年中無休でお参りをすることができます。
ガラスをはめ込んだ天井からは明るい光が注ぎます。
一人用、二人用、家族用がある室内墓所型の霊園です。
宗教法人瑞現寺が運営しています。

札幌もなみふれあいパーク
札幌もなみふれあいパーク

所在地北海道札幌市南区石山1条1丁目1291番

利用料金費用は170万円から(納骨堂使用料と墓石代を含みます。)

札幌市営地下鉄南北線真駒内駅よりタクシーで約5分

終活ねっとでは、霊園に資料請求することも、見学予約することも以下のページより可能です。
ぜひ以下のページもあわせてご覧ください。」

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

室内の霊園まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、室内の霊園について詳しくご説明してきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の記事は次の点がポイントでした。

  • 室内の霊園とは?

    室内霊園では建物の中にお墓があり、納骨をする。

  • 室内霊園のメリット・デメリット

    メリットは主に4点、①天候を気にせずにお参りができる②お墓掃除の手間がかからない③交通アクセスの良い場所が多い④セキュリティの安全性が高い。デメリットは5点、①建物の老朽化の恐れ②墓石のデザインを選べない③お墓参りの時期の混雑④通常通りのお墓参りができない⑤一定期間を過ぎると合祀される場合がある。

  • 室内霊園の種類と費用

    費用内訳は永代使用料、永代供養料、管理費用。室内霊園は種類によって費用の相場が異なる。4つの種類があり、ロッカー型は約15万円から20万円、仏壇型は約50万円から、自動搬送型は約120万円から150万円、室内墓所型は約150万円から200万円である。

  • 全国の人気の室内霊園

    東京の新宿御苑前聖陵(せいりょう)、大阪の大阪みやこ霊廟縁凛堂(えんりんどう)、札幌の札幌もなみふれあいパーク

一年365日天候を気にせずにお参りできることや交通アクセスの良さなど、利便性の高さで室内霊園が人気となっています。
時代の変化に合った現代のお墓として室内霊園のニーズは年々増えています。

よりご自分らしいお墓選びをすることは終活の大きな柱のひとつです。
終活ねっとではこの記事のほかにも室内霊園に関する様々な記事を掲載しています。
今回の記事と合わせて、それらも皆様の終活のご参考にしていただければと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「室内・霊園」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「室内・霊園」についてさらに知りたい方へ

室内のお墓(納骨堂)って何?全国のおすすめ室内墓地も紹介します!のサムネイル画像

室内のお墓(納骨堂)って何?全国のおすすめ室内墓地も紹介します!

雨でもラクにお墓参りできます!急増中の室内墓地についてのサムネイル画像

雨でもラクにお墓参りできます!急増中の室内墓地について

室内墓地って何?お墓の問題を解消する室内型墓地について解説!のサムネイル画像

室内墓地って何?お墓の問題を解消する室内型墓地について解説!

室内のお墓を選ぶ!東京・横浜・千葉・大阪の室内墓をご紹介しますのサムネイル画像

室内のお墓を選ぶ!東京・横浜・千葉・大阪の室内墓をご紹介します

墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!のサムネイル画像

墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

墓地・霊園選びで最も重要なポイントについて!注意点なども紹介!のサムネイル画像

墓地・霊園選びで最も重要なポイントについて!注意点なども紹介!

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!のサムネイル画像

室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!のサムネイル画像

墓地の種類にはどんなものがある?気になる特徴や選び方を紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「室内・霊園」についてさらに知りたい方へ

室内のお墓(納骨堂)って何?全国のおすすめ室内墓地も紹介します!のサムネイル画像

室内のお墓(納骨堂)って何?全国のおすすめ室内墓地も紹介します!

雨でもラクにお墓参りできます!急増中の室内墓地についてのサムネイル画像

雨でもラクにお墓参りできます!急増中の室内墓地について

室内墓地って何?お墓の問題を解消する室内型墓地について解説!のサムネイル画像

室内墓地って何?お墓の問題を解消する室内型墓地について解説!

室内のお墓を選ぶ!東京・横浜・千葉・大阪の室内墓をご紹介しますのサムネイル画像

室内のお墓を選ぶ!東京・横浜・千葉・大阪の室内墓をご紹介します

墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!のサムネイル画像

墓地・霊園の選び方についておさえるべきポイントをご紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと