告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介

亡くなった親しい方をお見送りする告別式で、故人の冥福を祈るためのひと時がお焼香の時間です。お香を燃やして手を合わせ故人とのお別れを済ませる重要な段階であるだけに、告別式でのお焼香の作法やマナーをあらかじめ理解しておくことは大切といえます。

目次

  1. 告別式での焼香について
  2. 焼香とは
  3. 告別式で焼香をする時間やタイミングは?
  4. 焼香の種類と作法
  5. 宗教別の焼香のやり方
  6. 告別式での焼香に関するマナー
  7. 焼香をするだけで帰るのは大丈夫?
  8. 告別式での焼香のまとめ

告別式での焼香について

葬儀

終活に取り組む方の中にはご年配の方も少なくないでしょう。
そして、ご年配の方になるほど、親しい方の死という事実に直面することも少なくありません。

そうなると、親しい方の告別式に参列することも多くなりますが、その告別式の中でも亡くなった方のことに最も思いをはせたりしのんだりするひと時がお焼香の時間です。

そのお焼香は大抵故人のご遺体が安置されている棺の前に用意された祭壇に向き合う形で行われるため、参列者一同から目立つことも少なくありません。
そして、お焼香には守るべきマナーや作法もあるため、これを守れていないと恥ずかしい思いをする場合もあります。

そこで今回終活ねっとでは、告別式での焼香について、告別式の際のお焼香で守るべき作法やマナーを、以下に挙げるポイントを中心に見ていきます。

  • お焼香とはどのような行為なのか?
  • 一般的に告別式の中でお焼香をする時間やタイミングとは?
  • お焼香の種類と作法にはどのようなものが挙げられるのか?
  • 宗教ごとのお焼香のやり方とは?
  • 告別式で守るべきお焼香に関するマナーとは?
  • お焼香だけで帰るのは大丈夫なのか?

ぜひ最後までお読みください。

焼香とは

葬儀

最初に、お焼香とはどのようなものかについて見ていきましょう。

お焼香とは、亡くなった方や仏様に対してお香(抹香)を焚くという形で拝む儀礼のことです。
一般的には右手でお香をつまんで、目の高さまで押し戴いた後、火で焚いてある香炉に落とすという行為を1回から3回ほど行います。

そして、お焼香が終わった後は数珠をかけた合掌の状態で一礼します。

告別式で焼香をする時間やタイミングは?

葬儀

告別式は故人の葬儀の中でも主立った行事ですが、お焼香は告別式の中でもいつごろ行われるのが一般的なのでしょうか?

原則として告別式でのお焼香は、式が始まり僧侶の読経と弔辞・弔電が紹介された後に行われます。
告別式そのものは一般的には10時もしくは11時に開始しますが、お焼香の時間は開始して20分ほど後に設けられることがほとんどです。

焼香の種類と作法

葬儀

実はお焼香には大きく分けて4つの方法が挙げられます。
お焼香の方法は、告別式や法要の会場によってやり方が異なってきますので、焼香の種類と作法をこの機にきちんと理解しておきましょう。

立礼焼香

立礼焼香は、告別式の会場が葬儀場などのように椅子を用意して行うような場所でとられるお焼香の方法です。
文字通り、お焼香そのものは祭壇に向いて立った状態で行うことになります。

まず、順番が回ってきたら祭壇の前まで進んで、ご遺族に対して一礼をします。
そして、焼香台の手前で故人のご遺影や祭壇に向いて一礼し、お香をつまみ、それを目の高さに押し戴いた後香炉の中に落します。

宗派によって若干の差がありますが、各宗派の作法に従って1回から3回お香をつまんで押し戴き落とす動作を行います。
終わった後は、ご遺影に向いて一礼し、そのまま2、3歩下がってご遺族に一礼した後でご自分の席に戻ります。

座礼焼香

座礼焼香は告別式の会場がお寺や故人のご自宅などの畳のある場の場合にとられます。
座礼ということですので、正座の状態でお焼香をすることになります。

順番がめぐってきたら焼香台まで進み、そこで正座の状態で座った後でご遺族の方に一礼をします。
その後故人のご遺影に一礼し、各宗派の作法に従って、お香をつまんで目の高さに押し戴いた後で、香炉の中に落とすという動作を1回から3回行います。

お焼香が終わりましたら、再びご遺影に合掌しながら一礼し、ご遺族の方に向き直って一礼した後、立ちあがってご自分の席に戻ります。

回し焼香

回し焼香は告別式の会場が狭く、参列者が焼香台の前まで移動しづらい場合にとられる方法です。
具体的には、香炉を各参列者の前に回しつつお焼香をしていきます。

香炉がご自分のところに回ってきたら、軽く一礼しながら受け取り、前に置いた状態で祭壇に一礼します(席が椅子の場合は膝に香炉を載せて行います)。
そして各宗派の作法に従ってお香をつまんで、押し戴いた後に香炉に落とす動作を1回から3回行います。

終わった後は合掌しながら一礼し、次にお焼香する方に香炉を回します。

線香焼香

お焼香では抹香の代わりに線香を使う場合があります。
線香を使ったお焼香は、抹香を使う場合と少し違いますので、よく理解しておきましょう。

お焼香台の前に向くところまでの作法は抹香を用いる場合と同じです。
お焼香台の前に向いたら、右手で線香を1本取って、右側にあるロウソクで火をつけます。
そして、左手であおいで線香についた火を消します(間違っても息を吹きかけて消さないこと)。
最後に、他の線香と少し離したところに線香を立てます。

お焼香を終えた後の作法も抹香によるお焼香と同じです。

宗教別の焼香のやり方

葬儀

お焼香という儀礼は仏教式の葬儀で行われますが、仏教以外の宗教ではこれと似たような方法の儀礼がおこなわれます。
ここでは宗教別の焼香のやり方を見ていきましょう。

神道

神道の場合は、お香をお供えする代わりに玉串をお供えする玉串奉奠(たまぐしほうてん)が行われます。
玉串とは、榊の枝に紙垂(しで)という細めの紙をつけたもので、故人の霊を安んじるために祭壇にお供えするものです。

作法としてはまず、神官(神主)に一礼するとともに玉串を受け取り、そのまま玉串台の前に進みます。
このとき、右手で上から枝を持ち、左手で下から榊の葉を持った状態です。

玉串台の前まで進んできたところで一礼し、持っている玉串の枝の方が手前に来るように時計回りに向きかえます。
そこで左右の手を持ち替えた後で、もう一度時計回りに玉串を回して、枝が祭壇に向くようにします。

そして、その状態で玉串台に玉串をお供えした後、数歩下がって2度深いお辞儀をし、2回音を立てないようにして手を打ちます(しのび手)。
その後にもう一度深く礼をして、ご自分の席に戻ります。

キリスト教

キリスト教の告別式の場合は、お花をお供えする献花を行います。

作法としてはまず、お花の部分が右側に来るように向けつつ両手で受け取り、祭壇の前まで進んだ後故人のご遺影に一礼します。
そして、根元を祭壇側に向けてお供えし、再びご遺影に一礼した後で、ご遺族や牧師もしくは神父に一礼をします。

なお、キリスト教の宗派によっては偶像崇拝を避ける理由でご遺影自体が飾られていない場合もありますので、この場合は祭壇に向かって一礼する気構えでよいです。

告別式での焼香に関するマナー

葬儀

告別式でお焼香をする際にはいくつかマナーがあります。
このマナーを知らないでお焼香の場に臨むと、恥ずかしい思いをする場合もあるでしょう。
ここでは、それに備える形で告別式でのお焼香のマナーについて主なものをご紹介いたします。

お辞儀をするとき

世間一般としてお辞儀には頭を下げる深さによっていくつかのパターンがありますが、それは告別式でのお焼香の場でもいえることです。
ただ、告別式の場合は2つのパターンのお辞儀をするのが基本とされています。

お焼香を始めるときと終えたときにご遺族や関係者の方に一礼するときは45度の礼をします。
また、故人のご遺影に対してお辞儀をするときは75度とご遺族などに対して行うより一層深い角度でお辞儀します。

特に、故人のご遺影に対してお辞儀する場合は、両手でお数珠を捧げて合掌することも忘れないようにしましょう。

親族・遺族も喪主に一礼が必要?

亡くなった故人がご自分の身内の方の場合、喪主に対して一礼すべきかどうか迷う方も多いのではないでしょうか?

まず、故人の直接の遺族である場合は、喪主を含め他の遺族に対して一礼をする必要はありません。
ただし、その遺族の親戚の方の場合であれば、喪主など遺族に対して一礼をするのが作法とされています。

焼香をする順番

お焼香の際にはその順番もきちんと決まっています。
故人との関係が深い方から順に行うものとされており、具体的には喪主、ご遺族、ご親族、そのほかの参列者という順番です。

なお、喪主がお焼香をする場合は、出席したことへの感謝の気持ちを示すために参列者一同に一礼するのがマナーです。

焼香をしているときの数珠・バッグの持ち方

お焼香の際に欠かせない仏具が数珠です。
しかし、数珠を使うことは普段の生活の中ではめったにないため、その持ち方がなかなかわからないという方も多いでしょう。

ここでは、数珠の持ち方やその際のバッグの持ち方をご紹介します。

長い数珠の持ち方

数珠のうち長いものは、本式数珠と呼ばれ、二重にして使う正式なものです。
これだけ長めなのは、108個の玉でできているためです(宗派によって玉の数が異なる場合もあります)。

この数珠の持ち方は基本的に二重にした状態で座っているときは左手首にかけ、立っていたり歩いていたりする時は房を下にした状態で持ちます。
お焼香の時も左手で持っている状態で行い、合掌の際は両手を合わせた状態で、親指と人差し指の付け根の間に掛ける形で持ちます。

短い数珠の持ち方

短い数珠は略式数珠と呼ばれており、本式数珠に比べると少ない個数の玉でできています。
なお、略式の場合は男性用と女性用とがありますので、選ぶ際に気をつけましょう。

さて、持ち方は基本的に長い数珠の場合とほぼ同じですが、個数が少ない分短いため一重の状態のままで持って大丈夫です。

バッグの持ち方

告別式の途中で席を外すときなどに基本的にお数珠をそのままにしておいて置くことはマナーに反することとされています。
このため、お数珠を入れておくためのバッグも告別式の際には不可欠といえるでしょう。

さて、お焼香の最中のバッグの持ち方ですが、実はこれは持った状態でなくても、焼香台の前にバッグを置いておくための低い台がありますので、そこに置いておけば大丈夫です。

焼香の種類・回数について

実はお焼香の種類や回数は仏教の各宗派によってさまざまです。
故人の宗派に応じた対応ができるように、宗派ごとのお焼香の作法について見ていきましょう。

天台宗・真言宗

天台宗と真言宗の場合は抹香を用いて行うお焼香で、いずれの宗派も3回お香をお供えするやり方がとられています。

浄土宗

浄土宗の場合は抹香によるもののほか線香でお焼香を行います。
ただし、お香を押し戴くかどうかやお焼香をする回数については特に定めはなく、各人の気持ちに任せています。

浄土真宗

浄土真宗の場合は、本願寺派(西本願寺)と大谷派(東本願寺)とでやり方が若干異なります。

お香を押し戴かないでやるという点では同じですが、お焼香自体の回数が本願寺派は1回、大谷派は2回というように決まっています。

臨済宗

臨済宗の場合は抹香を用いて2回お焼香を行いますが、1回目は押し戴いてから香炉に落とし、2回目は押し戴かないでそのまま香炉に落とすやり方です。

曹洞宗

曹洞宗もまた、臨済宗と同じように抹香を用いて2回お焼香を行います。
こちらも1回目は押し戴いてから香炉に落とし、2回目は押し戴くことなくそのまま香炉に落とします。

日蓮宗

日蓮宗の場合は抹香を使ってのお焼香ですが、その回数については特に決まりはありません。
しかし、3回行うという方が多いとされています。

焼香をするだけで帰るのは大丈夫?

葬儀

何らかの事情で満足に告別式に参列できない方の中にはお焼香だけやって帰るという方法を取る方もいるでしょう。
これがマナーから見てどうなのかという疑問は多くの方が持っているものです。

これは結論から言えば、焼香をするだけで帰るのは大丈夫です。
ただし、お焼香をしていきなりいそいそと退出したのではその場の雰囲気を壊しかねませんので、雰囲気を壊さないようにするためにも葬儀会場のスタッフに一言伝えてから静かに退出するとよいでしょう。

告別式での焼香のまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、告別式での焼香について、告別式におけるお焼香のマナーや作法について見てきましたが、いかがでしたか?
この記事の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お焼香とは、故人や仏様に拝むためにお香を焚く儀礼のことである。右手でお香をつまんで目の高さまで押し戴いてから香炉に落とす動作が基本である。
  • 告別式でお焼香を行うタイミングは僧侶の読経が終わった後になる。時間にすると告別式が始まって20分ほどである。
  • お焼香の種類には立礼焼香と座礼焼香、回し焼香、線香焼香の4つがあり、いずれもお焼香のための香炉の前でご遺族や故人のご遺影に一礼した後で各宗派の作法に基づいてお焼香を行い、再びご遺影やご遺族に一礼するやり方がとられる。
  • 仏教以外の宗教では、神道であれば玉串奉奠が、キリスト教の場合は献花が行われる。
  • 告別式でのお焼香に関するマナーについてはお辞儀の方法やお焼香の順番、数珠の持ち方、お焼香の種類や回数の宗派ごとの違いなど多岐にわたる。
  • お焼香だけで帰るのはマナー上問題はないが、場の雰囲気を壊さない気遣いが必要。

告別式という場はそう多く参加することがないため、お焼香のマナーや作法は忘れがちになりやすいものです。
ただ、終活に携わる年代になるほどこのような場に参列する場合も増えてきますので、万一に備えて身につけておくとよいでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「告別式・焼香」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「告別式・焼香」についてさらに知りたい方へ

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナーのサムネイル画像

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナー

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説しますのサムネイル画像

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説します

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介のサムネイル画像

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?のサムネイル画像

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょうのサムネイル画像

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょう

いざという時に恥をかかない、お焼香のやり方・手順についてのサムネイル画像

いざという時に恥をかかない、お焼香のやり方・手順について

いまさら聞けない!お葬式での焼香のやり方のサムネイル画像

いまさら聞けない!お葬式での焼香のやり方

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたしますのサムネイル画像

葬式に行く前に必見!お焼香のやり方を徹底解説いたします

覚えておきたい「焼香の作法」前の人の真似がダメな理由のサムネイル画像

覚えておきたい「焼香の作法」前の人の真似がダメな理由

宗派によってお焼香の回数は違いがあるの?!のサムネイル画像

宗派によってお焼香の回数は違いがあるの?!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「告別式・焼香」についてさらに知りたい方へ

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナーのサムネイル画像

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナー

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説しますのサムネイル画像

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説します

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介のサムネイル画像

葬儀での正しい焼香のやり方とは?焼香の種類や宗派別の回数も紹介

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?のサムネイル画像

お焼香の回数は、宗派によって違うってご存知でしたか?

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょうのサムネイル画像

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょう

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと