一般葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

最近ではいろんな形式のお葬式の方法がありますが、まだまだ一般葬で行われる方の方が多いのではないでしょうか?一般葬にもメリットとデメリットがあります。そこで一般葬のメリットとデメリットをご紹介するとともに、費用についても解説します。

目次

  1. 一般葬のメリットとデメリットについて
  2. 一般葬ってなに?
  3. 一般葬のメリット
  4. 一般葬のデメリット
  5. 一般葬の他にどんな葬儀形式があるの?
  6. 一般葬のメリットとデメリットについてまとめ

一般葬のメリットとデメリットについて

葬儀

身近な人が亡くなった時には、まずはお葬儀のことを考えなければいけません。

最近ではいろんな形式の葬儀方法がありますが、一般葬で行われる方の方が多いのではないでしょうか?

いざ、自分が喪主になったときに何をすればいいのか分からないですよね?
そこで、今回終活ねっとでは一般葬のメリットとデメリットについて以下の事柄を解説します。

  • 一般葬とはどんなもの?

    一般葬とはどんなものか説明します。

  • 一般葬のメリットとデメリット

    一般葬のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

  • 一般葬以外の葬儀形式

    一般葬以外の葬儀形式のご紹介します。

お葬儀は故人との最後の別れの場です。

葬儀をどのような形式で行うのかは、人それぞれですが、葬儀のやり直しはできません。
後悔が無いようにメリットとデメリットをよく理解し、故人を気持ちよく送り出してあげましょう。

一般葬ってなに?

葬儀

一般葬とは、家族や親族だけでなく、ご友人やご近所の方々、会社関係など故人と所縁のある人たちを招いて行う一般的な葬儀のことです。

1~2時間ほどのお通夜を行い、通夜の翌日に告別式を行ってご遺族様と参列者の皆様が故人との最期のお別れをします。

一般葬では通夜式、葬儀・告別式、出棺、火葬などの宗教儀式が行われるのが一般的です。
現代では斎場を借りて行われることが多いです。

身近な方が亡くなられた時には、まずは葬儀社に連絡をしてお葬儀を行ってもらうように頼みます。
特に希望がない場合は、従来の形式である一般葬で行うことが多いです。

お葬儀は急なことが多く、ゆっくり考えている時間はあまりありません。
前もってメリット・デメリットをよく理解しておいた方が、納得できる良いお葬儀を行うことができます。

一般葬のメリット

葬儀

まずは、一般葬を行う時のメリットを解説します。

式次第が決まっている

一般葬のメリットの一つに、式次第が決まっていることが挙げられます。

一般葬は、葬儀屋さんがすべて取り仕切ってくれるのことが多いです。
場所や祭壇の飾りつけもすべてお任せすることができます。

テーブルや椅子のセッティングも喪主側が気を使う必要はなく、参列者の人数に合わせて素早く対応してくれます。

葬儀の流れも決まった形があり、司会や進行もおまかせすることができるので、喪主側は何も考えなくてもお葬儀が滞りなく行うことができるのがメリットです。
もちろん、喪主側の希望もちゃんと考えてくれます。

喪主の挨拶も例文が用意されていることが多いです。
葬儀は初めてで、何をすればわからないという方は一般葬で行うのがおすすめです。

葬儀後の弔問対応の負担が減る

家族葬や密葬のように、ごく限られた方だけで葬儀を行った場合は、故人とのお別れができないため、葬儀後に家に弔問に訪れる人が多くなります。

しかし一般葬の場合は、故人と親しかった方々が葬儀場でお別れができるため、後に家を訪れる方はごくわずかです。

葬儀後はご遺族様も悲しみと疲れのため、静かに過ごしたいと思っていますので、弔問の対応はかなりの負担になってしまいます。

弔問対応の負担を減らすことができるのが一般葬のメリットでもあります。

参列者にちゃんと挨拶が出来る

生前に故人がお世話になった方々や、故人とのお別れをしたいと駆けつけてくださった方に、ちゃんとお礼と挨拶ができるのも一般葬のメリットです。

ご家族様も知らなかった故人のご友人の方にもその場できちんと挨拶ができます。
一般葬ではご遺族様は接客に気を使う必要はなく、挨拶に集中できます。

たくさんの人と故人を偲ぶことが出来る

一般葬ではたくさんの人が駆けつけてくれますので、多くの人と一緒に故人を偲ぶことができます。

故人の昔話を聞くこともでき、悲しみを共有してもらうことでご遺族の気持ちも慰められます。
たくさんの人に盛大に見送ってもらうと、故人も喜んでくれることでしょう。

準備が楽である

葬儀は急なことが多く、ご遺族様はゆっくり休むこともできません。
ですが、一般葬の場合は葬儀社が必要な準備を基本的に全て行ってくれます。

そのため、遺族側に負担を軽減できます。

接客や祭壇の準備、遠方から駆けつけてくれた親族の泊るところや貸衣装の手配までしてくれるところもあります。
お通夜の料理や飲み物までご遺族様は考える必要が無いため、気持ち的にも楽になります

一般葬のデメリット

葬儀

次に一般葬のデメリットについてみていきましょう。

葬儀費用が高くなる

一般葬だと、葬儀社が用意している決まった形になります。
祭壇の大きさや飾りつけなども、ほぼ決まっていますので費用が高くなることが多いです。

一般葬だと参列者も多くなり、広い場所が必要となるのでどうしても規模が大きくなってしまいます

そのため、全体的に費用が高くついてしまうのがデメリットです。

一般葬の費用についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください

こちらも読まれています

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

一般葬での葬儀でどのくらいの費用がかかるのか、考えてみると意外とわからないものですよね。一般葬でかかる費用が分かっていると、ご自身の終活を進める上でも大変良い目安となります。この記事では一般葬での費用とその内訳について、詳しく解説していきます。

香典返しの負担が増える

最近では一般葬でも香典を辞退する方も増えてきています。
しかし、一般葬は会社関係の方も参列することが多く、完全に香典を辞退することは難しいのが現状です。

その為、会葬御礼品の用意と弔事がすべて終えたことの報告と、御礼の品を贈る香典返しの手配を行わなければいけません。

香典返しは本来は喪主が家まで持参するものなのですが、現代では配送することが多いです。
品物選びや贈り先の住所などを調べなければならないので、ご遺族様の負担が増えることになります。

当日の対応に負担がかかる

葬儀は身近な方が亡くなってから1~2日以内に行われることが多いです。
心も身体も疲れている時でも、葬儀社との打ち合わせや会場の選定を行わなければいけません。

特に、一般葬の場合は参列者が多くなるため、参列者の方々の対応でご遺族様にかなりの負担がかかってしまうことが、デメリットの一つとも言えます。

訃報の通知が大変

一般葬はたくさんの方に参列してもらって、一緒に故人を偲んでもらうことができるのがメリットではありますが、遠くにいる親族や故人と親しかった方々への連絡が大変です。

訃報の通知はご遺族様にしかできないことであり、どこまで連絡すればよいのか、故人と親しかった方の連絡先がわからないなどということも考えられます。

あまり葬儀までの時間がない時に、訃報の通知をしなければいけないというのがデメリットでもあります。

飲食接待の負担がかかる

一般葬では、参列者や僧侶の方に対する飲食接待の負担がかかってしまいます。

一般的にはお葬儀の時には、「通夜ぶるまい」と「精進落とし」に食事や飲み物を用意することが多いです。

通夜ぶるまいは、弔問客もてなすためのもので、軽めの料理と飲み物を用意します。
お通夜に来てくださる方の人数は把握できませんので、大皿料理や寿司などが一般的です。

精進落としは、ご遺族様が参列者にふるまうもので、仕出し弁当や懐石料理を用意することが多いです。
地域によっては火葬中に精進落としをいただくところもあるようですが、多くは葬儀がすべて終了した後で行います。

一般葬だと人数が多くなるので、飲食の用意で金銭的にも負担がかかってしまうのがデメリットとも言えます。

一般葬の他にどんな葬儀形式があるの?

葬儀

ここでは一般葬以外の葬儀形式について解説します。

一般葬以外の葬儀は、親族や周りの方の理解を得ていないと後にトラブルに発展する可能性があります。
故人の遺志であった場合は、はっきりと周りの方に伝えておくのが無難です。

家族葬

家族葬は、親族や故人と親しかった方などごく限られた人たちだけで行う小さなお葬儀です。
ご近所の方などは弔問に訪れても構いませんが、出来るだけ控えた方が良いでしょう。

家族葬は、静かに家族だけで故人とお別れしたい、あるいは規模の小さな葬儀にして費用を押さえたいという方が行うことが多いです。

また家族葬では香典を辞退することが多いです。
これは後の香典返しの負担を減らすためという意味もあります。
ごく親しい人だけの葬儀ですので、喪主の負担を軽減することができます。

家族葬のメリットとデメリットについてもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬について、お考えになったことはありますか? お葬式が多様化する現代、家族葬を選ばれる方も増えているとか。 ただ、今までになかった様式なので、さまざまなメリット、デメリットがあります。 ここでは家族葬についてデメリットをも含め、詳しくご説明をさせていただきます。

一日葬

一日葬とは、お通夜を行わず告別式から火葬までを一日で行う葬儀方法です。
法律で病院などで亡くなった場合は、24時間経過しないと火葬はできないことになっています。

一日葬の場合、お通夜は行わなくても遺体を移動し安置する必要があります。
その場合、霊安室や自宅で安置するための費用が発生することを知っておきましょう。

一日で葬儀を終えなければいけないので、慌ただしく親族や周りの方々への訃報通知も急がなければいけないというデメリットがあります。

ですが、葬儀を一日で終えられるので、参列者の方の負担を減らすことができます。

一日葬についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介

一日葬というお葬式を耳にしたことはありますか?一般的なお葬式とはどんな点が違っているのでしょう。メリットの他にもデメリットがあれば、知っておきたいと思いますよね。 今回は、一日葬のメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。ぜひご一読ください!

直葬

直葬とは、お通夜や告別式などは行わず火葬のみ行う葬儀方法です。
参列者も近親者のみの場合が多く、時間短縮と費用を押さえることができます。

その反面、十分なお別れをすることができにくいです。
ちゃんと相談しないと親族や周りの方から反感を買うこともあり、葬儀後に弔問客の接待が大変になる面もあります。

菩提寺に黙って直葬を行ってしまうと、その後の法要や納骨を行ってくれなくなる可能性もあります。


終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
直葬についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

シンプル志向の時代の流れとともにお通夜と告別式を行なわない直葬が注目を集めています。今回は直葬のメリットとデメリットについてさまざまな点からご説明いたします。直葬を希望する方もこれから考えたい方も必見の役立つ情報です。デメリットでは注意点もご説明いたします。

一般葬のメリットとデメリットについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
この記事では一般葬のメリットとデメリットについて以下のようなことを解説しました。

  • 一般葬とは、ご家族様や親族だけでなく、会社関係やご近所の方、故人と親しかった人たちを招いて行う一般的な葬儀のことである。「通夜式」「葬儀式」「出棺式」「火葬儀」などの宗教儀式が行われることが多い。
  • 一般葬のメリットは、形式が決まっているので喪主側は準備が楽であり、たくさんの人と一緒に故人のお見送りをすることができる。
  • 一般葬のデメリットは、香典返しや当日の飲食接待などの負担がかかることである。
  • 一般葬のほかには、家族葬や一日葬、直葬などの葬儀形式がある。それぞれの葬儀形式にはメリットもデメリットもあるので、ご家族様で話し合って一番良い方法を選んだ方が良い。

葬儀の形式はそれぞれ、メリット・デメリットがあります
一般葬は、型にはまったよくある葬儀形式ではありますが、一番無難で楽な方法です。
それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで良いお葬儀を行うようにしましょう。

終活ねっとでは、葬儀の形式についての詳しい解説やマナーについてもご紹介していますので、ぜひ他の記事も見て参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「一般葬・メリット・デメリット」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「一般葬・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!のサムネイル画像

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬から宇宙葬まで!のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬から宇宙葬まで!

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

家族葬とは?、話題の定額葬儀は、どんな内容でしょうか?のサムネイル画像

家族葬とは?、話題の定額葬儀は、どんな内容でしょうか?

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介のサムネイル画像

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介

家族葬って何人で行うものなの?家族葬に呼ぶ人数の平均をご紹介のサムネイル画像

家族葬って何人で行うものなの?家族葬に呼ぶ人数の平均をご紹介

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「一般葬・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!のサムネイル画像

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬から宇宙葬まで!のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬から宇宙葬まで!

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説のサムネイル画像

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと