お墓参りの正しい作法とは?手順や注意事項と一緒に解説!

あなたはお墓参りにも手順や作法があることをご存知ですか?失礼が無いよう正しいお墓参りをしたいですよね。そこで今回終活ねっとではお墓参りの基本的な作法やマナーについて解説しています。必要な持ち物や服装、お墓参りの時期、宗派によって違うお墓参りの作法も紹介します。

目次

  1. お墓参りの作法について
  2. お墓参りの手順・作法とは?
  3. お墓参りでお供えするお花に関する作法
  4. お彼岸やお盆のお墓参りの作法
  5. お寺と違う神道のお墓参りの作法
  6. お墓参りの作法を動画で学ぶ
  7. お墓参りの作法についてまとめ

お墓参りの作法について

お墓

お墓は大切な故人やご先祖様が眠っている場所です。
お墓参りをすることは、大切な家族や親族などとの思い出を振り返り、故人を今一度偲ぶことができるため、大切なことですよね。

現在では、日常的にお墓参りをするという風習がうすれているので、お墓参りの細かな作法や手順までは覚えていないかたが多いとおもいます。

そこで今回終活ねっとでは、お墓参りの作法について

  • お墓参りには正しい手順や作法があるのか
  • お墓参りでお供えするお花に関する決まり事って?
  • お彼岸やお盆のお墓参りの作法
  • 神道のお墓参りはお寺とは違うの?
  • 動画で学べるお墓参りの作法

以上のことなどを中心に解説していきます。

知っておくことで、どこへでも使える作法や、宗派ごとの作法の違いも解説します。
終活ねっとでは、お墓参りの作法を一通り知ることができるように記事を書きましたので関心のある方はぜひ最後までご一読ください。

お墓参りの手順・作法とは?

お墓

お墓参りの手順・作法には、こうしなければならないという絶対的な決まり事は存在しません

しかしながら、親戚の方たちと一緒にお彼岸へいく際などに、一般的なお墓参りの作法を知っていると素敵ですよね。

お墓のある菩提寺でたずねることで一般的なのものや推奨されている作法はすぐ教えてもらうことができます。
とくに一般的とされている作法は難しいものではないので、すぐに覚えて使うことができるでしょう。

まずはお墓参りの手順から見ていきましょう。

お墓参りの手順

まず、もっとも一般的なお墓参りの手順について紹介します。

霊園にもよりますが、まず霊園に到着したら霊園管理者様へ挨拶をするのが良いでしょう。
寺院ならば本堂へ一礼をし、ご住職がいらっしゃるならそちらへも挨拶をしましょう。
故人のお墓に一番身近にいる方々ですので、礼を尽くしておくとよいでしょう。
以下は、具体的なお墓参りの手順です。

  • 手を清め、合掌・礼拝をしてからお墓の掃除を始める
  • 線香・お供えをする
  • 合掌・礼拝をする
  • ゴミやお供え物など持ち帰るべきものは持ち帰る

お墓参りの礼儀・作法

ここでは、もっとも一般的なお墓参りの礼儀・作法について解説します。

お墓参りの礼儀・作法にはどのようなものがあるのでしょうか。

お墓参りに行く時間帯は?

お墓参りに行く時間帯に特に決まりはありませんが、基本的には掃除などがしやすい日中に行くことが良いこととされています。

霊園によっては、営業時間や閉門時間が決められています。
初めて行く際はかならず入場できる時間を確認するのがよいでしょう。

また、地域によっては必ず日中にお墓参りに行かなければならない場合もあります。
そういった地域では日が暮れてからお墓参りにいくのは避けるようにしましょう。

お墓参りでの服装

派手でなければお墓参りでの服装にこれといって決まりはありません。

もちろん喪服がもっともフォーマルではありますが、月命日などで毎回喪服でお墓参りに行くのも大変です。
また、お墓参りではお墓や周囲の掃除もしなければなりませんので、よほど大事な日以外は動きやすく汚れても良い服装がふさわしいといえるでしょう。

お墓参りに必要な持ち物

次に、お墓参りに必要な持ち物をご紹介します。

お墓参りに必要な持ち物にはどのようなものがあるのでしょうか。

お墓参りに必要な持ち物は以下の通りです。

  • 数珠
  • お線香
  • ロウソク・マッチ
  • お供え物
  • お花
  • 雑巾・たわし
  • バケツ
  • 手桶
  • ほうき

以上が最低限準備したほうが良いものです。
数珠は宗派に沿ったものを、お供え物は故人が生前に好んだものを持っていけばよいでしょう。

ただし、お供えものは、カラスやその他の野生生物荒らされることがありますのでお供えしたまま放置せずに持ち帰りましょう。

お供え物を動物に荒らされてしまうと、他のお墓まで汚れてしまいとても迷惑となりますので、かならずお供え物は持ち帰りましょう。

また、宗派や地域によっては墓石に水やお茶やお酒を掛けることがあります。
トラブルのもとになりますので、必ず縁者の方に許可をもらってください。

清掃用品に関しては、霊園によっては借りることができる場合がありますので、確認しておきましょう。

また、最終的にゴミをまとめるための袋があるといいですね。

宗派によって作法が違う?

お墓参りは宗派によって作法が違います

より故人に寄り添った参拝をしようと思うならば、故人の信仰していた宗派にしたがって、とりおこなうのが一番でしょう。
とはいえ、大まかな流れは上に紹介した通りで構いません

宗派ごとの細かい違いはたくさんあるのですが、自分の家庭で信仰されてきた以外の宗派の故人のお墓参りに行くことを前提とするならば、ある程度ポイントを押さえておくのがよいでしょう。

まずは、お経が宗派によって違います。

  • 浄土宗・浄土真宗・天台宗

    南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

  • 日蓮宗

    何妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)

  • 天台宗

    南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)

  • 臨済宗・曹洞宗

    南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)

続いてお線香の置き方や必要な本数が違います。

  • 浄土真宗

    一本の線香を香炉に合わせて適当に折り、火のついた側がこちらからみて左になるように寝かせておきます。

  • 浄土宗・日蓮宗・臨済宗・曹洞宗

    一本の線香を立てます。

  • 天台宗・真言宗

    三本の線香を立てます。

お線香の本数の違いや立て方・寝かせ方は同じ宗派でも違うことがあります。
注意するようにしましょう。

お墓参りでお供えするお花に関する作法

お墓

お墓参りでお供えするお花に関する作法について解説していきます。

諸説ありますが、お墓参りの際に供えるお花やお花を供える行為には意味や由来があります。

有名なものとしてはお供えの花は極楽浄土に咲く花を模していることや、花の散りゆくさまから命の意味を知る、または生きていることに感謝をするといった意味があるといわれています。

どんなお花がいいの?

お墓参りの際に供えるお花は故人に好きな花があったのであればそれが一番です。
ただし、四十九日が過ぎるまでは守ったほうが良い作法があります。
それはお供えに使用するお花は白いものを選ぶことです。

四十九日が過ぎるまでは故人は閻魔様に生前の行いを確認されている最中ですので、潔白を表す白い花を供えることで、故人が滞りなく浄土へいけるように後押しをします。

また、避けた方がよいと言われているのが、「毒」「棘」「強い香り」のある花です。
死やケガを連想したり虫が寄ってきたりするので、自分たちだけでなく周囲の人への配慮としても避けるべきでしょう。

お供えしたお花は持ち帰っていいの?

お供えしたお花は持ち帰ってよいのでしょうか。

日ごろお墓参りによく来るような場合は、お供えに使ったお花を持ち帰っても大丈夫です。

ですが、めったにお墓へ行くことができない場合や、霊園のルールによってお花を放置することが禁止されている場合は、お供えに使ったお花は持ち帰らなければいけません。

お供えするお花の相場は?

お供えするお花の相場はどんなところで購入するのかによって変わってきます。

大きいスーパーや、霊園近くの売店でお手ごろなものがセット販売されていることがよくあります。
そういったものでおよそ総額で1600円くらいです。
花屋で個別にお花を選べば総額で3000円くらいが相場でしょう。
自宅で育てたお花でももちろん構いません。

また、終活ねっとにはお墓参りの際にお供えするお花に関連する記事を多数掲載しております。
お墓参りのお花にまつわるルールに関してもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!

家族や友人を偲びお墓参りをするときには、霊園のそばの石材店や花屋で供花を購入することが多いと思います。しかし、できれば亡くなった方の愛した花を供えれば、きっと喜んでくれるに違いありません。今回はお墓参りにおすすめの花の種類やルールなどについて解説をいたします。

お彼岸やお盆のお墓参りの作法

null

お彼岸やお盆のお墓参りの作法に、特にお彼岸やお盆だから守らなければならないという決まり事はありません。
しかし、お彼岸やお盆の時期には親族も故人のお墓に訪れることが多いので、そのことを踏まえてお墓参りの作法を意識すれば大丈夫です。

お彼岸とお墓参り

お彼岸は年に2回、春分の日と秋分の日のどちらも前後3日間の計7日間のことをいいます。

休みが取りやすく、日本の仏教にとって重要な日ですので、昔からお墓参りや法要に適した日だといわれています。

そのため、親戚一同が集まりお墓参りにいく際には、気を付けなければいけないことがあります。
それは参拝をする順番です。
故人の伴侶が存命なら伴侶からお参りをし、以下順に血縁の濃さの順番で参拝をします。

お盆とお墓参り

まずお盆の時期が地域によって違います。
東京や横浜などでは7月13日~16日が多く、それ以外の地域では8月13日~16日が多いです。
このようにお盆の時期には地域によって違いがあるので、あらかじめ調べておきましょう。

お盆とは、年に一回亡くなった故人やご先祖様(総じて精霊とも称する)が帰ってくる日です。
13日はお盆入りといい、故人をお迎えする際に分かりやすくするため、おがらと呼ばれる燃料に火をつけ、同時に家紋の入った提灯などに火をともしてそれらを玄関に備え付けます。
これを迎え火と言います。

16日にはおがらに火をつけて、精霊を送り出します。
このことを送り火といいます。

お盆には故人やご先祖様にまつわる以上のような慣習があるので、注意しておきましょう。

また、お盆にはお彼岸の時期と同じく親族と一緒にお墓参りに行く方が多いでしょう。
気を付けるべきことはお彼岸と同じく参拝する順番でしょう。
故人の伴侶が存命なら伴侶からお参りをし、以下順に血縁の濃さの順番で参拝をします。

終活ねっとでは、お盆のお墓参りに関する記事を多数掲載しています。
お盆のお墓参りについて詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの? 「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。 お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。

お寺と違う神道のお墓参りの作法

null

地域によっては神道のほうがお寺よりも信者が多いところがあります。
もっとも抑えるべき作法は仏教のものですが、やはり神道のお墓参りの作法も知っておくとよいでしょう。

  • 花の代わりに榊(さかき)を供える

    神道では榊と呼ばれる植物をとても大切にしています。手に入りやすいものなので、故人の宗教が神道だとわかっている場合には用意しておくのがよいでしょう。

  • お供えものは神饌(しんせん)

    一般的な内容は決まっています。神饌は「塩」「水」「お酒」「お米」となります。

  • 線香はいらない

    線香は仏教由来ですので神道のお墓参りには必要ありません。

  • 二礼二拍手一礼

    神社でのお参りと同じ作法となります。

上記はあくまで伝統的な神道のお参りの作法となります。
今まで解説してきた仏教の作法と同じく、必ずこうしなければいけないという決まりはありません。

また、終活ねっとには神道のお墓に関する記事を多数掲載しております。
神道のお墓や神道のお墓参りについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神道のお墓ってどうするの?お墓の特徴からマナーまで解説!

古来より日本人が信仰してきた神道。生活のなかにも深く信仰が根づいていますが、そのお墓については意外と知られていないもの。そこで、神道の墓地や墓石、お墓参りの際のマナーまで、わかりやすくまとめてみました。

お墓参りの作法を動画で学ぶ

画面

身近にお墓参りの作法に詳しい方やお年寄りがいれば、実際のお墓参りの時のお経や合唱の手の角度、地域独特の風習などを教えてもらえるかもしれません。

しかしそういう人がいない場合は、お墓参りの作法を動画で学ぶのもとてもよい方法です。
ぜひ参考にしてみてください。

お墓参りの作法についてまとめ

お墓

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとではお墓参りの作法について以下のことを中心に解説させていただきました。

この記事の内容をまとめると以下になります。

  • お墓参りには絶対的な決まりはないが、ある程度の基本的な作法が存在する。
  • お墓参りは日の出から日中の間に済ませるのがいい。
  • 服装は掃除のときに動きやすく汚れても良い恰好で、派手でなければ何でもよい。
  • 持ち物は数珠やお供え物、掃除道具一式。ただし掃除道具は霊園で貸してくれる場合もあるので確認するといい。
  • 特にお経と線香に関する作法では、宗派による違いが大きいので注意する。
  • お供えする花は、四十九日までは白い花がおすすめ。また、「毒」「棘」「強い香り」のあるお花は避ける。
  • お彼岸やお盆シーズンでのお墓参りでは、お墓に参拝する際の順番に気を付ける。
    故人から血縁の近い順番に参拝をする。
  • 神道でのお墓参りでお寺とは違う点は「花の代わりに榊(さかき)を供える」・「神饌を供える」・「線香はいらない」・「二礼二拍手一礼」など。

お墓やお寺の宗派は故人によって違うので、その宗派にあわせた作法でお墓参りをすることを心がけることは大切ですね。

お盆やお彼岸などのお墓参りのシーズンでは霊園が遠方にある場合、行き帰りの道路が渋滞する可能性なども十分にあるので交通情報などはチェックしておきたいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓参り・作法」に関連する記事

  • お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

    お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

    お墓参りには行くけれど、正しいお墓参りの仕方や手順は分からないということはありませんか?今回はお墓参りの仕方について詳しく解説します。持ち物や服装などの基本的なお墓参りのマナーについても説明しますので一般的な知識としてご参考にしてみてください。

  • お墓参りの作法・時期・マナーについて知りたいのサムネイル画像

    お墓参りの作法・時期・マナーについて知りたい

    お墓参りの作法ってあるのかな?そう思ったことありませんか?お墓参りには、時期やマナーなどが一応あります。正しいお墓参りの作法で、お先祖様に日頃の感謝の気持ちと供養をしてみましょう。

  • 正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。のサムネイル画像

    正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。

    毎年どこかの時期に必ず行うお墓参りですが、実は正しいマナーというものが存在します。この正しいお墓参りのやり方を知っておくことは、単に伝統的な作法を守るというだけでなく、真摯な気持ちでご先祖様に向き合うという意味でも大切なことといえるでしょう。

  • お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!のサムネイル画像

    お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!

    お墓参りでは何をお供えしたら良いのか、迷ってしまうことが多いですよね。 お花もお供え物も、何を選べば良いのかタブーが気にかかるところです。 お墓参りをした後のお供え物の扱いも、悩んでしまいますね。 ここではお墓参りとお供え物の基本的なマナーをお伝えします。

  • お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

    お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

    ご先祖様の供養のために行うお墓参り。お墓参りは、1年でどのくらい行くのが良いのでしょうか。今回はお墓参りの回数について、どのくらいの回数行くが良いのか、そしてお墓参りのマナーについてもまとめてみました。

  • お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説のサムネイル画像

    お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説

    お墓参りのマナーはどれくらいご存知でしょうか。自分では身に付いていると思っていても、意外と間違って覚えていたり、まだ知らないマナーがあったりするかもしれません。今回はお墓参りのマナーについて、詳しく解説していきます。

  • お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

    お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

    皆さんは、お墓参りに行かれてますか?お墓参りの手順が分からないと躊躇されている方もいるかもしれませんが、いざという時に困らないためにも、お墓参りの手順はきちんと理解しておきたいものです。お墓参りの手順について、マナーやお供えするお花などもあわせて紹介します。

  • 知っているようで知らない墓参りの作法とは!?のサムネイル画像

    知っているようで知らない墓参りの作法とは!?

    お盆、お彼岸、回忌法要などなど、墓参りをする機会は一年に何度もあります。故人が眠るお墓ですから、お作法通りにお参りしたいものです。ですが意外と墓参りの作法をきちんと知らない方は多いです。一度基本を学んでおきましょう。

  • お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像

    お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

    お墓参りはいつ行けばいいの? そう聞かれると、お盆・年末年始・お彼岸・命日が思い浮かびます。 では、それぞれの時期の中でいつ行けば良いのでしょうか? お墓参りに関する色々な情報を交えて、いつお墓参りに行くべきかを解説したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。

  • お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!のサムネイル画像

    お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

    お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの? 「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。 お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓参り・作法」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りの作法・時期・マナーについて知りたいのサムネイル画像

お墓参りの作法・時期・マナーについて知りたい

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。のサムネイル画像

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!のサムネイル画像

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説のサムネイル画像

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

知っているようで知らない墓参りの作法とは!?のサムネイル画像

知っているようで知らない墓参りの作法とは!?

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓参り・作法」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りの作法・時期・マナーについて知りたいのサムネイル画像

お墓参りの作法・時期・マナーについて知りたい

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。のサムネイル画像

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!のサムネイル画像

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと