お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

なぜお墓を作るのかといった意味について考えたことはありますか?時代ごとにお墓に込められた意味は異なります。今回はお墓を作る意味はもちろん、各宗派のお参りについて、墓石の種類ごとに込められた意味なども解説するのでぜひご覧ください。

目次

  1. お墓に込められた意味について
  2. お墓って必要?
  3. お墓の持つ意味とは?
  4. お墓の形が持つ意味
  5. お墓参りをする意味は?
  6. お墓を持たない場合の供養方法
  7. お墓の意味まとめ

お墓に込められた意味について

お墓

お墓は何のために作るのでしょうか?
お墓を作る意味について考えたことはありますか?
「お墓を作るのは当たり前」と思って、そこで考えを止めてしまっている方は案外多いのではないでしょうか。

お墓の意味を考えることで、終活の意義を再確認していただくきっかけになればと思います。

今回、終活ねっとではお墓の意味について以下の点に留意して詳しく説明していきます。

  • お墓の必要性
  • お墓を建てる意味
  • お墓の形ごとの意味について
  • 各宗派ごとのお墓参りをする意味
  • お墓を持つ以外の供養方法

終活をしている人だけでなく、誰にとっても役に立つ内容となっております。
お墓の歴史についても詳しく解説しますので、ぜひ最後までお読み下さい。

お墓って必要?

困った人々

お墓の意味を考えるにあたって、まずはお墓の必要性から見直していきたいと思います。

お墓は家電や自動車のように、生活に役立つこともなく、なければ困るといったものではありません。
ですが、私たちは少なくはない費用をかけてお墓を購入したり、維持するために手間をかけたりしています。

お墓は私たちにとってどのようなな役割を果たしているのか、なぜ人はお墓を建てようとするのか考えてみましょう。

故人を弔うモニュメントの役割

お墓の役割としてまず思いつくのは、故人を弔うモニュメントの役割だと思います。
故人を忘れないため、故人が生きた証を残すために目に見えるものを残してあげたいと考えるのはとても自然なことです。

自分がいなくなった後を考えても、死後に誰かに自分のことを思ってもらえるきっかけとなるお墓を残すことは、死で自分の全てが消えるわけではないという人生のモチベーションにつながるのではないでしょうか?

生活の直接的な便利さにはつながらなくても、精神面で人生を豊かにしてくれるのがお墓の役割であると言えるでしょう。

個人の思想による

結局のところお墓を必要とするかは、個人の思想によるところが大きいです。

お墓にお金をかけるよりも、その分の費用をご自分やご家族の生活や楽しみのために使うほうが有意義だ、とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

お墓にお金をかけないことも一つの考えであり、誰かに批判や否定をされるものではありません。

個人の思想や人生へのスタンスは絶対的な正解というものは決められません。
正解のない問いであるからこそ、それとどう向き合うかでその人の生き方が現れるのではないでしょうか。

ご自分が大事に思っているものはなにか、そのために限りある時間をどう過ごすのか?
お墓を通じてこのようなことに思いを巡らせることも、人生の財産になるはずです。

お墓の持つ意味とは?

墓

お墓の意味は個人から見た価値以外にも、歴史的・文化的側面からも考えることができます。
お墓がどのようなものして捉えられてきたのかを知ることで、お墓への価値観が一風変わって見えるはずです。

これからお墓の意味を詳しく解説しています。

歴史的なお墓の意味

お墓は古来から人間と共にありました。
しかし、お墓のあり方や意味は時代によって異なっています。

歴史的なお墓の意味を追っていきましょう。

縄文時代のお墓

日本では約1万5000年前の縄文時代からすでにお墓があったことが確認されています。

縄文時代の社会は村文化で、お墓も村単位で皆が平等に集団合祀されていました。
現在のお墓とは違い、地面を掘って土坑を作り、そこに直接ご遺体を埋葬する形態の土坑墓(どこうぼ)という埋葬方法が主に取られていました。

縄文時代では、屈葬という形態を取られていたことが特徴的です。

屈葬とは手足を折り曲げたさせた体勢で埋葬する方法です。
横向きに寝かせたり、上を向いていたり、座ったものなど様々な様式がありました。

屈葬をしていた理由は、体を畳むことで墓地の使用スペースを少なくしたり、死者が迷い出ることを防ぐためであった等、諸説あります。

弥生時代のお墓

紀元前10世紀頃~紀元後3世紀中頃にあたる弥生時代では、は甕棺(かめかんぼ)・石棺墓(せっかんぼ)・木棺墓(もっかんぼ)などで埋葬用の棺が使用されるようになります。

縄文時代に多くみられた屈葬ではなく、ご遺体の両足を伸ばして埋葬する伸展葬(しんてんそう)が主流となっています。

弥生時代では、社会制度の複雑化に伴い、故人によって墓制の扱いに差異がみられるようになりました。
権力者のお墓には多くの副葬品が一緒に納められています

また、規模の大きい墳丘墓が造られるようになり、のちの古墳文化のお墓へつながっていきます。

古墳時代のお墓

古墳時代は3世紀中頃から7世紀頃までで、盛んに古墳が造られた時代です。
古墳時代にヤマト政権が倭(当時の日本)の統一政権として確立し、支配者階級はより立場を強固なものとしました。

立場が強固になったことにより支配者階級のお墓が大きく変わりました。
今まではなかった大型のお墓である古墳が全国各地に作られるようになりました。

今まで集団で使用されていたお墓でしたが、古墳は有力な豪族一人のために作られたものが多く、お墓の意味が大きく変わった時期でもあります。
お墓の大きさが権力者の権力の大きさを誇示するための道具として用いられるようになり、死者を弔う以外の価値が付与されたといえるでしょう。

古墳時代以降も、お墓は時代に合わせて変遷を続け、江戸時代になってから私たちになじみ深い墓石を用いたお墓の形となります。
そして明治時代以降、先祖代々を祀る現代のお墓となっていきました。

お墓の歴史はとても長いのですが、お墓が今の形態になったのは意外に最近のことだったことがわかりますね。
お墓は現在も、家族単位から個人単位へと徐々に姿を変えている傾向があります。

この先、お墓がどのようになっていくのか考えるのも面白いかもしれませんね。

現代のお墓の意味

先ほどは、お墓の歴史的な変遷についてお伝えしました。

次に、現代のお墓の意味について考えてましょう。

家族が集まるきっかけになる

お墓は家族が集まるきっかけになります。

いつもは離れて暮らしている家族も、お盆の時期には帰省して一緒にお墓参りに行くという方が多いのではないでしょうか?

家族だけではなく、普段あまり親交のない親戚と会うきっかけになり、法要で久しぶりに古い友人と顔を合わせて旧交を温めた、といったご経験をされた方もたくさんいらっしゃるかと思います。

お墓は死者の慰霊だけでなく、今を生きている人々の絆を結ぶ役割も果たしています。

終の住処(ついのすみか)になる

魂の終の住処になることも変わらず重要な役割です。

この場合の終の住処とは、亡くなった後の霊魂の宿る場という意味になります。
現代の人々は信仰が希薄となっていると言われていますが、お墓は変わらず人々の心の拠り所であり続けています。

科学が発達した現代でも、慰霊や弔いといった考えは色濃く残されており、霊魂への畏敬の心は人々の心の根底に根付いています。
人は理屈だけで生きているわけではないということの証拠であるのかもしれませんね。

これからも人が生きていく以上は、お墓は必要とされ続けるのでしょう。

感謝の心を持つことが大事

お墓はご先祖様やご縁があった故人に感謝をささげる場でもあります。

人生はいろいろな人との関わりで積み重なっていくものです。
亡くなったご家族・ご友人やお世話になった方のことを想い、感謝の心を持つことは自分の生きてきた道筋を辿ることにもなり、自分自身の心を豊かにしてくれるのではないでしょうか?

英語のripの意味は?

海外のお墓を見た事のある方の中には、「rip」と刻まれたものがあることに気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
日本ではあまりなじみのないこの記述ですが、どういった意味があるのかご存知ですか?

「rip」は「Rest in Peace」の略です。

ripは安らかに眠れという意味で、鎮魂の言葉として墓石に刻まれています。
日本での「ご冥福をお祈りします」と同じように使用されています。
葬儀のほかにも、ハロウィンといった催しでも使われることの多いフレーズです。
「R.I.P.」といった表現をされることもあります。

お墓の形が持つ意味

お墓

ここまでお墓自体の意味についてお伝えしてきましたが、お墓・石碑の形にも意味があることはご存知ですか?

日本で現在多く使われている和型・洋型・デザイン型と、少し特殊な沖縄の浄土真宗の墓石の意味についてそれぞれご紹介します。

和型墓石

和型墓石は日本人になじみ深い伝統的なお墓の型です。
江戸時代に一般に普及しました。

和型墓石は仏舎利塔や五輪塔をかたどって簡略化したものだと言われています。
芝台という敷石の上に、中台石・上台石・棹石という3つの石を順に重ねて1つのお墓になります。

棹石は天の石とも呼ばれ家庭円満を、上台石は人の石で人望と出世を、中台石は地の石で財産維持をそれぞれつかさどっているとされています。

洋型墓石

洋型墓石は近年急速に数が増えて普及してきている型です。

洋型の墓石は和型と比べて幅が狭く、背も低くくどっしりしていることが特徴です。

そのため、墓地の敷地面積が狭くても設置しやすいというメリットがあります。
また使う石の量が少なくてすむため、値段も抑えめとなっています。
背が低いため重心が低く、耐震性に優れる点も見逃せません。

洋型墓石はデザイン面以外にも機能面での利点も多くみられます。

デザイン型墓石

デザイン型墓石は既存の形にとらわれないユニークな墓石です。

デザイン型墓石には和型や洋型に手を加えたものや、いちからデザインを起こしたものなどがあります。
自分の好みに合わせて自由な形で墓石を作れるので、個性を演出するのに最適なお墓と言えます。

特に既存のお墓では満足できないとお考えの方に、デザイン墓石は人気があります。

沖縄の浄土真宗の墓石

沖縄の浄土真宗の墓石は、日本本土とはまた違った独自の文化によって作られています。

沖縄のお墓でまず目を引くのはその大きさです。
本土のお墓が1~3平方メートルであるのに対し、沖縄のお墓は家ほどの大きさがあります。

お墓の構造も独特で、屋根がついていたり、ご遺骨の収納部分が非常に広く取られていたりと、本土のものとは大きく違った点があります。

このような構造は沖縄の歴史や文化、気候などの影響により完成されたものです。
見慣れない方にとっては沖縄のお墓は奇異に映るかもしれませんが、機能性に重点を置いた設計となっています。

沖縄には風葬という風習がありました。
風葬とは、自然に風化してご遺骨となるまでご遺体を安置しておくという供養方法です。

ご遺体の自然風化を待つには何年もの時間が必要となります。
その間は人の手でご遺体のお世話をする必要があり、納骨スペースには人が入れるだけの広さが必要だったのです。

また、沖縄は台風の多い土地なのでお墓を守るためには屋根が必要です。
それらを盛り込んでいった結果、お墓は大きくなっていきました。

沖縄には以下のようなユニークな伝統的なお墓の種類があります。

  • 破風墓
  • 亀甲墓
  • 掘り抜き墓

お墓参りをする意味は?

お墓

お墓の意味についていろいろと見てきましたが、お墓はやはりお墓参りをするためのものという印象が強いですよね。

では、お墓参りをするのには意味があるのでしょうか?
日本で広く普及している3つの宗教ごとに、それぞれのお墓参りをする意味を解説します。

仏教の場合

仏教でのお墓参りといえば、線香をあげることやお盆を連想する方が多いのではないでしょうか?

お盆の正式名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。
夏に行われる日本の祖先の霊を祀る行事のことを指します。

以前は太陰暦の7月15日を中心とした期間にお盆は行われていましたが、現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われることが多くなっています。

お盆期間は一般的に、先祖の霊が里帰りをしてくる時期だと言われています。
お墓に宿った先祖の霊に感謝と現世の人々の平穏を祈る行事として、お盆は全国で広く普及しています。

仏教でのお墓参りは先祖や故人を弔い、感謝する場であるという意味が強いようです。

キリスト教の場合

キリスト教では「昇天記念日」や、11月の上旬にある「死者の日」にお墓参りをする風習があります。

昇天記念日は、プロテスタントでは故人がなくなってから1ヶ月後、カトリックでは1年後の命日に行われる法要です。
お墓に献花し、お茶会を開いて故人を追悼します。

キリスト教でのお墓参りは、仏教とは違い、故人ではなく神に祈る場です。
死者に安らかな眠りが訪れるように神に願うのがキリスト教のお墓参りとなります。

神道の場合

神道の場合は、故人の毎年訪れる命日と祥月命日、お盆などにお参りをするのが一般的です。
仏教と期間の大きな違いはありません。

祥月命日とは亡くなってから一周忌以降の、亡くなった月のことです。

神道では、お花の代わりとして榊をお供えします。
榊をお供えする由来は諸説あり、「サカキ→サカイの木→神と人の境の木」という説や、神道で神聖な樹木「賢木」を意味しているなどと言われています。

榊のほかには、神道の儀式で使われるお米とお塩、水や御神酒を用意します。
礼拝の方法は、まず深く一礼してから一拍手、その後二礼二拍手して最後に一礼するという手順で行います。

神道は仏教と同様に祖霊や故人に祈りを捧げる儀式として、お墓参りは風習化しています。

お墓を持たない場合の供養方法

お墓

お墓がなければ供養はできないのかというと、実はそんなことはありません。

お墓を持たない場合の供養方法をご紹介します。

散骨による供養

散骨は、細かく砕いたご遺骨を自然の中に撒くことで故人を弔う供養方です。

散骨は自然葬であり、ご遺骨を埋葬しないためお墓は必要ありません。
散骨の中でも海洋散骨、山林散骨、空中葬といった種類があります。

樹木葬による供養

樹木葬は樹木を墓石に代わるシンボルとしてご遺骨を埋葬します。
樹木の元にご遺骨を埋葬して自然に返すというご供養です。

合祀型、集合型、個別型といった様式があり、それぞれかかる費用が異なりますが、いずれもお墓を用意するよりも金銭面での負担は軽くなります。

値段が安価であり、後継者が不要な点から、自然葬を希望する方が増加している傾向があります。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事では樹木葬の選び方、メリットについて解説しています。
樹木葬をより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!

樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわからないという人もいるでしょう。そこで樹木葬を希望する人に、樹木葬ができる墓地や霊園の選び方のポイントを説明していきますね。

お墓の意味まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓の意味について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事の内容を以下にまとめました。

  • お墓は故人の存在を後世に残すことができる。お墓は人生や精神面を豊かにしてくれるものだが、 必要とするかは個人の思想による。
  • 縄文時代のお墓は、土坑墓が主流で屈葬で弔われていた。
    弥生時代になると棺が使われ、伸展葬が多くなり、身分によってお墓に差異がみられるようになった。

    古墳時代では、権力者のための大型のお墓である古墳が全国でみられるようになり、その大きさで権力を誇示するようになった。
  • 現代のお墓には家族が集まるきっかけや、終の住処としての意味がある。
  • お墓を持たない場合の供養方法の例として、自然の中にご遺骨を撒く散骨や、樹木を墓標とする樹木葬がある。
    これらは自然葬であり、費用面や後継者が不要なことから希望者が増加している。

お墓は古くから人と共にありました。
時代や文化によって意味や形を変えつつも、人がお墓を作り続けてきたことには意味があることが分かりましたね。

今回の記事が皆さんがお墓を作る意義を考えるきっかけとなれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓を建てるメリット、費用について解説しています。
お墓の建設を迷っている方はぜひ以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・意味」に関連する記事

  • お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

    お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

    現代の日本では人が亡くなると、火葬を行い遺骨をお墓に納めることが一般的な風習となっています。ここではお墓の歴史や作る意味、宗教ごとで異なるお墓の意味合いなどの知っておきたい情報をまとめてご紹介していきます。

  • お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

    お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

    終活をするにあたってお墓作りを考えている方は多いかと思います。しかし実際に準備するとなると何から始めていいのか困惑してしまうことは珍しくありません。今回はお墓作りのポイントとお墓にまつわる知識をご紹介します。ぜひご覧ください。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

  • 日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

    日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

    私たちがいつかは必ず眠る終の棲家であるお墓は、日本でもかなり古い時代から設けられてきたとともに、お墓にまつわる独自の文化が形成されてきました。今回は、日本独自のお墓文化にまつわる儀礼や歴史を見ていくことで、日本のお墓文化のあり方やその変遷について見ていきます。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

  • 近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

    近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

    お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。

  • 沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!のサムネイル画像

    沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!

    初めて沖縄を訪れた人は、沖縄のお墓が大きいことに驚かされることでしょう。沖縄は歴史や風土に育まれた独特の文化があり、そこにお墓の大きい理由もあります。今回はお墓の大きい理由と現代のお墓事情を中心に解説いたします。

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像

    お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

    お墓を作らないのは一般的ではないと思われている方も多くいらっしゃいます。しかし実は今、お墓を作らない人たちが増えています。これは現代の様々な問題によってお墓のあり方自体が変わってきていることを表しています。この記事では現代のお墓の在り方について見ていきます。

  • 変わったお墓特集!本当にある斬新なデザインのお墓をご紹介!のサムネイル画像

    変わったお墓特集!本当にある斬新なデザインのお墓をご紹介!

    個人墓の増加とともにお墓が自由に選べる時代になった今、墓石に自分の趣味や仕事にちなんだデザインを取り入れるなど、一風変わったお墓を作る方が増えてきています。これって本当にお墓?そんな個性あふれる斬新なデザインの変わったお墓をご紹介します!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・意味」についてさらに知りたい方へ

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!のサムネイル画像

沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像

お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

変わったお墓特集!本当にある斬新なデザインのお墓をご紹介!のサムネイル画像

変わったお墓特集!本当にある斬新なデザインのお墓をご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・意味」についてさらに知りたい方へ

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと