お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

お墓といえば一家で1つ持つものと考えている方は多いのではないでしょうか?しかし、実はお墓は別に1つでなくても2つ以上あっても差し支えはないといえます。今回は、お墓を2つにするための方法やそれにまつわる理由について見ていきましょう。

目次

  1. お墓を2つ持つことについて
  2. お墓は2つに分けてもいい?
  3. どうやってお墓を2つ持つか
  4. お墓を2つ持つメリット・デメリット
  5. どういった人がお墓を2つ持つの?
  6. お墓を2つ持つことについてのまとめ

お墓を2つ持つことについて

お墓

お墓参りの機会に墓地や霊園に行ってみますと、多くのご家庭でお墓は1つだけというのが一般的のようで、一見するとそれが常識であるかのようにも見えます。

特に最近では、なるべくお墓にかける費用やご家族が将来的に抱える負担を減らしておきたいという方も多く、終活で生前にお墓を用意する場合であっても1つだけという方がほとんどでしょう。

しかし、一家に2つ以上のお墓を持っているという家庭もいます。
近年ではお墓に対する価値観も多様化してきており、そこから考えるとそういう形が出現することもあり得るように思えますが、お墓を2つにすることの可否はどのようなものなのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、お墓を2つ持つことについてその是非や方法、そして理由などについて見ていきます。

なお、具体的な内容は以下の各ポイントを軸としていきます。

  • そもそも、お墓は2つに分けてよいものなのか?
  • お墓を2つ持つ方法とはどのようなものなのか?
  • お墓を2つ持つことのメリットとデメリットとは?
  • お墓を2つ持つ人々にまつわる背景とは?

ぜひ最後までお読みください。

お墓は2つに分けてもいい?

困った人々

お墓は1つだけが常識だ、と思っていた方はそもそもお墓を2つに分けることは可能なのかという疑問を持ったのではないでしょうか?

ここでは、お墓を2つに分けて持つことが法律や伝統に照らして可能なのかどうかについて見ていきましょう。

法律上は問題ない

まずは法律の面からお墓を2つ持つことについて考えてみましょう。

結論から先に書けば、お墓を2つ持つことは法律上問題ありません

現代の日本では一家に1つのお墓を持つというご家庭が多く、そのためすべてのご遺骨が入った骨壷をそのお墓に納めるという形がとられます。

これに対して2つのお墓を持った場合は分骨といい一部のご遺骨を別の骨壷に移した後、別に用意したお墓に納骨することとなります。

そうなると、法的には分骨が可能かどうかという問題になりますが、きちんとした手順さえ踏んで行えば大丈夫です。

日本は昔両墓制だった

さらに、伝統的には日本では昔両墓制と呼ばれるお墓にまつわる慣習が存在していました。

両墓制とは、故人のご遺体を実際に納骨したお墓(埋め墓)とお参りして故人を供養するためのお墓(参り墓)の2つが存在する形です。
まだ土葬が一般的だった近世(安土桃山時代から江戸時代)から第二次世界大戦後に火葬が一般的に普及した頃にかけて広く行われていました。

埋め墓の方は穢れを避けるためやご遺体に対する恐れがあったために人里から離れたところに建てられ、一方の参り墓は寺院やその周辺といった比較的お詣りがしやすい場所に建てられました。

このように日本が両墓制であったという事実から見ても、2つのお墓を持つという慣習は決して現代的なものではなく、かつては広く見られていたものであるため、その伝統から考えても現代において2つのお墓を持つことは悪いことではありません。

どうやってお墓を2つ持つか

お墓

それでは、実際問題として、2つのお墓を持つにはどのような方法を取ることができるのでしょうか?

どうやってお墓を2つ持つかのパターンとしては、大きく分けて同じ墓地の中に2つのお墓を設ける場合と、別々の墓地に1つずつお墓を建てる場合とがあります。

同じ墓地に2つお墓を持つ場合

まず、同じ墓地の敷地内に2つのお墓を持つ場合について考えてみましょう。
この方法については、さらに同じ区画の中にお墓を建てるという場合と、両家墓と呼ばれる1つのお墓で2つの家の故人のご遺骨を納骨するために建てる場合の2通りが挙げられます。

同じ区画にお墓を2つ建てる

こちらは同じ1つの区画に2つのお墓を建てるという形で、特に規模の大きな霊園で見かけることがあります。
この後で触れる両家墓の形態の1つで、例えば結婚しても夫婦同士で姓が異なる場合などに建てられます。

別個に建てる形であるため、それぞれのお墓にそれぞれのカロートが分かれていることから、納骨されるスペースもまた独立した状態です。
そして、墓石にはそれぞれの家の姓が刻まれ、納骨の際にはそれぞれの家系ごとに納められます。

ただ、この形のお墓は近年ではお墓の区画を必要最低限とする傾向から、あまり見かけなくなってきています。

両家墓を建てる

2つ目のパターンが両家墓を建てるという方法です。

両家墓とは、2つの家の家系の方を1つのお墓に納骨できるように建てたお墓のことです。
言い換えれば、1つのお墓を2つの家の人々で共有している状態のことを指します。

そして、両家墓は近年の少子化の影響を受けて増加傾向にあります。
というのは、少子化の影響でそのご家庭の子が娘1人だけの場合は結婚で家を出て行かれると、その後ご家庭で持っているお墓の後を継いでくれる方がいなくなってしまうためです。

そこで、娘の方の嫁ぎ先の家と話し合って、両家で共有のお墓を設けるという方法を取るケースが増えてきています。
このようなお墓では1つの墓石に両方の家の名前を刻んだり、名前ではなく好きな言葉と両家の家紋の組み合わせといったデザインを彫ったりします。

なお、両家で1つのお墓を共有する形であるため、カロートもまた1つとなっており、そこに両家の故人のご遺骨が一緒に納骨されます。

別々の墓地に2つお墓を持つ場合

お墓を2つ持つ方法としては、別々の墓地に2つお墓を持つというやり方もあります。
ここでは、そのためのより具体的なやり方を見ていきましょう。

分骨する

ご遺骨を別々の墓地に建てたそれぞれのお墓に納骨するとなると、まずこの分骨という段階は不可欠です。
分骨では、あらかじめ骨壷を2つ用意しておき、そのうちの一方に一部のご遺骨を納めておきます。

分骨を行うには、故人のご遺体を火葬する際に火葬場に申し出て分骨証明書を発行してもらうという手続きが必要となります。
この時、前もって葬儀会社の方に申し出ていた方が火葬の後に分骨するということもやってもらえますし、会社の方から火葬場の方に手続きをしてもらうことができて負担が軽くなります。

他にもすでに納骨が済んだご遺骨の一部を取り出して別の骨壷に納めたうえで、別のお墓に納骨するという方法もありますが、こちらについても霊園の管理者に分骨証明書を発行してもらうことが必要です。
そして、この分骨証明書の発行が完了したのちに石材店にご遺骨を取り出す作業を依頼しましょう。

墓地・霊園を探す

分骨が完了しましたら、次は分骨した分のご遺骨を納骨するお墓を建てるための墓地や霊園を探すという作業を行います。

なお、すでに埋葬が済んでいる方のご遺骨を分骨したうえで納骨する場合は、現時点でのその方のお墓が建っている墓地や霊園がある市区町村役所で改葬許可証を発行してもらう手続きが必要です。

新しいお墓を建立

希望や条件に合う墓地や霊園が見つかりましたら、その区画に新しくお墓を建立します。

新しいお墓を建立する場合も、普通に新しいお墓を建立する場合と同じように土地代(永代使用料)と墓石の建立のための諸経費が必要です。

納骨

分骨するご遺骨を納骨するためのお墓が完成しましたら、いよいよ納骨の段階です。
まず、そのお墓の建っている墓地や霊園の管理者に分骨証明書を提出します。

なお、改葬許可証を発行してもらっている場合は、あらかじめ改葬許可証を埋葬先の墓地や霊園がある市区町村の役所に提出することも忘れないようにしましょう。

そして、お寺や石材店に開眼供養や納骨の際の実際の作業を依頼し、当日に開眼供養を行った際に、分骨した分のご遺骨の納骨が行われます。

お墓を2つ持つメリット・デメリット

困った人々

お墓を2つ持つメリット・デメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?

ここでは、メリットやデメリットを箇条書きでご紹介いたしますので、ぜひとも終活などでお墓を2つ持つことを考えている方は、参考にしてみてください。

メリット

まず、お墓を2つ持つことのメリットは以下の通りです。

  • お墓に関する将来的な負担が軽減されること。
  • お墓の跡継ぎの問題についての悩みが解消されること。
  • それまでのお墓が遠方にある場合に、近くにもう1つ建てることでお参りがしやすくなる。

デメリット

一方でお墓を2つ持つことには以下のようなデメリットもあります。

  • 前もって関係者の了解が必要。
  • 別にもう1つお墓を建てる際に費用がかさむ。
  • 結果として2つお墓を持つこととなるため、お墓が1つだけの場合に比べると管理に手間がかかる。

お墓を建てた後に気づいて困惑してしまうなんてことがないように注意しましょう。

どういった人がお墓を2つ持つの?

人々

最後に、お墓を2つ持つことを考えたり、実際に持っている方々にはどのような事情があるのかについて見ていきましょう。

親のお墓に承継者がいない人

まず、お墓を2つ持つ人達には親のお墓に承継者がいないような方たちが挙げられます。

近年の少子化の影響でお墓の跡継ぎがいなくてお悩みのご家庭が増えているという状況ですが、特にご家庭の子供が娘だけというような場合は、娘の方が結婚した際には嫁ぎ先の家のお墓に入ることとなるため深刻なものになります。

このために両家墓を建てるといった方法でご実家のお墓の跡継ぎの問題を解消しようとする方もいます。

分骨して近くにもお墓が欲しい人

また、すでにご遺骨が納骨されたお墓が非常に遠い場所にあってお参りをするのに非常に負担が大きいということで、分骨して近くにお墓が欲しいという方もお墓を2つ持つという選択を取ることがあります。

やはりこちらについても、少子化に加えて高齢化の影響で子の世代の跡継ぎの方がいないためにお墓の管理や供養についてご自身でやらなければならないという場合に多いです。

お墓を2つ持つことについてのまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓を2つ持つことについて見てきましたが、いかがでしたか?
この内容をまとめると、以下のようになります。

  • お墓を2つ持つことは、まず法的には特に問題はなく、加えて日本ではかつて両墓制という慣習があったことから伝統から考えても特に悪いことではない。
  • お墓を2つ持つ方法には、同じ墓地の中で持つ方法と別々の墓地に1つずつ持つ方法とがある。同じ墓地の中で持つ場合は、同じ区画の中で2つ建てるものと両家墓を建てるものとが挙げられる。一方、別々の墓地に建てる場合は、分骨を行い、別々の墓地や霊園を探した後で新規でお墓を建て、納骨するという手順を踏むことになる。
  • お墓を2つ持つことのメリットとして、将来的な負担の軽減や跡継ぎの問題が解消されることがある。一方でデメリットには関係者の間での話し合いが必要なことや費用がかさむという点がある。
  • お墓を2つ持つ人々の事情に、お墓の跡継ぎがいない場合やお墓が遠方にあってお参りが大変という場合が挙げられる。

お墓を2つ持つ人々が増えている背景には、昨今の少子高齢化の影響で若い世代の跡継ぎの方がいない場合が増えてきているという事情が大きく影響してきています。
そのために両家墓や近くに別のお墓を建てるという選択をする方が増加している状況です。

もし、ご自身のご家庭でも跡継ぎがいないという状況でしたら、お墓を2つ持つことも選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

ぜひ最後までお読みください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・2つ」に関連する記事

「お墓・2つ」についてさらに知りたい方へ

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

  • 旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

    旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

    「死後離婚」という言葉があるように、近年様々な理由から、旦那と同じお墓に入りたくないという方が増えています。旦那と同じお墓に入りたくない場合、どうしたら良いのでしょうか?旦那と同じお墓には入りたくない方のために、対処法やお墓以外の供養方法をご紹介します。

  • お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

    お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

    お墓を建てることは、単に故人のご遺骨を納骨する場を用意するというだけでなく、そのご家庭の心のよりどころを用意するということでもあります。ただ、お墓はいつまでに用意すればよいのか気になる方も多いでしょう。今回はお墓をいつまで建てればよいのかについて見ていきます。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

  • 違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!のサムネイル画像

    違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

    お墓には法律だけでなく、寺院・霊園の規約や故人・親族の気持ちなど、考えることが多くあります。お墓の悩みの中でも、違う苗字の人は同じお墓に入る事ができるのか?という悩みを抱く方もいると思います。この記事では違う苗字の人同士が同じお墓に入れるのかどうか解説します。

  • お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

    お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

    最近では、お墓そのものを不要と考える方が急激に増えてきています。はたしてお墓を持たないというのはいったいどのようなものなのでしょうか?今回はお墓を不要と考えることがどういうことであるかについてや、お墓無しでの供養の方法について見ていきましょう。

  • 誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

    誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

    自分がどのお墓に入るかご存知ですか?誰もが気になるお墓事情について、悩みを一挙解決します。誰がどのお墓に入るのか、入るお墓に決まりはあるのか、詳しく見ていきましょう。きっと悩みを解決するヒントが隠れているはず。

  • 終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介のサムネイル画像

    終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介

    終活と聞くと多くの方は最期を迎えたときに備えていろいろとやっておくことというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実際のところ、お墓にまつわることも終活の中では大切な要素の1つです。今回は終活でお墓についてどのように考え行動するかを見ていきます。

  • お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

    お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

    一生に一度の大きな買い物といってもよいお墓。お墓を建てるにはかなりの費用がかかります。しかし、そもそもお墓を建てないという選択肢はありなのでしょうか?今回はお墓を建てない供養について、様々な方法をご紹介していきます。

  • よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!のサムネイル画像

    よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!

    お墓に関して詳しいという方はなかなかいないでしょう。もしお墓について疑問があっても、周りに聞いても誰もわからないということもあるでしょう。そこで今回終活ねっとでは、よくあるお墓に関する疑問を一挙に解決しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・2つ」についてさらに知りたい方へ

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!のサムネイル画像

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介のサムネイル画像

終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!のサムネイル画像

よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと