お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

お墓を購入する際、費用がどうしてもかかってしまう。なぜお墓の値段は高いのでしょうか。今回は、お墓が高い原因やお墓を少しでも安く購入するために確認することはどんなことなのか等をご説明いたします。お墓の購入を考えている方は是非最後までご覧ください。

目次

  1. お墓の値段が高い原因について
  2. 一般的なお墓の値段について
  3. なぜお墓はこんなに高いのか
  4. お墓の値段が高いのはこれが原因かも
  5. お墓の値段を決定する要因は何?
  6. お墓を建てる以外の供養方法
  7. お墓の値段が高い原因についてまとめ

お墓の値段が高い原因について

お墓

終活をしている方の中にはお墓の購入を考えている方もいるでしょう。
しかし、費用が思ったよりも高くお困りの方も多いのではないでしょうか。

では、そもそもなぜお墓の値段は高いのでしょうか。
その原因が分かれば費用を抑えることができます。

そこで今回終活ねっとでは、お墓の値段が高い原因について

  • 一般的なお墓の値段は?
  • なぜお墓は高いの?
  • お墓の値段が高い原因はこれかも
  • 値段を決定する要因は?
  • お墓を建てる以外の供養方法は?

以上の点を中心にご説明いたします。

終活をしている人だけでなく誰にとっても役に立つ内容となっております。
是非最後までお読みください。

一般的なお墓の値段について

お墓

そもそも一般的なお墓を建てるにはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。

ここでは、一般的なお墓の値段について、相場と内訳の面から詳しく解説していきます。

お墓の値段の一般的な相場

まず、お墓の値段の一般的な相場はどれくらいなのでしょうか。

お墓を購入するにあたって100万円程で購入したいと考えている人が多いのが現状です。
しかし、実際にはお墓の相場は約150万円~約200万円となっています。

都心や、アクセスの良いお寺や墓地の場合、値段は高くなります。
また、同じお寺や墓地でもお墓を建てる場所により値段が変動し、日当たりのいい場所や駐車場が近い場所、区画が大きい場合は高くなります。

一般的なお墓の値段の内訳

それでは、一般的なお墓の値段の内訳はどうなっているのでしょうか。

一般的なお墓の値段の内訳は以下のようになっています。

  • 永代使用料
  • お寺へのお布施
  • 墓地の管理費
  • 墓石代

ここからは、上記した費用の内訳をそれぞれ詳しく説明していきます。

永代使用料

永代使用料とは、永代に渡って土地を借りる権利の料金のことを指します。

お墓はそのお寺・墓地の土地を購入して建てるのではなく、正確には土地を借りてお墓を建てます。
そのため、土地を勝手に売却したり、譲渡することはできません。

永代使用料の相場は都心の場合は約120万円~約200万円となっています。
郊外になると約60万円~約80万円となります。

やはり土地や環境によって値段は変動しますが、全国的な平均は約70万円です。

寺院へのお布施

お墓が出来たら、僧侶に開眼供養を行ってもらいます。
その際に感謝の気持ちを込めて僧侶に渡すお金をお布施といいます。

気持ちの問題なので金額にきまりはありませんが、全国的な相場としては約3万~約5万となっています。
また、お寺や墓地によっては値段が決められていて数十万となる場合もあるので注意しましょう。

墓地の管理費

墓地の管理費とはそのお寺や墓地全体を管理する際にかかる費用になります。
主にお寺・墓地のメンテナンスや水道代などに使用されます。

お寺や墓地によって維持・管理するのに必要な費用が異なるため、費用に違いはありますが、相場は年間約4千円~約1万5千円となっています。
支払方法は一年ごとに支払う場合や数年まとめて支払う場合とがあるので、どちらになっているのか確認しましょう。

墓石代

墓石代とは墓石本体だけの費用ではなく、本体・外柵・諸工事費などが含まれます。

墓石店によって値段は違いますが約130万円~約150万円が相場となっています。
墓石代の内訳について詳しく知りたい方は終活ねっと下記の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓を買うことを考えている方必見!初めてお墓を建てるにあたって費用や手順など分からないことも多いを思います。この記事を読めばお墓を買うにあたって様々な疑問や注意点が解決します。今後お墓を購入することを考えている方は是非最後までお読みください。

なぜお墓はこんなに高いのか

困った人々

ここまで一般的なお墓の値段についてご紹介してきました。

ではなぜお墓はこんなにも高額なのでしょうか?

お墓が高いのには主に以下の理由があります。

  • 墓石に使用している石材が高い
  • 設置工事が大掛かり
  • お布施がかさむ

ここからは、上記したお墓が高い理由をより詳しくご説明していきます。

墓石に使用している石材が高価

まず一つ目に挙げられるのが、墓石に使用している石材が高価であるという理由です。

お墓は基本的に石材を使用して建てます。
石材の種類によって値段も違いますが、やはり相当な費用がかかります。

墓石に使用される石材の種類はたくさんあり、比較的安価な石材もありますが、高価な石材になると約数千万近くする石材もあります。
国産・外国産によっても価格は違い、国産で約50種類以上、外国産になると約100種類以上もの石材の種類があります。

現在日本で、一般的に使用されている石材である花崗岩の最安値は国産物であれば約70万円。
最高額になると約500万円近くする花崗岩もあります。

石材が高価な理由としては、石の全てを墓石として使用できるわけではなく、希少価値が高いことが挙げられます。

墓石の設置工事が大掛かり

墓石の設置工事が大掛かりというのもお墓が高価である理由の一つです。

お寺や霊園によって多少の違いはありますが、墓石の設置工事にもかなりの費用がかかります。

ただ墓石を置くだけではなく、自然災害や他の墓地との境界線ともなる外柵の工事や、雑草などの撤去から、墓石を置く土台作りなどを行う基礎工事等も行います。

土台はコンクリートを使用していることが多く、墓石の設置完了まで工事期間は約1ヶ月~約2ヶ月の期間を必要としているため人件費も発生します。
また、お墓を建てる場所によっては重機などの機械が入らず、人の手によって作業が進められるのでその分時間も費用もかさみます。

早くて安い石材店も良いですが、土台作りなどが雑で、完成したお墓を見てがっかりしたということのないように注意してください。

お寺に支払うお布施がかさむ

お墓が完成し開眼供養を行う際に、納骨も一緒に行う方が多いです。
その際お寺に支払うお布施代は約5万円~約10万円が相場です。

まだ魂の入っていないお墓に魂を入れてもらう開眼供養はもちろん、四十九日や一周忌などでもお布施代は発生します。
基本的には法事法要のお布施代は約3万円~約5万円となっていて、お墓を建てた後にもお布施を払う機会は多いでしょう。

お布施代にいくらと決まりはありませんが、やはりそれなりの金額が発生します。
場合によってはお寺・霊園でお布施代が決められているところもありますのでよく確認をしましょう。

お墓の値段が高いのはこれが原因かも

お墓

お墓の見積もりをとったら自分の思っている金額より高くなってしまった、という方も多いと思います。

ではなぜ高額になってしまったのでしょうか。

ここでは、お墓が高額になるポイントについて、いくつかご説明いたします。

  • 見積もりを複数の石材店に取っていない
  • 墓石のデザインに凝っている
  • 墓石がオーダーメイド
  • 付属品の多さ
  • 使用している石材が高価
  • 墓地の区画の大きさ

上記を抑えれば価格を抑えることができます。
詳しくは以下でご説明いたしますので、価格を抑える際是非参考にしてください。

複数の石材店に見積もりを取っていない

一つ目の原因として挙げられるのが、複数の石材店に見積もりを取っていないということです。

石材店によって価格は異なります
そのため、一つの石材店だけでなく複数の石材店に見積もりを取ることは非常に重要です。

石材店によっては内訳を細かく出してもらえないこともあります。
お墓を建てたことのある知人に話を聞いたり、ネットの口コミを参考に石材店を探し複数の石材店に見積もりを取ることによって少しでも安くお墓を建てることができます。

また石材店によっては作業が雑だったり、余計な料金が見積もりに組み込まれていることもあるので注意が必要です。

初めから一つの石材店に決めるのではなく、複数の石材店の見積もり比べることによっていい石材店を見つけることができます。

見積もりを見比べ、自分たち家族の納得のいく石材店を選びましょう。

墓石のデザインに凝りすぎている

また、墓石のデザインに凝りすぎている事も原因の一つと考えられます。

今では色々なデザインの墓石があります。

あまりデザインに凝りすぎるとその分値段も上がってきますので、費用を抑えたい場合は、シンプルなデザインにしましょう。

一般的なデザインですと加工費もあまりかからず、コストを抑えることができます。

また、墓石にもアウトレット品があります。
自分たちの好みにあった墓石が見つかればアウトレットの墓石購入もおすすめです。
しかし、あくまでアウトレット商品なので、多少の傷など気にならない方に限ります。

オーダーメイドの墓石

故人の趣味や好きだった物などを墓石の形にしているオーダーメイドの墓石も最近ではよく目にします。

もちろん完全にオーダーメイドになるので値段は高くなります。

また、高額になることはもちろん、打ち合わせなどに時間がかかるので、お墓の完成までにかなりの期間を要することになります。

オーダーメイドの墓石も素敵ですが、墓石が他のお墓と一緒だからといって供養する気持ちに変わりはありません。
少しでも安くと考えている場合は、オーダーメイドの墓石は避けましょう。

付属品が多すぎる

お墓の付属品には最低限必要な物と、必要になってから設置可能な物があります。

お線香を供えるために設置する香炉・香立や、納骨・供養・法要を行う際に持参した卒塔婆を立てる塔婆立などは最低限必要な物になります。
しかし荷物を置く物置台や、亡くなった方の名前や命日などを記載する墓誌などは後から設置することができます。

また玉砂利は自分でホームセンターなどで購入し、敷き詰めることも可能で値段も安くなります。
最低限必要な物と必要になってから設置可能な物は何かを見極めコストを抑えましょう。

使用している石材が高価

先程ご説明しました通り、墓石に使用される石材には様々な種類があります。
もちろん石材の種類によって値段も違ってきます。

高価な石材だから良いという訳でもなく、水を吸収しにくく、きめが細かい、硬度が高いなど墓石に適した石材を選ぶことが重要です。
水を吸収しにくくきめが細かいと、コケなどが生えにくくなり、硬度が高いと艶が長持ちします。

また、水に濡れることによって色が変化する石材もありますので、選ぶ際には上記の要点を踏まえたうえで安い石材を選びましょう。

墓地の区画が大きい

墓地の区画が大きいことも値段が高くなっているポイントの一つです。

あまり大きい墓石を置く予定ではない場合、区画を小さくすることによって工事費用などが安くなります。
お墓自体が小さくても、通路などを使用すれば数十人でのお参りや法要の際も不便ではありません。
お墓に数十人で入ることはほとんどないので、人ひとりが立ってお参りできれば十分です。

区画の大きさは墓地やお寺によって様々ですので、予め足を運び確認しておきましょう。

お墓の値段を決定する要因は何?

お墓

上記でご説明しましたとおり、様々な理由でお墓の値段が高くなります。
ではどのようなことで墓石店はお墓の値段を決めているのでしょうか?

値段を決定する要因を知っていれば、お墓を建てる際役に立ちます。

そこで今回は値段を決定する要因と、それぞれの要因によってどのくらい金額の差が出るのかご説明いたします。

墓石の大きさ

お墓の値段の決定要因として挙げられる最も大きなものは、墓石の大きさです。

例えば、とある墓石店の場合一般的に建てられている8寸の墓石で約50万円となっていますが、9寸の墓石になると約60万円となっています。
たった1寸違っただけで約10万円もの差が出ています。

デザインにもよりますが、やはりどの石材店も墓石の大きさによって値段を決めているところがほとんどです。
墓石が小さいから失礼ということはありませんので、自分たちに合った大きさの墓石を選びましょう。

墓地の立地

立地条件も値段を決定する要因の一つです。
きちんと設備された場所に建てるよりも、まったく設備されていない場所に建てるほうが値段は高くなります。

墓石を運ぶ際にトラックが入れるかどうか、お墓を建てる墓地まで墓石を運ぶ距離はどのくらいかなどにより施工費用は左右されます。

また、日当たりが良い場所や駐車場に近いなどの良い立地条件がであると、永代使用料や管理料が高くなる墓地が多いです。

お墓を建てる際は必ず現地の霊園・墓地に足を運び、見積もりを取るようにしましょう。

お墓を建てる以外の供養方法

お墓

ここまで、お墓を建てるにあたっての金額や相場、高い理由などについてご説明してきました。

では、お墓を建てる以外にはどのような供養方法があるのでしょうか?

ここからはお墓を建てる以外の供養方法とその金額の相場について簡単にご説明いたします。
様々な供養方法があるこということも参考にしてください。

永代供養墓に入れる

永代供養墓とは、家族に代わってお寺や霊園が供養や管理をしてくれるお墓のことをいいます。

お墓を建てる必要がなく、基本的には他の方の遺骨と一緒に埋葬されます。
お参りは自由にできますが、お参りに行くことのできないご家族でもお寺や霊園が定期的に供養してくれるので安心して埋葬することができます。

金額の相場は約3万円~約10万円となっていて、墓石代をはじめ管理費用などがかからないことが多いので費用は格段に安くなります。

しかし他の方の遺骨と一緒に埋葬されるので、一度埋葬したら遺骨を取り出せないことがほとんどであることに注意してください。

樹木葬

樹木葬とは、樹木の周辺に遺骨を埋葬する供養方法です。
基本的には許可を得ている霊園やお寺などにシンボルツリーと呼ばれる木が一本建てられていて、その周辺に埋葬します。

また、たくさんのお花に囲まれてというスタイルの樹木葬もあります。
費用の相場は約50万円となっていて、樹木葬も家族に代わってお寺や霊園が供養や管理を行ってくれます。

この埋葬方法も他の方の遺骨と一緒に埋葬し、後から遺骨を取り出すことはできません。
そして注意しなければならないのは許可を得ている場所にしか埋葬できないという点です。
自宅の庭などに勝手に埋葬することは法律で禁止されていますので注意してください。

散骨する

散骨とは、故人のご遺骨を粉末状にした後に、海や山などに撒く供養方法です。
散骨にも種類があり、個別で散骨する場合と合同で散骨する場合とがあります。

個別の場合、約20万円~約30万が費用の相場ですが、合同の場合約10万円となっています。
散骨した後費用が一切発生しないので、最近では散骨を選択する人も増えています。

基本的に、散骨に関する決まりは法律でありませんが、自分たちで散骨する場合は周囲に迷惑のかからないようにしましょう。

手元供養する

手元供養とは、葬儀・火葬を行った後遺骨を持ち帰り自宅に保管する供養方法です。
骨壺に入れて保管したり、メモリアルペンダントとして身に着けることも可能です。

費用としては骨壺代・メモリアルペンダント代で約3万円~約5万円となっています。

亡くなった家族をいつまでも身近に感じることができ、お参りに行く必要もないので時間や距離などを気にせずいつでも好きな時に供養してあげることができます。

お墓の値段が高い原因についてまとめ

お墓

今回終活ねっとはお墓の値段が高い理由について解説してきましたがいかがでしたか?

この記事の内容をまとめると以下になります。

  • お墓の相場は約150万円~約200万円
  • お墓を建てるには永代使用料・お布施代・管理費・墓石代がかかる
  • 石材が高い・設置工事が大掛かり・お布施代がかさむなどの理由から費用が高くなっている
  • 複数の石材店に見積もりをとる・墓石のデザインをシンプルにて、オーダーメイドにはしない・付属品は最低限必要な物だけにする・石材の種類を見直す・墓地の区画を小さくすることによって価格を抑えることができる
  • 墓石の大きさ・墓地の立地により値段を決定していることが多い
  • お墓を建てる以外にも永代供養墓・樹木葬・散骨・手元供養などの供養方法もある

永きに渡って大切にしていくお墓の購入はとても高価な買い物です。
少しでもコストを抑えて、満足のいくお墓を建てたいと誰もが思いますよね。

今後お墓を建てたいけれど高いから迷っている・少しでも安くお墓を建てたいという方の参考になり、みなさんが納得のいくお墓を建てることができれば幸いです。

終活ねっとではお墓・供養方法・霊園などの記事が多数掲載しておりますので是非そちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・高い」に関連する記事

「お墓・高い」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・高い」についてさらに知りたい方へ

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!のサムネイル画像

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!のサムネイル画像

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!のサムネイル画像

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと