生前にお墓を建てることのメリットとデメリットをまとめました!

生きているうちに自分のお墓を建てることが注目されてきています。お墓を生前に建てることにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。生前墓の特徴から、生前にお墓を建てる際の費用相場や節税対策・注意点についてもご説明します。

目次

  1. 生前にお墓を建てることについて
  2. 生前にお墓を建ててもいいのか
  3. 生前にお墓を建てるメリット
  4. 生前にお墓を建てるデメリット
  5. 生前にお墓を建てる際の費用相場
  6. 生前にお墓を建てることについてまとめ

生前にお墓を建てることについて

お墓

最近お墓の在り方が変わってきています。
従来の墓石の形にとらわれずに、ユニークなデザインのお墓を建てる方もいらっしゃるようです。
終活をする上では、自分のお墓を生前に建てるという行為が注目されてきています。

生前に建てたお墓のことを「生前墓」と言い、最近作られたもののように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は遥か昔から存在しています。
生前墓は「自分が死んでしまった後、家族に迷惑・負担をかけたくない」「自分らしいお墓で眠りたい」と言った考えから、近年注目されてきています。

そこで今回終活ねっとでは、生前にお墓を建てることについて

  • 生前にお墓を建ててもいいのか
  • 生前にお墓を建てるメリット
  • 生前にお墓を建てるデメリット
  • 生前にお墓を建てる際の費用相場

以上の点について、ご説明します。
ぜひ最後までお読みください。

生前にお墓を建ててもいいのか

お墓

生前にお墓を建てることについては、「生前にお墓を建てるのは縁起が悪いのではないか」「早死にしてしまう」と言われる方もいらっしゃるようです。

実際のところ、生前にお墓を建てることに問題はないのでしょうか。

生前墓を建てることに特に問題はない

結論から言いますと、生前墓を建てることは何の問題もありません
生前にお墓を建てる行為を仏教用語では「寿陵」といいます。
寿陵は「不老長寿」「子孫繁栄」「家内円満」などの幸福が訪れると言われており、縁起のいいこととされています。

寿陵の起源は、不老長寿を深く信仰していたとされる秦の始皇帝のお墓だと言われています。
この風習が日本にも伝わり、聖徳太子も生前に自分のお墓を建てたそうです。
生前墓は縁起が悪いものではなく、はるか昔からあるとても縁起のいいものです。
生前墓を建てることによりメリットもありますから、お墓を新しく建てる予定のある方は検討されてはいかがでしょうか。

生前墓の特徴

生前墓の特徴としては、お墓を建てた方の名前や戒名が朱色で彫刻されることが挙げられます。

戒名というのは、仏教の戒律を守る者という証明として与えられる名前です。
本来は死後に戒名を与えられることとなりますが、過ちを犯さないようにとの戒めを込めて生前にお寺で戒名をいただく方もいらっしゃいます。
その場合にお墓に彫刻される際は、生前にいただいた戒名であるとわかるように朱色を入れていたそうです。

このことから、生前墓の名前が朱色で彫刻されるそうです。
これはお墓の建立者がまだ亡くなっていないという印です。
しかし、お墓は生前墓に限らず生きている方が建てることとなりますので、最近は建立者の名前に朱色を入れない場合もあるようです。
最終的には地域の慣習などによりますので、お寺の方に聞いてみたり、石材店の方にご相談されても良いでしょう。

生前にお墓を建てるメリット

お墓

生前にお墓を建てる方が増えてきているのは、生前にお墓を建てるメリットが充分にあるということが要因ではないでしょうか。
では、生前にお墓を建てることのメリットをご紹介します。

相続税の節税になる

終活をする中で皆さんが一番悩まされるのは相続の問題ではないでしょうか。
誰に何を相続してもらうのかを決めることも大変ですが、相続税がどれぐらいの金額になるのか心配される方が多いようです。
そして、相続税の節税として注目されるのが、実はお墓です。
これは相続税の計算方法の中で、お墓などの仏事に関係するものが特殊な扱いをされることが要因です。

しかし、そもそも相続税が課税されるのは、課税金額が基礎控除額の3000万円(+法定相続人の人数×600万円)を超える場合のみ対象となります。
生前にお墓を建てても相続税が発生しない場合にもちろんは節税にはなりません。

なぜ節税の対象になるのか

では、生前墓はなぜ節税の対象になるのでしょうか?
相続税は次のような計算方法で計算されます。

  • 被相続人の死亡時の財産の合計額
  • 被相続人の死亡時の負債の合計額
  • 被相続人にかかる葬儀費用
  • 保険金・退職金の非課税金額
  • 1−2−3−4
  • (5−基礎控除額)×相続税率

かなりざっくりではありますが、以上のような計算をします。

上記の計算の中で言うとお墓は財産ですから、死亡時にお墓を所有していた場合はお墓の評価額が財産の合計額に含まれることになります。

しかし、相続税には「非課税財産」という個別の財産の規定があります。
実はお墓や仏壇、仏具などは相続法上では祭祀財産という特殊な財産に分類され、この「祭祀財産」は「非課税財産」に含まれています。
つまり、お墓の評価額は財産の合計額には含まれないことになります。

お墓が課税される財産に含まれないのであれば、生前に課税財産である現金・預金によりお墓を購入すれば、その購入代金分は非課税財産となり相続税が減少することとなります。

具体的に数字で例をあげると

  • 現金・預金 5,000万円
  • お墓の購入代金 300万円

以上のような場合は、お墓を購入しない場合は現金・預金5,000万円が相続税の計算の対象となります。

一方で、生前にお墓を購入した場合は、5,000万円−300万円=4,700万円が相続税が課税される財産の金額になるということです。

節税に関する注意点

ここでは、節税に関する注意点について見ていきましょう。

ただ生前にお墓を購入すれば節税になるというわけでありません。
注意すべき点は購入代金の支払いです。
一括で支払った場合は何の問題もありませんが、ローンで支払った場合は注意が必要です。
ローンの支払いが終了する前に亡くなってしまった場合は、未払いの購入代金は負債となります。
負債は財産の金額から差し引かれることとなりますので、本来は未払いの購入代金分の現金・預金は相続税課税されないこととなります。

しかし、この負債に対応するお墓は財産の金額に含まれていません。
財産に対応する負債を差し引くことにより、被相続人の死亡時の財産の価値を正確に計算するのですが、お墓の購入代金の未払金に対応する財産がそもそも課税される財産ではありません。
相続税法では、このような場合には課税の公平性という考え方によって、このような負債を財産から差し引くことを認めていません。

つまり、未払いの購入代金に対応する現金・預金は相続税が課税されることとなります。
これでは本来考えていた節税が一部しかできないため、もったいないです。
支払い方法についてはご家族とよく相談するようにしましょう。

自分の好きなお墓を建てられる

近年、お墓は風変わりしてきています。
様々な彫刻方法により、文字だけでなくイラストや風景、人物などを彫刻した墓石も増えてきています。
墓石の形だけを見ても、従来の形にとらわれず、自分の好きなお墓を建てることができます。

これは多様化する供養方法や宗教にとらわれない考え方などによるところもあります。
一般的なお墓の在り方や形・風習にとらわれず、自分の思い出や好きなものをモチーフにして世界に1つだけのお墓を建てたいと考える方が増えてきているのです。
こういった場合は、生前にお墓を建てることで自分の意見をより反映することができます。

生前であれば、自分で時間をかけて石材を選んだりデザインを決めたりすることができるので、より個性を表現することができます。
こういった点も生前墓が注目されている要因です。

子供に負担をかけずに済む

自分が亡くなった後、葬儀や遺品整理、行政手続きなどをするのは残されたご家族です。
遺品整理や片付け、法要の準備などをしているとどうしてもお墓のことは後回しにしてしまう、という方も多いようです。

お墓を建てるにはたくさんの手続きと時間、そして費用が必要ですから大きな負担となります。
生前に自分でお墓を建てておくことで、精神的にも経済的にもご家族の負担を減らすことができます。

生前にお墓を建てるデメリット

お墓

生前にお墓を建てることには上記のようなメリットがありますが、やはりデメリットもあります。
続いては、生前にお墓を建てるデメリットをご説明します。

メリット・デメリットの両方を理解した上で、ご家族とよく相談して検討しましょう。

家族とトラブルになることがある

上の段落で、生前にお墓を建てるとご家族に負担を書けずに済むというお話をしましたが、ご家族に何も言わずに一人で自分のお墓を建ててしまうとご家族とトラブルになることもあります。

ご自分の死後にご家族がお墓のことを知らずに新たにお墓を建ててしまうというケースもありますし、他に条件の良い霊園や墓地が見つかるようなこともあります。
生前にお墓を建てる場合は、家族とよく話し合った上で双方が納得できるようにお墓を建てるようにしましょう。

一部の墓地では受け入れてもらえない

生前墓を建てる方が増えてきていますが、実はどこの霊園・墓地でも生前墓を建てることができるというわけではありません。
一部の霊園・墓地ではご遺骨がなければお墓を建てることができない場合があります。

特に、公営墓地では生前墓を受け付けてもらえない場合が多いようです。
お墓を建てる予定の霊園・墓地を決める際には、生前墓を建てることができるかどうか必ず確認をしましょう。

維持費が余分にかかってしまう

お墓を早めに建てておけばその分安心出来るでしょう。
しかし、お墓は建てたその日から維持費が必要となります。

お墓にご遺骨が納骨されているかどうかにかかわらず、霊園・墓地の管理者はお墓を維持・管理することになりますから、維持費は支払わなければなりません。
あまり早く建てるとその分だけ余分に維持費がかかってしまうので、その点も注意が必要です。
生前墓に限ったことではありませんが、お墓を建てる際にはお墓を建てる費用だけでなく、その後必要となる維持費にも注意が必要です。

生前にお墓を建てる際の費用相場

お金

お墓を建てる際に必要な費用は、生前に自分で建てる場合であっても、一般的な故人の死後にご家族が建てる場合も変わりありません。

では、生前にお墓を建てる際の費用相場をそれぞれ支払先別にご説明します。

寺院、霊園に支払う費用

寺院・霊園に支払う費用としては、永代使用料と管理費があります。

永代使用料はお墓の土地の使用料のことです。
この費用はその土地の広さが基準になりますが、おおよそ30万円〜150万円程のようです。
立地が良い所などは高くなる傾向にあるようです。

管理費は多くの場合が1年毎に支払いが必要となります。
その墓地・霊園の管理母体によって金額に差が出ますが、相場としては4千円〜1万円程のようです。
寺院墓地の場合は檀家になる必要があったり、行事参加費が別途必要になる場合もあります。

石材店に支払う費用

石材店に支払う費用としては、墓石代と工事費がありますが、多くの場合、「墓石代」の中に「工事費」が含まれています。

墓石代の金額はその墓石の大きさやデザインによって大きく変わります。
近年はお墓の形が多様化してきているために、相場は150万円〜300万円と幅が広くなっています。

また、墓地の立地やお墓を建てる位置によって工事費用が変動します。
ご自分の好きなお墓にできるようになってきた分費用は高くなってしまいますので、事前に石材店で見積もりをしてご家族としっかり相談しましょう。

生前にお墓を建てることについてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、生前にお墓を建てることについてお話させていただきました。
この記事では

  • 生前にお墓を建てることを「寿陵」といい、「不老長寿」「子孫繁栄」「家内円満」などの幸福が訪れると言われ、縁起が良いことと言われている。
  • 生前墓は戒名や建立者の名前に朱色が入れられるのが特徴である。
  • 生前墓を建てることで、相続税の課税財産である現金・預金を非課税財産であるお墓に変えることができ、節税になる。
  • 生前にお墓を建てる際は自分の意見がより反映されるため、好みのデザインのお墓を建てることができる。
  • 生前にお墓を建てておくと残されたご家族の負担を減らすことができるが、トラブルにならないように事前にご家族ときちんと相談しておくことが重要である。
  • 公営墓地など一部の霊園・墓地では生前墓が受けつけてもらえない場合がある。
  • お墓はご遺骨が納骨されているかどうかにかかわらず、建てた日から維持費の支払いが必要であるため、早くお墓を建てるとその分維持費が必要となる。
  • お墓は建てる際に必要な費用については、生前墓でも一般的な場合と同じ「永代使用料」「管理費」「墓石代」などである。

以上の点についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
皆様のこれからの終活の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「生前に・お墓を・建てる」に関連する記事

「生前に・お墓を・建てる」についてさらに知りたい方へ

  • お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

    お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

    お墓を購入し建てることは、家と同じで一生の買い物といわれています。終活の一環としてお墓を建てられる方も多くいらっしゃいますが、お墓を建てる時期にも適した時期と避けるべき時期があります。今回終活ねっとではお墓を建てる時期について詳しく解説していきます。

  • お墓の生前購入は相続税対策になる?生前購入の注意点も紹介します!のサムネイル画像

    お墓の生前購入は相続税対策になる?生前購入の注意点も紹介します!

    ご自分が亡くなった場合に備えて、生前のうちにあらかじめお墓を購入するという方が増えてきています。実はこのお墓の生前購入の利点は単に残されるご家族の負担を減らすということだけにとどまりません。お墓の生前購入がもたらすメリットや注意点について考えてみましょう。

  • お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。のサムネイル画像

    お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。

    自分の死後のことを考えることってありませんか?その時一番に考えるのは自分の遺骨を納めるお墓のこと…。お墓がない方はお墓を建てる必要があります。今回はお墓を建てるにはどうしたらいいのか、お墓について紹介していきます。

  • 生前に自分のお墓を買っておくことを考えてみませんか?のサムネイル画像

    生前に自分のお墓を買っておくことを考えてみませんか?

    最近は生前にお墓を買う人が増え、自分はどうしようかと思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、この生前にお墓を買うことについて紹介します。

  • 終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介のサムネイル画像

    終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介

    終活と聞くと多くの方は最期を迎えたときに備えていろいろとやっておくことというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実際のところ、お墓にまつわることも終活の中では大切な要素の1つです。今回は終活でお墓についてどのように考え行動するかを見ていきます。

  • お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

    お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

    お墓を買うことを考えている方必見!初めてお墓を建てるにあたって費用や手順など分からないことも多いを思います。この記事を読めばお墓を買うにあたって様々な疑問や注意点が解決します。今後お墓を購入することを考えている方は是非最後までお読みください。

  • 新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

    新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

    お墓を建てることは、日本の習慣として以前より続いてきました。 お墓を建てる時、お墓を建てる場所や、霊園の種類、かかる時間や費用など 気になるポイントを集めてわかりやすく説明いたします。参考にしてください。

  • お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

    多くの方にとって、お墓とはご先祖様の眠る場であり、ご先祖様を祀る場であると考えられています。しかし、その一方でお墓そのものが財産でもあります。はたして財産としてのお墓はどのような性格を持っており、それをうまく引き継いでいくにはどうすればよいのでしょうか?

  • お墓を買うと節税できる?知っておくべき相続税の節税方法を紹介!のサムネイル画像

    お墓を買うと節税できる?知っておくべき相続税の節税方法を紹介!

    相続税って聞くとなんだか多額の税金を納めなければならないようなイメージがありますよね? でも相続のときまでに準備することで節税できる場合があります。 今回知っておくべき相続税の節税方法としてお墓を買うと節税できるか?を中心に解説します。 ぜひ最後までお読みください。

  • お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

    お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

    お墓を建てる手順はご存知ですか?いつから準備を始めるのか・どのように建てるのか・費用はいくらかかるのか、気になることが多いかと思います。今回の記事ではお墓を建てるときの流れやポイントを解説していきます。相場についてもご紹介しますので、ぜひお読みください。

「生前に・お墓を・建てる」に関連する専門家

「生前に・お墓を・建てる」について知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「生前に・お墓を・建てる」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

お墓の生前購入は相続税対策になる?生前購入の注意点も紹介します!のサムネイル画像

お墓の生前購入は相続税対策になる?生前購入の注意点も紹介します!

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。のサムネイル画像

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。

生前に自分のお墓を買っておくことを考えてみませんか?のサムネイル画像

生前に自分のお墓を買っておくことを考えてみませんか?

終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介のサムネイル画像

終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

お墓を買うと節税できる?知っておくべき相続税の節税方法を紹介!のサムネイル画像

お墓を買うと節税できる?知っておくべき相続税の節税方法を紹介!

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと