お墓の継承の際に起こる問題についての解決法を紹介します!

お墓の継承の問題は、一家のお墓を今後うまく持続させていけるかどうかにも大きく関わってくる重要なものです。継承させたいという方がいても血縁の有無などが原因で問題となる場合もあります。そこで今回は、お墓の継承にありがちな問題やその解決法について見ていきましょう。

目次

  1. お墓の継承時の問題について
  2. お墓の継承方法は法律で決まっている?
  3. お墓の継承者に関する問題
  4. お墓の継承者がいない場合
  5. お墓を継承したらするべきこと
  6. お墓の継承時の問題についてまとめ

お墓の継承時の問題について

お墓

ご先祖様の代からずっと守ってきたお墓をご自分の子供にきちんと継承してもらいたいという思いは多くの方がお持ちなのではないでしょうか?
しかし、お墓の継承の問題は一つ間違えると、遺産相続の問題と同じようにご家族やご親族の間での大きなトラブルにつながる場合もあります。

このような問題を未然に解決するためには、終活の取り組みの中などでお墓の継承の方法やお墓の継承の問題でよくありがちなパターンについて知り、お墓の継承でもめることがないようにきちんと対策を立てておく必要があります。

また、お墓を継承してくれそうな方がいない場合は、ご自分の万が一の時に備えてお墓やそこに納めてあるご遺骨を今後どうするかについても考えておく必要があります。

そこで今回終活ねっとでは、お墓の継承の問題に触れるとともに、解決法についても以下のポイントに沿いながら見ていきましょう。

  • お墓の継承方法は法律で決められているものなのか?
  • お墓の継承者に関してよくある問題にどのようなものがあるのか?
  • お墓の継承者になりえる方がいない場合にどのような対策ができるのか?
  • お墓を継承した場合に、新しい継承者の方がやるべきこととは?

ぜひ最後までお読みください。

お墓の継承方法は法律で決まっている?

困った人々

もしも、お墓を継承する人を決める方法いうのがあるとすれば、終活の中でお墓の将来のことを決めるうえでもかなり参考となるのではないでしょうか。

実は、民法の897条で抽象的ながらお墓の継承方法は法律で決まっています
その内容によりますと、地域やご家庭の古くからの慣習に基づいて、「祭祀を主宰する者がこれを継承する」ということになっています。

つまり、この規定から考えますと、お墓の継承については基本的にその地域やご家庭の中での古くからの慣習が大きな要素となるということです。
慣習に従った場合、多くのケースでその家の長男の方が継承します。

なお、この慣習に基づいてご家族やご親族の間で話し合っても継承者が決まらない場合は、家庭裁判所が間に入った形であらためて話し合いを行い(調停)、それでも決まらない場合は家庭裁判所の裁判官が決定するという方法(審判)がとられます。

ただし、実は上記の慣習や家庭裁判所の調停・審判よりも優先されるのが、お墓の以前の継承者(父親など)の生前の指定や遺言です。
指定や遺言の中で特定の人物が選ばれていた場合は、その決定が最優先されます。

お墓の継承者に関する問題

人々

実際のところ、お墓の継承者に関する問題としてよくあるパターンとは、どのようなものなのでしょうか?
この段落では、それらのよくありがちな問題のパターンについて見ていきましょう。

お墓の継承者がまだ子供の場合

お墓の以前の継承者が若くして亡くなるなどした結果、その次の継承者となるお墓の継承者がまだ子供の場合が子供の場合はどのようにすればよいのでしょうか?
たしかに、お墓の継承者となると、お墓のメンテナンスのほかに、お墓に眠るご先祖様の供養の段取りなどを主に行う役割を持つため、年端の行かない方では非常に大変です。

このような場合は、まず家庭裁判所に特別代理人選任申立の手続きを行う必要があります。
つまり、継承した子供が成人するまでの間、その継承者の代理としてお墓を守っていく人を選んでもらうための手続きです。
そして、代理人は基本的に継承者以外の親族の方が選ばれます。

他にも、遺言の中であらかじめ後見人を指名しておくこともできます。
遺言は正式な書式や形式さえ守っていれば法的効力を持つため、家庭裁判所の決定よりも優先されます。

結婚などで姓が変わった人が継承できるか

近年ではご家庭の中でも子供が娘1人だけであるうえ、その娘の方が他家に嫁いでいるという場合も少なくありません。
このような場合、ご実家のお墓を将来的にどうするかという問題になってきます。
はたして、お墓は結婚などによって結婚などで姓が変わった人が継承できるのでしょうか?

法的にはたとえ結婚などで姓が変わっていてもお墓の継承者になることができます
加えて、一家の子供が全員娘の方で、かつ全員が他の家に嫁いでいる場合は、その中でも長女の方が継承者になることが多いです。

血縁者以外の継承を認めていない墓地もある

現在でこそ、さまざまなタイプの墓地や霊園が登場していますが、中にはお墓の継承についても血縁者以外の継承を認めていない墓地もあります。

法的には遺言や生前の指定さえあれば、たとえ血縁者以外でも継承者になることは可能です。
しかし、それでも墓地側が認めない場合は、まずは墓地の使用規定を確認したうえで、管理者に相談してみましょう。
事情を考慮して、特別に認めてもらうことができる場合もあるためです。

ただ、それでも墓地側があくまでも反対の姿勢を崩さないという場合は、お墓を閉じて永代供養墓などに改葬することも選択肢として検討してみましょう。

無縁墓になってしまう条件

無縁墓とはご家族やご親族の方で守ってくれる方がいないようなお墓のことを指します。
そして、近年の少子高齢化の影響で継承者になる方がいないがために、無縁墓になるケースが増えています。
他にも、お墓の管理料を数年にわたって滞納した結果、無縁墓になるという場合もあります。

もしも無縁墓になってしまった場合、どのような手続きがとられるのでしょうか?
まず、墓地や霊園の管理者が敷地内に立札を掲げたり、または役所の官報に記載したりするといった方法で無縁墓に眠る故人の縁故者を探し出します。

それでも縁故者の方が名乗り出ない場合は、お墓そのものを撤去し、納骨されていたご遺骨も無縁仏の合祀墓に納骨することになります。

お墓の継承者がいない場合

困った人々

もしも、ご自分が亡くなることによって継承者になりえる方がいなくなるという場合、墓じまいという選択肢を検討する必要があります。

墓じまいの具体的な方法として、どのような手順を踏んでいけばよいのかを一緒に見ていきましょう。
ここでは、お墓の継承者がいない場合の供養方法として、永代供養つきのお墓や納骨堂、散骨、樹木葬についてご紹介します。

永代供養付きのお墓や納骨堂を契約する

お墓の契約者がいない場合は、永代供養付きのお墓や納骨堂を契約するという方法もあります。
永代供養とは、納骨されたご遺骨の管理や供養を、墓地や霊園の管理者に一切を引き受けてもらうことができる供養の方法です。
近年では、継承者がいないという方を中心に利用者が増えてきています。

特に合祀墓に納骨する方法が、費用も10万円〜30万円という相場で非常に安く済むため、初期費用の面でも負担が軽いというメリットもあります。

合祀墓以外のお墓や納骨堂でも使用期限はありますが、永代供養つきで利用することができます。
なお、使用期限が来るとそのまま合祀墓に納骨され、その後は管理者の方でご遺骨の管理や供養すべてをやってもらうことができます。

散骨する

散骨は、海や山といった自然の中に粉状にしたご遺骨を撒くという供養の方法です。
継承者がいないという方のほか、自然の中で眠りたいという方にも広く利用されています。

最も広く行われている海洋散骨の場合、一番手軽なのが専門家の方に委託するやり方で、5万円ほどの費用で、粉骨(ご遺骨を粉状にすること)から散骨に至るまですべてを業者の方で引き受けてくれます。
このため、ご遺骨を撒くための場所の選定さえも苦労せずに済みます。

なお粉骨は、散骨をするのであれば必ずやらなければいけない作業といえます。
というのは、そのままご遺骨を自然の中に還そうとすると、刑法の死体遺棄罪が適用されて処罰の対象となるためです。

樹木葬する

樹木葬は、都市郊外の公園墓地の専用スペースや地方の専用の墓地に植樹した、低い樹木の根元にご遺骨を納骨する形の供養の方法です。
こちらも散骨と同様、継承者がいないという方のほかに、自然の中で眠りたいという方を中心に広く利用されている方法の1つに挙げられます。

こちらも相場として10万円〜80万円で利用できるため、ここまでご紹介したほかの2つの方法と同じように比較的安い費用で済みます。

ただし、樹木葬もまた新しい供養の方法ですので、事前にご家族やご親族とよく相談したうえで、理解してもらうということが必要になります。

お墓を継承したらするべきこと

お墓

お墓の継承者となった方が、一家の祭祀の主宰者としてやるべきことにはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

ここでは、お墓を継承したらするべきことの中で主に3つのことをとりあげて、ご紹介いたします。

お墓の名義変更

お墓を継承して最初にやるべきことが、お墓の名義を変更することです。
具体的な方法としては、墓地や霊園の管理者に墓地使用権承継承認書や永代使用許可書、使用者と申請者の続柄を確認できるような戸籍謄本、申請者の住民票を提出したうえで、実印もしくは拇印によって捺印する必要があります。

このほかにも名義変更のための費用も発生し、その費用の相場は1500円〜5000円の間です。
ただし、永代使用許可書を再発行する必要がある場合は、以上の金額のほかに1万円前後を用意する必要があります。

檀家の引き継ぎ

引き継いだお墓が寺院墓地にある場合は、檀家の引き継ぎも必要となります。
檀家を引き継ぐことで、今後とも変わらずに檀家としてその寺院と付き合っていくことを意味するためです。

檀家の引き継ぎの手続きはお墓を管理する菩提寺などの寺院の僧侶の方に対して行います。
その際には名義変更料(上記の金額が相場)のほか、別にお布施を包んで手渡す場合が多いです。
なお、お布施の金額は寺院によりまちまちですので、事前に寺院に相談するとよいでしょう。

お墓の維持管理

お墓の継承者として最も重要な役割といえるのが、引き継いだお墓の維持や管理です。

具体的には、お墓そのもののメンテナンスをお墓参りの際などに定期的に行うほか、ご自身で対処できないような不具合が見られた場合に石材店などに修理を依頼すること、そして墓地や霊園の管理者に対して毎年のように管理費を支払う必要があります。

加えて、定期的なお墓参りや故人の供養の段取りを主立って行うことも重要な役割です。

お墓の継承時の問題についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓の継承に関する問題について見てきましたが、いかがでしたか?
この記事の内容をまとめると、以下のようになります。

  • お墓の継承方法は抽象的ながら民法で規定がある。基本的には地域やご家庭の慣習に従って決めることが明記され、それでも決まらない場合は家庭裁判所も交えて決めることになる。なお、前の継承者による遺言や生前の指定がある場合はこちらが優先される。
  • お墓の継承者をめぐる問題として、継承者が子供の場合や姓が変わった方が継承できるかどうかということ、血縁者以外の方の継承に墓地が反対した場合、無縁墓の場合などのことが挙げられる。
  • お墓の継承者がいない場合の対策として、永代供養つきのお墓や納骨堂の契約や散骨、樹木葬といった方法が挙げられる。
  • お墓を継承した際にやるべきこととして、お墓の名義変更の手続きや檀家の引き継ぎ、お墓の維持管理が挙げられる。

お墓の継承についてはいろいろな問題がありますが、それに対応した解決方法があるので落ち着いて対応すれば安心といえます。

ただし、お墓の継承者のことは終活を行う中で、あらかじめ決めておいた方がトラブルが少ないともいえます。
もし、継承者になれる方がいない場合は、今後のお墓やご自身の供養のことについても合わせて考えておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・継承・問題」に関連する記事

  • お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説のサムネイル画像

    お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

    昔から「お墓を守る」という言葉はよく聞かれますが、それは具体的にはお墓の継承者となることを意味します。それではお墓の継承者とはどのような人のことを指し、もしいない場合はどのようにすればよいのでしょうか?今回は、お墓を守る担い手である継承者について見ていきます。

  • お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

    お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

    お墓を管理する権利を持つ方が亡くなると、お墓は次の世代に継承されます。しかし突然自分がお墓を継承しなければいけないとなっても、どうしたらいいのかわからないことがたくさんありますよね。そこで今回は、いざとなっても困らないように、お墓の継承について解説いたします。

  • お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

    お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

    お墓の継承とはどういうことでしょうか。 誰が引き継ぐべきものか、手続きや費用・税金がどうなるか、などよく分からず、自分がお墓を引き継いでよいものかと、悩まれる方も多いと思います。 そこでこの終活ねっとでは、お墓の継承者や手続き・費用・税金などについて、解説します。

  • お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

    お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

    お墓は一般的に長男が継ぐケースが非常に多いです。お墓は長男だけが継ぐものなのか、長男以外でも相続できるのかと疑問を持っている人もいるでしょう。ここでは、お墓を巡った相続問題やその解決策について紹介します。お墓の相続に悩んでいる方はぜひお読みになってください。

  • お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

    お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

    お墓そのものがマイカーやマイホームと並ぶほどの一生の買い物といわれている以上、その費用の負担というのは家族の中でも非常に大きな問題です。このため、誰がお墓の費用を負担すべきかを決めておくことが重要となります。今回は、お墓の費用負担について見ていきましょう。

  • お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!のサムネイル画像

    お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!

    家のお墓を継がなければならなくなった時、具体的にどのような手続きを行えばよいのでしょうか?また、継ぐ人が誰もいないお墓はどうすればよいのでしょうか?お墓を継ぐことについて気になる点を分かりやすく解説していきます。

  • お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

    お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

    お墓を建てたり維持管理したりするには、多額の費用が発生します。その費用負担は長男がするべきなのでしょうか?それとも長男以外に任せてもよいものなのでしょうか?気になるお墓の継承についての疑問を解決します。

  • お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?のサムネイル画像

    お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?

    出来ることなら避けて通りたい、巻き込まれたくないお墓の問題やトラブル。実際のところ、一体どのような問題やトラブルがあるのでしょうか?起こり得る問題やトラブルを知っておくことは、有効な自己防衛策にもなります。お墓の問題やトラブルについて知っておきましょう!

  • お墓を生前に決める【終活】について教えます!のサムネイル画像

    お墓を生前に決める【終活】について教えます!

    最近は自分の終活について前向きに考えている人が増えています。終活の一つとして自分のお墓の準備もありますね。望み通りのお墓を建てるためには時間もかかるので、生前に終活としてお墓のことを考えてもいいのではないでしょうか?そこで生前に決めるお墓について解説します。

  • お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~のサムネイル画像

    お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~

    お墓を相続したけれど、今後の管理は困難であるという人が増えています。グルーバル化や少子化などでお墓を持つことが難しくなってきています。だからといって、放置していいのでしょうか?いえ、放置はいけません。ここでは、お墓の権利を放棄する正しい方法をお伝えします!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・継承・問題」についてさらに知りたい方へ

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説のサムネイル画像

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!のサムネイル画像

お墓を継ぐ時に必要な事について解説!継ぐ人がいない際の対処法も!

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!のサムネイル画像

お墓の費用は長男が負担するべき?お墓の承継についての疑問を解決!

お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?のサムネイル画像

お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?

お墓を生前に決める【終活】について教えます!のサムネイル画像

お墓を生前に決める【終活】について教えます!

お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~のサムネイル画像

お墓の権利を放棄する方法~相続と墓じまい・改葬の手順について~

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・継承・問題」についてさらに知りたい方へ

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説のサムネイル画像

お墓の継承者は誰?継承者がいない場合は?お墓の継承者について解説

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!のサムネイル画像

お墓を継承する際に知っておきたい知識をまとめました!

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策のサムネイル画像

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと