家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

目次

  1. 家族葬の費用について
  2. 家族葬費用の平均はいくら?
  3. 家族葬の費用内訳は?
  4. 家族葬の費用を安くするには?
  5. 家族葬費用の支払いについて
  6. 家族葬の地域別の費用相場は?
  7. 家族葬の費用についてまとめ

家族葬の費用について

葬儀

最近、家族葬を希望される方がとても増えてきました。
あなたの周りにも家族葬に興味をお持ちの方が、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的に家族葬は、家族及び親族やごく親しい縁故知人のみで行われるお葬式のことを言います。

比較的少くない人数が集まり小規模な葬儀となることから、家族葬は安いというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ですが、状況によって家族葬の費用が一般葬よりも高くなることもあります。
実際のところ家族葬の費用は、いくら必要なのでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬の費用に関して、主に下記の点についてお伝えしていきます。

  • 家族葬費用の平均について
  • 家族葬の費用内訳について(葬儀一式の中身、飲食撤退費、オプション的なものなど)
  • 家族葬の費用を安くする方法は?
  • 家族葬費用の支払いについて
  • 家族葬の地域別の費用相場はどうなっているのか

家族葬の費用について分かりやすく解説していますので、ぜひ最後までお読みください!

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬費用の平均はいくら?

お金

家族葬費用の平均については、概ね150万円~160万円となっています。

小規模であること、参列者数が少ないことなどの影響で、家族葬の費用は、一般葬に比べますと3割程度安い平均費用となっています。

ちなみに、葬儀費用の全国平均は、196万円と言われています。
この196万円は、葬儀一式の費用・飲食接待費・寺院関連費用の総額です。

家族葬の費用内訳は?

葬儀

家族葬で費用がどれくらいかかるのか平均的な金額はお分かりいただけたと思いますので、次に家族葬でかかる費用について主な内訳を見ていきましょう。

葬儀一式の費用

多くの葬儀社で参列者の人数に関わらず、葬儀に最低限必要となる商品・サービスについては葬儀一式という形で提供しています。

ここでは、葬儀一式に含まれる主な商品やサービスの費用についてご紹介いたします。

祭壇費

祭壇は、大きく分けて白木祭壇と、生花祭壇の2種類があります。

どちらの場合でも、祭壇費は基本的に大きなサイズになればなるほど高額となります。

一般的に白木祭壇は販売ではなくレンタルという位置づけです。
白木祭壇の料金は、安いものであれば5万円程度からありますが、相場としては15万円~60万円が目安です。

一方で、生花祭壇は販売という位置づけになります。
サイズに加え、デザインや使用する生花の種類や本数によって料金が変わってきます。

生花祭壇の料金相場は、たとえば幅1.8mほどのサイズの場合には30万円~70万円が目安です。

なお葬儀社によっては、白木祭壇と生花祭壇を組み合わせたタイプの祭壇を提供しているところもあります。

祭壇費を以下にまとめておきます。

  • 白木祭壇:15〜60万円
  • 生花祭壇:30〜70万円

式場利用費

式場利用費は、葬儀を行う場所を利用するための費用です。

公営の式場であれば市民であることなどの利用条件あるものの、利用費は無料から数万円程度となっています。

寺院や民間法人が運営している式場では、10万円~20万円が目安です。

家族葬で行う場合は少人数での式となることが多いため、小さめの式場で事足りることが多いです。そのため、一般葬よりも式場利用費が安く済むこともあります。

なお、自宅で葬儀を行う場合にはこの式場利用費は発生しません。

棺の費用

お棺にも色々な種類があります。

主に木製の合板で作られた桐棺と呼ばれるもの、木製の棺に彫刻や飾り物を施したもの、布張りの棺といった種類があります。

棺の費用としては、桐棺と呼ばれるもので3万円~8万円、布張りの棺で8万円~15万円が目安です。

また、お棺はサイズによっても料金が変わってきます。

大柄な方が亡くなられた場合には大きいサイズのお棺を用意することになりますが、通常サイズのお棺と比べて1割~2割ほど割高な料金となります。

棺の費用を以下にまとめておきます。

  • 桐棺:3万円~8万円
  • 布張り棺:8万円~15万円

返礼品の費用

返礼品の費用は、頂いた香典に対するお返しする物の費用です。
返礼品は「香典返し」とも呼ばれます。

返礼品は地域により、渡し方が異なる場合もあります。
昨今では、通夜や葬儀・告別式のときに御香典を頂いたら、その場でお返し物を渡す「当日返し」が主流となっています。

なお、「当日返し」では御香典に対するお返し物に、お礼の品物と「御礼状」をひとつのセットにして袋詰めした状態で、お渡しする方法が通例です。

香典に対するお返し物、会葬御礼品、御礼状の1セットで2500~3500円が相場です。

ただし、家族葬の場合には主な参列者が家族や親族中心となるため、一般葬に比べて受け取る御香典の金額も高額になる傾向にあります。

そのため、受け取った御香典の金額に応じて、後日に返礼品をお渡しする場合もあります。
返礼品をお渡しする際には、受け取った御香典の金額の半分程度が、用意するお返し物の費用として目安になります。

供花の費用

供花とは祭壇の両脇にお供えする生花のことです。
家族が出す供花には「喪主」や「施主」のほか、家族の個人名といった名札が添えられます。

供花は「基」という単位を使います。
供花の費用としては、1基あたり1万2千円~2万円が目安です。

なお、特に喪主や施主など主だった方については1対(2基)の供花を出すこともあり、この場合には2倍の費用がかかることになります。

飲食接待費

葬儀において、飲食の席は付きものです。

葬儀のときに振舞われる食事の印象というものは参列者の中で意外と強く残るものなので、失礼にならない物を上手に用意するよう気を付けたいものです。

ここでは、通夜後と告別式後の飲食接待費について解説いたします。

通夜ぶるまいの費用

通夜式後に用意する飲食の場のことを通夜ぶるまいと言います。

家族葬における通夜ぶるまいの費用としては、1人あたり1500円~2500円が目安です。

家族葬の場合には、おおむね参列者のほぼ全員が、通夜ぶるまいで出される料理や飲み物を召し上がることになります。

さらに家族葬では料理を少しつまむというよりも割としっかり召し上がる方が多くなるため、1人あたりの費用は増える傾向にあります。

一方で一般葬の場合には、お焼香を済ませたら通夜ぶるまいの場に立ち寄らず、そのまま帰る参列者も一定数います。

告別式後の飲食(精進落とし)の費用

告別式後には、精進落としと呼ばれる飲食の席が設けられます。

精進落としでは会席料理やお弁当形式の御膳を提供します。

精進落としの費用は、1人あたり4千円~8千円が目安ですが、通夜ぶるまい同様、アルコールを飲まれる方が多いかどうかで費用が変わってきます。

寺院への費用

家族葬では無宗教葬など仏教形式で行わない場合もありますが、僧侶をお呼びする仏教形式で葬儀を行う場合には寺院への費用がかかります。

読経料

読経料は法事・法要での読経や葬儀・告別式当日に行う繰り上げ初七日法要での読経にかかる費用です。

読経料は地域や宗派にによって異なりますが20万円~30万円が目安です。

戒名料

葬儀において読経をしていただき、戒名をいただく場合にはそのお礼ということで戒名料を僧侶にお渡しします。

戒名料の費用相場としては、信士・信女の場合で10万円~20万円が目安です。

御膳料

告別式後の忌中払いの席には基本的にお越しいただいた僧侶もお誘いしますが、僧侶が同席されない場合に、御膳料を用意します。

御膳料は、皆さんがいただく飲食費分と同程度の金額をお包みしてお渡しします。
5千円~1万円が御膳料の目安です。

お車代

お車代は、葬儀の会場まで僧侶が御自分の車で来られたり、僧侶が御自分でお支払いされたタクシーで来られた場合などに、交通費として用意して僧侶にお渡しするものです。

お車代は、

  • 市町村内の移動:5千円
  • 隣接した市町村間の移動:1万円

が目安です。

ただし、家族や親族の車にて僧侶を送迎する場合や家族が手配したり支払いをするタクシーで送迎する場合には、お車代を用意する必要はありません。

家族葬の費用を安くするには?

人々

葬儀が終わってもその後納骨や法要などの費用がかかることがあります。

そこで、できるならば家族葬の費用を安く抑えておきたいですよね。
ここでは、家族葬の費用を安くするためのポイントをいくつかお伝えいたします。

会食を行わない

通常は、一般葬、家族葬において、通夜のときと、告別式後に飲食の席を用意します。
ですが、家族葬の場合では、あらたまった会食を行わないケースもあります。

たとえば、通夜ぶるまいとしては業者に依頼せずコンビニなどで食料品を調達して、控室で皆さんで食べて済ませてしまうご家族もいらっしゃいます。

一般参列者の方々が、お越しになる一般葬では、飲食の席を何も用意しないのは失礼なことになります。

ですが家族葬の場合、各ご家族で柔軟に対応されてよいでしょう。
飲食の席を用意しないことも家族葬の費用を安くするポイントのひとつです。

読経を行わない

読経を行わないというのは、つまり僧侶をお呼びせず、無宗教葬で家族葬を行なうということです。
僧侶をお呼びしなければ、お布施の数十万円分が浮くことになります。

ただし、すでに菩提寺がある場合には菩提寺に依頼せずに事を進めてしまうと、納骨のときや今後のお付き合いに支障をきたすことがありますので注意が必要です。

また、親族から反対されることもあります。

読経を行わない場合には、ちゃんと親族間で話し合うようにしましょう。

その他オプションの変更

その他オプション費用について見直すことも、家族葬の費用を安く抑えるための方法として有効です。

道案内看板を立てない

葬儀を行う会場周辺に、「〇〇家式場」というような矢印が付記された道案内看板が設置されることが多くあります。

家族葬の場合この道案内看板を作成・設置してもらわないということも、費用を抑える方法のひとつです。

もともと道案内看板にかかる費用はさほど高額ではありませんが、それでも数千円~数万円の費用を抑えることができます。

家族葬の場合は参列される方が限定されており、葬儀に来られるのは家族から連絡が取れる範囲内の方々です。

道案内看板を立てない場合は会場までの案内図を事前に送るようにしておくと良いでしょう。

参列者に車を手配しない

参列者に車を手配しないというのも、家族葬の費用を安くするための方法のひとつです。

その場合、基本的には家族や親族の方々には、各自家用車を利用していただくよう案内することになります。

なお、葬儀会場から火葬場へ移動する際はマイクロバスで移動して頂いた方が誘導、案内が楽でもあるため、マイクロバスを利用した方が良い場合があります。

ですが、仮に自家用車が足りないとしても少人数であればマイクロバスを手配するよりも、タクシーを手配した方が安くなる場合があるのでちゃんと確認しましょう。

会葬礼状を送らない

気心知れた家族や親族だから直接お礼をお伝えすることも出来ますし、あえて会葬礼状を送らないというケースもあります。

会葬礼状を送らないのも、家族葬の費用を安く抑える方法のひとつです。

家族葬費用の支払いについて

お金

家族葬費用の支払いについては、下記の点を押さえておきましょう。

誰が支払うの?

家族葬の費用は誰が支払うのでしょうか?

基本的には、施主が支払うことになります。
施主が1人で全ての費用負担をしなければならないという意味ではなく、施主が葬儀社などに対する支払いの窓口になるということです。

分割払いはできるの?

葬儀社の了承を得る必要がある場合もありますが、家族葬費用の分割払いは可能です。

分割払いの方法は、主に2つあります。

ひとつは、銀行など金融機関が提供している「葬儀ローン」などを利用して融資を受け、この融資金を家族葬費用の支払いに充ててあとは分割で返済を行っていくという方法です。

もうひとつは、葬儀社が提携しているクレジットカード会社や信販会社が提供する「セレモニークレジット」などを利用し、分割払いを行なっていくという方法です。

家族葬の地域別の費用相場は?

地図

家族葬の費用相場には、地域差があります。

小規模で行われる家族葬ですが、核家族化が進んでいる地域とそうでない地域との差で参列者数に違いが出ますし、物価の高低などにより費用相場も影響を受けます。

ここでは、地域別に家族葬の費用相場を見てみましょう。

下記の金額は葬儀一式費用、飲食接待費、返礼品費用の合計です。

東京

東京都では、70万円~100万円が相場です。

東京都内は格安で利用できる公営の火葬場が少なく、ほとんどの場合は民間の火葬場を利用することになるため費用がかかる傾向にあります。

また他の地域と比べますと、式場利用費など全般的に商品・サービスの価格が高いようです。

横浜

神奈川県の横浜市では、60万円~100万円が相場です。
神奈川県全体で見ましても、若干低くなりますが、ほぼ同程度の相場です。

福岡

福岡県では、80万円~120万円が相場です。

他の地域と比べますと、飲食接待費や寺院関連費用は低いのですが、葬儀一式の費用が膨らむ傾向にあります。

大阪

大阪府では、90万円~110万円が相場です。
各費用項目が全般的に安い傾向にあります。

家族葬の費用についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回は、家族葬の費用についてお伝えいたしました。

主に下記の点についてお分かりいただけたのではないでしょうか。

  • 家族葬の全国的な平均費用は、150万円~160万円である
  • 家族葬の費用内訳について(祭壇費や式場利用費など)は、葬儀を行なうにあたり、最低限必要な費用と、参列者人数によって変動する費用、その他オプション的な費用がある
  • 家族葬の費用を安く抑える方法としては、飲食を用意しないこと、読経を行わないこと、その他オプション的な商品・サービスを見直すことなどがある
  • 家族葬の費用の支払いについては、基本的に施主が窓口となる
  • 家族葬の費用の支払いについては、分割払いも可能である
  • 家族葬の平均費用については地域差がある

家族葬には一般葬のように多数の参列者に気を遣わず、家族や親族のみで、故人との最期の大切な時間を過ごせるという魅力があります。

一般葬と家族葬、費用面以外にも、それぞれメリット・デメリットがありますし、どのような葬儀の形式を選択すべきか、各ご家庭で充分に検討していただきたいところです。

今回、終活ねっとでは「家族葬の費用」についてお伝えいたしましたが、ほかにも終活に関する記事を多数掲載していますので参考にして頂ければと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

「家族葬・費用」に関連する記事

  • 家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!のサムネイル画像

    家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!

    参列者の数が少ない家族葬はあまり費用がかからないイメージがありますが、実は高いと聞くこともあります。今回は家族葬の費用が本当に高いのか、具体例をあげながら費用相場について解説します。また、費用が高くなる理由や費用を抑えるコツも詳しくご紹介します。

  • 家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

    家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

    近しい親族だけで行う家族葬は費用が抑えられるイメージがありますが、100万円かかるという話も耳にします。実際には家族葬の費用はどのくらいかかるのでしょうか。今回は家族葬の費用は本当に100万円かかるのかについて、費用の内訳と一般葬との比較も合わせて解説します。

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

  • 家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説のサムネイル画像

    家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説

    最近、従来の葬儀ではなく家族葬を選択される方が増えています。家族葬は、一般的な葬儀より費用が抑えられると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。今回、家族葬にかかる費用や内訳を中心に、一般葬との内訳の差や費用を抑える方法もご説明します。

  • 家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

    家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

    昨今、様々な理由から盛大な葬儀ではなく、家族や親族のみの小さな葬儀である家族葬を執り行う方が増えてきています。 今回、終活ねっとでは、家族葬の葬儀費用の相場と内訳について解説していきます。 併せて、支払い方法や家族葬以外の葬儀形式の費用についても解説していきます。

  • 家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

    家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介

    家族葬で行うお葬式は費用が安くなると言われています。しかし、具体的にどれくらい費用が安くなるかや、そのためにするべきことを知っている人は少ないのではないでしょうか?今回は家族葬で行うお葬式の費用を具体的に解説し、費用を抑えるコツも紹介します。

  • 2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

    2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

    最近は家族葬を希望されるご遺族が増えています。家族葬の増加には、高齢化社会と核家族化の影響があると言われいますが、核家族でご遺族が2人しかいなくても家族葬は執り行えるのでしょうか?今回は、2人で行う家族葬について具体的な費用や呼ばない人への対応を解説します。

  • 家族葬を20万円で行える?格安な葬儀形式や費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

    家族葬を20万円で行える?格安な葬儀形式や費用を抑えるコツも紹介

    葬儀は、なるべくお金を掛けたくないという方もいるのではないでしょうか。家族葬を20万円で出来るって本当でしょうか?そこで、今回は、家族葬で20万円で行えるかどうかの解説と、家族葬以外でも格安に出来る葬儀の形式や葬儀費用を抑えるためのコツも紹介していきます。

  • 家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!のサムネイル画像

    家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!

    家族葬は小規模なものですから、費用を安価に抑える事ができるイメージがありますよね。30万円で葬儀が行えたら、非常に経済的です。果たして家族葬は本当に30万円で行えるのでしょうか?今回は家族葬において費用を抑える方法や、他の葬儀形式についても紹介していきます。

  • 家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

    家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

    家族葬とは最近増加してきている、親族や親しい人だけで行う葬儀のことです。しかしいくら家族葬とはいえ、5人の場合は行うことはできるのでしょうか?今回、家族葬は5人という少人数でも行えるのかについてを中心に、費用の内訳や他の葬儀形式もあわせてご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・費用」についてさらに知りたい方へ

家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!のサムネイル画像

家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説のサムネイル画像

家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説のサムネイル画像

2人でも家族葬は行える?具体的な費用や呼ばない人への対応を解説

家族葬を20万円で行える?格安な葬儀形式や費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

家族葬を20万円で行える?格安な葬儀形式や費用を抑えるコツも紹介

家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!のサムネイル画像

家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像

家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「家族葬・費用」についてさらに知りたい方へ

家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!のサムネイル画像

家族葬って高いの?高くなってしまう理由や費用を抑えるコツも解説!

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説のサムネイル画像

家族葬にかかる費用の内訳・相場は?費用を抑える方法や注意点を解説

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと