葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

目次

  1. 葬儀の費用について
  2. 葬儀費用の平均はいくら?
  3. 葬儀形式ごとの費用相場をご紹介します
  4. 葬儀費用の内訳と明細について
  5. 都道府県別の平均葬儀費用
  6. 葬儀費用の支払いについて
  7. 葬儀費用を安くするには?
  8. 葬儀費用は確定申告できない
  9. 葬儀の費用についてまとめ

葬儀の費用について

葬儀

皆さんは自分が葬儀を行うとなった時、葬儀の情報を集めますよね。
その中でも、特に多くの方が知りたいとおっしゃるのは、葬儀の費用についてです。

葬儀は、普段接する機会のあまりないイベントでもあり、宗教や地域の慣習など様々な要素が加わり、多くの方にとってとても専門的で分かりにくい世界です。

そして、大切な方を亡くされた場面では焦ってしまい、よく分からないまま葬儀社の言うがままに葬儀の内容や費用が決まっていくということもよくある光景です。

そのため、後から考えれば不必要な商品やサービスの利用や、余計な費用が含まれていたことに後悔される方も少なくありません。

そこで、終活ねっとでは今回葬儀の費用について、主に下記の点を詳細にご紹介いたします。

  • 葬儀費用の平均
  • 家族葬や一般葬など葬儀形式ごとの費用相場
  • 葬儀費用の明細と内訳について(各費用項目の紹介、解説)
  • 都道府県別の平均葬儀費用
  • 葬儀の支払いに関するポイント
  • 葬儀費用を安くするためのポイント
  • 葬儀費用は確定申告できるのか?

人は誰しもが、必ずいつかは最期を迎えるわけですから、今回の内容は全ての人に関係することでもあります。

わかりやすく、お役に立つ内容をお伝えいたしますので、ぜひ最後までお読みください!

葬儀費用の平均はいくら?

お金

葬儀費用の平均はいくらでしょうか?
全国的な葬儀費用の平均は総額で196万円と言われています。

この196万円には次の費用が含まれています。

  • 葬儀一式の費用
  • 飲食接待の費用
  • 寺院関連の費用

なお、お墓に関する費用や仏壇・仏具に関する費用、法要に関する費用は含まれていません。
なので、追加で費用がかかることも想定しましょう。

葬儀形式ごとの費用相場をご紹介します

葬儀

葬儀にも様々な形式があります。

ここでは、直葬(火葬式)、一日葬、家族葬、一般葬について、それぞれの場合の費用を見ていきましょう。

直葬(火葬式)の場合の費用相場

直葬(火葬式)の場合の費用相場は、15万円~25万円です。

基本的に費用に含まれているのは、もっとも簡素な棺や骨壺、お棺用の布団(棺布団と呼ばれます)、寝台車、霊柩車、ドライアイス、死亡届・火葬場利用手続きなど、最低限必要な商品・サービスに留まっていることが一般的です。

生活保護の受給者で、葬祭扶助を受られる方の葬儀の場合、市町村によりますが、概ね20万円程度を限度として市町村から葬儀社に葬儀費用が支払われます。

そのため、この生活保護の葬祭扶助額20万円が火葬式の費用として、ひとつの目安になっています。

価格設定の安い葬儀社では、8万円程度の料金で対応しているところもあります。

直葬の費用についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

一日葬の場合の費用相場

一日葬は、ワンデー葬儀とも呼ばれることがあります。
一日葬の場合の費用相場は、40万円~70万円です。

お坊さんにお越しいただく場合には、プラス20万円~30万円の寺院関係費用が必要となります。
一日葬はお通夜を行わないため、通夜式後の通夜ぶるまいと呼ばれる飲食の席もありませんので、この分の飲食費用がかかりません。

また、一日葬の場合、参列されるのは家族と親族およびごく親しい縁故知人が中心で、その他一般参列者はいないことが多いです。
よって、一日葬は多額の返礼品費用もかからないことになります。

なお、一日葬は葬儀を一日で行うので式場の利用費も1日分で済むことが基本です。

しかし、式場運営の観点からは、前日の通夜を行うことが出来ず、また前日から一日葬のための祭壇設営などの式場準備をしてしまうこともあります。
そのため、通常同様に2日分と同程度の式場利用費を求められるところもありますので気を付けましょう。

家族葬の場合の費用相場

家族葬の場合の費用相場は、60万円~110万円です。

一日葬と同じように、お坊さんにお越しいただく場合には、プラス30万円~50万円の寺院関係費用が必要となります。

また、家族葬に参列されるのは家族と親族およびごく親しい縁故知人が中心で、その他一般参列者はいないことが多いため、その分の飲食費用と返礼品費用がかからないことになります。

一般葬の場合の費用相場

一般葬の場合の費用相場は、80万円~140万円です。

一般葬の費用は、参列者の人数によって飲食接待費と言われる料理や飲み物、返礼品を用意する数量が変わってきますのでその影響で大きく変動してきます。

また、参列者の人数によって利用する式場の大きさが異なる場合があり、式場の大きさによって費用が変動することもあります。

上記の80万円~140万円のほか、お坊さんにお越しいただく場合にはプラス30万円~50万円の寺院関係費用が必要となります。

葬儀費用の内訳と明細について

葬儀

葬儀費用の平均や、葬儀形式ごとの費用相場についてお伝えいたしましたので、さらに細かく費用の内訳や明細の項目について解説していきましょう。

葬儀一式の費用

葬儀社により、料金の提示方法もバラバラですが、葬儀で基本的に必要となる商品やサービスを葬儀一式として提供している葬儀社が多くあります。

葬儀一式に含まれる主な商品サービスには次のようなものがあります。

  • 祭壇、式場設営
  • 棺、棺用布団、防水シーツ、骨壺、仏衣、枕飾り一式、遺影、ドライアイスなど
  • 照明設備、放送器具、焼香具、受付用具
  • 司会進行
  • 死亡届、火葬場手続き代行
  • 看板類作成
  • 霊柩車

葬儀一式の中身は、細かい部分を見ていくと葬儀社によって違ってきます。

なので、見積りなどで費用を比較する際は何が含まれていて何が含まれていないか、よく確認することが大切です。

他社では当たり前に一式の中に含んでいるものが依頼した葬儀社では含まれておらず、追加オプションとして高額な費用を支払うことになってしまう、という可能性もありますので注意が必要です。

祭壇の費用

祭壇は、主に生花祭壇と、白木祭壇という2種類があります。

全般的に生花祭壇の利用が増加傾向ではありますが、地域によっては、まだまだ白木祭壇が主流のところもあります。

生花祭壇も白木祭壇も、基本的には大きくなればなるほど、費用が高くなっていきます。
それでは、もう少し詳細にそれぞれの祭壇にかかる費用ついて知っておきましょう。

生花祭壇

昨今、生花祭壇を希望される方が増えています。
葬儀社によっては、葬儀のほぼ100%近くが生花祭壇の利用というところもあります。

基本的には、大きなサイズになるほど、複雑なデザインになるほど、高価な生花を使用するほど、生花祭壇として高額になっていきます。

逆に小さく、シンプルで、低価格な生花を使用すれば、より安い費用で生花祭壇の利用が可能となります。
幅1mほどの小さな生花祭壇であれば、5万円程度の費用で受注している葬儀社もあります。

また、全てを生花で作るのではなく、一部に造花を組み込むことで低価格で提供されている生花祭壇もあります。

白木祭壇

伝統的なスタイルである白木祭壇は、基本的にレンタル料(設営費含む)という位置づけで葬儀費用に含まれます。

白木祭壇は、通常大きさによって料金が変わってきます。

料金の低い祭壇では、5万円程度からありますが、高いものでは200、300万円といった高額な祭壇もあります。

公営の葬儀式場や民営の貸しホールの中には、白木の祭壇を最初から備え付けているところもあります。

このような公営式場を利用する場合には、通常は葬儀社に支払う祭壇の費用を負担せずに済むというケースもあります。

式場利用費

自宅で葬儀を行う場合には、式場利用費は必要ありませんが、自宅以外の場所で葬儀をする場合には、基本的に式場利用費が必要となります。

一般的に公営の施設を利用する場合の式場利用費は、市民など住民であれば無料または格安な料金設定となっています。

一方で、寺院や葬儀社、そのほか民間法人が経営している施設は公営の数倍の式場利用費が必要となる場合が多いです。

斎場利用の費用

施設や地域により斎場のほかに、「葬儀場」や「葬祭ホール」と呼んだりしますが斎場利用の費用とは、つまり通夜と葬儀を行う施設を利用するための費用です。

一般的に、立地条件、式場の大きさ、宿泊の可否、宿泊できる場合には入浴設備の有無などによって、費用が変わってきます。

寺院や葬儀社、そのほか民間法人が経営している斎場ですと、10万円~20万円が利用費用の相場です。

斎場によりますが、この費用には、駐車場やロビーやインフォメーションの案内係の人件費も含まれていることがあります。

火葬場利用の費用

火葬場利用の費用ということで、御遺体を火葬してもらうために必要な費用です。

火葬に直接かかわることだけなく、火葬前にはみなさんでお焼香をしたり、故人と最後のお別れをするための部屋を利用し、また火葬中には控室を利用したり火葬後には収骨室でお骨拾いをします。

なので、火葬場の施設全てを利用するための費用でもあります。

全国的に見ますと火葬場は公営であることが多く、公営の火葬場であれば市民などの住民は無料~3万円程度の利用費が目安となります。

飲食接待費

飲食接待費は、主に通夜振る舞いなどと呼ばれる通夜式後の飲食の席と、忌中払いなどと呼ばれる告別式当日の火葬後に用意する飲食の席にかかる費用です。

なお、火葬後に告別式を行い、その後に忌中払いを行うところもあるなど、地域によって流れは変わることがあります。

お通夜の飲食費用

お通夜のときの飲食費用は、参列者の人数によって変動します。

食べ物と飲み物で、おおむね1人当たり1000円〜1500円が目安です。

一般的に、食べ物は用意された全ての分を負担することになりますが、飲み物に関しては開栓した分だけを負担することになります。

予想される参列者数の7割程度の量を用意すると丁度良いことが多いです。

なので、葬儀社や料理屋と打ち合わせをする際には、「余っても良いから飲食の席が寂しくならないようにして欲しい」や、「料理が足りなくなったら、仕方ないので、無駄の無いようにして欲しい」などといった考えを伝えておくと良いでしょう。

告別式の飲食費用

告別式の飲食費用は、基本的に家族と親族の人数分を用意することになります。

それから、寺院などの司祭者の意向にもよりますが、司祭者も飲食に同席される場合には、その分も追加となります。

おおむね1人当たり4千円~8千円が目安です。

告別式当日の飲食については家族と親族の人数分ということで用意すべき数量は把握しやすく、通夜時の飲食と違って余りが生じることはほとんどありません。

車両の費用

葬儀において車両は付き物です。

ここでは葬儀で利用される寝台車とマイクロバスについて説明しておきます。

寝台車

寝台車は、御遺体を搬送するために使用する車両です。

病院から自宅や葬儀場への搬送、自宅から葬儀場への搬送などで寝台車は使用されます。
寝台車の費用は、各社が国土交通大臣の認可を受けた料金であり、走行距離に応じて料金が定められています。

たとえば、走行距離10キロ以内の場合、1万2千円~1万8千円程度が目安です。
なお、深夜(おおむね22時〜5時)の利用については、基本的に割増料金となります。

マイクロバス

マイクロバスは、葬儀で必ず使うというわけではなく、時と場合により使用されます。

たとえば、告別式を行った葬儀場から火葬場に移動する際、全員が自家用車を利用することもあります。
また、移動する人数が多い場合や自家用車が不足している場合など、状況によりマイクロバスを使用します。

ただし、地域によっては、棺が載せられるようになっているマイクロバスを使用するところもあります。
このような地域においては、基本的に必ずマイクロバスを使用することになります。

マイクロバスの費用は、走行距離に応じますが市内の葬儀場から火葬場の往復で3万5千円〜5万円が目安です。

返礼品(香典返し)の費用

葬儀の際、色々な方からお香典をいただきますが、これに対するお返しの品物代が、返礼品(香典返し)の費用となります。

一般的に返礼品は「半返し」と言われますので、5千円がいただくお香典の相場だとすると、1個あたり2,500円程度の品物を用意することになるます。

また、地域によって異なりますが返礼品に会葬御礼品と御礼状をセットにして、通夜や告別式当日に、お香典をいただいたその場で各参列者にお渡しするという当日返しをすることもあります。

会葬御礼品と御礼状を合わせて概ね500円程度が目安となりますので、返礼品と会葬御礼品と御礼状の1セットで3千円が目安ということになります。

なお、数万円といった相場以上のお香典をお持ちくださった方がいた場合、後日その方にはお香典額に応じた返礼品を別途用意することが一般的です。

供花の費用

供花とは祭壇の両脇に「喪主」や「施主」、もしくは個人名の札名を添えてお供えするお花のことです。

供花の費用は、1基あたり1万2千円〜2万円が目安です。

供花は一対(2基)で送ることもあります。
その場合は、一基の倍の値段となります。

地域や宗教宗派によっては、お花ではなく樒(しきみ)をお供えする場合もありますが、費用的には大差ありません。

寺院へのお礼(お布施)の費用

僧侶の方にお経を読んでいただく仏式での葬儀が、現在のところ圧倒的に多いです。
この場合には寺院へのお礼(お布施)の費用が必要となります。

本来、お布施はサービスの対価として寺院にお渡しするものではありません。

なので、読経料、戒名料といった言い方は避けるべきですがここでは話をわかりやすくするために、
あえて読経料や戒名料という言葉を使用して説明いたします。

読経料

読経料は通夜、葬儀・告別式の2日分と、その他場合によって火葬場での読経や葬儀・告別式当日に行う繰り上げ初七日法要での読経にかかる費用です。

読経料も地域や宗派によって、また寺院によって異なりますが20万円~30万円が目安です。

戒名料

戒名料とは、寺院に戒名を付けていただくための費用です。

戒名には階位のようなものがあり、ごく一般的にいただく信士(しんし・しんじ)、信女(しんにょ)で10万円~20万円が目安です。

ご家族の希望により寺院の了承のもとお経だけあげていただき、戒名を付けないで生前の名前のまま葬儀をしてもらった場合には、もちろん戒名料はかかりません。

ですが、戒名がないと寺院での供養が出来ないことがありますので注意が必要です。

お車代

お坊さんが葬儀を行う会場まで行き来する交通費にあたるものをお車代としてお渡しします。
お車代は、市町村内の移動で5千円が目安です。

その他、遠方から来られる場合には、新幹線や電車など公共の交通機関の料金を調べて、相当分程度をお車代として用意します。
なお、お坊さんを家族や親族が送迎したりタクシーを手配する場合には、お車代は不要です。

御膳料

告別式当日に設けられる忌中払いなどの飲食の席に、お坊さんが同席されない場合には御膳料として食事代を用意します。

金額的には、みなさんがお召し上がりになるお食事代と同程度包みますので、キリのよいところで5千円~1万円が目安です。

お坊さんが飲食の場に同席される場合には御前料は不要です。

その他オプションの費用について

その他オプション的な費用について、知っておいた方が良いと思われるものを、いくつかご紹介しておきます。

湯灌料

湯灌とは昔の風習で亡くなられた方を、大きなタライなどに用意した逆さ湯でお身体を洗って差し上げることを言います。

現代では訪問介護で使用するようなバスタブを用いて、お身体を洗って差し上げるサービスとなっています。

お身体を洗うだけでなく、洗髪や爪切り、死化粧も行います。
湯灌は、衛生目的でも行われることがあります。
湯灌料は、10万円~15万円が目安です。

ドライアイス

亡くなられた方のお身体は、適切な処置をしないと、急激に状態が悪くなっていきます。
そのため、特に防腐を目的として、ドライアイスが最も多く使用されています。

通常、ドライアイス10キロを24時間分として用意されますが、10キロで7千円〜1万円が目安です。
葬儀一式の基本的セットの中にドライアイス10キロ分(1日分)は含まれていることもあります。

ですが、亡くなられてから火葬を行う日までの日数が開いていると、その分をプラスの費用として加算されることがあります。

エンバーミング

エンバーミングとは、専門技術者により亡くなられた方に専用の液体を注入して防腐処理を行うことです。
防腐目的のほか、修復目的や感染防止目的で行われます。

まるで生前と変わらずに眠っているかの様子のままで、美しく火葬を迎えられるのが一番の特徴です。
アメリカなど海外では一般的なエンバーミングですが、20年ほど前から日本でも徐々に普及してきました。

エンバーミングの費用は、15万円~25万円が目安です。
エンバーミングを行った場合には、ドライアイスは不要となります。

会葬礼状

会葬礼状については、会葬御礼品とセットにして参列者にお渡しすることが多いのですが、会葬礼状のみでお渡しすることもあります。

会葬礼状を単品で用意する場合、サイズや絵柄の有無などによって前後しますが、1枚20円〜50円が目安です。

会葬御礼品とセットで注文する場合は、無料で用意してくれる業者もあります。

道案内看板

交差点などに「〇〇家式場」と表記され、矢印が付してある案内看板が多いですが、道案内看板をオプション的な扱いで用意している葬儀社もあります。

道案内看板の費用は、設置する料金込みで1枚あたり3千円~5千円が目安です。

都道府県別の平均葬儀費用

お金

葬儀にかかる費用の平均は、地域によって差があります。

細かく見ると一概には言えませんが、全国的に見ますと東日本の方が西日本よりも葬儀費用の平均が高い傾向にあります。

ここでは、いくつかの都道府県別に平均葬儀費用を見てみましょう。

下記の金額は葬儀一式、飲食接待費、返礼品費用の合計です。

東京

東京都では、188万円が平均です。
他の地域と比べると、特に23区内は式場利用費が高い傾向にあります。

また、都内は利用料金の安い公営ではなく、民営の火葬場が多いため、これが葬儀費用の平均を上げている要因のひとつになっています。

千葉

千葉県は、202万円が平均です。
全国の中でも、葬儀費用の平均が特に高い地域となっています。

他地域に比べますと、参列者数が多い傾向にあり、このため飲食接待費や返礼品費用が膨らむ傾向にあります。

大阪

大阪府は、132万円が平均です。
大阪府は全ての費用項目について、全般的に全国比で安い傾向にあります。

横浜

横浜市では、172万円が平均です。
ちなみに神奈川県の平均では169万円です。

福岡

福岡県は、133万円が平均です。
こちらも大阪同様、全般的に安い傾向にあります。

葬儀費用の支払いについて

人々

葬儀費用の支払いについても知っておいた方が良いことがありますので、ポイントを絞ってご紹介いたします。

葬儀費用は前払い?後払い?

葬儀費用は、一般的に後払いです。
概ね、基本的には葬儀後一週間以内を目安に、支払うことになります。

葬儀社の立場からしますと後払いにはリスクがありますから、前払いを希望される場合には葬儀社に申し出れば拒否されることはないでしょう。

ただし、前払いをした場合でも参列者人数によって変動する飲食接待費用など、葬儀が終わらないと確定しない費用もあります。

なので、最後に差額調整をすることになります。

葬儀費用のローン払いって出来るの?

葬儀費用を対象とした、ローンを提供している金融機関がありますので、与信審査に通れば、葬儀費用のローン払いは可能です。

ただし、多くのローンの場合、与信審査を経て融資が実行されるまで10日〜14日程度の日数を要することが一般的です。

そのため、支払期限に間に合わない場合には、支払先である葬儀社などから事前に了承を得ておくことが必要です。

また、葬儀社によってはクレジットカード会社や信販会社と提携していて、クレジット払いによる分割払いも可能な場合があります。

与信審査は、ローンよりもクレジットカード会社や信販会社の方が早い傾向にあります。

費用を支払うのは喪主?長男?

葬儀の費用を支払うのは、喪主や長男と決まっているわけではありません。
基本的には施主が、費用を支払うことになります。

施主=喪主であることが多いですが、喪主は配偶者が務めて施主は長男が務めるようなケースもあります。

いずれの場合においても、施主が全て費用負担する必要はありません
葬儀社に対して、施主が支払いの窓口になるという意味です。

葬儀費用を安くするには?

お金

遺された家族には今後の生活もありますし、出来るならば葬儀費用は安く抑えたいと思うわれる方もいらっしゃるでしょう。

葬儀費用を安くする方法について、ポイントをお伝えしておきます。

葬儀の形式を見直しましょう

葬儀費用を安くしたいときに、まずは葬儀の形式を見直すことがポイントのひとつです。

もっとも費用負担の少ない葬儀の形式は直葬(火葬式)です。
一般葬を希望していても、費用の問題で火葬式を選択した方が良い場合もあるでしょう。

しかし、安さだけを求めて安易に家族葬を選ぶことは注意が必要です。
何故なら、一般葬の場合には、飲食接待費や返礼品費用が大きく加算されます。

そのため、葬儀費用の合計としては高くなりますが、飲食接待費や返礼品費用はいただくお香典内で賄うものであり実質的な家からの持ち出し分としては、一般葬と家族葬で費用は大差ありません。

むしろ、飲食接待費と返礼品費用をなるべく抑えることで、お香典で家からの持ち出し分をカバーできます。

そのため、家族葬よりも一般葬の方が持ち出し分が少なくなる場合もあります。
葬儀の形式はちゃんと考えるようにしましょう。

葬儀保険に加入しましょう

葬儀社によっては、葬儀保険を提供しているところもあります。

生前のうちに葬儀保険として、コツコツ支払いをしておくことで、実際の葬儀の際一度に支払う葬儀費用の負担が軽くなります。

多くの場合、葬儀保険は葬儀社が少額短期保険を扱っている保険会社と提携している形で提供されています。

葬儀保険と同じように生前のうちから支払うものには、互助会もあります。
互助会の場合は、葬儀費用が全額負担されないことが多いので気を付けましょう。

葬祭費の扶助制度を利用出来ることも

一定条件を満たすと、国や行政機関から葬祭費の扶助を受けることが出来ますので、これらの制度を利用することで、葬儀費用の負担を減らすことが出来ます。

たとえば国民健康保険または後期高齢者医療保険に加入している場合には、葬祭費が扶助されます。
葬祭費は自治体によって支給額が異なり3万円~5万円が目安です。

そのほかの社会保険でも扶助を受けることができ、状況に応じて埋葬料や埋葬費や家族埋葬料といった支給があります。

埋葬料と家族埋葬料は、一律5万円、埋葬費は5万円を限度として実費が支給されます。

葬儀費用は確定申告できない

困った人々

葬儀費用について確定申告して、税金の控除を受けられると思っている方がいらっしゃいますが、残念ながら葬儀費用は確定申告できません

ただし、葬儀費用は相続税の申告を行う際に控除対象となります。

ちなみに故人の確定申告は、死後4ヶ月以内に準確定申告というものを行い、納税をしなければなりません。

葬儀の費用についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回は、葬儀の費用についてお伝えいたしました。

主に下記の点についておわかりいただけたのではないかと思います。

  • 葬儀費用の全国平均は、196万円である
  • 葬儀費用の相場は、葬儀の形式ごとに見ると、火葬式で15万円~25万円、一日葬で40万円~70万円、家族葬で60万円~110万円、一般葬で80万円~140万円となっている(全ての形式で寺院費用は除く)
  • 葬儀費用の各内訳、明細についての意味や費用の目安などについて
  • 全国の地域別に葬儀費用の平均を見ると、東日本の方が西日本に比べて高い傾向にある
  • 葬儀費用の支払いについては、一般的に後払いであり、ローン払いの利用も可能である
  • 葬儀費用を安く抑える方法としては、葬儀の形式を見直すことや、葬儀保険の利用、葬儀費用の扶助制度の利用などがある
  • 葬儀費用は確定申告できないが、相続税の申告では控除対象となる

なかなかわかりにくい葬儀費用というものですが、実際の葬儀においてよくわからないまま進めてしまうと、トラブルや後悔の原因になりかねません。

こうして終活を通じ、葬儀およびその費用について知っておくことも大事なことです。

今回、終活ねっとでは、「葬儀の費用」についてお伝えいたしましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので、よろしければ参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

「葬儀・費用」に関連する記事

「葬儀・費用」についてさらに知りたい方へ

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

  • 一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

    一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

    一般葬での葬儀でどのくらいの費用がかかるのか、考えてみると意外とわからないものですよね。一般葬でかかる費用が分かっていると、ご自身の終活を進める上でも大変良い目安となります。この記事では一般葬での費用とその内訳について、詳しく解説していきます。

  • 葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!のサムネイル画像

    葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!

    葬儀やお墓の費用はご遺族の今後の生活に関わることですから、よく考えて決める必要があります。 でもよく分からないことが多く、費用は見当もつかないという方もおられるでしょう。 今回の終活ねっとの記事では、葬儀とお墓の費用について、内訳も含めて分かりやすく解説します。

  • 一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

    一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

    一日葬って聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。葬儀を1日で終わらせるため、家族の費用的・精神的な負担が軽減されます。この一日葬の費用について、今回はわかりやすく解説していきます。

  • 葬儀にかかる費用って誰がどう払えばいいの?のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用って誰がどう払えばいいの?

    葬儀にはどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回は葬儀で気になる費用についてを紹介していきます。

  • 葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!のサムネイル画像

    葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!

    お葬式やお墓を建てて供養をするには、一体どのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか? なかなか人にたずねることが難しい内容ですが、いざという時のために知っておきたいですよね。今回は、お葬式とお墓に掛かる費用について、その内訳や相場を詳しくご説明していきます。

  • 多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

    多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

    多くの方がイメージする葬儀とはお通夜と告別式を1日ずつ行い、かつ、お経を唱えるものではないでしょうか。しかし、現代では社会の変化に伴ってさまざまな葬儀のあり方が現れ、その影響で葬儀の種類も増えてきています。今回は増えてきている葬儀の種類の事情を見ていきます。

  • お葬式の費用には、何が含まれていて相場はどんなもの?のサムネイル画像

    お葬式の費用には、何が含まれていて相場はどんなもの?

    お葬式は、予め費用を考えて葬儀に臨む事は難しいものです。冷静な時には、お葬式をどの様にして費用はこれ位でと考えることが出来ても、実際には難しいものです。難しい中でも必要な事ですし、又、心積もりとしても参考になると思います。

  • 気になる直葬の費用の相場について調査しました!のサムネイル画像

    気になる直葬の費用の相場について調査しました!

    「お葬式の費用ってどれくらいかかるの?」と考えたことはありませんか? 簡素でも心温まるお葬式をしたいと考えたことはありますか? 今、直葬に注目が集まっています。 費用を抑えつつも故人との最後のお別れができる直葬について調べてみました。どうぞ、最後までご覧ください。

  • 葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介のサムネイル画像

    葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介

    葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要になります。今回の終活ねっとでは、葬儀社の選び方について詳しく説明します。選び方のポイントの他にも、葬儀社を選ぶタイミングや費用の項目もあわせて紹介していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・費用」についてさらに知りたい方へ

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!のサムネイル画像

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

葬儀にかかる費用って誰がどう払えばいいの?のサムネイル画像

葬儀にかかる費用って誰がどう払えばいいの?

葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!のサムネイル画像

葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

お葬式の費用には、何が含まれていて相場はどんなもの?のサムネイル画像

お葬式の費用には、何が含まれていて相場はどんなもの?

気になる直葬の費用の相場について調査しました!のサムネイル画像

気になる直葬の費用の相場について調査しました!

葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介のサムネイル画像

葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと