夫婦別姓でも一緒のお墓に入れるのか徹底解説します!

近年では夫婦関係においても価値観が大きく変化してきており、結婚しても別姓のままにしておこうという方々も増えてきています。ただ、この場合いろいろな問題にぶつかることがありますが、その1つに数えられるのがお墓の問題です。今回は夫婦別姓とお墓の事情を見ていきます。

目次

  1. 夫婦別姓のお墓事情に入れるのかについて
  2. 夫婦別姓だとどっちのお墓に入るのか
  3. 夫婦で別姓でも同じお墓に入れるのか
  4. お墓に一緒に入るための規定
  5. 夫婦でお墓に入らないという選択もある
  6. 夫婦別姓のお墓事情についてのまとめ

夫婦別姓のお墓事情に入れるのかについて

人々

ご夫婦の皆様方、毎日をいかがお過ごしでしょうか?
ご夫婦といえば、姓をまとめておられる方もいれば、いわゆる夫婦別姓ということでご結婚後も姓を別々にしていらっしゃる方も多いでしょう。

さて、この夫婦別姓ですが、世界的には広く行われている中で、長い間それに対して後ろ向きだった日本でもようやく広まりを見せてきています。
ただ、夫婦別姓を選択するとなると、現実にはさまざまな問題に直面せざるを得ないことも少なくありません。

特に、終活との関係で取りざたされる問題の1つとして、夫婦別姓で一緒のお墓に入れるかどうかというものがあります。
せっかく生涯ずっと一緒にいることを誓い合った仲ですから、できれば亡くなった後も一緒のお墓に入りたいというのが正直な気持ちではないでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、夫婦別姓で結婚生活を送っている方や、これから結婚する際に夫婦別姓を望む方向けに、夫婦別姓の場合のお墓について一緒に見ていきましょう。

  • 夫婦別姓の場合、どちらのお墓に入ることになるのか?
  • 夫婦で別姓でも同じお墓に入ることはできるだろうのか?
  • お墓に一緒に入るために守るべき規定とは?
  • 夫婦でお墓に入らないという選択肢も

この記事では以上のことを中心に解説していきます。
ぜひ最後までお読みください。

夫婦別姓だとどっちのお墓に入るのか

お墓

実際のところ、夫婦別姓の場合は夫もしくは妻の家のお墓のどちらに入るのでしょうか?
現状で夫の建てたお墓に入ることが多い以上、非常に気になるところでしょう。

ここでは、いくつかのパターンに分けて、夫婦別姓だとどっちのお墓に入るのかについて考えてみましょう。

結婚をして実家の姓と変わった場合

現在の日本では結婚した際に、ほとんどの場合で夫か妻のどちらかが実家の姓を変えることとなります。
そして、実に9割以上の割合で、結婚の時点で妻の方が夫の姓に変えるという選択が行われています。

まず、結婚をして実家の姓と変わった場合は妻はどちらのお墓に入ることになるのでしょうか?
これは、一般的には夫の家のお墓に入ることとなります。
というのは、結婚して姓が変わった場合、その方はすでに他家の人間という扱いになるためです。

ただ、実家のお墓に入ることができないわけではありません。
この場合は、夫の家の了承を得ることと、その後に実家のお墓の承継者の方の了承が必要となります。

それでは、逆に夫の方が妻の姓に変えた場合はどうなるのでしょうか?
こちらについては妻の方がお墓の所有者(承継者)である場合でならば、妻の家のお墓に入ることができます。

離婚後も夫の姓を名乗っている場合

近年では離婚するパターンも少なくありませんが、妻の方がお子さんのことを考えて離婚後も夫の姓を名乗るということも多いです。
離婚後も夫の姓を名乗っている場合は、どちらのお墓に入ることになるのでしょうか?

この場合は、基本的に夫の姓でお墓に入ることになるため、墓所の管理人と事前の相談が必要です。
そして、その際には主に2つの選択肢から1つを選ぶことになります。
つまり、「実家のお墓に自分の名字を彫刻してもらう」、もしくは「墓誌を建ててもらう」というものです。

ただ、相談さえすれば全面的に許可されるというわけではありませんので、注意が必要です。

内縁関係の場合

結婚観の多様化のためか、婚姻届は提出していないものの継続的な共同生活を営んでいて、社会的に夫婦とみなされる内縁関係の方々も増えてきています。
内縁関係の場合はどちらのお墓に入ることになるのでしょうか?

これは判断が非常に難しく、お墓の所有者の許可さえあれば入ることができる場合やお墓を管理するお寺が一緒に入ることを認める場合もあります。
ただ、ここに挙げた方法での可能性が少しでもある場合は、あきらめずに関係者に相談を続けることが大切です。

夫婦で別姓でも同じお墓に入れるのか

お墓

それでは、ご夫婦で別姓の場合同じお墓に入ることはできるのでしょうか?

実はそのための方法はいくつかあります。
ここでは、両家のお墓にご遺骨を半分ずつ納骨するという方法と、両家の姓が記されたお墓を建てる方法、そしてお墓の管理者や親族の方の許可を得るという方法とを見ていきます。

両家にご遺骨を半分ずつ納骨する

この方法は、いわばご夫婦それぞれのご遺骨を半分ずつ両家のお墓に分骨するというものです。
この方法を実行に移すとなると、夫も妻もそれぞれの配偶者の家の承認が必要となってきますが、ご夫婦とも別姓で結婚生活をしていたことを示すことができます。

ちなみに、分骨するということであれば、火葬の段階で火葬場に分骨証明書を発行してもらうことを忘れないようにしましょう。
終活でよく使われるエンディングノートにあらかじめその旨を書き込んでおくとよいでしょう。

両姓刻印のお墓を建てる

最近では夫婦別姓の風潮の広まりに合わせて、お墓でもご夫婦の両姓を刻印したお墓を建てることができるようになってきています。

ただ、別姓のご夫婦にお子さんがいる場合、そのことまで考えるとこの方法はやや困難さを伴うものといえるものです。
というのは、お墓を建てるには最低でも数十万円から100万円は必要で、加えてお子さんのお墓のことを考えると一緒に入ることができないため、別のお墓を建てるのに手間がかかるためです。

このため、この方法を採用するのであれば、あくまでも夫婦墓という扱いにするというのが現実的といえるでしょう。

お墓の管理者や親族の方の許可を得る

ここまで見てきた2つの方法に比べると、非常にストレートといえるのがこのお墓の管理者や親族の方の許可を得るという方法です。

例えば、お墓の管理者が寺院であっても、中には夫婦別姓でお墓に入ることができるところもありますし、また親族の方が夫婦別姓に非常に理解のある方であれば、たとえ姓が別々でもお墓に入ることができるといえるでしょう。

しかし、この方法を取った場合、最初に見た分骨の場合と異なってどちらかの家のお墓に入ることになるため、結果的にどちらかの家の姓に統一すればよかったのではないかという声も出てくる可能性があるため、特にこの方法にこだわるのであればそれなりの説得の準備も必要です。

お墓に一緒に入るための規定

人々

ここまで、夫婦別姓でも一緒にお墓に入ることのできる方法を見てきましたが、それを実際にやる場合に気になるのが、何らかの規定(法律など)があるのかどうかという点です。
ここでは、お墓に一緒に入るための規定について解説していきます。

最初に書いておきますと、法律レベルでは別姓のご夫婦の方が一緒にお墓に入ることについて定めた規定は特にありません。
そのため、問題となってくるのは墓地側の規定やご親族の同意や許可、そして祭祀継承者の意思ということになってきます。

墓地側の規定

まずは墓地の管理者が定めた規定から見ていきましょう。
実のところ、墓地によっては「お墓の永代使用者(承継者)から何親等以内の親族」や「血縁者のみ」といった、いわば「戸籍上の関係や血縁関係がある人々以外はお断り」というところも少なくありません。

特に、この傾向は歴史のある格式の高い寺院の墓地や、自治体が運営している公営霊園に見られがちです。
このため、夫婦別姓の方でこれらの墓地や霊園を利用するという選択肢があるということであれば、事前に管理者に問い合わせてみることがおすすめといえます。

ただ、夫婦別姓の風潮の広まりで、従来のこれらの規定を緩和して、別姓のご夫婦の方たちが一緒に入ることができるようにしているところも増え始めていますので、一緒に入ることのできるお墓をあきらめずに探すことも大切です。

家族・親族の同意を得る

墓地の規定とともに重要となってくる要素が、別姓のご夫婦が同じお墓に入ることにご家族やご親族の同意を得ることができるかどうかという点です。
極端な話、この後に触れる祭祀継承者の方の意思とあわせて、その方が同じお墓に入ることについて前向きな気持ちであれば、ご家族やご親族も賛成してくれるという場合もあります。

しかし、家によっては祭祀継承者の方は賛成したものの、他のご家族やご親族の方が反対したために、この話が白紙になったというケースも実際には十分にあり得ることです。

そもそも、お墓そのものが日本の伝統的な家を重んじる文化の象徴であるともされているだけに、お墓の問題はご家族やご親族の間でよく話し合ったうえで、きちんと同意を取り付けるようにした方が後々トラブルや人間関係の悪化になりにくいといえるでしょう。

祭祀継承者の意思

いわゆるお墓を主に守っている方である、祭祀継承者の意思というのも、別姓のご夫婦が一緒にお墓に入ることができるかどうかについては非常に重要な要素です。
先ほども見たようなご家族やご親族が前向きであっても、肝心の祭祀継承者の方の意思が反対ということであれば、とても実現しないことであるためです。

特に、祭祀継承者の方が夫婦別姓に警戒心を持つというような保守的な考え方を持つというような場合は、いっそのこと夫婦墓を新たに立てる、あるいは散骨や永代供養といった、お墓の管理を必要としない供養方法を考えるというのも1つの手です。

ただ、逆に祭祀継承者の方が事情をよく考えてくれていたり、夫婦別姓に対して理解があったりするという姿勢ということであれば、祭祀継承者の方にお願いするというのは考えてみてもよいでしょう。

夫婦でお墓に入らないという選択もある

人々

別姓のご夫婦が一緒のお墓に入るという選択肢もあれば、ご夫婦でお墓に入らないという選択肢を取ることもできます。

そこでここでは、お墓に入る以外に別姓のご夫婦が共に葬られるための方法について見ていきます。
特に、お墓に一緒に入れないのではないかと悩んでいらっしゃる別姓のご夫婦の方はぜひとも検討してみてください。

永代供養

永代供養とは、納骨されたご遺骨の供養や管理を、墓地や霊園の管理者が一切行ってくれるものです。
特に、合祀墓への納骨の場合であれば、一度納骨された後は半永久的に供養などを行ってもらうことができます。

主に、合祀墓への納骨が行われる場合が多く、この場合は複数人の方とともに埋葬されるため、たとえご夫婦で姓が別々であっても納骨してもらうことができます。
ただし、一度納骨されるとご遺骨の取り出しはできないので注意が必要です。

このほかにも、永代供養つきの夫婦墓というものもありますが、こちらは納骨の期限(三十三回忌までなど)が設けられており、その期限を迎えると合祀墓への納骨となります。

散骨

散骨とは、海や山といった自然の中にご遺骨を撒くという葬儀の方法です。
自然の中で眠りたいという方や亡くなった後にお墓のことでご家族に負担をかけたくないという方を中心にとられている方法で、ご遺骨は撒いて残らなくなるため、その後のお墓の管理は一切しなくて済みます。

このため、生前のご夫婦が同じ姓であっても、また別姓であっても関係なく利用することができます。
ただし、散骨を行うには事前に粉骨を行う必要があることや、ご遺骨が残らないということには注意しておきましょう。

樹木葬

公園墓地の中に設けた区画や専用の墓地に植えた樹木のたもとにご遺骨を埋葬するのが樹木葬です。
永代供養の一種であるため、宗教・宗派だけでなく、家族構成や状況にも関係なく利用することができます。
もちろん、別姓のご夫婦でも利用することは可能です。

特に、自然の中で眠りたいという方や自然に対する意識の高い方にはお勧めです。

夫婦別姓のお墓事情についてのまとめ

人々

夫婦別姓のお墓事情についていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめると、以下のようになります。

  • ご夫婦で姓が別々である場合、どちらのお墓に入るのかについてはいくつかのパターンに分かれる。結婚をして実家の姓から変わった場合や離婚後も妻が夫の姓を名乗っている場合、内縁関係の場合とによってとることのできる方法が変わってくる。
  • ご夫婦で別姓でも同じお墓に入るには、両家のお墓にご遺骨を半分ずつ分骨する方法や両方の姓を刻印したお墓を建てる方法、お墓の管理者やご親族の許可を得る方法が挙げられる。
  • お墓に一緒に入るための規定は法律レベルではないが、墓地や霊園が定めた規定がある。ほかにもご家族やご親族の同意を得る必要や、祭祀継承者の方の意思による場合がある。
  • 夫婦でお墓に入らないという選択も可能で、そのための方法として永代供養や散骨、樹木葬が挙げられる。

夫婦別姓は少しずつ広まりを見せてきてはいますが、やはり社会全体としてはまだまだ一般的とは言えない状態であるため、お墓に関しても別姓のご夫婦の方が一緒に入るとなるとそれなりにお墓の関係者の方たちとよく相談する必要があります。

しかし、少しずつですが別姓のご夫婦の方がお墓に一緒に入ることができてきている状況ですし、これからもこのような例は増えていくことが予想されますので、少しでも一緒にお墓に入ることのできる可能性があるのならば、あきらめないことが大切です。

最後までお読みくださりありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「夫婦・別姓・お墓」に関連する記事

「夫婦・別姓・お墓」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「夫婦・別姓・お墓」についてさらに知りたい方へ

夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?のサムネイル画像

夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介しますのサムネイル画像

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介します

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!のサムネイル画像

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!

夫婦は「同じお墓に入るもの」と決まっているの?のサムネイル画像

夫婦は「同じお墓に入るもの」と決まっているの?

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!のサムネイル画像

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!のサムネイル画像

嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!のサムネイル画像

永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「夫婦・別姓・お墓」についてさらに知りたい方へ

夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?のサムネイル画像

夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介しますのサムネイル画像

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介します

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!のサムネイル画像

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!

夫婦は「同じお墓に入るもの」と決まっているの?のサムネイル画像

夫婦は「同じお墓に入るもの」と決まっているの?

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと