終活で納骨堂を選ぶ時のポイントは?納骨堂の特徴を詳しく解説!

終活では、お墓のことも多くの方が関心を持つテーマです。お墓にも色々な形態があり、納骨堂はそのうちのひとつ。終活でお墓のことを調べている方、実際にお墓を探している方など、納骨堂を選ぶ時には、いくつかの大切なポイントがありますのでぜひ知っておいてください!

目次

  1. 終活で検討する納骨堂について
  2. 納骨堂って一体どんなところ?
  3. 終活で納骨堂を選ぶ時のポイント
  4. 終活において納骨堂の利用に向いている方
  5. 終活で検討する納骨堂についてまとめ

終活で検討する納骨堂について

お墓

納骨堂をご存知でしょうか?

墓地に墓石を建てるタイプのお墓が現在も主流ですが、納骨堂自体も増えていますし、納骨堂を利用される方も都心部を中心に増えている傾向にあります。

ご家庭の状況をお聞きすると、墓石を建てるタイプのお墓よりも、納骨堂を利用された方が良いのではないかと思われる方もいらっしゃいます。
終活でお墓のことを検討されている方は、この納骨堂についても知っておいた方が良いですね。

そこで今回は、終活で納骨堂を選ぶ時のポイントを中心に次のようなことをお伝えしていきます。

  • そもそも納骨堂とはどういうところなのか?
  • 終活で納骨堂を選ぶときのポイントは?
  • 納骨堂を利用することに向いているのはどんな人?

終活で納骨堂を選ぶときに、必ず参考になることが多いと思います。

ぜひ最後までお付き合いください!

納骨堂って一体どんなところ?

困った人々

納骨堂は、簡単に言えば、屋内にて御遺骨を収蔵する施設です。

昔ながらの墓地と異なり、土の中に御遺骨を納めることはありません。
お参りをするところも屋内となり、納骨堂によっては法要を行える部屋も備えています。

お墓の形態の一種ですから、一般的な墓地や霊園と同様に都道府県知事の認可を受けています。

昔ながらの墓地に墓石を建てるタイプのお墓が、土地付き一戸建てだとしたら、納骨堂はアパートやマンションのような集合住宅というイメージでしょうか。

納骨堂は、墓地に墓石を建てる形態のお墓に比べて、個々の御遺骨が占有するスペースが小さいことから使用料も安く設定されている傾向にあります。

ですが、納骨堂とひとことで言いましても、色々なタイプが存在します。

また、納骨堂の運営主体にも数種類あり、それぞれ特徴があります。

ここでは、終活での納骨堂に関する基礎的知識として、納骨堂のタイプと運営主体について説明いたします。

納骨堂のタイプ

屋内に御遺骨を収蔵することは共通していますが、御遺骨の収蔵方法やシステムにより納骨堂は、次のようなタイプに分けられます。

ロッカー式納骨堂

ロッカー式は、扉付きの保管スペースが縦横ずらっと並んでいるタイプです。

御遺骨を収蔵するにふさわしく、見栄えは良くしてあります。
駅構内にあるような扉付きのロッカーをイメージしていただければ良いでしょう。

ロッカー式は、それぞれ御遺骨1人分を納められるようになっていることが一般的です。

仏壇式納骨堂

仏壇式は、まさに仏壇が並んでいるタイプの納骨堂です。

上部分は一般的な仏壇同様に、御本尊や位牌などを祀り、下部分は御遺骨の収蔵スペースとなっています。
仏壇式の多くは、御遺骨4~6人分を納められるようになっています。

自動搬送式納骨堂

自動搬送式は、会員カードや暗証番号で受付を行うと、御遺骨が収蔵庫から参拝スペースに自動的に送られてくるタイプです。

最新的なシステムを使用した納骨堂ですが、限られた空間に対して、他のタイプの納骨堂よりも多くの御遺骨を収蔵することが出来るため、利用料が割高になっているということはありません。

位牌式納骨堂

位牌式は、仏像の周りや、位牌用の棚や檀上に、各個人の位牌を並べ、御遺骨は別に収蔵庫で保管されるタイプの納骨堂です。

お参りする方は収蔵庫には入れず、位牌を前にしてお参りをする利用方法となっている場合が多いという特徴があります。

納骨堂の中で、位牌式は、特に利用料が安い傾向にあります。

納骨堂の運営主体について

納骨堂の運営主体は、主に寺院、民営、公営の3種類があります。
それぞれの意味や特徴などを知っておきましょう。

寺院納骨堂

寺院納骨堂は、寺院が運営主体となっています。

元々納骨堂は、寺院が御遺骨の納骨先が決まっていない檀家(だんか)から、御遺骨を一時的に預かるために寺院の敷地内に設けられていた施設です。

今は、一時的ということではなく、永代的に利用する施設となっていますが、「基本的に檀家のための納骨堂である」という考え方の寺院も多くあります。

したがいまして、寺院納骨堂によっては、利用する場合には檀家になることを求められるところもありますので注意が必要です。

民営納骨堂

民営納骨堂は、公益法人や宗教法人が運営主体となっています。

宗教法人には寺院もありますが、寺院納骨堂は寺院経営や布教活動の一部として運営されるのに対して、民営納骨堂で寺院が運営している場合には、あくまで別事業として行われているものになります。

多くは寺院が運営主体であっても、広告や販売の実務は民間企業に委託されています。

寺院納骨堂や公営納骨堂と比べて、民営納骨堂は、一般的に利便性良く設備が整っている傾向にあります。

公営納骨堂

公営納骨堂は、市町村などの地方自治体や、複数の自治体によって構成される「組合」が運営主体です。

公営ということで、宗教宗派の制限もありませんし、利用するための費用も低く設定されています。
一方で、「市内居住者であること」など、利用するにあたり条件設定されている場合が多く、誰でも利用できるというわけではありません。

特に都心部では公営納骨堂の人気が高く、中には数十倍の倍率となる抽選に当選しないと利用できないことも珍しくありません。

終活で納骨堂を選ぶ時のポイント

人々

納骨堂のタイプや運営主体についてはお解りいただけたと思いますので、次に終活で納骨堂を選ぶ時のポイントを見ていきましょう。

生前に予約できるか

お墓の面倒をみる後継者がいないとか、自分の死後に家族に負担をかけたくないということでお墓の生前予約を検討される方も増えています。

納骨堂によって、生きているうちに自分や家族のために生前予約が出来るところと、生前予約が出来ないところがあります。

料金は、予約時に一部を支払うとしているところもありますし、希望により今後かかってくる費用の全てを納めてしまうことができるところもあります。

ただし、生前に予約できるところであっても、「契約後何年以内に納骨をしなければならない」というような規定が設けられていることが多いので、この点は注意が必要ですね。

費用

費用の点も大切なポイントとなります。

費用は、永代(えいたい)使用料管理料が基本的に必要となります。
永代使用料は契約時に一度支払えば済みますが、管理料は毎年支払うものになります。

そのほか、納骨堂内に墓誌(ぼし)や墓碑(ぼひ)が設置されていることがあり、これに名前や没年月日を彫刻する場合には、別途彫刻代が必要となります。

アクセス・立地条件

特に現在終活中の方は、今のところ元気で車の運転も出来るかもしれませんし、電車やバスを使えばどこでも行けるかもしれませんが、何年か後も同様とは限りません。

アクセス・立地条件が悪いために、お墓参りに行かなくてはと思っても、足が遠のいてしまう…というのも問題です。

また、郊外にあり、車で行くことがメインとなるような納骨堂の場合、お盆やお彼岸時期は、周辺道路や駐車場が非常に混雑することがありますので注意が必要です。
やはり納骨堂へのアクセス・立地条件の良し悪しも大切なポイントですね。

宗教・宗派

納骨堂によっては、特定の宗教・宗派でないと利用できない場合があります。

特に寺院納骨堂は、利用できる宗教・宗派が定められていることが多いので注意しましょう。
寺院納骨堂によっては、宗派は問わないけれど、仏教であることが前提としている場合もあります。

一方、民営納骨堂と公営納骨堂は、宗教・宗派による制限の無いところが一般的です。

いずれにしましても、検討候補の納骨堂があれば、宗教・宗派に関して制限があるかどうかは確認しておくべきポイントですね。

運営主体

先にもお伝えしましたように、主に3種類の運営主体があり、それぞれ特徴がありますので、納骨堂を選ぶ時に、運営主体も検討材料となるポイントのひとつです。

また、納骨堂は長期的に利用することとなりますので、運営主体が納骨堂の管理をまともに行えない状態となったり、経営破綻となってしまったら困りますね。

そこで、運営主体の経営状態健全性も重要なポイントとなります。
この点では、地方自治体や自治体で構成される組合が運営主体であるため、公営納骨堂が一番安心感がありますね。

収蔵できるご遺骨の個数

ロッカー式や仏壇式など、納骨堂のタイプによって、収蔵できる御遺骨の個数が異なってきます。

たとえば、ロッカー式であれば、一般的に1人分しか収蔵できません。
もしロッカー式で2人分必要なのであれば、2契約行うことになり、費用も倍となってしまいます。
逆に夫婦2人分だけ収蔵できれば良いのに、あまりに大きい収蔵スペースは不要です。

利用するための費用にも影響しますし、必要な収蔵数に対応できる納骨堂であるかどうかは重要なポイントです。

納骨の期間(永代供養の期間)

納骨の期間は、納骨堂によって本当に様々なパターンがあるため、要チェックポイントです。
様々なパターンがありますが、大別すれば次の3パターンに分けることが出来ます。

  • 最初から合祀し、永代供養とするもの
  • 一定期間は個別に御遺骨を収蔵し、その後合祀し、永代供養とするもの(期間の設定は色々ありますが、仏教の弔い上げを基準として33年や50年としているところが多いようです)
  • 一定期間の更新を繰り返し、個別に御遺骨を収蔵し続けるもの(これも期間の設定は色々ありますが、短いところでは1年ごとの更新、長いところでは30年としているところもあります)

上記の中で、合祀(ごうし)とは、骨壺から御遺骨を取り出し、共同の収蔵スペースに他の方の御遺骨と一緒に収蔵することです。
つまり、他の方の御遺骨を混じり合うことになります。

参拝形式

参拝形式については、ロッカー式や仏壇式など、それぞれ御遺骨を前にして参拝するところや、共同の参拝部屋・参拝スペースを利用するところがあります。

一方で、位牌式など御遺骨を前にしての参拝は出来ないところもあります。

また、お線香を手向けることが出来ないところもありますし、生花や供物の持ち込みを制限しているところもあります。

ご自分は関心がなくとも、家族や親戚の中には、参拝形式を気にされる方もいらっしゃるかもしれませんので、確認しておいた方が良いポイントですね。

終活において納骨堂の利用に向いている方

人々

どのような方が納骨堂の利用に向いているでしょうか。

高齢化社会、核家族化、単身世帯の増加という時代の流れの中で、納骨堂の利用に向いているのは、次のような方です。

  • 子供がいないなど、お墓の承継者がいない方
  • お墓のメンテナンスを行う身体的余裕が無い、メンテナンスが億劫な方(墓石を建てるタイプのお墓は掃除やメンテナンスが必要です)
  • お墓への費用をなるべくかけたくない方(納骨堂は墓石を建てるタイプのお墓よりも基本的に費用が安く済みます)
  • 特に豪雪地帯にお住まいで、天候に左右されずにお墓参りをしたい方
  • 身体的に不自由である方(納骨堂は参拝場所、お手洗いなど施設内の移動距離も少なくて済みます)

上記の中では、特に子供がいないなど、お墓の承継者がいない方は、終活において納骨堂に注目されることが多いですね。

ただ、すべての納骨堂において、承継者がいなくても利用が出来るわけではありませんので、利用を希望されるときには、承継者の有無が利用条件になっているか確認をしておきましょう。

終活で検討する納骨堂についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。

今回は、終活で納骨堂を選ぶ時のポイントについてお伝えいたしました。

この記事では主に下記の点についてご説明しました。

  • 納骨堂には、ロッカー式、仏壇式、自動搬送式、位牌式というタイプがある。
  • 納骨堂の運営主体には主に、寺院、公営、民営の3種類がある。
  • 終活で納骨堂を選ぶ時のポイントには、生前予約の可否、契約後の維持費含めた費用、アクセス・立地条件、収蔵可能な御遺骨数、宗教・宗派、納骨期間がある。
  • 終活において納骨堂の利用に向いているのは、お墓の承継者がいない方、お墓のメンテナンスを行う余裕のない方などである。

納骨堂にはメリットもデメリットもありますが、納骨堂自体が増えていることや、都心部を中心に利用者も増加傾向であることから、現代に生きるわたしたちの多くが持つニーズに合致しているお墓のスタイルということになるでしょう。

今回終活ねっとでは、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

「終活・納骨堂」に関連する記事

「終活・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

  • 室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!のサムネイル画像

    室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!

    室内納骨堂をご存知ですか?納骨堂は本来ご遺骨の一時保管場所でしたが、現在新しいお墓の形として注目を集めています。この記事では、室内納骨堂について、メリットや利用費なども踏まえて詳しく解説していきます。

  • 曹洞宗の納骨堂はどこにあるの?費用や人気の墓地をご紹介のサムネイル画像

    曹洞宗の納骨堂はどこにあるの?費用や人気の墓地をご紹介

    近年、様々な理由から納骨堂はとても人気があります。曹洞宗の方で、納骨堂を探している人もいらっしゃると思います。納骨堂に入るには、宗派は関係あるのか疑問に思う方も多いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、曹洞宗の納骨堂について解説いたします。ぜひご覧ください。

  • 納骨堂って宗派は問わないの?都内の宗派問わずの納骨堂も紹介!のサムネイル画像

    納骨堂って宗派は問わないの?都内の宗派問わずの納骨堂も紹介!

    価格面などでメリットがある納骨堂が気になり、調べると「宗派問わず」という言葉をよく目にします。この宗派問わずとはどういう意味なのでしょうか?東京都内に宗派問わずという条件に当てはまる納骨堂はあるのでしょうか?今回は宗派問わずの納骨堂について詳しくご説明します。

  • 納骨堂のメリット・デメリットを詳しく説明します!のサムネイル画像

    納骨堂のメリット・デメリットを詳しく説明します!

    昨今から人気を集めている納骨堂。納骨堂には色々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。後から後悔しないためにも、事前にメリットとデメリットを調べておくことは非常に大切です。この記事では、納骨堂の種類とメリット・デメリットを詳しく説明します。

  • 納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

    納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

    皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。

  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!のサムネイル画像

室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!

曹洞宗の納骨堂はどこにあるの?費用や人気の墓地をご紹介のサムネイル画像

曹洞宗の納骨堂はどこにあるの?費用や人気の墓地をご紹介

納骨堂って宗派は問わないの?都内の宗派問わずの納骨堂も紹介!のサムネイル画像

納骨堂って宗派は問わないの?都内の宗派問わずの納骨堂も紹介!

納骨堂のメリット・デメリットを詳しく説明します!のサムネイル画像

納骨堂のメリット・デメリットを詳しく説明します!

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと