大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介

大切なペットを自宅に埋葬したいとき、自宅でのお墓の作り方を知っておく必要があります。自宅に庭があればお墓を作れそうですが、庭がないマンションでもお墓は作れるのでしょうか?正しいペットのお墓の作り方が分かれば、供養を適切に行うことができます。ぜひご覧ください。

目次

  1. ペットのお墓の作り方について
  2. ペットの埋葬方法にはどんなものがある?
  3. 自宅の庭にお墓を作る
  4. マンションでもお墓を作ることができる
  5. ペットのお墓の作り方についてまとめ

ペットのお墓の作り方について

お墓

大切なペットが亡くなったとき、自宅で供養したい、そしてできれば自分の手でお墓を作ってあげたいと思いますよね。
ペットの終活を考えるうえで、お墓の問題は避けて通れません。

ペットを埋葬する方法には、ペット専用の霊園を利用することもできますが、自宅に自分でお墓を作ることはできるのでしょうか?

自宅に庭があれば作れそうですが、庭がないマンションでは無理なのでしょうか?

そこで、今回終活ねっとでは自宅でのペットのお墓の作り方について、詳しく説明していきます。

  • ペットの埋葬方法は?
  • 自宅の庭にお墓を作る方法
  • マンションにお墓を作る方法

以上について説明します。

お墓の作り方のほか、管理や注意点についても説明していますので、ペットを自宅で埋葬する時の参考にしてください。

ペットの埋葬方法にはどんなものがある?

お墓

火葬後のペットの供養にはいくつかの方法があります。

代表的な埋葬方法はペット専用の霊園を利用する方法と、自宅での埋葬です。
このほかにも海洋散骨や樹木葬などもあります。

ペット専用の霊園に埋葬する

ペット霊園などを利用する場合の多くは、合同供養塔などへ納骨する共同供養でしょう。
また、納骨堂へ埋葬して専用の霊壇などで供養することもあります。
ペット霊園の墓所に個別に墓石を設けて供養する個別墓の方法もあります。

合同供養塔は多くのペットであった動物のご遺骨を一緒に納めて供養するための供養塔です。
シンボル的な塔が建てられていて、いつでも参拝できます。
基本的に永代供養をしてくれますから、安心感はあります。

ほかの多くの動物と一緒であるということで、寂しくないだろうという感情的な部分のメリットもあります。
個別墓にする場合より費用は安くなります。

自宅で埋葬する

長年一緒に生活してきたペットとの別れですから、できれば自分の近くで埋葬してあげたいと思うのは当然でしょう。

ペットを自宅で埋葬するには、庭などに墓石などを備えてそこへ埋葬する方法が一般的です。
最近では、庭がないマンションなどでも埋葬することができるようになってきました。

こうした自宅での埋葬をするためには、お墓の作り方について手順などをきちんと理解しておく必要があります。

自宅に埋葬する以外にもご遺骨や遺灰を少しだけ持ち帰って、自宅や身の回りに置いて供養する手元供養という方法もあります。

手元供養には墓石に納めて供養する方法もありますが、一般にはもっと身近に置けるようにしたものが多いです。
ペンダントやブレスレッドなどに入れて身につけたり、ガラスの箱や陶器にいれてメモリアルとしています。
手元供養は、費用もかなり安くなりますし、大切なペットをいつまでも身近に感じることのできる方法です。

自宅の庭にお墓を作る

お墓

自宅の庭にお墓を作ろうとすると、色々なことが気になってきます。

そもそも、自宅の庭にペットを埋葬することができるのでしょうか?
お墓の作り方の手順は、どのようにしたらよいのでしょうか?
お墓を作るときに注意しなければならないこともありそうです。

ここでは、こうした様々な内容を分りやすく説明していきます。

自宅の庭に埋葬してもいいの?

自宅の庭にペットを埋葬してもいいのでしょうか?

ペットを自宅の庭に埋葬することについては、別に問題はありません。
ただし、庭が自分の所有地であることが条件です。
埋葬する場所が公共の土地であったり、他人の土地であった場合は、法律で罰せられてしまいます。

また、自宅の庭に埋葬する場合には、近隣の方への迷惑とならないような配慮が必要となります。
特に土葬した場合には、衛生面に気をつけなければなりません。

ペットのお墓作りの流れ

自宅の庭にペットを埋葬するためには、どのようなことをすればよいのでしょうか?
ペットのお墓の作り方について、その流れを説明します。

土葬するのか、火葬するのかを決める

ペットの埋葬方法については火葬か土葬になります。

どちらを選択するかは自由ですが、それぞれに注意すべきことがあります。

土葬の場合

土葬ですと、埋葬する際の穴の深さが問題になります。

ペットの大きさと埋葬する場所などを考慮して、可能ならば土葬を選ぶこともできます。
大きなペットの場合には、火葬にする方が無難でしょう。

火葬の場合

火葬については、どこで火葬をするのかを決める必要があります。
ペット霊園を利用したりペット用の葬儀社に依頼した場合には、ほとんどが火葬になります。

ペットの火葬費用については、ペットの大きさ(重さ)や火葬の方法で違います。
火葬の方法には大きく個別火葬と合同火葬があり、個別火葬は立会火葬と一任火葬があります。
当然、体重が重くなると高くなり、合同火葬、一任個別火葬、立会個別火葬という順に費用は高くなっていきます。

最近では訪問火葬という方法もあります。
これは火葬車により自宅を訪問して火葬する方法で、火葬後のご遺骨は霊園などに埋葬することを頼むこともできますが、ほとんどは受け取って自宅で埋葬します。

いずれも火葬の値段は数千円〜数万円となりますが、葬儀社ごとに金額は異なります。
ホームページなどに掲載している場合がほとんどですから、事前に確認しましょう。

市区町村によってはペットを火葬してくれるところもあります。
民間の葬儀社よりはかなり安くなります。
この場合もご遺骨を返してくれる場合と、返してくれない場合がありますから事前の確認が必要です。

庭の端に穴を掘る

庭に埋葬するときの場所については、一般的には庭の隅が選ばれています。
そして、できるだけ人が足を踏み入れない場所を探します。

雨などで浸水しないように、水はけにも気をつけます。
また、排水管や電気、ガスなどの埋設物がないことも確認しておきましょう。

そこにペットを埋葬するための穴を掘ります。
火葬した場合は、30cm以上の深さに掘って下さい。

土葬にする場合は、衛生面から穴をもっと深く掘る必要があります。
ペットの大きさの5倍以上の深さが必要だといわれることもあります。
これは腐敗したときの異臭が拡散しないためもありますし、山が近いと他の動物が掘り返すことを防ぐことにもなります。

以下に埋葬方法別の穴の深さの目安をもう一度書いておきます。

  • 火葬:30cm以上の深さ
  • 土葬:ペットの大きさの5倍以上の深さ

墓石を建てる

ペットを埋葬した後、その場所に墓石を建てます。

自宅にお墓を作る場合には、霊園と同じような墓石を設けてもいいのですが、かなりの費用になります。

本来は埋葬する気持ちが大事ですから、立派な墓石でなくても構いません。
形のよい石に名前を書いたり、場合によっては卒塔婆を立てるのもよいでしょう。
石ならば平らな石が選ばれやすいです。

お墓周りの備品について

庭に作ったお墓周りの備品は、あまり大げさなものは必要ありません。
お花を飾るための一輪挿しを置く程度でも十分です。

線香立てを設けなくても、お参りの時は線香を直接地面に立てれば大丈夫です。
毎年花が咲くような植物を植えるのもよいでしょう。

ペットのお墓作りの注意点

自宅の庭にお墓を作る場合は、いくつか注意点があります。

まず、埋葬のしかたですが、火葬した後のご遺骨については、骨壺などに入れずに、そのまま埋めるようにして下さい。
これは骨壺に入れたままだと、骨が土に還らないうえ、骨壺の中に水や虫などが入ってしまうからです。

そして土葬の場合は、穴を掘るところでも触れましたように、ある程度深い所へ埋葬するようにします。

次に近隣にお住まいの方への配慮です。
隣の庭にペットのお墓があることを好ましく思わない人がいるかも知れません。
永年そこに住むつもりでいたとしても、何かの都合で引っ越しをする可能性もあります。

こうした注意点を想定して、お墓を作る必要があります。

ペット用の墓石もある

最近ではペット用の墓石もあります。

名前を刻むだけでなく、イラストを描けるものなど、様々な墓石が専門店で取り扱われています。
写真をレーザーなどで彫刻した墓石は、懐かしいペットの顔や姿を見ることができるので、人気が高くなっています。

小さいものは室内での供養用としても利用できるようになっています。

マンションでもお墓を作ることができる

庭

自宅にお墓を作りたいけれど、マンションに住んでいるから無理だと諦めていませんか。
実は庭がないマンションでもお墓を作ることができるのです。

ここではマンションでのお墓の作り方について説明します。

プランターをお墓に使う

ある程度小さなペットの埋葬ならば、プランターをお墓に使うことができます。
つまり、プランターを利用して、即席的になりますが土葬を行うのです。

プランターの種類は、通気性もよく長持ちするので陶器製のものを選びます。
プラスチック製のプランターはどうしても耐用年数があり、数年で劣化して壊れてしまいます。

プランターの大きさはペットの大きさに合わせて用意します。

お墓作りに必要なもの

プランターのお墓の作り方ですが、必要なものを整理しておきましょう。

まず、ペットの大きさに合わせたプランターは当然必要になります。

プランターに入れる土は、将来亡くなったペットを土に還すために、腐葉土や堆肥土が適しています。

後は埋葬した後の墓石ですが、これはペット用の墓石を用意してもいいですが、代わりのシンボルになるものなら何でも大丈夫です。

最後に花などを植えたい人は、その種などを用意しましょう。

プランターのお墓の作り方

ここではプランターのお墓の作り方について解説します。

ペットが小さな場合と、大きな場合で多少の違いがありますので、それぞれの場合で説明しています。

小さなペットの場合

小さなペットの場合の作り方になります。

プランターは30cm以上の、できれば大きめの深さがあるプランターがお勧めです。

プランターには底に穴が空けてあることが多いので、そのままでは虫が入ってきますから、まずこの穴を塞ぐ必要があります。
塞ぐための材料としては、細かい目の網(ネット)などを利用します。

プランターに土を入れて、ここに遺骸を埋めてあげます。

埋める深さは丁度プランターの深さの半分のところがよいでしょう。
できるだけ厚く土で覆うのは、やがて遺体が腐食した時に、異臭などが周りに広がらないための対策です。

埋葬が終わったら、その上にお花などを植えてあげることもできます。
お花を世話することで、亡くなったペットのことを思い出すことができます。

ペットが土に還るまでにはかなりの年月が必要になりますから、10年以上は掘り起こさないようにしましょう。

大きなペットの場合

大きなペットの場合の作り方ですが、そのままではプランターが小さすぎますので、火葬して粉骨してから埋葬します。

土に混ぜるようにして埋葬しますが、粉骨の量が多い場合には、いくつかの層に分けながら混ぜて下さい。
全体の土に粉骨が均等に混ざるようにします。

花などを植えるのは小さなペットの場合と同じです。

それでも中型犬くらいの大きさになると、粉骨にしたとしてもかなりの量になります。
粉骨の量が多くなると、プランターでは埋葬しきれなくなってしまいます。

遺灰の量が多くなってしまった場合には、やはりペット霊園などを利用した方がよいでしょう。

お墓の管理方法

最後に、ペットを埋葬したあとのプランターの管理方法についてご紹介します。

ペットを埋葬したプランターにお花を植える時は、土葬にした場合にはできれば根が張らない花にしましょう。
粉骨してからの埋葬でしたら、植えるのはどんな花でもいいのですが、多年草などは根を張るため、これを嫌って一年草を植える人も多いです。

また土葬にした場合、遺体の腐食により浸透液がプランターの底からしみ出ることがあります。
このため、プランターは受け皿のようなパットの上に置き、時々掃除してあげましょう。
特に埋葬してすぐは浸透液の臭いが気になりますから、こまめに処理するようにします。

プランターを置く場所はどこでもよいのですが、何かの拍子に倒したりしないような所に置いてください。

ペットのお墓の作り方についてまとめ

お墓

終活ねっとでは、今回ペットのお墓の作り方について説明しました。

  • ペットの埋葬方法にはペット専用の霊園に埋葬する方法と自宅で埋葬する方法がある
  • 自宅の庭に埋葬しても問題はない
  • 庭に埋葬する場合には、火葬か土葬か決める
  • 埋葬する穴の深さには気をつける
  • マンションでもプランターを利用して埋葬できる

ペットの埋葬方法としてはペット専用の霊園を利用することもできますが、自宅に自分の手でお墓を作りたい方も多くいらっしゃるかと思います。

自宅で供養することで、亡くなった後もペットをより身近に感じることができます。
埋葬した後はお花などを植えて、在りし日のペットを思い出してあげてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「ペット・お墓・作り方」に関連する記事

「ペット・お墓・作り方」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「ペット・お墓・作り方」についてさらに知りたい方へ

自宅にペットのお墓を作るにはどうしたらいい?供養の方法を解説!のサムネイル画像

自宅にペットのお墓を作るにはどうしたらいい?供養の方法を解説!

大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とはのサムネイル画像

大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とは

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!のサムネイル画像

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介のサムネイル画像

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介

ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!のサムネイル画像

ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!

動物のお墓とは?人間のお墓との違いや埋葬方法について解説します!のサムネイル画像

動物のお墓とは?人間のお墓との違いや埋葬方法について解説します!

ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!のサムネイル画像

ペットの埋葬についての費用や方法・注意点について解説します!

ペット可のお墓ってあるの?その他のペットの供養方法も紹介!のサムネイル画像

ペット可のお墓ってあるの?その他のペットの供養方法も紹介!

大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!のサムネイル画像

大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!

ペットの墓石の値段はどれくらい?霊園や納骨堂の費用とあわせて紹介のサムネイル画像

ペットの墓石の値段はどれくらい?霊園や納骨堂の費用とあわせて紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「ペット・お墓・作り方」についてさらに知りたい方へ

自宅にペットのお墓を作るにはどうしたらいい?供養の方法を解説!のサムネイル画像

自宅にペットのお墓を作るにはどうしたらいい?供養の方法を解説!

大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とはのサムネイル画像

大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とは

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!のサムネイル画像

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介のサムネイル画像

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介

ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!のサムネイル画像

ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと