終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

終活や永代供養と言う言葉を聞くようになって、ご自身の終活について考えるようになった人も多いのではないでしょうか。ご自身のお墓について、誰にも迷惑をかけたくないと考えている方には、永代供養について詳しく知ることが大切でしょう。

目次

  1. 終活で考える永代供養について
  2. 終活で永代供養を考えるために知るべきこと
  3. 永代供養をするのに必要な費用は?
  4. 終活で永代供養を考える際の注意点
  5. 終活で考える永代供養まとめ

終活で考える永代供養について

お花

終活と言う言葉が当たり前のように語られるようになりました。
終活と言う言葉を聞くようになってから、ご自身やご家族の終活について考えるようになった方も多いのではないでしょうか。

終活を行う中で考えなければならないことの一つが、供養方法についてです。
最近の供養方法は従来のお墓によるものだけでなく、次第に多様化してきています。

そんな中、近年注目を集めている供養方法の一つに永代供養というものがあります。

永代供養とは、お寺や霊園がお墓の管理者となり永代に渡ってお墓を供養、管理してくれる供養のことです。

今回、終活ねっとでは終活で考える永代供養について

  • 終活で考える永代供養について
  • 終活で永代供養を考えるために知るべきこと
  • 永代供養に必要な費用は?
  • 終活で永代供養を考える際の注意点

などの点を中心に解説していきます。
ぜひ最後までお読みください。

終活で永代供養を考えるために知るべきこと

墓地

まず初めに、終活で永代供養について知っておくべきことには何があるのでしょうか。

ここでは、終活で永代供養を考えるために知るべきことについて解説していきます。

永代供養をするまでの手順

終活を進めていくと、お墓について考えるようになります。
まだ、お墓を用意していない場合は、従来のお墓を購入するか永代供養などの埋葬方法を考えることになります。

永代供養を探す場合は、事前にインターネットやパンフレットなどで情報を収集し、実際に現地を見学をしてから決めるようにしましょう。

永代供養の埋葬方法は以下のようにいろいろありますので、ご自身の希望に合ったものを探すことが大切です。

  • 合祀墓
  • 集合墓
  • 個人墓・夫婦墓
  • 樹木葬
  • 納骨堂

それでは永代供養をするまでの手順を解説します。

すでにお墓を持っている場合

すでにお墓を持っている方が永代供養に変更する場合は、少し手続きが煩雑になりますので簡単にご説明します。

まず、永代供養すると決めても、お墓から勝手にご遺骨を取り出すことはできません
まず今のお墓を墓じまいする必要があります。
墓じまいとは墓地のある市町村の行政機関に必要な書類を提出し、僧侶に閉眼供養してもらい、墓地を更地にして管理者に返すことを言います。

用意する書類については、墓地の管理者や市町村の行政機関に問い合わせることをおすすめします。
墓じまいが終わると、ご遺骨を永代供養することになりますが管理者にお骨だけを持って行けばよいわけではありません。

お墓の引越しには、改葬と呼ばれる手続きが必要になります。
新しい管理者に「改葬許可書」とご遺骨を持参し、永代供養をお願いすることになります。

終活で永代供養をするときに準備すべきもの

終活で永代供養を考えたときに、どのような手順で何を準備したらよいのでしょうか。

見学会やツアーなどに参加する

永代供養についてネットなどで事前に調べる方も多いですが、見学会ツアーなど実際に現地に足を運んでみましょう。
お寺や霊園の雰囲気やスタッフについて知ることも大切です。

また、周囲の環境や実際のアクセスなども知っておくと安心できるでしょう。

永代供養にかかる費用や必要な書類の確認

永代供養を契約するときには普通印鑑証明や身分証明書、戸籍謄本が必要になります。

また、費用の支払いも全額一括や分割などお寺や霊園によって違いがありますので、永代供養に必要な書類支払い方法についても確認しておきましょう。

管理料の有無についても事前に確認する必要があります。

生前予約ができる

永代供養は生前予約ができます。
生前予約することにより、ご自身でお寺や霊園を決めたり、永代供養の方法も選べます。
それにより、亡くなったあとのご家族の精神的負担をなくせます。

また生前予約することによって、かかる費用を事前に支払い経済的にもご家族に負担をかけることが少なくなり、節税対策にもなります。

終活をすることによって、ご自身の埋葬方法を考えたり調べたりすることができます
そしてセミナー・相談・見学会に行くことによって、ご自身の行く先をしっかり見据えることができます。
納得する埋葬方法や供養を決めることは、とても大切なことではないでしょうか。

永代供養をするのに必要な費用は?

日本円

従来のお墓にかかる費用は墓石代などを合わせて平均200万円以上と言われています。
墓石代以外にも、お寺や霊園によっては管理料やお布施が必要になってきます。
管理料やお布施は残されたご家族や親族が支払うことになります。

では、永代供養をするのに必要な費用はどれくらいなのでしょうか。
また、管理料は永代供養料に含まれている場合が多いですが、生前予約した場合には納骨するまでは管理料がかかる場合もあります。
また、管理料はご遺骨が永代供養墓に納骨されてから合祀されるまでかかることもあるので、管理者に確認することをおすすめします。

費用は埋葬方法によっても違いがありますので、ここでは埋葬方法ごとの費用を解説します。

合祀型の場合

合祀型の永代供養は、永代供養の中で一番多い供養の方法です。
骨壺からご遺骨を取り出して専用の納骨袋などに納めたり、ご遺骨をそのままほかのご遺骨と一緒に埋葬する方法で、合同墓・合葬墓とも言われています。

合祀型の永代供養が最も経済的負担が少なく、費用は3万円から10万円ほどになります。
この金額の中には、供養料・管理料が含まれていることが多いのが特徴です。

集合型の場合

永代供養には集合型の供養方法があります。
集合型では普通石碑やモニュメントの下や周りに骨壺を安置する棚などの場所を設けられており、契約期間は個別に安置されます。
お寺や霊園によっては、石碑やモニュメントに参拝することになり、個別にお参りすることはできなくなります。

集合型には納骨堂タイプと呼ばれるものもあり、こちらも契約期間内は個別に安置されます。
また、集合型であっても個別にお参りすることも可能なお寺や霊園もあります。
納骨堂タイプの場合個人や夫婦、家族単位で契約できるものもありますが、期間が過ぎると合祀される場合がほとんどです。

費用は10万円から100万円ほどになります。
費用の金額に差があるのは集合型にも様々なタイプがあるからです。
上に示した費用以外にも墓碑への刻印料などがかかる場合があります。

墓石型の場合

墓石型の永代供養は、お墓を購入するので従来のお墓と変わらず抵抗感があまりない方も多いでしょう。
しかし、永代供養なので多くの場合個別埋葬の期間が決まっており、この契約期間が過ぎると合祀されます。
お寺や霊園によっては期間を延長することもできますが、その場合は別に費用が発生します。

また、墓石型の場合は個人・夫婦・家族・友達で契約することもできます。

墓石型の永代供養にかかる費用は、35万円から200万円ほどです。
これらの金額は従来のお墓にかかる費用とほとんど変わりません。

樹木葬の場合

樹木葬も永代供養に含まれます。
樹木葬は亡くなったら自然に還りたいと考えている方にとって最適な埋葬方法となります。

樹木葬には里山型と公園型があります。

里山型

里山型の樹木葬は山に埋葬する方法であり、埋葬するたびに植樹をするので山の保全に貢献することができます。

里山型は30万円から50万円前後が相場となります。

公園型

公園型の樹木葬はお寺や霊園の一角を樹木葬に充てているものが多く、シンボルツリーの周りに埋葬するのが一般的です。

費用相場は30万円から70万円前後と言われています。

樹木葬の人気の高まりにより、公営の霊園でも樹木葬を行うところが増えています。
樹木葬でも墓碑への刻印料などがかかる場合があるので、お寺や霊園に確認することをおすすめします。

納骨堂の場合

納骨堂も近年は永代供養をしてくれるところがほとんどです。

納骨堂での永代供養にかかる費用の相場は50万円前後と言われています。
納骨堂にかかる費用をもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

終活で永代供養を考える際の注意点

花束

永代供養は事前に費用を払っておけるだけでなく、永代に渡って供養してもらえるので無縁仏や無縁墓になることがないというメリットがあります。

ですが、終活で永代供養を考えるときの注意点も当然存在するのでここで紹介します。

ご遺骨を取り出すことができなくなる

合祀墓に埋葬される場合は、最初からご遺骨を取り出せなくなります

個別にご遺骨が埋葬された場合でも、個別埋葬の期間が過ぎると合祀されてしまう場合がほとんどなで、この場合も同様にご遺骨を取り出せなくなるので注意が必要です。

他の家族のご遺骨と一緒になってしまう

合祀されるということは、他のご家族のご遺骨と一緒に埋葬されるということになります。
そのため、お墓参りするときにプライベート感を感じられなくなることもあります。

しかし、反対に他のご家族の方と埋葬されてご供養されることで、寂しさが紛らわされるという方も少なからずいらっしゃいます。
ご家族や親族がお墓参りに行けなくても、常にお寺や霊園のなかで他の方と一緒にご供養されていると考えれば、悲しくはないと感じられるかもしれません。

家族との話し合いをしっかり行うことが大切

終活において、永代供養はメリットが多いためかなり注目されている埋葬方法です。
ですがこれまで見てきたようにデメリットも存在します。

家のお墓を墓じまいして永代供養に代えることについて、考え方の相違から不平不満を持つ親族もいるでしょう。
後々のトラブルを避けるためにも、永代供養をするということについてご家族や親族としっかり話し合い、ご自身の考えを理解してもらうことが大切なことではないでしょうか。

終活で考える永代供養まとめ

花束

いかがでしたか。
終活で考える永代供養について、知っているようで知らなかったこともあったのではないでしょうか。

  • 永代供養では、承継問題や家族に経済的に負担をかけたくない場合や、身寄りがいない場合でも、永代に渡って供養してくれるので無縁仏や無縁墓になることはない
  • 宗教や宗派を問わないところが多い
  • 家のお墓をしまって、永代供養に代える場合は法律にのっとって墓じまいしなければならない
  • 永代供養を検討する際には事前に永代供養をしてくれるお寺や霊園を見学して、雰囲気や周囲の環境を知っておくことが必要
  • 生前予約することによって、経済的にご家族に負担をかけることが少なくすることができる
  • 永代供養にはいくつかの埋葬方法があるが、多くの場合従来のお墓より費用を抑えられられる
  • 永代供養では、最初は個別埋葬でも期間が過ぎれば基本的に合祀されるのでご遺骨を取り出せなくなる
  • 合祀されると、他のご遺骨と一緒に供養されることになる
  • 永代供養について、ご家族や親族と話し合っておくことが大切である

ということがわかりました。

永代供養とは、ご家族にお墓のことで心配をかけることがなくなる埋葬方法です。
また、供養や管理もお寺や霊園で行ってくれるので、無縁仏になる心配もなくなり安心できます。
合祀されることも、ほかの方と一緒に供養してもらえると考えれば寂しくないでしょう。

終活で永代供養について考えるということは、これからの人生をより良く生きていく上で大切なことではないでしょうか。

終活ねっとでは、永代供養のほかにもさまざまな終活についての記事がたくさんあります。
ぜひ、ほかの記事もあわせてお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「終活・永代供養」に関連する記事

「終活・永代供養」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・永代供養」についてさらに知りたい方へ

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説しますのサムネイル画像

永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説します

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

お寺の永代供養ってどんなもの?かかる費用などについて解説します!のサムネイル画像

お寺の永代供養ってどんなもの?かかる費用などについて解説します!

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・永代供養」についてさらに知りたい方へ

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと