永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

目次

  1. 永代供養の方法について
  2. 永代供養とは?
  3. 永代供養の供養方法とタイプを紹介
  4. 永代供養の申し込みの方法
  5. 永代供養は宗派は問われない?
  6. 永代供養にかかる費用
  7. 永代供養の方法についてまとめ

永代供養の方法について

お墓

終活をしている人なら永代供養という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、永代供養という言葉は聞いたことがあっても、どのようなもので費用がどれほどかかるのか、種類はどんなものがあるのか知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回終活ねっとでは永代供養の方法について

  • 永代供養とはなにか?
  • 永代供養はどのように供養するの?
  • 永代供養をタイプ別に紹介
  • 永代供養の申し込み方
  • 永代供養と宗派
  • 永代供養にかかる費用

などを中心にお話ししていきます。

自分が骨になって眠るときに、どのように供養してもらい、どのような場所で眠るのかということはとても大切なことです。
永代供養について知ることで、ご自身のお墓の選択肢が広がるのではないでしょうか。

どうぞ最後までお付き合いください。

永代供養とは?

お墓

永代供養とは、家族や親戚が墓参りに行けない場合に、家族や親戚の代わりに寺院や霊園がお墓の管理や故人の供養をしてくれることです。

家族や親戚がいない人や、家族にお墓のことで負担をかけたくないという人は永代供養を選択するのも一つの手です。

永代供養の供養方法とタイプを紹介

お墓

永代供養を選ぶと自分や家族のご遺骨の供養を寺院や霊園に任せることになります。

そのため永代供養の供養方法がどのようなものなのか、気になっている方は多いと思います。
また、永代供養と一言で言っても、さまざまなタイプの永代供養があります。

永代供養の供養方法とタイプについて知ることで、永代供養が自分に合っているかどうかを判断する材料にしてみてはいかがでしょうか。

ここでは永代供養の供養方法タイプについてご紹介していきます。

永代供養の供養方法

永代供養の供養方法は宗派や管理している寺院や霊園によってさまざまです。
毎月法要をおこなってくれるところや、お盆とお彼岸の年2回法要をおこなってくれるところもあります。

また、ご遺骨を個別に供養してくれるところでは、3回忌、17回忌、33回忌、50回忌の法要をおこなってくれるところもあります。
この回忌法要をおこなう場合には、寺院や霊園に別途お布施を支払う必要があります。

永代供養のタイプ

永代供養のタイプは複数に分けることが出来ます。
自分や家族のご遺骨を預けるので、永代供養を利用する場合はそれぞれのタイプをきちんと理解して後悔しないようにしましょう。

合祀墓

合祀墓とは、ご遺骨を合同で埋葬するお墓のことです。

合同というのは親族で合同ではなく、まったくの他人と合同で埋葬されます。
そのため一度合祀墓に入ってしまうと、他人のご遺骨と混ざってしまうため、故人のご遺骨を取り出すことはできなくなります
合祀墓に納骨した後で故人のご遺骨を別の場所に移したいと思ってもできませんので注意が必要です。

合祀墓で墓参りをするときは、共同の参拝場所があるところが多く、そこに花を供えたり線香をあげたりします。

合祀墓に納骨した後の供養は、合祀墓を管理する寺院や霊園が法要をおこなってくれます。法要の頻度は月に1回だったり、お盆とお彼岸におこなったりと、管理する場所によってさまざまです。

納骨堂

納骨堂とは、ご遺骨を納めることができる屋内施設のことです。

納骨堂では親族ごとに場所を確保されて、親族のご遺骨を同じ場所に納めることができる個別型が一般的です。
親族のご遺骨が同じ場所にあるという点では、墓石を建てるお墓と近い納骨方法です。

納骨堂に納めることができる期限はさまざまで、永代にわたって利用できる契約もあれば、33回忌や50回忌を経過した後に他のご遺骨と一緒に埋葬される契約もあります。

納骨堂にはいくつかの種類に分けることが出来ます。

  • ロッカー式:納骨場所がロッカーのように並んでいるタイプ
  • 仏壇式:上下段と分かれており、下段にご遺骨を納めて、上段は位牌を置くことができるタイプ
  • 棚型:棚にご遺骨を並べて納めるタイプ
  • 自動搬送式:納骨場所が機械式になっており、お参りしたい時にご遺骨を呼び出してお参りすることができるタイプ

納骨堂での供養は、合同での法要が主ですが、個別で回忌法要を頼むこともできます。
個別で回忌法要を頼む場合は、別途費用がかかります。

納骨堂では親族ごとに納骨される場所が別々なので、納骨場所をお参りすることができますが、納骨堂では花を供えたり線香をあげることができない場合が多いので注意が必要です。

集合墓

集合墓とは、ひとつの大きなお墓にご遺骨を納めることです。

ご遺骨は故人ごとに別々の納骨場所に納めるので、合祀墓と違い故人のご遺骨を取り出すことができます。
中央に大きな墓があり、その周辺の地面を故人ごとに区画分けされていることが多いです。

集合墓は一定期間が過ぎると、他のご遺骨と一緒に埋葬されます。
集合墓で墓参りをするときは、合祀墓と同じように共同の参拝場所があるところが多いので、そこでお参りします。

供養方法は管理する寺院や霊園が法要をおこなってくれますが、法要の頻度は管理する場所によって違います。

個別墓

個別墓とは、見た目は一般的なお墓と同じです。

個別墓も納骨されてから一定期間が過ぎると、基本的には他のご遺骨と一緒に埋葬されるので注意が必要です。

お墓参りは一般的なお墓と同じようにお参りすることが可能です。

永代供養の申し込みの方法

人々

永代供養に興味はあるけど、どうやって申し込みをしたらいいのかわからない方も多いと思います。
ここでは、永代供養の申し込み方法についてご紹介していきます。

最も一般的な方法は納骨される本人が死亡した後に家族や親戚が契約する死亡時契約です。

永代供養の管理場所と永代供養の契約を結び、永代供養料金を支払います。
その後埋葬許可証とご遺骨を管理場所に持っていき納骨します。

死亡時契約以外にも、納骨される本人が健在な間に契約する生前申込みや、すでにお墓を持っている場合に、墓じまいで永代供養に変更する契約があります。

生前に申し込みをする場合

自身の死後に永代供養の手続きをしてくれる人がいない場合は、生前に永代供養を申し込むことも可能です。
残された遺族に永代供養の申し込みで負担をかけたくないために、生前申し込みをおこなう人もいます。

死亡時契約と同じように、永代供養の管理場所と永代供養の契約を結び、永代供養料金を支払うことで契約が完了します。
契約が完了すると永代供養墓使用証書を受け取ります。
この永代供養墓使用証書は納骨する際に必要な書類なので、家族や親戚に永代供養墓使用証書の保管場所を知らせておいたり、万が一のときにすぐに見つけることができる場所に保管しておきましょう。

故人が亡くなったら、永代供養の管理場所に納骨する日を連絡して納骨します。

生前申し込みをした場合は、納骨予定者が健在なうちは年間数千円ほどの会費が必要になるケースもあります。

墓じまいで永代供養へ変更する場合

墓じまいとは、今まで埋葬していたお墓からご遺骨を取り出して、新しい納骨場所に納骨することです。

墓じまいをする際には、墓石の解体処分や行政手続きが必要です。
永代供養にしたいからといって、勝手にご遺骨を動かすこと法律で禁止されています。

墓じまいをするための手順は

  • 役場で改葬許可申請書をもらう
  • 今までお墓をたてていた寺院や霊園から署名押印をしてもらう
  • 新しい納骨場所の寺院や霊園から永代供養墓使用許可書をもらう
  • 永代供養墓使用許可書を役場に持っていき、改葬許可証を発行してもらう
  • 今まで納骨していたお墓から遺骨を取り出す(このときに墓前で読経して閉魂供養してもらう場合もあります)
  • 新しい納骨場所へ遺骨と改葬許可証を持っていき納骨する

このように規定の手順をとらなければご遺骨を移すことはできません。

役場での手続きからご遺骨の移動までを代行してくれるサービスもあるので、墓じまいで永代供養に変更したいけれど時間がなくて手続きができないという方は利用するのも一つの手です。

永代供養は宗派は問われない?

お墓

日本でなじみの深い仏教は複数の分派が存在しており、その分派を宗派といいます。
永代供養は寺院や霊園で管理しており、寺院や霊園はいずれかの宗派と関係しています。

ただし、永代供養の受け入れに関して言えば、宗派を問わない場合や仏教なら宗派は問わない場合が多いです。

注意点は、永代供養では寺院や霊園が法要をおこなうため、その寺院や霊園の宗派に沿って法要がおこなわれることです。
永代供養は故人を弔うことですから、故人が宗派にこだわりがあった場合は、その宗派に沿った法要をおこなった方が故人が安心して眠れるともいえるのではないでしょうか。

永代供養はどんな宗派でも受け入れてくれる場合が多いですが、故人が安心して眠れるように宗派を考えて寺院や霊園を選ぶのもよいでしょう。

永代供養にかかる費用

お墓

永代供養の費用はどのくらいになるのでしょうか?

一般的なお墓と比べると、墓石代や永代使用料がかからないので、費用は割安になります。
永代供養にかかるのは、永代供養料・永代使用料・納骨費用で永代供養の種類によって金額は違っています。

永代供養の種類別に費用を見てみましょう。

合祀墓

合祀墓では、たくさんの人のご遺骨をひとつのお墓に納骨するため、費用が安く抑えられます。
ご遺骨を取り出すことはできなくなりますが、合祀墓にかかる費用は3万円~10万円程度で、永代供養の中では最も費用が安くなります。

納骨堂

納骨堂では、納骨堂の場所や種類によって費用が違ってきます。
また、納骨する期間が長ければその分費用は高くなります。
納骨堂にかかる費用は10万円~100万円程度です。

共同墓

共同墓では、個人の区画に納骨するので、合祀墓よりも費用は高くなります。
共同墓でも納骨する期間によって費用は変動します。
共同墓にかかる費用は20万円~50万円程度です。

個別墓

個別墓では、個人や親族単位で墓石をたてるため費用も高くなります。
納骨する期間や回忌法要の有無によっても費用は違ってきます。
個別墓にかかる費用は100万円~200万円程度です。

永代供養の方法についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、永代供養の方法についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ここまでの内容をまとめると以下になります。

  • 永代供養とは寺院や霊園がご遺骨の管理や供養をしてくれる
  • 永代供養には合祀墓、納骨堂、集合墓、個別墓といった種類がある
  • 永代供養の申し込みは死亡時契約が一般的
  • 永代供養は生前に申し込むことができる
  • すでに墓に入っているご遺骨を永代供養にするためには手続きが必要
  • 永代供養はどんな宗派でも受け入れてもらえる
  • 永代供養にかかる費用の目安は合祀墓が3万円~10万円程度、納骨堂は10万円~100万円程度、共同墓は20万円~50万円程度、個別墓は100万円~200万円程度であること

などが、お分かりいただけたかと思います。

永代供養は、独り身で自分のお墓を管理してくれる人がいない人や、家族が遠くに住んでいてお墓参りに来れない人や、お墓の管理で家族に負担をかけたくないと考える人に適した埋葬方法です。
お墓をたてるよりも費用が安く抑えられるので、経済的にも優れているといえます。

回忌法要を個別におこなってくれる寺院や霊園も多いので、個人を大切に弔うことができます。

しかし、永代供養の場合はご遺骨を最初から他の人と一緒に納骨したり、最初は個別に納骨していても、期間が過ぎると他の人と合祀することがあるということを理解しておく必要があります。

永代供養にするかどうかは、こうしたメリットやデメリットを考えながら、家族と相談して決めるのがよいでしょう。

この記事の情報が皆様の終活にお役立ていただければ幸いです。

終活ねっとでは、このほかにも皆様のお役に立てる情報をお伝えしております。
ぜひ、併せてご覧ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「永代供養・方法」に関連する記事

「永代供養・方法」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

  • 永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

    永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

    永代供養の納骨式ではどのような服装や持ち物が必要でしょうか。お布施の金額など、マナーには分からないことが多いです。そこで今回は永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いについて解説します。永代供養の疑問が解消しますので、是非最後までお読みください。

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

    家族形態やライフスタイルの変化などにより、一家に一つあった家墓の形ではなく、永代供養を選ぶ人が増えてきています。でも、墓地・霊園によって違いがあることをご存知ですか?個人の意向に合った永代供養をするために、最適な墓地・霊園を選ぶためのお手伝いをします!

  • 永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

    永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

    永代供養のお墓では、お墓の管理や供養を墓地管理者が行います。お墓の承継で悩む必要はなく、永代供養のお墓にする方も増えています。しかし永代供養のお墓といっても供養の仕方などがよく分からず、不安な方も多いでしょう。永代供養できるお墓について分かりやすく解説します。

  • お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

    お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

    近年永代供養を選択される方が増えてきています。では、お寺での永代供養とはそもそもどんなものなのでしょうか。またお寺での永代供養料の相場はどれくらいなのでしょうか。お寺の永代供養料について注意点を含めてご説明いたします。

  • 永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

    永代供養墓を知っていますか?お寺や霊園が遺族に代わって供養・管理してくれるお墓のことで、お墓の後を継ぐ人がいない方やお墓のことで子供に迷惑をかけたくないという方に選ばれています。この記事では先祖代々のお墓に対する永代供養墓のメリットとデメリットをまとめました。

  • 東京にある宗派別永代供養墓を紹介します!終活に役立つ!のサムネイル画像

    東京にある宗派別永代供養墓を紹介します!終活に役立つ!

    唐突ですが、皆さんは終の棲家後のお墓は決まっていますか。終活を考える時に、重要になるのがお墓選びですが、近年は、永代供養墓にする傾向があり、特に東京都内に希望する方が多い様です。今回は、東京にある宗派別の永代供養墓を紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・方法」についてさらに知りたい方へ

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

東京にある宗派別永代供養墓を紹介します!終活に役立つ!のサムネイル画像

東京にある宗派別永代供養墓を紹介します!終活に役立つ!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと