老後のおひとりさまの終活って?やることや注意点についてもご紹介!

老後にいろいろな事情でおひとりさまとして一人暮らしをする方も少なくありません。老後で終末期に差し掛かることから一人暮らしでも終活は欠かせませんが、どういうことに取り組んだり注意したりすればよいのでしょうか?今回は、老後のおひとりさまの終活に注目してみましょう。

目次

  1. 老後のおひとりさまの終活について
  2. 老後のおひとりさまに終活は必要あるの?
  3. おひとりさまの終活でやるべきこと
  4. おひとりさまの終活は生前契約を利用しよう
  5. おひとりさまの終活におすすめの本
  6. 老後のおひとりさまの終活まとめ

老後のおひとりさまの終活について

人々

一人暮らしをしている方を指す言葉に「おひとりさま」というものがあります。
一人暮らしをしている方としてよくイメージされるのは、地元から出てきた大学生や社会人といった比較的若い方で未婚の方ですが、実は定年を迎えて社会の第一線から退き老後の生活を送っている方でも、このようなおひとりさまが少なくありません。

また、配偶者との死別や離婚などのやむにやまれぬ事情で、結果的に老後のおひとりさまとなった方も現代では多く見られます。

ただ、老後のおひとりさまは、だれにも看取られることなく亡くなる、いわゆる孤独死となるリスクも少なくありません。
孤独死を遂げると、他の方に気づかれるまで時間がかかったり、遺品整理の問題があったりと近年社会的な問題となってきています。

そこで、このような孤独死による悪影響を避けるためにも、老後のおひとりさまであっても終活は必要といえます。
今回は、老後のおひとりさまの終活や、それにまつわる注意点を以下のポイントを軸に見ていきましょう。

  • 老後のおひとりさまに終活は必要なのか?
  • おひとりさまの終活でやるべきこととは?
  • おひとりさまの終活で活用できる生前契約
  • 老後のおひとりさまが終活に取り組むうえでおすすめの本がある

老後のおひとりさまに終活は必要あるの?

人々

終活と聞くと、多くの方は亡くなった後に残されるご家族の負担を和らげたり、彼らに何かメッセージを残したりするというイメージを持ちがちです。
そのため、特に身寄りのない老後のおひとりさまにとってはあまり関係のないようにも見えます。

しかし、実は老後のおひとりさまこそ終活に取り組んでおいた方がよいといえます。
先ほども触れた孤独死のリスクがあるほか、老後ということで身体能力や判断能力など心身ともにさまざまな面で衰えが目立つようになるため、認知症や大きなけが・病気に見舞われるなど不測の事態に備えておくことも必要だからです。

終活は単に亡くなった後に対する備えというだけでなく、いかにしてご自分が最期を迎えるときまで幸せで、かつ有意義に過ごすことができるかを考え、できることをやる活動です。
このため、おひとりさまであっても老後を楽しく過ごすためにも終活が必要といえます。

おひとりさまの終活でやるべきこと

人々

老後のおひとりさまでも終活が必要ということですが、それでは具体的にどのようなことをやっていけばよいのでしょうか?
おひとりさまの終活でやるべきことを具体的に紹介していきたいと思います。

終活の基本としてやるべきこと

世間一般でいわれる終活の内容にもさまざまな項目があります。
ここでは、特に終活の基本となる項目について取り上げていきます。

遺言書を作る

遺言書を作ることは、特に相続関係では非常に大切なことです。
なぜならば、正式な書式や形式の整った遺言書であれば強い法的効力を持つことができ、それによってご自分の希望通りの遺産相続を実現できるためです。

同時に、明確に相続に関する希望を遺言という形で残すことで、未然に遺産を巡る争いを避けることもできます。

この点は、おひとりさまであっても例外ではなく、孤独死の場合でも遺言が残っているかどうかによって後に残された方による財産の処理にかかる負担が大きく違ってきます。
特に、お世話になった方にご自身の財産を相続させたいということであれば、なおのこと遺言書は残すようにしましょう。

身の回りの整理をおこなう

おひとりさまであってもそうでなくても、終活の一環としての身の回りの整理は非常に大切です。
身の回りの整理がなされない状態というのは、孤独死との関係で遺品整理の際の負担が大きくなるだけではなく、一人暮らしの状態の中でのけがのもとになりかねません。

だからこそ、普段からきちんと身の回りの整理をして、気持ちよく生活できるようにしておくことが大切です。
特に、体が元気に動くうちに取り組んでおくとよいでしょう。

身の回りの整理は、同時にご自身の気持ちの整理にもつながるため、老後を前向きに生きることにもつながります。
だからこそ、いらないものはきちんと捨てることも重要です。

財産の整理をおこなう

老後に一人暮らしをするとなると、莫大な資金が必要です。
さらに、亡くなった後の葬儀やお墓の用意をするとなると、多額のお金が必要となってきます。
そのうえ、介護や医療、相続のことも考えると、日頃からどのくらい財産があるのかを把握しておくことも大切です。

そこで、おひとりさまの終活の中でも財産の整理を行っておくことも大切です。
現時点でご自身が持っている預金や不動産などの財産やローンなどの借金がどのくらいあるのかを把握したうえで、それをどのように活用するか、借金であればどのくらいで返済していくかを考えることとなります。

老後にはいつ何が起こるかわかりませんので、お金の件については日頃からきちんと整理や管理をしておくことが大切です。

おひとりさまの終活としてやるべきこと

さらにここでは、おひとりさまの終活だからこそ取り組むべき項目を見ていきます。
というのは、老後のおひとりさまはいつ何時孤独死のリスクにさらされるかがわからないためです。

孤独死対策のためにも、ここで紹介する各項目はよく目を通して、対策を立てておくようにしましょう。

任意後見人制度を利用する

任意後見人制度とは、国が設けている後見制度の1つで、判断能力の低下などが原因でご自身で財産管理を行っていくうえで不安がある場合、信頼できる特定の方に後見人になってもらい、財産管理や介護・医療などのサービスの利用にまつわる事務手続きなどを代行してもらうという契約です。

普通の後見制度(法廷後見人制度)と違い、ご自身が信頼のおける人物を後見人に指定できたり、判断能力が低下していないうちからでも利用できたりするため、将来判断能力が衰えるなど万が一の事態が起こった時に備えておくことができます。

家を訪問してくれるサービスを利用する

現在では少子高齢化社会が進展してきたこともあり、さまざまな訪問型サービスが充実してきています。
このため、おひとりさまの終活では、このような訪問型のサービスを活用するという手があることも見逃せません。

具体的には、訪問介護や訪問看護、宅配サービスなどが挙げられ、なるべく日常的に利用して、サービススタッフと知り合っておくことで、何かあった場合には助けとなってくれます。

コミュニティーに積極的に参加する

地域などにあるコミュニティーに積極的に参加し、定期的に顔を出しておくことも大切です。
具体的には趣味関係の集まりやサークル、近所づきあいのようなコミュニティーが挙げられ、そこに顔を出して、友人や知り合いを増やしておくことで、何かあった時に助けになってもらえるように手を打つことにもつながります。

死後事務委任契約を利用する

死後事務委任契約というのは、万が一最期を迎えた場合に備えて、葬儀や埋葬、遺産相続に関する事務手続きを信頼できる方に委任できる契約のことを指します。

知り合いの方で信頼のおける方や、行政書士や司法書士といった法律の専門家、さらに見守りサービスを運営している会社に依頼することが可能です。
また、契約した相手によっては定期的に安否確認をしてくれる場合もあります。

緊急連絡先を知人に知らせる

万が一の場合の緊急連絡先を知人に知らせておくことも大切です。
緊急連絡先とは具体的にいうと、介護施設や医療施設、葬儀社、菩提寺などといった、大きなけがや病気に遭った場合最期を迎えた場合に連絡する必要のあるところが挙げられます。

緊急連絡先は、特に日頃から親交があって、かつ頼りがいになるような方に伝えておくとよいでしょう。

おひとりさまの終活は生前契約を利用しよう

人々

老後の方はいつ何が起きてるかがわかりません。
若いころに比べると心身面で衰えがちであるため、大きなけがや病気、突然の最期に見舞われるリスクが高くなりがちです。

特におひとりさまであれば身寄りがない分、終活に関しても一人でいろいろとこなさなければいけないことが少なくありませんし、亡くなった後に葬儀やお墓のことが準備されていないとなると、後に残された方たちが困惑することになりかねません。

そこで、葬儀やお墓の生前契約がおすすめです。
元気なうちに葬儀社や石材店、菩提寺の方とよく相談して、どのような形の葬儀やお墓がご自分にとって望ましく、それを実現するにはどのようにすればよいかを考えて段取りをするうえで生前契約は非常に有効です。

また生前契約をしておくことで、万が一の場合に後に残される方もスムーズに葬儀やお墓への納骨の手続きを行うことができます。

おひとりさまの終活におすすめの本

book

老後のおひとりさまの終活に取り組むうえで一人で行うには不安があるという方は、終活に関する本を読みながら行うというのもおすすめです。
おひとりさまの終活の参考となる本として、中澤あゆみさんの「おひとり様の終活 気になる自分の介護や死後のこと」をご紹介します。

この本は、単におひとりさまの終活で取り組むべき項目である葬儀やお墓、介護・医療対策、財産管理のことだけでなく、オーダーメイドの見守りサービスや老後の就活関係の情報など、老後のおひとりさまがいかにして楽しく一人暮らしを満喫できるかに不可欠な情報も掲載されています。

老後のおひとりさまの終活まとめ

人々

老後のおひとりさまの終活について見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 老後のおひとりさまの終活は、孤独死のリスクに備えることや一人暮らしでも最期まで有意義で、かつ幸せに生きられるようにするためにも取り組んでおいた方がよい。
  • おひとりさまの終活でやるべきこととして、遺言書の作成や身辺整理、財産整理といった終活で不可欠なことに加えて、任意後見人制度や訪問サービスの活用、コミュニティーへの参加、死後事務委任契約の利用、緊急連絡先の知人への周知が挙げられる。
  • おひとりさまの終活では生前契約の活用も有効である。老後はただでさえ大きなけがや病気などのリスクに遭遇しやすいことに加えて、おひとりさまの場合は身寄りがいないことから万が一に備えて葬儀やお墓の生前契約をしておけば、後に残される方も戸惑わずに済む。
  • おひとりさまの終活について参考になる本として、中澤あゆみさんの「おひとり様の終活 気になる自分の介護や死後のこと」がおすすめである。

現代では、年配の方であってもライフスタイルが多様なものとなってきており、おひとりさまはそのうちの1つです。

そして、おひとりさまの場合は孤独死や万が一の時などに備えて終活するうえで知人の方の助けが不可欠となってきます。
そのため、普段からご自身でできることに取り組みつつ、知人の方の助けも十分に活用していくことが大切です。

「おひとりさま・老後・終活」に関連する記事

「おひとりさま・老後・終活」についてさらに知りたい方へ

「おひとりさま・老後・終活」に関連する専門家

「おひとりさま・老後・終活」について知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「おひとりさま・老後・終活」についてさらに知りたい方へ

おひとりさまの終活に関する準備や制度についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

おひとりさまの終活に関する準備や制度についてわかりやすく解説!

【おひとりさま】の女性は老後の資金をどうすればいいの?のサムネイル画像

【おひとりさま】の女性は老後の資金をどうすればいいの?

一人暮らしの終活の方法や孤独死を避ける方法についても紹介します!のサムネイル画像

一人暮らしの終活の方法や孤独死を避ける方法についても紹介します!

より良い老後を送るための終活について具体的な内容を解説します!のサムネイル画像

より良い老後を送るための終活について具体的な内容を解説します!

終活を始める年齢っていつがいいの?若い年齢でできる終活も解説!のサムネイル画像

終活を始める年齢っていつがいいの?若い年齢でできる終活も解説!

終活を始める前に知っておきたい6つの項目を分かりやすく解説!のサムネイル画像

終活を始める前に知っておきたい6つの項目を分かりやすく解説!

終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!のサムネイル画像

終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介のサムネイル画像

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介

終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説しますのサムネイル画像

終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説します

今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「おひとりさま・老後・終活」についてさらに知りたい方へ

おひとりさまの終活に関する準備や制度についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

おひとりさまの終活に関する準備や制度についてわかりやすく解説!

【おひとりさま】の女性は老後の資金をどうすればいいの?のサムネイル画像

【おひとりさま】の女性は老後の資金をどうすればいいの?

一人暮らしの終活の方法や孤独死を避ける方法についても紹介します!のサムネイル画像

一人暮らしの終活の方法や孤独死を避ける方法についても紹介します!

より良い老後を送るための終活について具体的な内容を解説します!のサムネイル画像

より良い老後を送るための終活について具体的な内容を解説します!

終活を始める年齢っていつがいいの?若い年齢でできる終活も解説!のサムネイル画像

終活を始める年齢っていつがいいの?若い年齢でできる終活も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと