大切なご遺骨を永代供養するメリットとは?話題の送骨納骨も解説

大切な人の遺骨、きちんと供養してあげたいですよね。供養方法には様々ありますが、その中に永代供養という方法があります。遺骨を永代供養するメリットにはどんなものがあるのでしょうか?話題の送骨納骨についても解説していきます。

目次

  1. ご遺骨の永代供養について
  2. ご遺骨を永代供養してもらうメリット
  3. 永代供養の種類にはどういったものがある?
  4. ご遺骨を永代供養してもらう際の注意点
  5. ご遺骨を郵送して永代供養してもらう?
  6. ご遺骨の永代供養についてまとめ

ご遺骨の永代供養について

お墓

ご遺骨の永代供養は近年注目を集めている供養方法です。
お墓を持たず、寺院や霊園にご遺骨を預けます。
ご遺骨を預かった寺院や霊園は、責任を持って遺骨の供養や管理を行ってくれます。

遺族側はお墓詣りや法要の必要もなく、遠方に住んでいて頻繁にお墓を訪れることができない人などからも人気の方法となっています。
また、少子高齢化によってお墓の継承者がいない場合にもこの方法が取られます。
終活の一環として、エンディングノートなどで永代供養を望むことを家族に伝えておく人もいるようです。
今回はこの永代供養について、

  • ご遺骨を永代供養してもらうメリット
  • 永代供養の種類にはどういったものがある?
  • ご遺骨を永代供養してもらう際の注意点
  • ご遺骨を郵送して永代供養してもらう?

を中心に見ていきたいと思います。

ご遺骨を永代供養してもらうメリット

人々

近年注目を集めている永代供養ですが、なぜ人気があるのでしょうか。
人気を集める理由となる、ご遺骨を永代供養してもらうメリットについて、3つの視点から見ていきましょう。

費用が一般的なお墓に比べて安価

一般的なお墓を建てる場合、費用の相場はどれくらいか知っていますか?
もちろん墓石や彫刻内容によって幅はありますが、これまでにお墓を購入した人の平均相場はだいたい100万円~300万円ほどだそうです。
永代供養の場合、一般的なお墓を購入することに比べるとかなり安価です。

もちろん永代供養といってもいくつか種類があり、それによって費用も様々ですが、永代供養の中にはお墓を必要としないものもあります。
その場合、お墓を必要としないので、まず墓石代がかかりません。
そのため墓石を加工する際の彫刻費や工事費もかかりません
このように、お墓を建てることに比べると不要な費用がたくさんあるのです。

永代供養の相場は10万円~100万円くらいということなので、お墓と比べてみてもかなり差があります。
多くの場合が一度支払いを済ませてしまえば、後から追加費用がかからないというのも魅力の一つです。

無縁仏になる心配がない

無縁仏とは、本来は供養されずにさまよっている魂のことを言います。
その考えから、継承者がおらず管理されなくなったお墓のことを無縁仏と呼んでいます。
無縁仏になるということは、管理料なども支払われなくなるということです。
無縁仏になったお墓は最悪の場合、寺院によって撤去されてしまうことがあります。

よく永代供養=無縁仏と考えている人がいるのですが、これは間違いです。
墓の管理者がいないという点では同じかもしれませんが、永代供養の場合はそれを見越してあらかじめ料金を支払っておきます。
そしてその代金でお墓が責任を持って遺骨を供養してくれるというわけです。
そのため、永代供養を行えば遺骨が無縁仏になるのを防ぐことができるのです。

お墓の管理はお寺や管理者がしてくれる

永代供養を選ぶのは、お墓を継承する人がいない人ばかりではありません。
家族はいるけれど遠方に住んでいる、何らかの理由で頻繁にお墓を訪れることが難しいなどという人にも好まれているのです。

永代供養の場合、基本的にお墓の管理や供養は全てお寺や管理者が行ってくれます
お墓を持つと定期的に訪れ、掃除をしたり花を交換したりと結構大変です。
しかし永代供養であれば命日の法要に参列したり、お盆やお正月にお墓参りに行く必要もありません

一見薄情なようにも思えますが、少子化のこの時代、一人でいくつものお墓を管理しなければならないという現実もあります。
現代のライフスタイルに合った供養方法なのかもしれませんね。
家族に負担をかけたくないと、終活の一環で永代供養を希望するのも納得できる気がします。

永代供養の種類にはどういったものがある?

困った人々

先ほども永代供養にについて少し触れましたが、では、どういった種類があるのでしょうか。
永代供養の種類は埋葬の方法によって主に二つに分けられます。
それぞれどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

最初から合祀するタイプ

まずはご遺骨を最初から合祀するタイプです。
合祀とは、他の人のご遺骨と一緒に混ぜて供養することを言います。
個別でお墓参りなどをしたい時には避けた方がよいですが、一般的に費用が安く設定されていることが多いです。

お墓を継ぐ人がいなかったり、今後お墓参りに訪れる機会が少なそうな場合はこちらを選択する人が多いようです。
他の人と遺骨が混ざるのを避けたい人には、2つ目のタイプがあります。

個別に埋葬するタイプ

2つ目は合祀ではなくご遺骨を個別に埋葬するタイプです。
お墓参りに訪れたい場合はこちらがよいかもしれません。
費用は少し高めに設定されていることが多いですが、個別なのでゆっくり故人と対面できます

しかし「永代」供養といっても永遠に供養してくれるという意味ではありません。
○回忌まで、などと個別に安置する期間が決まっているのです。
したがって、一定の期間を過ぎると将来的には他の遺骨と合祀されることになります。
これを知っておかないと、後に寺院とトラブルになる可能性があるので注意が必要です。

ご遺骨を永代供養してもらう際の注意点

困った人々

永代供養には注意点もあります。
永代供養を依頼した寺院と良い関係を保つためにも、永代供養をしてもらう際の注意点として以下の2点を覚えておいてくださいね。

合祀されてしまうとご遺骨が取り出せない

永代供養を選ぶということは、どの場合でも将来的には合祀となることが多いです。
他の人の遺骨と一緒になり、どれが自分の家族のものか分からなくなってしまうため、合祀されるとご遺骨を取り出せないというデメリットが発生します。
もし後にお墓を建てたり、個人の納骨堂などに移動させたいと思っても、それは不可能です。

永代供養を選ぶときは、今後供養方法を変更する可能性がない場合のみにした方がよさそうですね。
家族や周囲に意見を聞くなどして、慎重に決めなければなりません。

永遠に供養してもらえるわけではない場合も

先ほどの項でも少し触れましたが、「永代」=「永遠」ではない場合がほとんどです。
つまり、永遠に供養してもらえるわけではないのです。
永代供養における永代は永久ではなく長い時間ということを指します。
どのくらいの期間供養してもらえるかというと、大体は33回忌や50回忌などのタイミングまでのことが多いです。

それ以降、ご遺骨を引き取ったり供養する人がいない場合は、他のご遺骨と共に合祀されます。
合祀された後もお経を読むなどの供養は行ってもらえますが、個別に○回忌などの法要は不可能となります。

ご遺骨を郵送して永代供養してもらう?

困った人々

永代供養に関する新しいサービスも登場しています。
遺骨を郵送して永代供養してもらう方法です。
どんなサービスなのか、詳しく解説していきます。

送骨納骨とは?

寺院やお寺にご遺骨を送り、そのまま永代供養してもらうことを送骨納骨と言います。
永代供養を希望したいけれど、寺院が遠方で行けないという年配の方もいるでしょう。
骨壺を持って遠い距離を移動するのは大変ですよね。

そんな時に生まれたのがこの送骨サービスなのです。
寺院に直接遺骨を送ることで、気軽に納骨を行えるようになったのです。
この送骨サービスでは、「ゆうパック」が多く使用され、ご遺骨が見えないようにきちんと梱包をし、運びやすい状態になっていれば届けてもらえます。

ご遺骨を送るというのは倫理的にどうなのか、という意見もありますが、法的には問題ありません
死者の供養に対する考え方も年々変わってきているようですね。

送骨の流れ

それでは、送骨をどのように行っているのか送骨の流れについて説明します。

まず遺骨の郵送は取り扱いのある寺院とない寺院がありますので、自分が永代供養を希望する寺院が送骨を行っているかどうかを確認しましょう。
また、送骨には申し込みが必要です。
寺院が直接請け負う場合と、仲介業者が請け負う場合があります。
送骨する寺院を決めたら、申し込みをしましょう。

申し込みが済むと梱包材が送られてきます。
遺骨を郵送するのはかなり神経を使う作業です。
壊れたり遺骨が出てきたりしないよう、しっかりと梱包しなければなりません
送られてきた梱包材を使って、丁寧に作業を行いましょう。
骨壺の蓋も取れないように固定したほうがよいと思います。
また、骨壺を入れた段ボールには、納骨申込書や本人確認書類、火葬許可証などの必要な書類を入れて発送します。

発送した後、だいたいの寺院では、ご遺骨が到着したら連絡をくれるはずです。
その後は寺院にお任せして、永代供養を行ってもらうことになります。
もし永代供養を依頼した寺院にお参りしたい場合は、それも可能です。
お参りする可能性のある時は、できるだけ交通の便の良い場所を選ぶとよいですね。

ご遺骨の永代供養についてまとめ

お墓

いかがでしたか?
ご遺骨の永代供養について見てきました。
この記事から分かったことは、

  • 一般的なお墓に比べて、永代供養は比較的安価であり、相場は10万円~100万円くらいである。
  • お墓を継承する必要がなく、無縁仏になる心配がない。
  • 遺骨の管理・供養は寺院が責任をもって行ってくれるので、法要やお墓参り、お墓の管理などを行う必要がない。
  • 永代供養墓には最初から合祀されるタイプと、最初は個人墓で、一定期間が過ぎると合祀されるタイプがある。
  • どちらのタイプも最終的には合祀されることになるので、後々供養の形態を変えたいと思っても、個別で遺骨を取り出すことは不可能。
  • 「永代」=「永遠」ではないので、一般的には○回忌などのタイミングで個別の供養は終了となる。
  • 遠方に住んでいたり、出かけるのが困難な人のために、寺院に遺骨を郵送して永代供養してもらうサービスもある。

ということでしたね。

永代供養は今注目を集めている供養方法です。
その理由として、「終活」の流行があります。
自分の死後、お墓をどうするかなどを自分で決めていくのです。

家族に負担をかけるくらいならお墓はいらない、と考える人もいます。
何も残さずに死にたいと思っている人もいるのです。

しかし、お墓は亡くなった当人だけのものではないのです。
そのお墓を拠り所として生きている、残された家族もいるのです。
永代供養を考える際は、ぜひ生前に周囲とよく話し合って決めたいですね。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「遺骨・永代供養」に関連する記事

「遺骨・永代供養」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

    永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

    故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

  • 永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

    永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

    最近は少子化などの影響で永代供養の施設を利用する人が増えてきています。それと同時に永代供養をめぐるトラブルも色々と起きています。永代供養ではどのようなトラブルが多いのか?それを予防するにはどうすれば良いのか?一緒に考えていきましょう。

  • 永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

    永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

    「永代」には、長い年月・永久という意味があります。ですが、永代供養の永代とは、いつまでのことを指すのでしょうか?いつまで供養してもらえるのでしょうか?永代供養についての基礎情報もまとめましたので、ご覧ください。

  • 永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

    永代供養墓を知っていますか?お寺や霊園が遺族に代わって供養・管理してくれるお墓のことで、お墓の後を継ぐ人がいない方やお墓のことで子供に迷惑をかけたくないという方に選ばれています。この記事では先祖代々のお墓に対する永代供養墓のメリットとデメリットをまとめました。

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説しますのサムネイル画像

    永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説します

    最近では、納骨度や樹木葬など様々な供養一つにしても様々な手段が選べるようになりましたね。 みなさんはその中でも「永代供養」をすることで費用を安く抑えられることをご存知ですか? 今回は、永代供養が安くなる理由や永代供養をする際の注意点を中心に詳しく紹介していきます。

  • 永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

    永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

    皆さんは永代供養ができる霊園をご存知ですか。寺院で行う場合とどこが違うのか、気になりますよね。実は費用面も一般墓に比べて安価に抑えられる場合があります。終活を考えていらっしゃる方は、生前墓の申し込みもできる?永代供養の霊園の例についても解説致します!

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「遺骨・永代供養」についてさらに知りたい方へ

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説しますのサムネイル画像

永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説します

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「遺骨・永代供養」についてさらに知りたい方へ

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと