終活のポイントについて今のうちにやっておきたいことを徹底解説!

近年ブームとなっている終活ですが、その終活に取り組むうえでやっておくべきポイントをつかんでおくことは、今後有意義に終活を進めていくうえでも欠かせないことです。今回は、終活でここは押さえておきたいというポイントについて見ていきましょう。

目次

  1. 終活のポイントについて
  2. 終活でやるべきことは?
  3. 終活のポイントを内容別に紹介
  4. 終活について困ったら専門家にご相談を
  5. 終活のポイントまとめ

終活のポイントについて

チェックリスト

近年ブームとなってきていることもあって、取り組む方も増えてきている終活ですが、皆さんの中には終活と聞くと亡くなった後の葬式やお墓のことなどを考えるというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

もちろん、それも大事なことですが、より大切なのはご自身がいかにして人生の残された時間を有意義に過ごし、亡くなるその瞬間まで幸せでいられるか、という点です。
そのために終活で取り組むべきことは、何も葬式やお墓の準備にとどまらず、より多岐にわたるものです。

そこで今回終活ネットでは

  • 終活でやるべきこととしてどのようなものが挙げられるか?
  • 終活に取り組む内容別でみると、押さえておくべきポイントとしてどのような点が挙げられるか?
  • 終活について困った場合は専門家に相談してみよう。

という3つのポイントを中心に終活のポイントについて解説していきます。
すでに終活について考えている方も、これから終活に取り組もうとしている方にも役立つ記事となっています。
ぜひ最後までお読みください。

終活でやるべきことは?

人々

先ほども少しふれたように、終活と聞くと多くの方がご自身が亡くなった際のお葬式やお墓のことを準備するというイメージが強いです。

しかし、実際のところ終活とはご自身の「死」のことばかり考えるような暗いものではなく、むしろ残された時間をいかにして有意義かつ前向きで、亡くなるその瞬間までを幸せに生き切るかを考え、そのためにできることに取り組む一連の活動を指します。

終活でやるべき主な活動は以下の通りです。

  • 遺言書の作成
  • エンディングノートの作成
  • 身の回りの持ち物の生前整理(不用品の処分やデジタル関係の整理など)
  • お墓や葬儀に関する希望をご家族などに伝える
  • お墓の生前購入
  • 万が一の時の医療や介護についての希望やかかりつけの医療施設や介護施設の連絡先を伝えておく
  • 有意義なセカンドライフについて考えること

以上のことを全て一気にやるのではなく、ご自身のペースで進めていくことが大切です。
また、終活に1人で取り組むのではなく、ご家族や友人と一緒にやることで1人では気づかなかった点に気づけたり、終活も進めやすくなります。

終活のポイントを内容別に紹介

人々

終活でやるべきことについて見てきたところで、次はその中でも多くの方が力を入れて取り組んでいる項目について、押さえておくべきポイントを内容別にご紹介していきます。

現時点で終活に取り組んでいる方も、また終活に取り組む予定の方もこれらのポイントをぜひともご自身の終活を進めていく際の参考としていただければ幸いです。

遺言書の作成のポイント

遺言書の作成は、ご自身の財産をどのように整理するかという点にも関わってくる重要な事柄です。
特に、相続関係について考えたときに、あらかじめ作成しておくとご自身が亡くなった後のご家族やご親族の間で起こりがちな相続争いを防ぐことが出来ます。

以下で遺言書の作成のポイントについて解説して行きます。

必ず手書きにする

遺言書は必ず手書きにしましょう。
実はこの点は、遺言書が正式な書類として法的効力を発揮するうえでは不可欠なポイントです。

手書きで作成する遺書は自筆証書遺言と呼ばれ、法的効力を持つための条件が民法で厳格に規定されており、そのうちのどれか1つでも満たしていないと法的に無効とされてしまいます。
最低限、手書きで書く項目として、遺言の内容と、作成の日付、そして捺印つきのご自身の署名が挙げられます。

なお、ご自分の文字の書き方に自信がない(字が汚いなど)といった理由でパソコンやワープロで遺言書を作成した場合は無効となります。
また、手書きで作成して文字が読みにくい場合も無効となりますので、きれいな字で丁寧に作成することが大切です。

遺産相続に関しては特に慎重に

遺産相続に関しては特に慎重に考えましょう。

遺言書を作成する多くの方にとって、その目的はご自身の遺産をご自身の希望通りにしかるべき人に相続させるというものが挙げられるでしょう。
そのための手段としての遺言書は、実は普通の法的手続き以上に法的効力を伴うものです。

極端な例を出しますと、ご自身に奥さんやお子さんがいるにもかかわらず、亡くなった後に遺産をすべて愛人の方に相続させる旨を正しい形式の遺言書に明記した場合、その遺産はそのまま愛人の方が受け継ぐこととなるほどです。

ただし、遺言書による遺産相続の手続きは一つ間違えると残されたご家族やご親族の間に、いわゆる骨肉の争いとさえいわれる遺産を巡る醜い争いを生じさせる恐れがあります。
特に遺産の分割相続にまつわる争いは、近年、争続という言葉がみられるほど司法の世界でも取り扱い件数が急増しています。

このような争いは、たとえ遺産分割が終わってもそれにかかわった人々の人間関係を元通りにすることはなく、何らかのしこりを残すこととなってしまいます。
そのため、遺言書を作成する際には遺産相続、特に遺産の分割についてはきちんとかつ慎重に考えることが大切です。

エンディングノート作成のポイント

エンディングノートとは、ご自身の残された時間や亡くなった後のことに対する希望、ご家族などに残しておきたいメッセージや重要な事項などを書き残すために使われるノートのことです。

このため、終活に取り組む中では不可欠な道具となってきているエンディングノートですが、エンディングノート作成の際のポイントを見ていきましょう。

自分に合ったエンディングノートを見つける

エンディングノートと言っても、その種類や分量、値段は非常に多岐にわたるため、選ぶ段階で頭を悩ませられる方も少なくないでしょう。

最も理想なのはご自分に合ったエンディングノートを見つけることです。
エンディングノートにどのようなことを書き込むかは、その人によってまちまちであるためです。

特に注目すべきポイントとしては、そのノートを特別な目的(例えば、自分史の作成やご自分にまつわるデジタル関係の情報の記載)のためだけに使うか、あるいは総合的にさまざまな目的のために使うかといったノートを作成する目的に着目して選ぶという方法があります。

それによって、エンディングノートに必要な分量や項目もある程度の予測ができるため、このポイントはぜひとも押さえておきましょう。

書き込めるところから書いていく

エンディングノートに書き込む内容については特に決まりはありません。
ご家族やご友人に伝えたいことや、ご自分にまつわる財産や保険、デジタル関係、健康管理に関する情報、葬儀やお墓に関する希望など何でも構いません。

しかし、このように述べると余計に困惑する方もいるのではないでしょうか。
そこで、どれから書けばよいかわからないという方に、とっておきのポイントをお教えします。

それは、ご自分が書き込めるところから書いていく、という点です。
エンディングノートは遺言書と違い法的効力はありませんが、その分気持ちを楽にした状態でいろいろなことを書き込んでいくことができる気軽さもあります。

だからこそ、書きたいことで書き込める項目から書いていくとよいでしょう。

生前整理のポイント

身の回りの生前整理も実は亡くなった後のご家族の負担を軽くするという点に限らず、気持ちに整理をつけて前向きに生きるという点では非常に重要なことです。

ここでは生前整理のポイントについて見ていきましょう。

思い切って処分をする

ご自身の持ち物といっても、思い出のあるものが多く、なかなか捨てられないという方も多いでしょう。

この場合は、まず必要なものとそうでないものとに分け、不要なものは思い切って処分してしまいましょう。
特に、今後使うことのないものや無理して使っているようなものは優先して躊躇なく捨てることが大切です。

必要かどうかの判断に迷う場合は、その時は捨てないで一時保管用の箱などに入れておき、後日改めて判断するようにしましょう。

ご家族と一緒に行う

1人で整理するのが大変な場合は、ご家族と一緒にやりましょう。
身辺の整理はものが多いほど心身両面の負担が増すだけでなく、体力がなくなってきている場合はなおさら大変だからです。

ご家族の協力を得ることでご自身の負担が軽くなるだけではなく、捨てるかどうか迷っているものについても気軽に相談することができ、整理の判断もしやすくなります

葬儀・お墓についてのポイント

終活では葬儀やお墓のことを考えることも重要なことの1つです。
ここでは、葬儀やお墓についてのポイントを見ていきましょう。

より良い葬儀社を選ぶ

ご自分の希望に沿った満足いく葬儀を行ってもらうには、より良い葬儀社を選ぶことが不可欠です。
というのは、生前に葬儀社を探してよく相談しておくことで、いざという時に備えて十分に満足のいくような準備ができるためです。

葬儀にはさまざまな手続きや準備、費用などが必要となってきますが、あらかじめよい葬儀社を選んでおくことで、その葬儀社の提示するプランを比較し、その中から満足のいくものを選び出すことができます。

同時に残されるご家族の心身両面での負担を軽くすることにもつながります。

お墓についての情報を持つ

近年では、お墓といっても多様なものが出現してきています。
その分、費用や必要な手続き、条件などにも差があるため、日頃からお墓に関する情報は集めておくようにしましょう。

そうすることで、どのようなお墓がご自身の気持ちや希望に最も寄り添うものであるのかを見極めることもできますし、ご自身の希望に最も近いようなお墓を選ぶ選択肢を持つこともできます

終活について困ったら専門家にご相談を

人々

もし、終活を進めていくうえで分からないようなことがある場合は専門家の方に相談しましょう。

終活が広まっているということもあり、各地で定期的に終活セミナーが開催されていたり、また終活関係の専門家(就活カウンセラーなど)も増えてきているのでそういう方に気軽に相談してみるとよいでしょう。

ほかにも、葬儀やお墓関係については石材店や葬儀社に、遺産相続については司法書士や公証人などに、といったように項目ごとに各専門分野の方の力を借りることも可能です。

終活のポイントまとめ

人々

終活に取り組むポイントとなるべきことについて見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 終活で取り組むべきことはお墓や葬儀のことにとどまらず、遺言書の作成や生前整理などさまざまなことが挙げられる。
  • 終活に取り組む際のポイントは、遺言書の作成であれば手書きで書くという点と、遺産相続の際は慎重になるべきという点がある。
  • 生前整理の場合は、思い切って不用品を処分する点やご家族と一緒に行うという点が挙げられる。
  • 葬儀・お墓についてのポイントはより良い葬儀社を選ぶ事とお墓についての情報を持っておくことが挙げられる。
  • 終活で困ったことがある場合は、終活カウンセラーなどの終活関係の専門家に相談したり、終活セミナーに出かけるといった方法がある。

ご自身の残された時間をいかにして有意義かつ幸せに生きるかについて考え、行動するのかというのが終活の大切な目的です。

きちんと終活に取り組むためにも、ここで取り上げたポイントはぜひとも押さえておきましょう。

終活ネットではこの記事以外にも終活に関する記事を多数掲載しております。
是非そちらもあわせてお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活・ポイント」に関連する記事

「終活・ポイント」についてさらに知りたい方へ

  • 元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!のサムネイル画像

    元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!

    終活は元気なうちにやっておきたいものです。でも、どんなことをしたら良いのでしょう?終活でやっておきたいことを全般的にまとめてみました。終活の主たるところを全般的にまとめてありますので、これから終活を始める方も参考にしていただければと思います!

  • 今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

    今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!

    終活という言葉が定着した現在、終活を新たに始める方は急速に増えています。では終活に取り組むメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?今回の記事では、終活のメリットとその注意点についてわかりやすく解説します。皆様の終活に役立ちます。

  • 終活には問題点がある?気になる実例や対策方法も併せてご紹介!のサムネイル画像

    終活には問題点がある?気になる実例や対策方法も併せてご紹介!

    人生の終わりに向けて準備する「終活」はメリットも多く、多くの方が取り入れています。その一方で、終活には問題点もあるというのはご存知でしたか?問題点を知らないと、終活で騙されることもあるのです。今回は、終活の問題点はどのようなものかについて解説します。

  • 終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介のサムネイル画像

    終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介

    近年終活がブームとなる中、終末期の過ごし方を考えて、いかにして幸せに過ごすかに心を砕いている方も少なくありません。しかし、終活とは具体的に何をすることなのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は終活ですることについていろいろと見ていきましょう。

  • 終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説しますのサムネイル画像

    終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説します

    終活を始めてみよう!と思ったものの、いったいどんなことに取り組むべきなのか分からず、お困りの方や始められていない方はいらっしゃいませんか?終活で取り組む内容にはどんなことがあるでしょうか。ここでは終活で取り組む内容や注意点を解りやすく解説いたします!

  • 終活を始める前に知っておきたい6つの項目を分かりやすく解説!のサムネイル画像

    終活を始める前に知っておきたい6つの項目を分かりやすく解説!

    近年、取り組む方が増えてきている終活についてやってみようと考える方も多いでしょう。しかし、どのような項目があるのか、何から取り組めばよいのかということが分からずに、なかなか踏み出せない方もまた多いのでは?そこで今回は、終活に不可欠な6つの項目をご紹介します。

  • 終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!のサムネイル画像

    終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!

    最近は終活を行いたいと思われている方が増えてきています。しかし終活の具体的な内容はよくわからないという方もいらっしゃいますよね?そこで終活の具体的な内容について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

    終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

    終活をやってみたいと思う人は意外と多くいます。しかし、どんな方法があるのか、具体的に知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、終活を行う際の具体的な方法やメリットについて解説していきたいと思います。終活に興味のある方は是非最後までお読み下さい。

  • 終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

    終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

    最近はテレビでも終活が話題になっています。ある程度の年齢になると終活について考えますが、実際に終活を始めようとしても、手順がわからない人が多くいます。終活は人生のまとめとしてとても大切な活動です。今回は終活の手順やメリットについて紹介します。

  • 終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!のサムネイル画像

    終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!

    終活を始めたほうがいいと思うけど、終活にはどんな種類があるのでしょうか?そんな疑問をお持ちの方へ、終活の種類を知ってそのイメージを具体的な形にかえていきませんか?そろそろ終活を始めたいと考えている方のために、終活の種類やその方法を解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・ポイント」についてさらに知りたい方へ

元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!のサムネイル画像

元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!

今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!

終活には問題点がある?気になる実例や対策方法も併せてご紹介!のサムネイル画像

終活には問題点がある?気になる実例や対策方法も併せてご紹介!

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介のサムネイル画像

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介

終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説しますのサムネイル画像

終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説します

終活を始める前に知っておきたい6つの項目を分かりやすく解説!のサムネイル画像

終活を始める前に知っておきたい6つの項目を分かりやすく解説!

終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!のサムネイル画像

終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!のサムネイル画像

終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・ポイント」についてさらに知りたい方へ

元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!のサムネイル画像

元気なうちにやっておきたい終活をまとめてみました!

今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!

終活には問題点がある?気になる実例や対策方法も併せてご紹介!のサムネイル画像

終活には問題点がある?気になる実例や対策方法も併せてご紹介!

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介のサムネイル画像

終活ですることって一体何?終活をすることのメリットとあわせて紹介

終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説しますのサムネイル画像

終活で取り組む内容ってどんなものなの?注意点とともに解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと