終活の断捨離はどうする?方法・メリット・注意点もあわせて紹介!

終活をきっかけに断捨離を行い、身近なものを整理する人が増えています。気力も体力も十分に備わっている段階で断捨離をすることは、気持ちの整理や持ち物の整理に繋がります。終活における断捨離の内容と、そのメリットや注意点について解説します。

目次

  1. 終活での断捨離について
  2. 終活で断捨離を行うメリットとは
  3. 断捨離の方法やポイントを紹介
  4. 終活のための断捨離はいつ頃から行うべきか
  5. 終活における断捨離の注意点
  6. 断捨離を専門家に頼む場合にかかる費用
  7. 終活での断捨離のまとめ

終活での断捨離について

遺品整理

最近では、断捨離に関する多くのノウハウ本や情報を目にする機会も増えてきました。

そもそも断捨離とはヨガの修行内容から由来している言葉です。
「いらないものが入ってくること断つ」という意味の断行、「いらないものを捨てる」という意味の捨行、「色々な物事への執着から離れる」という意味の離行、この三つの意味を合わせて断捨離と言います。

一口に断捨離といっても、それを行う人の年齢や状況によってその方法は様々です。
最近では、終活の一貫として断捨離を行う方も増えています。

そこで今回の終活ねっとでは終活での断捨離に注目して、

  • 終活における断捨離のメリット
  • 断捨離の方法
  • 断捨離を行う時の注意点

といった内容をご説明していきたいと思います。

終活での断捨離をお考えの方はもちろんのこと、現在断捨離中で迷われている方も是非最後までお付き合い下さい。

終活で断捨離を行うメリットとは

引っ越し

そもそも終活というのは、自分の死や死後のことを考え準備することによって、残された余生をより充実したものにしようとする活動です。

では、その終活のなかで断捨離を行うということにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
終活で断捨離を行うメリットについて見ていきたいと思います。

家族の負担を減らすことが出来る

人が亡くなった後に残された物品は、鉛筆の一本に至るまで全て遺品となります。
これらの遺品は基本的に相続権のある遺族が整理することになり、その多くはご家族が遺品整理を行うのが一般的です。
しかし、一人の持ち物を整理するのは肉体的にも負担となり、また、大切な人を亡くした悲しみの中で遺品整理を行うことは精神的にも負担となります。

終活の中で断捨離を行うことによって家族の負担を減らすことができます。

断捨離の中でもただものを捨てるだけでなく、様々なことを行います。

  • 相続するものと捨てるものを分ける
  • 契約者の変更をするものと契約解除をするものに分ける
  • 各種手続きを期限内に行う

大まかな内容をあげるだけでも以上のようなものがあるのです。

生前はご主人が全ての契約や手続きを行っていたために内容を全く知らず、ご病気で亡くなられた後に何をどうしていいのか分からなくて困った、というご家族もいらっしゃいます。

終活での断捨離で持ち物や契約書等の整理をすることで、残されたご家族の負担は大きく軽減されるのです。

考え方を前向きにすることができる

断捨離を行うことによって考え方を前向きにすることができます。

昔から当たり前のようにあった身の回りのものを捨てていくという行為は、ともすれば少し気後れしてしまうイメージがあるかも知れません。

しかし、実際に終活で身辺整理を行っている人の多くは、断捨離を行うことで気持ちがスッキリして前向きになったと感じているのです。
その大きな理由の一つは、持ち物を通して昔の思い出を振り返り、気持ちの整理をするという点にあります。

嬉しかったことを思い出す品物は残す、悲しかったり辛かった思い出に関わる品物は捨てる、このような作業を繰り返すことが見えない心の整理となり、すっきりとした心持ちへと変わっていきます。

部屋が片付く

ものを捨てれば部屋が片付くという当たり前のメリットも生まれます。

年齢を重ねていくと、どうしても持ち物が多くなっていきます。
引き出しの中に積み重なっていたものが溢れ、それをしまうためにさらに収納家具を買って部屋が狭く感じる、そのような方は多いのではないでしょうか。

溢れている家具や持ち物は、住まいを圧迫して光を遮断し影を多く作ります。
断捨離をして持ち物を減らし家具も撤去すると、窓からの明かりが十分に入り風通しの良い部屋となり、心と体にも良い影響が出てくるのです。

特にお一人暮らしをしている高齢者の方のお住いは、足元が暗く物が溢れていると転倒する危険性もあります。

必要なものを必要な分だけ残し見通しの良い部屋にすることで、長くお元気で暮らしていくことが出来ます。
断捨離は決して最後のお仕事ではなく、これから先の時間を楽しくするためのスタートとなるのです。

断捨離の方法やポイントを紹介

人々

具体的な断捨離の方法やポイントについて知っておくと、スムーズにより納得のいく形で断捨離を行うことが出来ます。

ここでは、断捨離の内容とそれぞれのポイントについてご説明致します。

断捨離を行う上で大事なポイント

断捨離だからと勢いだけで進めてしまうと、後から後悔することにもなりかねません。

これからご説明する内容をよく確認して、断捨離のポイントを掴むようにしましょう。

チェックリストを作る

まず最初に、今現在ご自身が気になっている点を一つ一つ書き出してチェックリストを作ってみましょう。

チェックリストの具体的な例としては

  • 洋服の整理をする
  • 家具を減らす
  • 既に使っていないクレジットカードなどを解約して1、2枚程度まで減らす
  • 乗っていない車や使っていない家電製品の処分
  • 使っていない部屋の中にある物の整理

というような内容になります。

このチェックリストを作る際に財産目録も同時に作っておき、断捨離をしながら相続に関係する書類をわかりやすくまとめるのも良いでしょう。

自分の意志で処分をすること

断捨離は物品の整理だけではなく心の整理にも繋がっています。
つまり、ご自分が心から納得して執着しなくなったものを処分していくことが断捨離となるのです。
そのためには自分の意思で処分することが大切です。

お身体が不自由だったり体力がない方が断捨離を行う場合、どうしてもどなたかにお手伝いいただくことになるのですが、このような時によくトラブルとなるのが「勝手にいらないと判断されて捨てられていた」というような行為です。

ご自身の手で処分出来ないような場合であっても処分する際には必ずご自身も立会い、ご自分の意志で処分するかどうかを判断することも大切です。

気軽に捨てられるものから処分する

思い入れのあるものほど、なかなか処分する気持ちにはなれないものです。
そのような場合には、これはいらないなと気軽に捨てられるものから処分して少しずつ整理をしていきましょう。

長年の間に溜まった持ち物にはそれと同じだけの思い出が詰まっており、それを思い出して懐かしんだり悲しんだりしながら、少しずつ進めていくことが大事な行程となります。
その気持ちを無視して勢いで断捨離をしてしまうと、後から大きな後悔となることも少なくありません。

はっきりといらないと思っているものから処分を始めるだけでも、そのスペースが綺麗になることで気持ちが明るくなり、前向きに断捨離を進めるきっかけにもなります。

まずは確実にいらないと思うものから処分をして、断捨離の練習をしてみるのも良いでしょう。

自分のペースで進める

断捨離を進める中では自分のペースで進めるということも重要です。
そもそも断捨離とは、持ち物と共にご自身の心の整理も行うものです。
そしてその心の整理をつけるための時間は、人によってそれぞれ異なります。

本当に少しずつ、ご自分のペースで楽しく断捨離を行ってみましょう。
例えば、今日はタンスの一番下の段だけ片付けよう、明日は書類の詰まった棚の一段だけを整理してみようという風に、ご自分に無理のない範囲で断捨離を始めてみるのも一つの方法です。

片付けて綺麗になったスペースが少しずつ増えてくると達成感が生まれ、それが前向きな気持ちとなって楽しく断捨離を進めていく呼び水となるでしょう。

ご自分が納得してすっきりとした気持ちになることが断捨離の一番の目標です。
楽しみながらご自分のペースで断捨離を進めていきましょう。

断捨離の主な流れ・方法

大量の家具や持ち物を目にすると、どこから手をつけていいのか分からなくなっってしまいますよね。

断捨離を進めるにあたり大切になるのは、大まかな流れを作って作業を行うことです。

ここでは、断捨離の主な流れや方法を追いながら説明をしたいと思います。

持ち物の分類

やみくもに片付け始めても、なかなか断捨離は進みません。
まずは落ち着いて、次のようなリストを用意して持ち物の分類をし書き出してみましょう。

  • 絶対にいる大切なもの(大切な書類や通帳、使用中の家電製品や家具、衣類やカバンなど)
  • 絶対に捨てるもの(溜まった雑誌やパンフレット、包装紙や空箱、使っていない家電製品や家具、食器類など)
  • どうしようか迷うもの(リサイクルショップに売れるような服や靴、その他の持ち物などを書き出しておく)

持ち物全てを把握するのは大変なので、まずは分かっているものだけでも大まかに書き出してみましょう。
それらの整理がついたらもう一度見直し、また新たに最初から始めて同じ作業を繰り返していきます。
もう捨てるものはない、あとは全部いるものだけという状態になったら終了です。

別の方法として、持ち物の種類別に断捨離をするという方もいらっしゃいます。

例えば、今回は家電製品だけを集中して行う、次回は洋服やカバン・靴といった服飾品だけの断捨離を行うというように、持ち物を種類別に分けて断捨離を進めていきます。
書き出すことが苦手だったり持ち物をよく把握していない場合は、このような方法が有効的かも知れません。

不要なものを捨てる

いるものといらないものの分類が終わったら不要なものを捨てる作業を始めましょう。

ゴミ出しのルールは各地方自治体によって異なりますので、粗大ゴミや家電製品と言った捨てるのに悩むものはよく確認してから捨てるようにしましょう。

ご自分で捨てるのが難しい場合には、不用品回収業者やリサイクルショップに来てもらうという方法もあります。

特にパソコン関係の処分はデータを消去する必要性もあります。
不用意に粗大ゴミに出すとデータを盗まれるということも少なくありません。

ご自身ではどうしても無理という場合には、専門家にお願いすることも視野に入れて処分するようにしましょう。

持ち物を出来るだけ増やさないようにする

いらないものを処分するだけではなく、断捨離の後に持ち物を増やさないことも重要です。

処分してすっきりとした住まいを見ると、ついこれくらい大丈夫だろうと思ってしまいがちですが、それではせっかく断捨離を行ってもまた最初からやり直すことになってしまいます。

一つものが増えたらその分を処分するという位の考えを持ち、断捨離を行った後はご自分が管理出来るだけの持ち物で生活するように心掛けてください。

終活のための断捨離はいつ頃から行うべきか

困った人々

実際に終活での断捨離はいつ頃から行うべきか迷う方もいるでしょう。
断捨離を行うのに決まった時期はありませんが、終活を含めた断捨離となるとなかなかタイミングを掴みにくいかと思います。

終活として断捨離を行う人の多くは、体の不自由さを実感したり施設への入居などがきっかけとなっていらっしゃいます。
しかし、期日がある程度決まっている中で慌ただしく断捨離を行うと気持ちの整理が追いつかず、どうしても後悔してしまう結果に繋がりやすくなります。

後悔のない断捨離を行うためには、気力と体力は必要不可欠です。

例えば、お仕事を退職されてお時間が自由に使えるようになったり、年末の大掃除を少し早めてそのタイミングで断捨離を行うなど、ご自身のライフプランと照らし合わせながら、ご自身の好きな時に行ってみるのも良いでしょう。

終活における断捨離の注意点

遺品整理

若い人たちにも広がっている断捨離ですが、終活という面を捉えた上で行う断捨離は、ただ持ち物を減らすことだけが目的ではありません。

終活における断捨離を後悔の内容にするためには、どのような点を注意して進めていけば良いのでしょうか。

ここでは終活の断捨離の注意点を中心にご説明していきたいと思います。

断捨離をやりすぎない

勢いだけであれこれ処分してしまうと、その後の終活に大きく影響が出ることがあります。
後々後悔しないためにも断捨離をやりすぎないようにしましょう。

特に山積みになっている資料や書類は間違って処分してしまいがちですが、不動産や金融関係の書類は処分してしまうと再発行することが難しく、最悪再発行が出来ない場合もあります。

これらの書類は遺産相続の時にどうしても必要となってきますので、少しでも疑問のある書類は手元に分かるように保管するようにしましょう。

残される側の立場にも立っておこなう

残された遺品は、最終的にはご家族が管理することになります。
そうなることを考えて残される側の立場にも立っておこなうことを心がけましょう。

処分に困るようなものや思い入れが強すぎて沢山の持ち物が溢れていると、それらを管理するご家族には大変な負担となることも多いのです。

断捨離を進める中でどうしても躊躇する場合もありますが、最終的にはご家族の負担も考えて出来る限り持ち物を減らし、管理しやすくしていくのも大切です。

また、反対に自分にとって不要と思っていても、家族にとっては残しておきたいものや形見として持っておきたいものもあるかもしれません。
そういった家族の意見も考えて断捨離を行うと良いでしょう。

ネガフィルムを残しておきたい場合

デジカメが主流となっている現在において、ネガフィルムはどのように残していくか迷うところではないでしょうか。

そのような場合、ネガフィルムからデータを起こして保存するという方法があります。

フィルムスキャナーと呼ばれる機械にネガフィルムをセットして写真を確認し、そのデータをSDカードに保存すると、ご自宅でも簡単にネガフィルムをデータ化して残すことが出来ます。

機械を使うのが苦手という方は、ネガフィルムを写真屋さんなどに持ち込むことも可能ですので、諦めて処分する前に是非お試しください。

断捨離を専門家に頼む場合にかかる費用

遺品整理

どうしてもご自分達で断捨離を行うことが難しい時には、専門家にお願いするのも一つの方法です。

処理が難しいものや持ち物が溢れてご自分達では対処が出来ないといった場合でも、専門的な知識とともに丁寧に作業を進めて頂けます。

その際に気になるのが専門家に頼む際にかかる費用です。

お値段は片付けるお住いの状況によって差がありますが、例えば大型家具の処分の場合には2tトラックに積み放題で2万円、作業員も必要な場合には一部屋で10万円前後というようにお値段が決まっていきます。

実際にお使いになられた方々の平均的なお値段を見ますと、約10万円〜30万円程度が相場のようです。

お願いする際にはいくつかの業者のお見積もりをお願いして、しっかりとした業者・事業主を選ぶようにしましょう。

終活での断捨離のまとめ

人々

終活での断捨離について、方法とそのポイントをご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の記事をまとめますと

  • 終活の断捨離には、ご本人にもご家族にとってもメリットが多い
  • 断捨離は自分のペースで行い、後で後悔の無いようしっかりと確認しながら進める
  • どうしても無理な場合は専門業者などにお願いすることも視野に入れる

という点が大切であるということがお分かり頂けたかと思います。

断捨離とは、持ち物とともに物事の整理をして心を豊かにすることです。

断捨離の過程の一つ一つを丁寧に楽しみながら、断捨離を進めていってみましょう。

終活ねっとでは、今回の記事以外にも終活に関する様々な情報を多数ご提供しております。
是非一度ご覧になってみて下さい。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

「終活・断捨離」に関連する記事

「終活・断捨離」についてさらに知りたい方へ

終活において大事な捨てることについてコツなどを詳しく解説します!のサムネイル画像

終活において大事な捨てることについてコツなどを詳しく解説します!

昨今では断捨離と呼ばれる捨てることに重きを置いた整理整頓がブームです。そしてこちらも近年ではブー

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とはのサムネイル画像

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とは

40代で終活?と思われるかも知れませんが、働き盛りで気力も体力も十分なこの年代だからこそ、素晴ら

最近話題の終活って何?芸能人の方が実際に行っている終活を紹介!のサムネイル画像

最近話題の終活って何?芸能人の方が実際に行っている終活を紹介!

最近よく耳にするようになった「終活」という言葉。実はたくさんの芸能人も終活を始めているのです。今

終活における生前整理について、方法や注意点について徹底解説!のサムネイル画像

終活における生前整理について、方法や注意点について徹底解説!

最近では終活を積極的に行う方も増えてきています。終活は葬式やお墓のことを考えたりエンディングノー

終活で行う掃除って?掃除を行う理由やその方法を紹介します!のサムネイル画像

終活で行う掃除って?掃除を行う理由やその方法を紹介します!

終活と言うとまず思い浮かぶのが身辺整理、つまり掃除をするということではないでしょうか?終活は人生

「終活・断捨離」に関連する専門家

「終活・断捨離」について知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンデ

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は

シェアする

関連する記事

「終活・断捨離」についてさらに知りたい方へ

終活において大事な捨てることについてコツなどを詳しく解説します!のサムネイル画像

終活において大事な捨てることについてコツなどを詳しく解説します!

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とはのサムネイル画像

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とは

最近話題の終活って何?芸能人の方が実際に行っている終活を紹介!のサムネイル画像

最近話題の終活って何?芸能人の方が実際に行っている終活を紹介!

終活における生前整理について、方法や注意点について徹底解説!のサムネイル画像

終活における生前整理について、方法や注意点について徹底解説!

終活で行う掃除って?掃除を行う理由やその方法を紹介します!のサムネイル画像

終活で行う掃除って?掃除を行う理由やその方法を紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと