Wordでエンディングノートを書こう!手順やメリットについて解説

Wordでエンディングノートを書こう!手順やメリットについて解説

自分が亡くなった後のことも自分で決めておきたい、という人が増えています。その場合、自分の意思を「エンディングノート」として残すことができます。エンディングノートはWordで作ると便利です。ここではWordでエンディングノートを作ることについて見ていきます。

2019-10-21

Wordで書くエンディングノートについて

遺品整理

ここ近年、自分の人生の最期となる終わりのステージをどう迎えたいのか、あらかじめ考えておく活動「終活」が盛んです。

一昔前は亡くなった後に残った家族が、どんな通夜や葬儀を行うのか親族に相談しながら決めていましたが、今ではそれを自分で考えたいという人が増えました。

そんな時、生前の意思を記した書類があると便利です。
これが「エンディングノート」となります。

手書きでも良いのですが、「Word」というパソコンソフトを使って書くと非常に便利なのです。
この記事では、Wordで書くエンディングノートについて次のことをご紹介していきます。

  • エンディングノートは何か?

  • エンディングノートをWordで書く手順を紹介

  • エンディングノートをWordで書く時の利点

  • エンディングノートを書く時のポイント

  • Wordで書くエンディングノートまとめ

エンディングノートとは?

ノート

エンディングノートとは、終活の一環として、自分の最期についてどうしたいのか、周りの家族や親族にどうしてほしいのかなどを記した手記のようなものです。

自分の人生なのだから、亡くなる時や亡くなった後も自分らしくいたい…。
そんな想いが出てくるのも、今のように自己主張ができる世の中から当然ともいえます。

ですから、エンディングノートを記しておくことで自分の希望どおりの最期を迎えることができるというのは大きな魅力です。

エンディングノートには、定められた様式がありません。
一般的には、次のような項目を書いておくとよいでしょう。

  • 氏名、年齢、住所など基本情報

  • 生い立ちと、年代ごと特別に想い出に残っていること

  • 資産のこと

  • 身の回りのこと

  • 家族、親族、友人のこと

  • 望んでいる医療や介護のこと

  • 葬儀や供養のこと

  • 遺言のこと

Wordで書く手順を紹介

ワード

エンディングノートを書こう!と思っても、どうやって書いたらよいのか分からない人も多いかもしれません。

ここでは、パソコンを持っているのなら簡単に書けるWordで書く手順をご紹介します。

Wordをダウンロードする

Wordとは、正式には「Microsoft Word」というパソコンのソフトウェアの一つのことです。

Microsoft Officeというパッケージング化されたソフトウェアの中にWordも入っていますが、だいたい、電気店などで購入するパソコンには最初から使えるようにインストールされています。

ただ、中にはどんなソフトウェアをインストールするのか自分で決めて、好きな仕様につくりあげるBTO(Build To Order)パソコンもあり、その方が価格が安いことなどからインストールされていない場合もあります。

そんな時には、インターネットからMicrosoft Wordをダウンロードすることができます。

もちろん、電気店でもWordソフトは販売されていますが、ネットからダウンロードできればわざわざお店に行く必要がないので便利でしょう。

エンディングノートの雛形はWordには存在しない

Wordは、基本的に文書作成のソフトウェアです。
ですから、一番基本的な使い方としては、真っ白なA4サイズの用紙に一から文字を入力していく作業となります。

今は色々なテンプレート(雛形)があらかじめ組み込まれているため、例えばイベント用のPOPや同級会の案内など多数の雛形から簡単に書類を作成することができます。

ですが、残念ながらエンディングノートの雛形はWordにはありません

ですからWordと同じようにインターネットからダウンロードすると便利です。
しかもWordと違い無料でダウンロードすることが可能です。

代表的なエンディングノートの雛形を下記に挙げておきます。

  • 百人百想(自分史・エンディングノート)

  • 日刊葬儀新聞(エンディングノート)

書き込める内容から入力していく

ダウンロードしたエンディングノートの雛形を見ていただくとお判りいただけますが、自分の生きてきた歴史を振り返られる「自分史」も兼ねているノートとなっているため、入力する箇所が非常に多い印象を受けます。

でもご安心ください。
エンディングノートとして完成させるために、全部の項目を入力する必要はありません

あまりにも入力することが多いと、エンディングノートを完成させること自体を諦めてしまいがちです。
ですから、自分が入力できる項目や内容から徐々に入力していくようにしましょう。

エンディングノートは、誰かに強制されて行うものではありません。
自分の時間を自由に用いながら、相応しい時に相応しい内容を入力した方が、最終的に良いものが出来上がるものです。

エンディングノートをWordで書く利点

書く

エンディングノートを「遺言書」代わりに残す人もいます。

もちろん、遺言書と違いエンディングノートには法的な効力はありません
しかし、気軽に書けるという点でエンディングノートは広がりつつあります。

遺言書といえば手書きのイメージがあるかもしれませんが、手書きでエンディングノートを書くには内容が膨大過ぎるかもしれません。

そのため、Wordで書く人が増えています。
また、エンディングノートをWordで書くことには次のような利点もあります。

悪筆な人でも読みやすいものができる

手書きになると、どうしても「字の綺麗さ、読みやすさ」が求められるものです。

周りの誰が見ても読める内容が求められますし、自分の最期のステージを記すのですから「集大成」として残すにはそれなりの字で書いた方が良い、という考え方もあります。

そうなると、悪筆な人は、エンディングノートを書きにくくなってしまいますよね。

その点、Wordで入力するのであれば100%その問題が無くなり、誰でも読みやすいエンディングノートが作成できます。

しかも、Wordの文字は沢山の種類(フォント)から選ぶことができます。
公的な機関から出ることが多い明朝体、少し丸みを帯びた丸ゴシック体、強調して他の文字より目立たせることができるゴシック体やブロック体など、多様です。

ですからあまり字を書くのが得意ではない人でも、非常に読みやすく、且つオリジナル性を取り入れたエンディングノートを書くことができます。

画像などを入れることができる

Wordでエンディングノートを書くことのもう一つのメリットは、画像を入れることができるということです。

自分史も兼ねている場合、その当時の自分の写真をプリンターなどでスキャンして、文章と文章の間に入れることができます。

また、枠を縁取って画像を入れることもできるので、自分らしいオリジナルのエンディングノートを作ることもできるのです。

もちろん、写真が画像データで残っていれば写真をスキャンする必要はありませんが、子供の頃の写真などはデータとして残っていないことが多いと思われます。
スキャンするプリンターがなくても、例えばスマートフォンなどの携帯電話等で昔の写真を再度撮影すれば、画像データとしてWordに入れることができます。

エンディングノートを書く時のポイント

アドバイス

では、エンディングノートを書く時には、どのようなポイントに注意しながら書けばよいのでしょうか。

年に一回は見直して上書きをする

遺言書もそうですが、残したい自分の資産や意思が変わった段階で見直しをし、作り直しておく必要があります。
それはエンディングノートも同様です。

ですから、年に一回はノートを見直しをし、必要であれば修正をするようにしましょう。
修正したら、必ず上書き保存をするようにしてください。

もしも、修正前のノートを参考までに残しておきたければ、ファイルの名前を変えて別に保存することができます。
この場合ファイル名に、いつ保存したのか年月を入れておくと、最新のノートをすぐに判別することができます。

データの場所を誰かに伝えておく

Wordで作ったエンディングノートは、パソコンの中にデータとして保存することができます。
前述したように一年に一回見直す場合、このデータを開いて修正することになります。

ただ、もしも予期せぬ出来事で急逝してしまった場合、他の人がデータの場所を把握しておかないと、せっかく自分で自分の最期を演出しようとしても、誰もエンディングノートを見ることができないため書いた意味がなくなってしまいます。

エンディングノートのデータの場所は確実に誰かに伝えておくようにしましょう。

印刷をしておく

前述したように、エンディングノートは自分史を兼ねていることが多いため、すべて入力すると膨大なページ数になるかもしれません。
ですが、データとして残してあるだけだと、パソコンなどデータが開ける環境でなければ本人が考えたエンディングを参照することができなくなってしまいます。

ですからできれば、印刷していつでも見ることができるように残しておくことをお勧めします。

もしも修正したら、そのページだけを印刷して差し替えることも可能です。
そのため、印刷したものをホッチキス留めしておくよりも、何かのファイルにつづっておくほうが良いかもしれません。

Wordで書くエンディングノートまとめ

いかがでしたか?
自分の人生ですので、最期まで自分のことは自分で決めるために、エンディングシートを活用することをおすすめします。

今回のWordで書くエンディングノートについての記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • パソコンにMicrosft Wordをダウンロードして、インターネットに載せられている無料の雛形を活用すると非常に便利である

  • 年に一回は見直して修正が必要なら直し、上書き保存して最新版を残しておく

  • 突発的な事態に備え、データを保存しているパソコンや保存場所を誰かに伝えておく

  • 自分以外の人が見れるように印刷をしておくと良い

エンディングノートを活用して、自分の最期は自分の考えで飾れるようにしておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「エンディングノート・Word」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事