若者も終活を考えるべき?将来役立つ終活について解説します!

より良いエンディングを迎えるために、多くの方々が終活に取り組まれるようになってきました。その年齢層は幅広く、今では10代20代といった若者からも注目を集めています。若い世代の終活とはどのようなものなのか、若者の将来に役立つ終活について解説していきます。

目次

  1. 若者の終活について
  2. 終活って何?
  3. 若者が行える終活とは?
  4. 終活での財産やデータの管理とは?
  5. 若者が終活を考えるメリットは?
  6. 若者の終活についてまとめ

若者の終活について

授業

若者の終活と聞くと、つい「就活の間違いじゃない?」と思ってしまいますよね。

その位イメージが湧きにくいのが若者の終活なのですが、実は今静かな広がりを見せているのです。
しかし、終活は何をすればいいのかわからないという疑問を抱えた方が多いのが現状だと思います。

そこで今回終活ねっとでは、若者の終活について

  • 若者の終活とは
  • 若者ならではの終活内容
  • 若者が終活をするメリット

という点を中心に解説していきたいと思います。
若者の方で終活について少しでも考えている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

終活って何?

人々

終活とは「終末期について考え、最期まで幸せな人生を送れるようにすること」です。

終活の内容としては主に

  • エンディングノートを書く
  • お墓の整理をする
  • 財産整理をする
  • 終末期の介護に備える

といったものをよく耳になさるのではないでしょうか。

ご自身のエンディングをより充実して迎えるための準備をしたり、これまでの人生を振り返りながら大切に毎日を過ごすようにするなど、皆さん様々な形で終活を行われています。

若者が行える終活とは?

ノート

いざ終活を始めても、若者にはそんなにやるべき項目はないと思われるかもしれません。

しかし、やるべきことが少ないということは、それだけ一つ一つを掘り下げて考える時間があるということです。

具体的な内容を例に挙げながら、若者が行える終活についてご説明していきたいと思います。

エンディングノートの活用

エンディングノートとは、ご本人が亡くなられた後に残されたご家族が困らぬよう、終末期の希望や指示を書き残すためのノートです。

絶対にこれを書かなければいけないという決まりはありません。
ご自身の歴史や思い出、ご家族へのメッセージといった心情を綴ることも多く、受け取ったご家族にとっては世界に一つの宝物となるのです。

ここでは実際にエンディングノートに書かれている項目を例に挙げて、ご紹介させて頂きます。

自分のことを振り返ってみる

エンディングノートに書く内容としてはまず、自分のことを振り返ってみるということが挙げられます。
生まれてからこれまでのことを振り返りながら、一つ一つの思い出を書き綴ってみましょう。

嬉しかったことや楽しかったこと、喧嘩したり悔しい思いをしたことなど、その時の感情も思い出しながら自由に書いてみてください。

自分史を書くことにより、それまで落ち込んでいた気持ちに区切りがついて前向きになったり、忘れていた目標や趣味を思い出して再度チャレンジしたという方も多くいらっしゃいます。

エンディングノートにそれまでの自分を書き残しておくことは、のちに悩んだり心が疲れたりした時に頼りになる道しるべとなってくれるでしょう。

自分の財産についての整理をしてみる

次に、エンディングノートを用いて、自分の財産についての整理をしてみましょう。

終活においての財産とは、遺産相続の時に資産としてプラスとマイナスになるものを言います。

少し難しい言い方になりますが、相続して金銭的にプラスとなるものを積極財産、借金の借用書やローンといった金銭的にマイナスになるものは消極財産と言い、相続する場合にはそのどちらも遺産となります。

具体的な例としては以下のようなものです。

  • 現金や預貯金
  • 持ち家やマンション、アパートや土地などの不動産
  • 車や貴金属、骨董品やプレミアのついた収集品などの動産
  • 有価証券や貸付金の証書、著作権といった権利
  • カードや奨学金のローン、借用書

遺産相続は基本的にプラスとマイナスの両方を相続することになるため、特にマイナスの遺産を誰にも知らせずにいると相続する際に残されたご家族が負担を強いられることにもなり兼ねません。

ご自分の持ち物を整理する良い機会ともなりますので、一度財産目録を作ってみましょう。

介護や治療についての意思表示を考える

また、介護や治療についての意思表示を考えることも重要です。
五体満足で健康な若者にとっては想像がつかないかも知れませんが、事故や災害といった不幸は年齢に関係なく可能性があるものです。

ある日突然訪れる介護や治療という現実に対して、現在どの程度の知識をお持ちでしょうか。

あって欲しくはないことですが、このような万が一に備えて介護や医療に関しての意思を書き残すことも重要な項目です。

  • もし植物状態になった時の延命装置の停止について
  • 治療を継続することが出来なくなった場合の延命治療について
  • 亡くなった後の臓器提供をどのようにしたいのか
  • 後遺症や重大な疾患を抱える状態になった場合はどのように暮らしていくか
  • もしもの時の備えについて

このような項目を一つ一つ掘り下げて考えていくと、改めてこれから先の生活をプランニングしやすくなり、ご家族の負担を軽減することが出来ます。

家族との相談をしてみる

年齢を重ねた方々の一番の財産は、それまで培われてきた人生経験と社会的常識です。

調べればすぐに情報が集まる現代社会ではありますが、例えば実際に介護をなさったりご葬儀やその後の遺産整理を行ったことのある親御さんの言葉は、何にも代えがたい貴重な生きた資料となります。

また、普段から万が一の時についての情報をご家族で共有しておくことは、いざという時に落ち着いて行動するための手助けにもなります。

エンディングノートがあるということが分かっているだけでも違いますので、何かわからないことがあったり一人では決められない項目などがある時には、ご家族にご相談してみましょう。

終活での財産やデータの管理とは?

ノート

次に、終活での財産やデータの管理について見ていきましょう。

亡くなられた方が残した財産を整理する上で、一番大変な作業となるのが手続きを伴う遺産整理です。

特にお金に関わる遺産整理は相続の段階で揉めることがあり、終活として事前準備を行う方も多くいらっしゃいます。

また、パソコンやスマホの普及に伴い手軽で簡単に契約出来るようになった反面、ネット上でのやり取りは更に複雑化して分かりにくくなってきています。

このようなデータの財産について、やっておくべき終活をご紹介させていただきます。

銀行口座などの財産

銀行口座に残されている預貯金は、相続権のある遺族が銀行に必要書類を揃えて提出し相続します。
大まかにご説明しますと

  • 遺言書などが全くない場合には法定相続人が必要書類を提出して相続
  • 遺言書がある場合には、裁判所で正式な遺言書と確認されたという証明書と必要書類を提出した上で、遺言書に従って相続(公正証書での遺言書の場合は確認の必要はない)
  • 家庭裁判所での調停や審判があった場合には、調停調書や審判調書の謄本とともに必要書類を提出して相続

というようになります。

遺言書がなくても残されたご家族が揉めない場合は良いのですが、もし口座にまとまった金額があり相続する時に不安があるようでしたら遺言書を用意しておくと良いでしょう。

遺言書には民法で定められた決まりがあり、民法の決まりに従っていない場合は正当な遺言書として認められない場合があります。

ご自分で書くことも勿論可能ではあるのですが、より安心かつ安全をお考えでしたら各市町村に設けられている公証役場にて公正証書として遺言書を用意する方が良いでしょう。

銀行口座に限らず、株券などの有価証券や不動産にも同じことが言えます。

ある程度まとまった金額になることが分かっている財産に関しては、公証役場で作成した遺言書があるとより効果的でスムーズな相続となりますので、残されたご家族のご負担を減らす意味でも遺言書を用意するようにしましょう。

パソコンやスマホのデータ

日常的に使いこなしている若者にとっては、パソコンやスマホはなくてはならない生活必需品ですよね。
パソコンやスマホには個人情報という貴重な財産が詰まっています。

ここではパソコンやスマホのデータの管理について解説していきます。

ネットで簡単にお買い物をする時に使うクレジットの暗証番号やネットバンキング、お仕事で使っている機密性の高い資料や知り合いの連絡先など、誰かに悪用される可能性の高いデータをどのように処理するのか、あらかじめ決めておく必要があるのです。

このような機械に関して詳しくないご家族の場合、残されたパソコンやスマホをそのままスクラップに出してしまう可能性もあり、そのようなパソコンから情報を抜き出すという人たちも残念ながら存在しています。

可能であれば信用できるどなたかに後を引き継いで貰うようにしたり、ご家族にパソコンやスマホの取り扱いについて話しておくなど、万が一の時にどうするかを考えるようにしましょう。

SNSのIDやパスワード

SNSやブログ、ネット上で契約している有料サービスなどのIDやパスワードを書き残しておくことも重要です。

その際には、どのサービスはどこに連絡をするのかといった連絡先もきちんと記しておきます。

ご家族がネット上で詳しくやり取りできるのであればそれが一番良いのですが、メールなどが苦手という方にはカスタマーセンターの電話番号なども一緒に記載しておくと良いでしょう。

このような情報はエンディングノートに書かれる方が多いのですが、エンディングノートを紛失した場合には情報を盗難される危険が出てきます。

乗っ取り詐欺などを防ぐ意味でも、エンディングノートにはあくまでSNSや使用している有料サービスの種類など書くだけにとどめておき、IDやパスワードはまた別の場所に保管してご家族に保管場所を知らせるようにしましょう。

写真や映像などのデータ

終活においては、写真や映像などのデータの管理も重要になってきます。

デジカメやビデオなどのデータがネット上やパソコン・スマホに保管されたままでは、ご家族が簡単に取り出すことが難しくなります。

可能であればこまめにデータを見直して、CD-Rなどの外部メディアに移しておくようにしましょう。

最近では、ネット上でアルバム作成を受け付けている専門家の方も多くなってきました。

友人やご家族との思い出をアルバムにしてプレゼントしたり、ご家族がいつでも眺められる場所に置いておくというのもよろしいのではないでしょうか。

若者が終活を考えるメリットは?

見つめる

では、若者が終活を考えるメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

終活をするということは、ご自分の未来を見つめるということになります。

それは楽しい想像だけではないかも知れませんが、多くの可能性があることを認識するチャンスにもなるのです。

これまで言えなかった言葉をノートに綴ってみたり、終活を通してこれまで知らなかった社会の仕組みや問題点を知ることで、これからどのような人生を歩んで行きたいかという姿が浮かび上がってきます。

そして、そのご自身の理想を追いかけていくだけの十分な時間があるのが、若者が行う終活において最大のメリットなのです。

最大のメリットとなる若さを生かして、ご自分で出来る範囲から少しずつ終活を始めてみましょう。

若者の終活についてまとめ

階段

若者の終活とその内容について、ご説明をさせて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

今回の記事をもう一度振り返ってみますと

  • 若者の終活はこれから先を見つめる良い機会となる
  • エンディングノートなどをうまく利用してわからないことは家族と相談してみる
  • 若い時から始める終活には時間があり、社会的な面からの勉強に役立つ

ということが言えるのではないでしょうか。

いつから始めても良い終活だからこそ、若い人たちにも終活の持つ魅力を知って頂けたらと思います。

この記事が皆様のお役に立てましたら幸いです。

終活ねっとでは、今回の記事以外にも終活に関する情報を多数紹介していますので、是非一度ご覧になってみて下さい。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

「終活・若者」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・若者」についてさらに知りたい方へ

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!のサムネイル画像

終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とはのサムネイル画像

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とは

終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!のサムネイル画像

終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!

今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

今話題の終活について、メリットや注意点についてわかりやすく解説!

終活には問題点がある?気になる実例や対策方法も併せてご紹介!のサムネイル画像

終活には問題点がある?気になる実例や対策方法も併せてご紹介!

終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!のサムネイル画像

終活の必要性って本当にあるの?終活の具体的な内容とともに解説!

終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!のサムネイル画像

終活にはどんな種類があるの?種類やその方法について徹底解説!

より良い老後を送るための終活について具体的な内容を解説します!のサムネイル画像

より良い老後を送るための終活について具体的な内容を解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・若者」についてさらに知りたい方へ

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!のサムネイル画像

終活の具体的な内容は?終活って何するの?詳しくご紹介します!

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とはのサムネイル画像

終活を始めるなら40代?40代から終活を始めるべき理由・内容とは

終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!のサムネイル画像

終活って一体何をする必要があるの?始めるベストタイミングも紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと