終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

終活を考える時、ご遺骨を散骨してご供養する方法をお探しになられる方が増えています。近頃様々なメディアで紹介されている散骨というご供養。より充実した終活となりますよう、散骨の種類やその費用についてご紹介したいと思います。

目次

  1. 終活で散骨を考えることについて
  2. 終活で散骨を考えるメリット・デメリット
  3. 散骨の種類・費用を紹介
  4. 海洋散骨の模擬体験について
  5. 終活での散骨まとめ

終活で散骨を考えることについて

散骨

終活において散骨でのご供養をお考えになる方の多くが、ご自身が亡くなられた後に残されたご家族の事のご負担について心配なさっています。

果たして散骨とはどのような埋葬方法で、どのような点に魅力があるのでしょうか。

今回終活ねっとでは

  • 散骨のメリットとデメリット
  • どのような散骨方法があるのか
  • 散骨の費用について

という点に注目して、散骨についてご紹介させて頂きます。
終活の一環で散骨について考えている方がぜひ参考にして見てはいかがでしょうか。

終活で散骨を考えるメリット・デメリット

散骨

より良い終活を求める方にとって、ご自身がお選びになられる埋葬方法が本当に良いことなのかが大変気になる点になると思います。

散骨というご供養方法について、散骨のメリットとデメリットを知った上で埋葬方法を選ぶ時の材料にしてみましょう。

メリット

散骨での御供養は、ご自身は勿論のこと残されたご家族にとってもメリットとなる点があります。

まずは散骨のメリットについて見ていきましょう。

費用負担が抑えられる

散骨の方法は様々ですが、どの方法を選ばれても総じて費用負担額を抑えることができます。

一般的なご遺骨の埋葬方法としては墓地を契約してお墓を購入することですが、その場合の平均金額は約150万円から200万円が相場となります。

御供養方法にもよりますが、散骨の場合は約5万円から30万円前後が一番多い価格帯となり、御供養後には一切の費用が掛かりません

費用とその後のお世話を考えて、散骨を選ばれる方が増えている一番多い理由です。

自然に還ることができる

海や山などの自然が好きで、自然に還ることを望まれる方も多くいらっしゃいます。

元々自然に還り輪廻するという考えは仏教に基づくものでもあり、はるか昔から行われてきた御供養の形です。

大自然に抱かれて眠り、目に入る景色の全てが墓標となるのです。

デメリット

散骨による御供養は、残されたご家族にとっては少々心が痛む結果を生み出すこともあります。
次は、散骨のデメリットについて見ていきましょう。

心のよりどころがなくなる可能性も

たとえ大往生であったとしても、故人が近しい人であるほど残された人々の心の整理はつかないものです。

お墓や納骨堂に行けば故人がいる、ということを心の支えにして日々の生活を営む方も多くいらっしゃいます。
そんな方にとっては心のよりどころがなくなる可能性があります。

散骨にはそのような象徴となるべき場所が存在しません。
また、お墓参りもできないので、故人を祀る実感が湧きにくいです。

残されたご家族にとってはつらい状況となる可能性もありますので、散骨の御供養を選ばれる時にはよくご相談することが大切です。

ご遺骨を取り返すことができない

散骨は全てパウダー状に粉骨されて行われるため、ご遺骨は手元に残りません

御供養の時には問題がなくても、時間が経つにつれやはり別の形での御供養をしたいと思った時にはご遺骨を取り戻すことは出来ないのです。

ご家族のためを思われて終活として散骨をお考えの方は、後々のご家族の心境を配慮した上で、散骨の前に分骨をしておくことも考慮しましょう。

散骨の種類・費用を紹介

バルーン

散骨での御供養にはいくつかの種類があります。

散骨は違法ではありませんが、散骨する場合には以下の点に注意する必要があります。

  • ご遺骨は必ずパウダー状に粉骨すること(死体遺棄罪にならないように)
  • モラルの範囲内で行うこと
  • 自治体で禁止されている場所では散骨しないこと

個人的に行うことは勿論可能ではありますが、多くの人は上記の点も考慮した上で散骨をコーディネートする専門家の方にお願いしています。

ここでは専門家によって行われている散骨の種類や費用についてご説明していきたいと思います。

海洋散骨

海洋散骨とは、パウダー状にしたご遺骨を海に撒き御供養する方法です。

一般的には船をチャーターして海の沖合いまで出向き、そこでご遺灰を撒くことになります。
ここでは海洋散骨をどうやって行うのか見ていきましょう。

代行散骨

海洋散骨を行うにはまず、代行散骨という方法があります。

ご遺骨を業者・事業主に預けて、ご家族の代わり散骨するのが代行散骨です。

ご遺骨の粉骨から散骨供養、その後散骨したという証明書や散骨している時のお写真などが送られてきます。

平均的なお値段としては約5万円となっており、どうしてもご家族でご供養することが出来ない場合方や、費用の面を考えてご利用なさる方が多くいらっしゃいます。

合同散骨

一隻の船を複数のご家族でチャーターして沖合いまで出向き、散骨供養を行うのが合同散骨です。

海洋散骨は船をチャーターする必要があるため、それに掛かる費用を複数のご家族で分担することで費用を抑えることが出来ます。

費用の平均としましては、一家族2名様で約12万円前後からとなっており、参加されるご家族が増えるとその分の費用がプラスされていきます。

個別散骨

ご家族だけで一隻の船をチャーターし、沖合いに出向いてゆっくりと散骨出来るのが個別散骨です。

事前に日程の決まっているプランに比べてご希望の日にちが予約しやすいことと、何より故人に所縁のある方々だけで心ゆくまでご供養出来るという点で人気があります。

費用の平均を見ますと、8人乗りの中型船を一隻チャーターしてご供養、散骨証明書や献花なども含めて約30万円程が目安となっています。

樹木散骨

終活を始められた時、散骨方法として海洋散骨と同じくよく耳になさるのが樹木散骨ではないでしょうか。

樹木散骨は樹木の根本にパウダー状にしたご遺灰を撒き、自然に返してご供養することを言います。

樹木葬とも呼ばれることがあるのですが、多くの樹木葬ではご遺骨を埋めてそこにモニュメントとしての樹木を植える形が一般的です。

私有地の樹木の根本にご遺灰を撒くことも勿論出来ますが、自治体で散骨を許可していない場合はたとえそこが私有地であってもご遺灰を撒くことは出来ません。

あらかじめ埋葬が許可されている場所に樹木を植えたり、墓地などに生えている樹木の根本に散骨するスタイルが一般的なようです。

埋葬許可がある場所の多くは墓地・霊園となるため、最初に永代使用料を払うことになります。

その場合の平均的な費用は約50万円ほどとなっています。

山岳散骨

山登りのお好きな方にとっては、山岳散骨はご興味のあるご供養ではないでしょうか。

現在では世界有数の山々へ代行散骨を行う業者・事業主も出てきています。

モンブラン葬

山岳散骨にはまず、モンブラン葬が挙げられます。

フランスでは、ヨーロッパ最高峰であるアルプス、モンブランに散骨をするモンブラン葬が行われています。

このモンブラン葬を行うフランスの会社と提携する形で、日本からもモンブラン葬に参加出来るようになりました。

ご遺骨の一部をヘリコプターにてモンブラン上空まで運び、代行して散骨して頂きます。

ご遺族はモンブラン散骨ツアーにて参加することができ、献花やセレモニーへの出席、ヘリコプターのお見送りなどを行います。

費用は散骨とご家族一名様同行で約85万円で、同行者が一名増えるごとに約55万円が加算されます。

個別散骨

山岳散骨を個別で申し込むことも勿論可能です。

山岳散骨を行う業者に申し込み、ご遺骨をお預けしたり散骨場所の近くまで同行することが可能で、散骨後にご遺灰が撒かれた場所が記された地図や散骨証明書などが手渡されます。

ご家族の手で散骨なさる場合には約20万円前後、全てを代行してお願いする場合には約5万円ほどでお申し込み頂けます。

山にも所有者があり、散骨は自治体や所有者の許可がなければ行うことは出来ませんので、事前に各業者・事業主にご相談されてみるのが良いでしょう。

宇宙散骨

散骨の中でも特に注目を集め、ロマンあふれるご供養となるのが宇宙散骨です。

ご遺骨を宇宙空間まで運び散骨するこの方法は、著名人も終活の一つとして生前予約を行うほど人気があります。

バルーン宇宙葬

宇宙散骨の一つに、バルーン宇宙葬があります。

ご遺灰を巨大バルーンに入れて大空へ放ち、成層圏にて散骨をするのがバルーン宇宙葬です。

直径2メートルにもなる巨大バルーンに入れられたご遺灰は、ゆっくりと上昇し続けやがて成層圏に到達、気圧の変化で膨張して破裂したバルーンからご遺灰が撒かれるのです。

お一人様のご遺骨で約25万円となっており、費用の面でも人気のご供養方法です。

ロケット宇宙葬

宇宙散骨にはロケット宇宙葬という散骨方法もあります。

海外の基地局から打ち上げられるロケットにご遺灰をのせ、宇宙空間までお連れして散骨するのがロケット葬です。

このロケット宇宙葬には様々なプランがあり、どこまでも宇宙を旅する宇宙旅行プランや長期間宇宙空間にとどまり続けるプラン、月面までご遺灰を運ぶ月旅行プランなど、大変興味のある内容となっています。

乗せるご遺灰の重さやプランによってそのお値段にはかなり大きな違いがあり、一番お手ごろなもので約30万、一番高いものですと約800万円となっております。

海洋散骨の模擬体験について

散骨

散骨とはどのようなものなのか、お話を聞いたり調べただけではなかなかイメージ出来ませんよね。

海洋散骨を行う各業者・事業主では、終活の一貫として海洋散骨の疑似体験が出来るツアーをご用意し、実際に散骨とはどのようなものなのかを体験出来るようになっております。

実際に使われる献花やご遺灰に見立てたお塩をご用意し、散骨場所までクルージングした後に擬似散骨体験を行います。

ご供養のリハーサルとも言えるこのような体験ツアーは、終活を行なっている人々にとっては勿論のこと、単なる興味で参加なさった方々にも深く感じ入る内容です。

終活と言われてもあまりピンときていらっしゃらなかった人も、この体験ツアーを通して初めて人生の最後を意識し、終活を始めるきっかけにもなっています。

終活の一環としての参加だけではなく、終活を意識する良い機会ともなる体験ツアー。

定期的に各業者・事業主が企画して行われていますので、ご家族やご夫婦で参加なさってみてはいかがでしょうか。

終活での散骨まとめ

散骨

今回終活ねっとでは、終活での散骨についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、終活をきっかけにして

  • 散骨を考える時にはご家族のお気持ちも大切である
  • 現在行われている散骨方法には海洋散骨・樹木散骨・山岳散骨・宇宙散骨がある
  • 擬似体験ツアーなどに参加することで考えを深めることが出来る

といった点を中心に、終活を行う上での散骨についてご紹介しました。

皆様のお役に立てましたら幸いです。

終活ねっとでは、今回の記事以外にも終活に役立つ情報を多数ご提供させて頂いております。是非一度ご覧になってみて下さい。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

「終活・散骨」に関連する記事

  • 散骨供養はどのように行われるの?散骨の種類をご紹介します!のサムネイル画像

    散骨供養はどのように行われるの?散骨の種類をご紹介します!

    新しい御供養方法として、散骨という形で故人をお送りする方々が増えてきています。なんとなくイメージは出来るけれども、具体的な種類や実際に散骨される様子を知る機会はなかなかありませんよね。散骨供養の方法とその種類について、一緒に学んでみましょう。

  • 散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

    散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

  • お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

    お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

    昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

  • 信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!のサムネイル画像

    信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!

    散骨は新しい葬送方法として注目を集めています。お墓の購入や管理の必要もないので、散骨を選ぶ人が増えているのです。散骨にも様々な種類があります。今回はその種類や選び方を詳しくご紹介していきます。場所や費用、専門家の選び方を含め、様々な視点から見ていきましょう。

  • 散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

    散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨は、いろいろな種類がある供養方法のうちのひとつです。新しくお墓を建てなくていいことと、お墓を維持していかなくていいことが理由で、現代では散骨を選ばれる方が増えています。そこで、散骨について気になる疑問や方法についてご紹介させていただきます。

  • 散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

    散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

    現代社会で価値観が多様化する中で自由な葬儀のやり方も増えてきていますが、その方法の1つが散骨です。海や山など好きなところに遺骨をまくイメージがありますが、許可がなくて大丈夫なのかと疑問に思う方も多いでしょう。今回は散骨の許可にまつわる疑問に迫っていきます。

  • お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめましたのサムネイル画像

    お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめました

    お墓を建てようとすると、金銭面でも労力の面でも様々な苦労が強いられます。そこで、最近ではお墓を建てないという方法もいろいろとあり、その中の1つに海への散骨というものがあります。海に散骨する場合はどのようなプランや準備が必要なのでしょうか?

  • 散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!のサムネイル画像

    散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!

    自分の死後に「散骨」を希望する人が増えています。遺族に遺骨の管理・供養を負担させない散骨は、これからの永代供養の一つの形となっています。でも、散骨後に遺骨の管理がない散骨は、永代供養と考えて良いのでしょうか?それでは、少しややこしい言葉を含めて説明しましょう。

  • 海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

    海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

    日本では火葬した遺骨をお墓に納めるのが一般的ですが、散骨という方法もあります。今回は散骨の中でも海洋散骨について、その準備方法や費用、法律、海外散骨などすべてを詳しく解説!海洋散骨に興味がある方も、そうでない方も、ぜひ一度目を通してみてください。

  • 散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!のサムネイル画像

    散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!

    散骨や樹木葬は最近注目されてきています。それぞれ多くの種類や特徴があり、実際はどのようなものなのか分からない方も多いでしょう。今回はそんな散骨と樹木葬について詳しく解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・散骨」についてさらに知りたい方へ

散骨供養はどのように行われるの?散骨の種類をご紹介します!のサムネイル画像

散骨供養はどのように行われるの?散骨の種類をご紹介します!

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!のサムネイル画像

信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめましたのサムネイル画像

お墓は建てずに海に散骨するときのプランから準備までまとめました

散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!のサムネイル画像

散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!のサムネイル画像

散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・散骨」についてさらに知りたい方へ

散骨供養はどのように行われるの?散骨の種類をご紹介します!のサムネイル画像

散骨供養はどのように行われるの?散骨の種類をご紹介します!

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!のサムネイル画像

信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと