にっこう仏壇さんへの取材でこれからの仏壇について伺ってきました!

皆さんは仏壇にどんなイメージをお持ちでしょうか?最近では、仏壇を持たない方も多くなっていると言われています。今回は、「にっこう仏壇」さんへのインタビューを行ってきました。その中で、仏壇の新しい形、仏壇の未来についてのお話も伺ってきました。ぜひお読みください。

目次

  1. にっこう仏壇さんにお話を伺ってきました!
  2. にっこう仏壇さんについて
  3. スワロフスキー付き仏像(意匠登録)
  4. インテリア用仏像
  5. 仏壇の未来について
  6. にっこう仏壇インタビューの感想

にっこう仏壇さんにお話を伺ってきました!

にっこう仏壇さん

こんにちは。

終活ねっと 上田です。

今回は大阪の富田林市にある、「にっこう仏壇」の店主である関様とお話をさせていただきました。

にっこう仏壇様とは11月8日より3日間に渡り、インテックス大阪にて開催された関西エンディング産業展で、初めてお会いしました。


今回の終活ねっとの取材では

  • お店を始められた理由
  • にっこう仏壇で作られた商品
  • 仏壇のこれからについて

を中心に、お仏壇のにっこうさんと、これからの仏壇について詳しくお伺いしました。

にっこう仏壇さんについて

店主

にっこう仏壇さんに取材させて頂きました。
店主の関さんは気さくな方で、仏壇や仏教に関することまで色々とお聞きすることができました。

お店を始められたきっかけ

上田:
お久しぶりです。今日はよろしくお願い致します。


関さん:
よろしくお願い致します。


上田:
早速ですが、まずこちらのお店を始められた経緯を教えて頂けますか?


関さん:
ここは、もともと僕の父親がやっていた店やったんです。昭和28年に東大阪で父が仏壇製造業で独立しました。そして私が平成2年に父の下請けとして独立し、平成4年には河内長野で小売店をはじめました。その後、河内長野は賃貸でしたので、この富田林に移動しました。
富田林に来てからは15年です。

昔は仏壇の製造をいちからしていましたが、今は生地を購入して塗装と組み立てそして仕上げまでをしています。
しかし小売りがメインになっています。

上田:
そうなんですね。お父様がそういったお仕事をされていたのなら、小さい頃から何かお手伝いとかをされていたんですか?


関さん:
そうですね。小さい頃から半ば無理やりでしたけど、よく手伝っていましたね。

父親が、「こっち来て」と言うんですね。

それで行ったら、「向こう側行って、木のクズ拾ってくれ」のような感じでやっていました。

最初は掃除でしたが、すぐに、「前取り」と言って父が丸鋸の機械で商品を加工するさいに大きい品はバランスを崩すので、父と息を合わせて品が落ちたりずれたりしないように支えて、共にカット作業をするような助手をよくしてました。


上田:
小さい頃からそのような仏壇を作るところを目にしていたら、自然と興味が湧いたり…ということはあったんですか?


関さん:
正直なところ当時は身近すぎて逆にそれはなかったですね(笑)
仏壇があるのが当たり前やったので。

でも、高校卒業後の18の時ですね、自分は自動車免許しか持っていませんでした。でも何か働いて生活していかなあかん。
そんな時に仏壇に初めて目を向けました。

仏壇作りにかける想い

上田:
このお仕事を始められて今年で何年になるんですか?


関さん:
今年で41年になります。


上田:
41年!まさに職人ですね。
それほど長くやっておられると、どこか飽きてしまったりとかはないんですか?


関さん:
それはもちろんあります。
この仕事を初めて最初の頃は、他の仕事やったら楽やったんやろなあと何回も思いました。
でも24,5の頃かな、「この仕事でやっていく」と覚悟を決めました。


上田:
それはどうしてですか?


関さん:
仏壇作りってものすごく奥が深いんです。
まずは、木材を選びます。それを加工して、今度は木取りという作業をします。
この木取りで仏壇の部品を作っていきます。仏壇は同じパーツで木目を揃えるんです。

木目が綺麗に揃っている仏壇は高くなる傾向にあります。この木取りはそう言ったことを考えてされています。

そのあとはもちろん、塗装や組み立てもします。それぞれの工程でそれぞれの職人さんが作業を行っていくんです。


上田:
仏壇は職人さんの技術が結集したものなんですね。


関さん:
そうですね。

それも例えば、この一般的なサイズの仏壇だと組み立てのピース数は1000は超えてますね。
この扉だけでも35ピース×8の300ピース弱あります。


上田:
1000!そんなにたくさんあるんですね。
部品の量にも驚きましたが、関さんがそんなにすぐにピース数をお分かりになるのはさすが職人さんだなと思いました。


関さん:
ありがとうございます。
大体の仏壇の構成は頭の中に入っているので、ピース数もすぐに分かります。


上田:
商品を作る時に気をつけていることってどんなことがありますか?


関さん:
やっぱり一つ一つ嫁に出すという想いは持っていますね。
1個1個丹精込めています。
やっぱり手抜いていたら、それは分かりますし、クレームとかで絶対自分に返ってくる
と思っています。

スワロフスキー付き仏像(意匠登録)

仏像 従来

上田:
こちらのエンディング産業展でも出されていた、スワロフスキー付き仏壇はどうして作られたんですか?


関さん:
従来の仏壇は仏様のお顔が暗くて見えないんですよね。


上田:
確かに仏壇は暗いというイメージがあります。


関さん:
ですよね。上田さんは仏の三十二相ってご存知ですか?


上田:
存じ上げないです。


関さん:
仏様は悟りを開かれた時、いつもとは違う32個の特徴を持っていたと言われていたんです。
その15番目の特徴に、「仏様は四方各一丈の光明を放つ」というものがあるんです。


上田:
そうなんですね。


関さん:
仏壇は本来光ってるものなんですよ。やから「なんとかして仏壇を明るくせなあかん」と考えたんです。

そこで、「どうやって明るくしよかな」ってそんな時にふと、ガラスとか貼ってみたら綺麗ちゃうかな?」と思いついて。
それでやってみたら綺麗やったんですね。
ライトをテラスとすごく綺麗に光ったんです。これはいいぞと思いました。


上田:
暗いという仏壇のイメージが変わりますね。


関さん:
はい。今、うちに来られるお客さんの中にもいらっしゃいましたが、
子供が仏壇を怖がって近づかない」というお話があったんですね。
それはあかんなと思いました。

これは奈良のお坊さんから聞いたお話なんですけど、その方は刑務所へ説教に行きはったみたいなんです。慰問ですね。
そこでアンケートを取ったら、圧倒的に仏壇が家にあるっていう人達が少なかったそうです。


上田:
そんなことがあったんですね。何か心の拠り所になるということですかね?


関さん:
そういうことだと思います。やっぱり仏壇という、どこか心を戒めてくれるものが家にあるかどうかで日々の生活が変わるんやと思います。


上田:
なるほど。「仏壇を無くさないようにしないといけない」と漠然と思っていましたが、はっきり「無くしてはいけない」と思いました。


関さん:
そうですね。仏壇にはやっぱりそういった力があると思いますし、だからこそ、もっと仏壇を身近に感じてもらえるようにするのが私の使命なんじゃないかなと思っています。

インテリア用仏像

インテリア仏像

上田:
仏壇を身近に感じてもらうために、他にも何かされているんですか?


関さん:
ここ最近、仏像ブームもあって、仏像をインテリアのように家に置く人が増えていますね。


上田:
そうですね。


関さん:
うちにもインテリアで何か飾りたいという方もいらっしゃいました。でも最初はお断りしていました。


上田:
それはどうしてですか?


関さん:
当初はやっぱり仏様をインテリアにするということに抵抗があったんです。


上田:
はい。


関さん:
でも、このスワロフスキー付き仏壇を作ってから、その考えが変わりました。
インテリアとして使って頂ければ、もっと仏様が身近なものになるなと思いました。
それで、このような仏像も作りました。


上田:
綺麗ですね。後背の部分がカラフルなので、インテリアとしてもより置きやすそうですね。


関さん:
はい、そうやと思います。


上田:
このような少し斬新なことをされると、何か批判されたりということはなかったんですか?


関さん:
最初はそういったことも、もちろんありましたね。
以前、「手づくり市」というものがここら辺で行われたんです。
そこに僕は、この商品を出してました。


上田:
はい。


関さん:
すると、有名なお寺の偉いさんが来はって、僕の作品を見てもらったんですね。
そこで、その方は「仏様をインテリアにするとはどういうことや」と怒りはって。


上田:
そうなんですね。


関さん:
でもこれは、僕の説明不足やと思って、後日その方にお手紙を書きました。
僕が仏壇・仏像をもっと身近に、この文化を無くしたらあかんということを思ってこの作品を作ったということを伝えました。


上田:
お手紙まで出されたんですね。


関さん:
はい。そしたら、その方もすごい喜んでくれはったんです。


上田:
理解していただけたんですね。


関さん:
そうなんですよ。ご理解頂けたんです。本当に嬉しかったです。

仏壇の未来について

お仏壇のにっこう 関さん

関さん:
この仏壇が最初完成した時にですね、何気なくじっと見てたんですね。
仏様の光明はこんなものなのかなということを考えていました。

そしたら、急に胸が高鳴りしてきて、涙が溢れて来たんです。


上田:
そんなことがあったんですね。何かパワーを感じられたんですかね。


関さん:
そういうことです。
やっぱり、人工の光とはいえ、こうした光があるだけで、違うんです。
気持ちを持っていきやすい。

仏様に目が行くので自然と僕のように、仏様と向き合う時間ができるんです。
そうしたことをしていると、やはり日本人ですからね。何か感じるところはあるんです。


上田:
そうですね。僕も普段は意識していないですけど、やはり日本人はどこかそういった心は持っているものなんですね。


関さん:
そうやと思います。だからこそこうしたものに目を向けていかないといけないんです。

この仏壇業界の衰退ぶりというものは感じていますからね。
やっぱり、なんとしてでもそれを食い止めないといけないと思ってます。


上田:
そうですね。僕も何か理由があるわけじゃないんですが、そういった文化は無くしてはいけないと思います。

にっこう仏壇インタビューの感想

最後

20歳の僕は関さんがおっしゃっていたように、仏壇に暗いイメージを持っていたので、「明るい仏壇を作りたい」という想いにとても共感しました。

取材に応じていただいた関さんには、帰りに車で駅まで送っていただくなど本当に優しい方で、こんな方だからこそ優しい仏像が作れるのだなと思いました。 

皆様もぜひ、「お仏壇のにっこう」で検索してみてください。

取材記事

  • 森の墓苑へインタビューにいってきました!のサムネイル画像

    森の墓苑へインタビューにいってきました!

    最近目にすることが多くなってきた自然葬。今回は日本生態系協会の運営する森の墓苑に取材させていただきました。樹木葬とは違う、新しい形の自然葬で大変面白かったです。森の墓苑の特徴・実際に案内していただいた様子などをご紹介していきたいと思います。

  • おくりびとアカデミーにお邪魔してきました!のサムネイル画像

    おくりびとアカデミーにお邪魔してきました!

    今回は東京都の納骨堂 迦楼塔東京にある納棺師の人材育成を行っているおくりびとアカデミーにお邪魔してきました。取材させていただいた木村さんが納棺師になったきっかけや、おくりびとアカデミー設立のきっかけについて話していただきました。

  • 「ペッパー導師」ってご存知ですか?女子大生ライターの入棺体験のサムネイル画像

    「ペッパー導師」ってご存知ですか?女子大生ライターの入棺体験

    今回は導師の代わりに読経をしてくれると話題になっている「ペッパー導師」についてインタビューにいってきました。また、今回の会場となったブルーオーシャンカフェを運営している村田ますみさんにも、どのような想いでカフェを運営しているのかなども聞かせていただきました。

  • 松本商店さんへの取材で和ろうそくの良さを知りましたのサムネイル画像

    松本商店さんへの取材で和ろうそくの良さを知りました

    お寺や仏壇に欠かせない和ろうそく。最近では洋ろうそくを用いる方も多くなっているようです。今回の取材では、和ろうそくの製造工程を見させていただき、店主の松本さんには和ろうそくの魅力を教えていただきました!この記事を読んで、和ろうそくの魅力をぜひ知ってください。

  • 最近話題の家系図作成サービスとは?家樹に取材に行きました!のサムネイル画像

    最近話題の家系図作成サービスとは?家樹に取材に行きました!

    皆さんは家樹という家系図作成会社をご存知ですか?家樹は「知的体験の提供」をコンセプトとする新しいスタイルの家系図を作る作成会社です。今回は家樹株式会社の代表取締役 田代隆浩様にお会いして色々お話をお伺いしてきました!

  • 石はどのようにお墓になる?採石場や加工の様子を取材してきました!のサムネイル画像

    石はどのようにお墓になる?採石場や加工の様子を取材してきました!

    今回は福島の「滝根みかげ」がどのように採石・切断されるのかを、株式会社イシフク様に案内していただきました。山の一部だった石が運搬できるようなサイズになっていくという、普段なかなか見ることができない様子をご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

取材記事

大学生による「終活」の取材記事

森の墓苑へインタビューにいってきました!のサムネイル画像

森の墓苑へインタビューにいってきました!

おくりびとアカデミーにお邪魔してきました!のサムネイル画像

おくりびとアカデミーにお邪魔してきました!

「ペッパー導師」ってご存知ですか?女子大生ライターの入棺体験のサムネイル画像

「ペッパー導師」ってご存知ですか?女子大生ライターの入棺体験

松本商店さんへの取材で和ろうそくの良さを知りましたのサムネイル画像

松本商店さんへの取材で和ろうそくの良さを知りました

最近話題の家系図作成サービスとは?家樹に取材に行きました!のサムネイル画像

最近話題の家系図作成サービスとは?家樹に取材に行きました!

石はどのようにお墓になる?採石場や加工の様子を取材してきました!のサムネイル画像

石はどのようにお墓になる?採石場や加工の様子を取材してきました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「取材記事・仏壇」についてさらに知りたい方へ

終活で仏壇を処理する方法と、仏壇を新しく用意する方法を解説!のサムネイル画像

終活で仏壇を処理する方法と、仏壇を新しく用意する方法を解説!

これが仏壇?オシャレなインテリア仏壇が人気な理由のサムネイル画像

これが仏壇?オシャレなインテリア仏壇が人気な理由

仏壇にもピンからキリまで種類や大きさがあり、値段も様々ですのサムネイル画像

仏壇にもピンからキリまで種類や大きさがあり、値段も様々です

仏壇も様々!伝統的な仏壇から現代の生活に合った家具調仏壇までのサムネイル画像

仏壇も様々!伝統的な仏壇から現代の生活に合った家具調仏壇まで

仏壇買い替え予定の方必見!事前知識のまとめのサムネイル画像

仏壇買い替え予定の方必見!事前知識のまとめ

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと