葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

墓地を売却することってできるの?墓じまいについて解説します!

継承する人がいなくなったり、引っ越しなどで墓じまいをしたい時、墓地を売却することはできるのでしょうか?墓じまいと墓地の売却について詳しく解説していきます。墓じまいを考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

墓地・霊園の売却について

お墓

近年、「お墓は先祖代々が受け継ぐ」という考え方が希薄化してきています。
少子高齢化などの影響から、お墓を継ぐ人がいなかったり、一人の子どもがいくつものお墓を管理しなければならなかったりして、お墓から足が遠のいているからです。
また、高齢化が進み、お墓を訪れることが困難な人もたくさんいます。

そのため、自分の死後、残された子どもの代にお墓のことで迷惑や負担をかけたくないと考える親世代も多くいます。

そこで考えるのが墓じまいです。
お墓の引っ越しをする際などにも、一度墓じまいを行います。
終活の一環として墓じまいを考える人もいるようです。
墓じまいとは、現在使用しているお墓が建っている土地を更地に戻すことを言います。

そんな墓じまいの際に、お墓があった土地を売却することは可能なのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは

  • そもそも墓地を買うってどういうこと?
  • 墓地・霊園って売却できるの?
  • 墓地の墓じまいには費用がかかってしまう?
  • 墓地・霊園にかかる税金ってあるの?

の4つのポイントを中心に、墓地・霊園の売却について解説していきます。

これから墓じまいを考えている人、お墓を将来どうしていこうか悩んでいる人、ぜひこの記事を読んで墓じまいについて考えてみてくださいね。

そもそも墓地を買うってどういうこと?

お墓

まず、そもそも墓地を買うってどういうことか、と気になる方は多いかと思います。

墓地を使用する際に払う土地代のことを永代使用料と言います。
永代使用料を支払うことによって、その土地を永代的に使用できるようになります。
永代使用料を払って墓地を使用する権利を永代使用権と言います。

つまり墓地を買うということは、この永代使用権を買うということなのです。
墓地を購入する、と言葉では言いますが、実際にはお墓を立てる土地を借りる感覚に近いのです。

しかし、永代使用料は墓地や霊園が建っている場所や、墓地を管理している運営元が公営か民営かなどによって大きく違ってきます。
東京都の23区になると、1.2平米でも160万円~200万円ほどかかるようです。
郊外に行けば行くほど永代使用料は安くなる傾向にあります。

この他に、年間管理料が別途かかってくることも忘れてはなりません。

墓地・霊園って売却できるの?

困った人々

実際に墓じまいを考える時、次に利用したい人に譲ることを考える人がいるかもしれません。
墓地の土地を売ってお金に換えておきたいと考える人もいるでしょう。

では実際、墓地や霊園を売却することは可能なのでしょうか?

譲渡禁止特約によって売却は難しい?

結論から言えば、墓地や霊園の売却は難しいと言えます。
マンションや一軒家の土地は購入すれば自分のものになりますので、売却は自由ですよね。

しかし、先述したように墓地の購入は「永代使用権」を購入することです。
永代使用権を購入しても、その墓地の持ち主は寺院や霊園です。
このため、勝手に墓地を売買することができなくなっているのです。
使わなくなった墓地は寺院や霊園に返さなくてはなりません。

寺院や霊園では上記のような説明がされることがよくあります。
ですが、これは法律でも何でもありません。
法的には永代使用権も譲渡・売買が可能になっているのです。

ではなぜ墓地や霊園の売却は難しいのかというと、墓地の契約をする際に、第三者に譲渡できないという文言が契約文に含まれていることが多いからです。
これを譲渡禁止特約と言います。

法的に譲渡や売買が可能であっても、売る側がこの譲渡禁止特約を付けた場合、購入者側は他人に譲ったり売ったりすることができなくなるのです。
この譲渡禁止特約をつけて契約している墓地や霊園が多いため、譲渡は難しいということになるわけです。

永代使用料は返還されない

永代使用料は一括して寺院や霊園に支払うことが多いです。
なので、マンションなどと同じように自分のものになったと思われがちです。
しかし実際には、土地を借りているという感覚に近いことは既に説明しましたね。

もし、永代使用料を支払ったのに実際にはお墓を建てなかったり、後に墓じまいをして土地を返したとしても永代使用料は返還されないことは覚えておきましょう。
また、年間管理費も同様に、返還されません。

事情を話せば融通を聞かせてくれる管理者もいるかもしれませんが、ほとんどの場合不可能と考えてよいと思います。
永代使用料という名前ではありますが、支払ったお金はお寺に寄付したお布施という扱いになります。
なので、基本的に永代使用料の返還を要求することもできません。
寺院や霊園とのトラブルは、後々厄介ごとに発展する場合がありますので、できれば回避したいですね。

しかも年間管理費の場合は、支払いを一定期間怠ると、最悪の場合お墓を撤去されてしまうということもあります。

このように、管理する人がいなくなったお墓を無縁墓と言います。
お墓を無縁墓にしないためにも、管理費の支払いを怠らないようにしなくてはならないのです。

契約時にしっかり確認を

終活の一環として、お墓についての準備をしていく人は多いようです。
しかし、お墓に関するトラブルは後を絶ちません。
自分が契約している墓地や霊園とのトラブルは、できれば避けたいものですよね。

契約書を交わす前に、契約書に何が書かれているのか隅から隅まで契約時にしっかり確認しましょう。
おかしな点があればすぐに墓地や霊園に尋ねるとよいですね。

事前にしっかり確認することが、後のトラブルを避けることに繋がります。
墓地や霊園と良好な関係を築くためにも、不安な点は解消してから契約するようにしましょう。

墓地の墓じまいには費用がかかってしまう

お墓

墓じまいとは、現在使用しているお墓が建っている土地を更地に戻すことでしたね。
お墓を継承する人がいなかったり、お参りできる人がいなくなると、どうしてもお墓から足が遠のいてしまいます。
そのような場合、墓じまいを考えます。

墓じまいをすると、安置されていたご遺骨は別の場所に移動させなければなりません。
ご遺骨は墓地以外の場所に埋めると違法扱いになりますから、墓じまいをした後のご遺骨は別のお墓に移すか永代供養、納骨堂、散骨などの方法を取らなければなりません。

お墓は個人の自由で壊したり撤去したりできるものではありませんし、売却もできないので、撤去は専門家の方などに依頼することになります。
そうすれば当然費用がかかってきますよね。
墓じまいにかかる費用は、閉眼供養、離檀料、墓石を解体する費用、撤去費用、墓地を元通りの土地に戻す費用など様々です。
また、遺骨を新しい場所に移す費用もかかります。

一度の墓じまいで50万円~100万円ほどの費用がかかることもあります。
もちろん、やむを得ない理由で墓じまいをするのでしょうから、墓じまいを否定することはできません。
しかしこのように、墓じまいにも多額の費用がかかることは忘れてはなりません。

墓地・霊園にかかる税金ってあるの?

お金

墓地やお墓の購入は一生に一度の大きな買い物と言ってもよいと思います。
そのため、墓地の購入に税金がかかるかどうかは大きな問題ですよね。
簡潔に言えば、墓地や霊園には税金がかかりません

土地にかかる主な税金は固定資産税です。
その土地を購入しても所有者=購入者ではなく、墓地や霊園は管理者の所有ということになっています。
そのため、墓地の購入者が固定資産税を払う必要はないのです。
その代わりに、墓地の管理者に対して年間管理料を支払っているわけです。

では、お墓を相続する場合の税金はどうでしょうか?
こちらも相続税はかかりません
お墓は「祭祀財産」と呼ばれる財産です。
仏壇や家系図など、先祖に関する財産はこの祭祀財産に分類されます。
祭祀財産に相続税はかからない、と国で定められているのです。

墓地・霊園の売却についてまとめ

お墓

墓地の売却の不可や墓じまいについて見てきましたが、いかがでしたか?

簡潔に言えば、墓地や霊園の売却は不可能な場合が多いようです。
ここで墓地や霊園の売却についてまとめてみましょう。

  • 墓地を買うということは永代使用権を買うということであり、自分で所有する土地になるわけではない。
  • 実際にはお墓を建てるための土地を借りるということになる。
  • 永代使用料は墓地の立地や周囲の環境などによって大きく変わる場合がある。
  • 墓地や霊園は購入契約の際に「譲渡禁止特約」をつけていることが多いため、勝手に人に譲ったり売ったりすることができない。
  • 法的には売買可能である。
  • 購入した墓地に何らかの理由でお墓を建てられなかったり、墓じまいによって土地を返還しても、永代使用料は返金されない。
  • 同様に年間管理料も返金されない。
  • 金銭関係のトラブルを防ぐため、契約時に契約書を隅々まで確認することが大切。
  • お墓は勝手に撤去したり壊したりできないため、不要になった場合は業者を通して墓じまいをしなければならない。
  • 墓じまいには様々な費用が必要になる。
  • 墓地や霊園に固定資産税はかからない。
  • お墓を継承する際の相続税もかからない。

この記事から、以上のようなことが分かりましたね。
次にお墓を利用したい人に売却することができれば便利ですが、実際問題そうもいかないようです。
墓地や霊園の売却にはいろいろな制約があるのです。

墓地を買うことは所有権を得ることとイコールではありません。
永代的にその土地を使用できる権利を買うということになります。
つまり、所有しているのではなく使用する権利を得ているというわけです。
その点で、家を建てる時のような土地とは違う扱いになっているのですね。

そこで、管理する人がいなくなったお墓を売ることができないとなれば、墓じまいという選択肢があります。
墓じまいは勝手にできないので、専門家の方や墓地・霊園に依頼しなくてはなりません。
実際に墓じまいを行う前に、中に安置されているご遺骨はどうするのかを決めておきましょう。

ご遺骨の一般的な行き先としては、永代供養や納骨堂、散骨などを選ぶ人が多いようです。

今回墓地について様々なことが分かったと思います。
所有している墓地の管理について、今後のことについて、一度家族で話し合う機会を作るのもよいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「墓地・売却」に関連する記事

「墓地・売却」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「墓地・売却」に関連する記事

「墓地・売却」についてさらに知りたい方へ

お墓の土地と普通の土地の違いについて、考えたことありますか?
墓地なら自由にお墓を建てたり、売ったりできるのでしょうか?
実はお墓の土地と普通の土地では扱いが違うのです。
その違いを理解しておかないと思いもよらぬ問題に直面しかねません。
お墓の土地について解説します。のサムネイル画像

お墓の土地について解説!通常の土地と扱いが異なるので注意!

家族が亡くなったらすぐにお墓のことを考えなければなりません。
でも、お墓の承継者がいないときや墓が遠く不便なときなどは、お墓をどうしたらよいか悩みますよね。
お墓の権利は誰にあるか、権利を売買・譲渡・放棄できるのかなど、お墓の権利をめぐる問題についてまとめました。のサムネイル画像

お墓の権利は誰にあるの?お墓の売買についてまとめました!

核家族化と少子高齢化でお墓を継ぐことが困難にることが理由で墓じまいを選択する人たちが最増えています。
文字通りお墓を閉めて処分してしまうことですが、実際墓じまいを選択せざるを得ない理由にはどんなことがあるのかを読者の立場に立って説明していきます。のサムネイル画像

墓じまいをする理由とは?様々な理由をご紹介します!

自分がいなくなったあとの一家の墓についてどうするか。墓じまいや永代供養も、選択肢として考えられますね。ここでは、墓じまいと永代供養の違いや、それぞれの手順、必要な費用などについて説明します。どうぞ参考にしてください。のサムネイル画像

墓じまいと永代供養の違い、手順、費用について解説します

お墓の場所について考えたことはありますか?どのような場所に建てるのがよいのか、費用はどれほどなのか、その選び方のポイントを詳しく解説していきます。お墓の場所の選び方を知ることで、もしものときのために備えておきましょう。のサムネイル画像

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト