樹木葬のメリットとデメリットについてわかりやすく解説します!

昨今、新たな埋葬方法として樹木葬が話題になり全国に広がりをみせています。では、霊園や自然の中にある樹木に眠る人気の埋葬方法ですが、メリットやデメリットは御存じですか?今回は、樹木葬のメリットとデメリットについて解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

目次

  1. 樹木葬のメリット・デメリットについて
  2. そもそも樹木葬って?
  3. 樹木葬のメリット
  4. 樹木葬のデメリット
  5. ペットの樹木葬のメリット・デメリット
  6. 樹木葬のメリット・デメリットまとめ

樹木葬のメリット・デメリットについて

お墓

近年、最後まで幸せな終活を迎えたいとの意識が高まり、新たな埋葬方法が増えつつあります。
中でも、自然葬の一種である樹木葬に注目が集まっています。

最近では、テレビや雑誌で、終活の特集など見る機会が増えました。
樹木や花々の下で埋葬される樹木葬を拝見されて気になりませんか?
樹木葬のことを何となく分かり挑戦してみたいけど、メリットやデメリットは詳しく分かりませんよね。

そこで、この記事では樹木葬のメリットとデメリットについてわかりやすく解説します。

  • そもそも樹木葬って?
  • 樹木葬のメリット
  • 樹木葬のデメリット
  • ペットの樹木葬のメリット・デメリット

以上のことなどを解説します。
樹木葬を気になっている方やペットの樹木葬を気になっている方にもお得な情報ですので、ぜひ参考になさってください。

そもそも樹木葬って?

人々

まず樹木葬のメリット、デメリットのお話の前に、樹木葬の埋葬方法や種類についてご紹介します。

そもそも樹木葬とは、自然の樹木などをお墓の目印する埋葬方法です。
母なる大地に還るという考えがもとになっています。

一般的にハナミズキ等の木の下に埋葬され、中には花々の下に埋葬される方法も樹木葬の一種となります。

次に、樹木葬の埋葬方法と種類について項目ごとに解説します。

樹木葬の埋葬方法

はじめに、樹木葬の埋葬方法は、墓地・霊園における永代供養と同じ仕組みになります。
永代供養とは、他の方と一緒に合葬され同じお墓に埋葬されるものです。

よって樹木葬も他の方と一緒に合葬され、目印となる樹木の周りに埋葬していただくことになります。

以下で、樹木葬の3つのタイプの埋葬方法を解説します。

合祀型

合祀型は、3つの中で比較的費用を抑えて供養できる方法です。

具体的には、目印となる木の一区画に他の方のご遺骨と合わせて埋葬される形式です。
合同で埋葬されるため費用は安価で済みますが、一度埋葬されるとご遺骨の取り出しはできません

基本的に使用料を納めるだけで、墓地・霊園の方にいつまでも供養してもらえます。
このような形式から単身の方、夫婦のみのご家庭、子供に苦労をかけたくないとお考えの方などがよく利用されます。

集合型

集合型は、目印となる木の周りに一人一人埋葬される方法です。

具体的には、ご自身の場所を確保してご遺骨を埋葬できる形式です。
合祀と違い、他の方とは別々の場所になります。

基本的に使用料を納めるだけで、いつまでも供養してもらえます。
希望があれば、追加で自分の名前を彫ったプレートをつけることもできます

上述の合祀型より費用は高く、個別型よりは安い2つの中間的な形式になります。

個別型

個別型は、目印となる木の下に1区画の場所を借りて埋葬していただける形式です。

具体的には、お墓を建てる形式と似ていて、目印となる木の下に石材を使い墓標を設置し納骨できる仕組みです。

永代使用料に加え、年間管理費を納める必要があります。
また、お墓と同様、管理する人がいることや管理料を納めることが条件になります。

3つの中で最も費用がかかりますが、墓地に区画を借りて墓石を建てるよりはお手頃なため、人気が出てきています。

樹木葬の種類

ここまで樹木葬の埋葬方法について解説してきました。
それでは、樹木葬の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?

樹木葬の種類によって立地条件も形式にも異なりますので、ご自身に合った種類を選ばれるといいかと思われます。

では代表的な樹木葬の種類を2つご紹介します。

里山型

里山型は、町の中心地から離れた山の中の木の下に埋葬する型式です。
町の中心地の墓地・霊園と違い、山の中の広い敷地を確保してありますので、より自然を感じられる埋立地条件となります。

山の中であるため、母なる大地に還るというイメージには合いますが、山の中まで遠くて行けない現状もあり定期的なお墓参りは難しいようです。

都市型・公園型

都市型・公園型は、町の墓地・霊園にある目印となる木の下に埋葬する型式です。

具体的には、墓地・霊園の敷地内にある大きな目印となる木の周りに埋葬していただけます。
これには他の方と合葬される形式と区画を借りて個別で納骨する形式があります。

都市型・公園型のよさは町の中にあり、いつでもお墓参りができるところです。
また、墓地・霊園が管理しているため、手厚く供養してもらえる点も利点です。

樹木葬のメリット

お墓

ここまで樹木葬の埋葬方法や種類を解説してきました。
次は、樹木葬のメリットをご紹介します。

最近、樹木葬が注目され希望者が増えつつあるということは、それなりのメリットがあるからではないでしょうか。

テレビで樹木葬の特集を見たけれども、具体的なよさは何でしょうか?
お墓選びは、費用の問題が悩みの種ですよね?
環境問題と樹木葬には接点はあるのか?

など気になることが出てきますよね。

では、樹木葬のメリットについて項目ごとに解説しますので、ぜひご参考になさってください。

お墓の後継ぎや管理に関する心配が不要

昨今、核家族化・少子化が進行しお墓に限らず跡継ぎの問題は社会的な課題となっています。

この現状では、今までのように墓地を借りて墓石を建てるような埋葬方法が難しいご家庭の方もたくさんいらっしゃいまして悩みの種であると思います。

そこで昨今注目を集めているのが樹木葬では、大きな目印となる木の下に他の方と合葬してもらえて僧侶に長く供養してもらえる仕組みが人気のひみつです。

さらに、使用料を納めれば終わりで管理費はなく、お墓の後継ぎや管理に関する心配が不要という点も人気のひとつで、メリットであると言えます。

従来のお墓に比べ費用が安い

現在の統計では、お墓にかける費用の全国的な平均総額は、約150万円~約200万円となります。
大きな額であるため用意できずローンで支払われる方もいらっしゃいます。

これに対して樹木葬は、使用料を初めに納めれば年間にかかる管理費は無しとなります。
この使用料もお墓を建てる際の永代使用料より安く設定されていて安心です。

また、石材を購入し加工や工事をする費用もかからないため、エコであると言えます。
ちなみに、樹木葬の相場は約50万円と言われていて、お墓との費用の差は100万円以上になり、従来のお墓に比べ費用が安い点もメリットです。

宗旨や宗派などの宗教的な制約がない

お寺にお墓を建てる際には、檀家になることが条件であるのは御存じですか?
そのお寺の宗派の檀家に入ることで、お布施やお寺の修繕費等を共同で負担していきます。

檀家制度はよい点もありますが、宗派にこだわりがない方には苦しい点もあります。
そこで注目を浴びている樹木葬ですが、宗旨や宗派などの制約がありません。

唯一あるとすれば、母なる大地に還るという自然を大事にする思想でしょう。

この宗旨や宗派などの宗教的な制約がなく、取り組みやすいという点もメリットに挙がります。

生前購入が可能

生前購入をするとお得ですというような情報を耳にしたことはありませんか?
確かに生前購入をすると縁起がよいとか、相続税の負担を減らせる利点があるのです。

お墓を建てる際も生前購入できますが、大きな費用がかかる上、お墓を建てた時点から年間の管理費を納めなければならず、多くの方が躊躇する原因にもなっています。

樹木葬では生前購入する際、使用料を納めご自身の場所を確保すれば終わりで、その後の管理費は必要ないという点がメリットになります。

しかし、一部の樹木葬では管理費を納める形式もありますので、購入する際は墓地・霊園にご確認されるといいかと思われます。

自然志向・エコの考え方にぴったり

樹木葬は自然志向・エコの考え方にぴったりな埋葬方法となっています。

近年、世界的にも環境保護の意識が高まり、エコという言葉は聞き慣れてきました。
そこで樹木葬は1999年頃、母なる大地に還るという外国から来た自然志向のもと始まりました。

石材も工事も不要という経済的な面や自然の木の下で眠るという形式的な面が、エコな現代人の需要にぴったりマッチし注目されているというわけです。

このような経済的、形式的にエコな考えを実践できるところがメリットの1つです。

樹木葬のデメリット

葬儀

上述では樹木葬のメリットについていくつか解説してきました。
ここからは、樹木葬のデメリットについてご紹介します。

合葬って聞きなれないけど、注意点はあるのか?
山林の樹木の下で自然に還るという考えは素敵だけれども、不便もあるのでは?
新しい埋葬方法だから、家族はどう思うかな?

など、樹木葬に対して不安や心配も出てきますよね。
どんな埋葬方法であれ、メリットがあればデメリットもありますので知っておいて損はしません。

一度埋葬するとご遺骨を取り出せないことも

樹木葬は、基本的に合葬の形式をとるため、他の方と同じお墓に入ることになります。
合葬であるため費用も抑えられ型式もシンプルです。

しかし、シンプルであるがゆえに不便な点もあります。
お墓を建てた場合は、骨壺を取り出して移葬することができますが、樹木葬の場合は他の方と同じお墓に入りますので区別が難しくなります。

多くの場合樹木葬では、一度埋葬するとご遺骨は取り出せない点がデメリットです。

ちなみに、目印となる木の下に納骨する形式もありますが、一定期間が過ぎると他の方と同じお墓に移され合葬されます。

お墓までのアクセスが悪い可能性が高い

樹木葬の醍醐味である母なる大地に還るという自然志向ですが、山の中であるために行くまで時間がかかるデメリットがあります。

つまり町中でない山奥のため、車や電車を乗り継いで徒歩で登山するといったようなアクセスが悪い状況が考えられるということです。

ちなみに交通の便を最優先するならば、町の近くにある霊園を選び、そこにある目印となる木の下で埋葬されるのがベストであると思います。

許可を得た場所に埋葬する必要がある

法律では、登記上の地目が墓地である特定の場所以外ではご遺骨を埋葬できないと定められています。

山奥にある樹木葬の場所でも管理・運営されている方がいて許可を取っています。
希望される方は、運営者の方にご相談いただき、どちらの木のどの場所に埋葬させていただけるか確認する必要があります。

樹木葬と聞いて、自由で好きなように選べるイメージが湧いてきますが、実際は許可を得た場所に埋葬するというルールがありデメリットと言えます。

お墓が荒れやすいことも

樹木葬は母なる大地に還るというエコで自然志向なメリットがある反面、自然の木の下であるがために草木がしげり易いというように、お墓が荒れやすいというデメリットもあります。

つまり、従来のようにお墓参りをして墓所を掃除しお花をあげてというイメージの方からすると、樹木葬の自然いっぱいの状況は整備のしようがないとがっかりされるかもしれません。

ちなみに従来のお墓参りのイメージを強く持たれる方は、町の中の墓地・霊園にある木の下で埋葬していただく形式が合っています。

埋葬方法や見た目に差があることもある

これは好みの問題でもありますが、樹木葬と聞いて大自然の山奥をイメージされる方ときれいに整備された霊園をイメージされる方がいらっしゃるということです。

例えば、目印となる木の下に埋葬されると聞いたが木の近くの合同墓地のようなところであったとか、大自然の山奥を希望して来てみたけれどもイメージと違った等ギャップが生まれます。

このように埋葬方法や見た目に差があるところもデメリットといえます。

ちなみにこの差をなくすには、いくつもの山や墓地・霊園を実際に訪れて事前に自分の目で見て確認することが近道であると思います。

ご家族の方で異論を唱える方がいる場合も

樹木葬は、まだ登場したばかりの新しい埋葬方法ですので、ご家族の方で異論を唱える方がいる場合もあります。
特にそれがご自身のご家族である場合は、分かってもらうことがまず第一になります。

ご家族の方で異論を唱える方は、山奥まで遠くてお墓参りにいけない、墓石がないとお墓参りをした気分になれない、草取りや管理は誰がするのか等、ご心配されるそうです。

このように新たな埋葬方法として定着しておらず、ご家族やご親戚の方からの理解を得ずらい点がデメリットであります。

ペットの樹木葬のメリット・デメリット

お墓

現在、日本の約3割の方がペットと共に生活されていて、ペットに費やす費用は年々増加しているという統計が出ています。

我が家のペットも樹木葬できるのかしら?
ペットの樹木葬のメリットやデメリットを知りたいなど飼い主様は気になるところですよね?

ここでは、ペットを樹木葬する場合と飼い主様がペットと一緒に樹木葬する場合のメリットとデメリットをご紹介します。

ペットを樹木葬する場合

まずは、ペットを樹木葬する場合について見ていきましょう。

ご家族の一員として大切なペットですが、お別れの時は人間と同じように供養してあげたいと思われる方が増えつつあるようです。

そこで人気の樹木葬は、ペットも目印となる木の下へ埋葬することができる施設もあります。

メリット

ペットの樹木葬のメリットは、手軽さです。
ペットの場合、ご自宅の庭でも埋葬できますのでペットといつまでも側にいて欲しい方はご自宅がいいかと思われます。

また、ご自宅の庭に埋葬する場所がないときは、盆栽のような鉢植えを用意して、鉢の中へご遺骨を埋葬するという形式もあります。

デメリット

ペットの樹木葬のデメリットは、お墓にこだわると費用がかかる点です。
お客様のニーズに応えて墓地・霊園等では様々なペットの埋葬方法が提案されています。

樹木葬の中でも合葬でなく、我が家のペットの区画を借りて納骨する型式になると何十万円もの費用を納めなければなりません。

飼い主様のご希望次第ですが、お財布とも相談されながら進められるといいと思います。

ペットと一緒に飼い主様が樹木葬する場合

次に、ペットと一緒に飼い主様が樹木葬する場合について見ていきましょう。

長年一緒に暮らしてきたペットの飼い主様からは、亡くなった後も同じお墓に入りたいと願う声も多い様です。

現状で墓地では、ペットと同じお墓に入る仕組みが不十分であります。
そこでも樹木葬が注目され、飼い主様とペットが同じお墓に入れる樹木葬という形式があり、広がりをみせています。

次は、飼い主様がペットと一緒に樹木葬できる型式のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

飼い主様がペットと一緒に樹木葬する際のメリットは、型式と費用にあります。

まず型式としては、飼い主様とペットが入れるお墓があまり見当たらないという利点です。
少し場所が遠くても我が家のペットと一緒に埋葬させてもらえる喜びの方が大切と思われる方には大きなメリットとなります。

次に費用としては、従来の石材を購入しお墓を建てる方法に比べ、安い費用で済んでしまう点です。
基本的に樹木葬ですから石材は不要、使用料は安く済むというメリットは、ペットでも変わりません。

デメリット

飼い主様とペットが一緒に樹木葬で埋葬されるデメリットは、後継者の問題です。

初めから合葬を希望されるのであれば、後継者は必要ありません。
しかし、目印となる木の下へ区画を借りてご遺骨を納骨する型式の方は、墓所の掃除や整備をする必要がありますし管理料もかかります。

ご遺族の方が了承され継承者もおられる方は心配ありませんが、身寄りのない方はいつまでも供養してもらえるとは限りませんので、後継者の問題は大きなデメリットになります。

樹木葬のメリット・デメリットまとめ

お墓

いかかでしたか?
今回は、樹木葬のメリット・デメリットについてわかりやすく解説してきました。
樹木葬は埋葬方法や種類がいくつかあり、人気と共に形式が増えてきています。

また、新しい埋葬方法がゆえにメリットやデメリットをよく知った上で実施することが大切です。

今回のポイントをまとめてみましょう。

  • 合祀型は、他の方と同じ場所に埋葬され、ご遺骨の取り出しはできない
  • 集合型は、目印となる木の周りに埋葬される
  • 個別型は、木の下に区画を借りて納骨する型式
  • 里山型は山の中の木の下、都市型は霊園等の敷地内の木の下へ埋葬される
  • 合葬の形式で後の管理不要、宗派も問わず、エコな思考の方向け
  • 山へは交通不便で、草木がしげり易く管理が課題、ご家族の理解も必要
  • 費用が安価でご自宅でもペットを樹木葬できる反面、こだわると費用がかかる
  • 飼い主様とペットが同じお墓に入れる喜びが生まれる反面、継承者の問題もある

以上のことが分かりました。
今話題の樹木葬ですが、メリットとデメリットを知るだけでも役に立ちそうですね。

新しい形式の樹木葬という埋葬方法ですが、これから社会に定着していくことでしょう。
樹木の下であれ、墓石の下であれ、故人を偲ぶ気持ちに変わりはありません。

ご自身なりの埋葬方法を考える時間を通して、家族やペットへの想いを再確認できそうですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

樹木葬について詳しく知りたいあなたへ...

樹木葬をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは樹木葬を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「樹木葬・メリット・デメリット」に関連する記事

「樹木葬・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「樹木葬・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!のサムネイル画像

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!

お墓と樹木葬の違いって?樹木葬の流れや費用について解説します!のサムネイル画像

お墓と樹木葬の違いって?樹木葬の流れや費用について解説します!

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットものサムネイル画像

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットも

樹木葬はなぜ人気なのか?その理由と注意点について解説します!のサムネイル画像

樹木葬はなぜ人気なのか?その理由と注意点について解説します!

樹木葬の方法について、埋葬方法や申し込み方法などを解説します!のサムネイル画像

樹木葬の方法について、埋葬方法や申し込み方法などを解説します!

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説しますのサムネイル画像

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説します

樹木葬って一体何?葬儀の一種ではない?メリットや特徴などを解説!のサムネイル画像

樹木葬って一体何?葬儀の一種ではない?メリットや特徴などを解説!

樹木葬って合祀されるものなの?合祀にかかる費用や長所・短所も解説のサムネイル画像

樹木葬って合祀されるものなの?合祀にかかる費用や長所・短所も解説

お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓がいらない樹木葬って何?メリットや費用相場を解説!

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「樹木葬・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!のサムネイル画像

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!

お墓と樹木葬の違いって?樹木葬の流れや費用について解説します!のサムネイル画像

お墓と樹木葬の違いって?樹木葬の流れや費用について解説します!

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットものサムネイル画像

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットも

樹木葬はなぜ人気なのか?その理由と注意点について解説します!のサムネイル画像

樹木葬はなぜ人気なのか?その理由と注意点について解説します!

樹木葬の方法について、埋葬方法や申し込み方法などを解説します!のサムネイル画像

樹木葬の方法について、埋葬方法や申し込み方法などを解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと