お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

お墓を建てたり維持したりするとなると、それこそ莫大な費用が必要です。そのため、お墓にかかる費用の平均を前もって知っておくと、何かあった場合などに際してもさまざまな対応が可能となります。いったい、お墓にかかる費用の平均額はどのくらいなのでしょうか?

目次

  1. お墓にかかる費用の平均について
  2. お墓にかかる平均費用と内訳
  3. 新しいタイプのお墓の平均費用
  4. お墓の費用を決める要素
  5. お墓を安い費用で買う方法
  6. お墓にかかる費用の平均まとめ

お墓にかかる費用の平均について

お墓

人は亡くなった後は、多くの場合、生前に建てた、もしくは亡くなった後に建てられたお墓にご遺骨という形で納骨されます。
お墓とは、いわば亡くなった方が安らかに眠る「終(つい)の棲家」です。

ところで、お墓を建てたり、それを維持したりするための費用は決して安いものではありません。
なにしろ、マイホームや自家用車と同じようにお墓を購入することは人生の中での大きな買い物の1つに数えられます。
そのため、お墓を購入することと、それを維持していくことにはまとまったお金が必要となってきます。

そのため、前もってお墓にかかる費用、特にその平均的な金額について知っておくことは、終活の中でも極めて重要なことの1つであるともいえます。

現在、終活の一環としてお墓のことを検討していたり、またお墓以外の埋葬のことについて考えている方でもお墓に必要な費用の平均について気になっているという方は少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、お墓にかかる費用の平均について見ていきましょう。
この記事では

  • お墓にかかる平均の費用とその内訳はどのようになっているのか?
  • 新しいタイプのお墓にかかる費用の平均はどのくらいか?
  • お墓の費用を決める要素として、何が挙げられるのか?
  • お墓をより安い費用で購入する方法にどのようなものがあるか?

という各ポイントを軸に話を進めていきます。
終活でお墓の購入などを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓の費用についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓にかかる平均費用と内訳

お金

一言でお墓にかかる費用といいましても、その内訳にはさまざまな項目があります。

ここでは、その項目ごとのお墓にかかる平均費用と内訳について1つずつ取り上げて紹介していきます。

墓石代

墓石代とは、普通のお墓を建てる際に使われる石材そのものにかかる費用のことを指します。
いわば、墓地や霊園で見ることのできる墓石自体にかかってくる費用とお考えください。

墓石代は石材の生産地(国内産か海外産か)や種類、そして使用量によって大きく左右されてきます。
もちろん、石材の価値が高く、石材の使用量が多いほど墓石代も高くなる傾向にあります。

さらに、石材の種類が同じであっても、その中の等級によって費用が上下するということもよくある話です。

気になる墓石代の平均ですが、実は石材だけの費用というのは上記の条件で大きく左右されてくるため、なかなか表には出てきにくいものとなっています。
が、おおむね10万円から50万円の間が平均であるとお考えください。

墓石工事費

墓石工事費は、大きく分けて墓石のための石材に彫刻を施す彫刻費や、石材そのものを加工するための施工費、そして加工が完了した墓石を実際の工事で組み立てていくための工事費用からなっています。

彫刻費

彫刻費は、主に墓石に戒名や「○○家先祖代々之墓」、念仏や題目などを彫るための費用を指します。
特に戒名を彫る場合は、1人分につき4~5万円が平均的な相場です。

なお、現代においては彫刻はコンピューターの専用ソフトを使って行うため、彫刻を施す字数の多さ少なさによって費用が変化するということはほとんどありません。

加工費

石材の加工費とは、石材を墓石にふさわしい形に整えるなどするための費用を指します。
墓石のデザインが複雑で、石材を使用する量が多いほど手間がかかるために費用が高くなる傾向にあります。

また、お墓に備え付ける付属品が多くなっても、加工費がその分高くなるという点も注意すべきところです。
加工費は多くの場合、墓石代にそのまま組み込まれていますので、それだけの金額がわかりにくいというのが大方の傾向です。

工事費

工事費は、加工が終わった墓石を実際に現地で組み立てるための費用を指します。

実際に工事の行われる墓地・霊園の立地やアクセスの良し悪し、実際に工事にあたる工員や工事車両の投入状況、そして立てる墓石の大きさや施工面積などによって費用が上下します。

永代使用料

永代使用料とは、簡単に言うならばお墓を経てる敷地にかかってくる土地代を指します。
土地代であるため、墓を建てる墓地・霊園のある地域の地価が大きく影響してきます。
このため、都市部であるほど高く、逆に地方へ行くほど安くなる傾向です。

関東地方の永代使用料の平均として、東京都心(23区内)で160万円から200万円、神奈川県で40万円から60万円、千葉県で20万円から40万円というのが相場となっております。

管理料

管理料は管理費とも呼ばれ、お墓を建てた後に維持していくために、お墓の立っている墓地や霊園の管理者に年々支払う必要が出てくる費用のことです。

管理料は、主に墓地・霊園の種類によってその平均額が異なってきます。

まず、地方自治体が運営する公営霊園であれば、運営費用の元手が住民の払った税金であるため比較的安く設定されています。
管理料の平均は4000円から1万円の間で、後で触れる民営霊園や寺院墓地に比べると比較的安いのですが、そのためか公募の際に競争が生じやすいという点は注意が必要です。

次に、公益法人や石材店などが運営する民営霊園の管理料の平均は、公営霊園の場合に比べて若干高めの4000円から14000円です。
若干高めになりがちなのは、公営霊園と異なり設備やサービスが充実しているため、その維持費も高くなるという理由によります。

最後に、寺院墓地の管理料(護持会費など)は1万円前後が平均ですが、寺院墓地の利用は檀家になることが前提というところが非常に多いです。
また、由緒正しい寺院の墓地を利用する場合は、平均を大幅に超える場合もあります。

新しいタイプのお墓の平均費用

お金

最近では、従来の普通のお墓に納骨するという方法だけでなく、新しいタイプのお墓に納骨したり、またお墓に納骨する以外の方法がとられる場合もあります。

ここでは、それらの方法を用いた場合にかかる新しいタイプのお墓の平均費用について見ていきましょう。

永代供養墓

永代供養墓とは、ご遺骨を納骨した後の供養や管理一切を墓地や霊園の管理者側に任せるタイプのお墓です。

永代供養墓を利用する場合の費用の平均は、管理者によって異なりますが、合祀墓であれば10万円、一定期間利用するタイプならば30万円から50万円が平均です。

納骨堂

納骨堂とはご遺骨を骨壷に納めておくための建物を指しますが、近年ではロッカー型や全自動型といったさまざまなタイプのものが出現してきています。

そのため、利用のための費用もそれぞれの納骨堂のタイプによりますが、全体的な平均は1人用利用であれば50万円、家族用利用であれば100万円前後が相場とされています。

樹木葬

樹木葬とは、墓地内の専用の敷地、もしくは里山の中の墓地の中のスペースに樹木を植えて、その根元に故人のご遺骨を埋葬するという方法です。

普通のお墓による埋葬に比べると比較的費用が安く、その平均の額としては40万円から50万円が相場です。

散骨

散骨は、海域や山中、空中などの自然の中に、あらかじめ粉状にしたご遺骨をまくというやり方です。

散骨についてもご遺骨をまく地域や、散骨の際の立ち会う顔ぶれなどにもよりますが、海洋散骨の場合で考えると15万円から20万円が平均的な相場となります。

お墓の費用を決める要素

お墓

ここまで普通のお墓を建てる際の費用や、新しいタイプのお墓や埋葬法を利用する際の費用の平均について見てきました。

高い場合も安い場合もありますが、やはり利用するのであれば、なるべく費用を抑えたいというのはだれもが望むことではないでしょうか。

そこでここでは、お墓の費用を決める要素について詳しく見ていきましょう。

墓石の大きさ・デザイン

まず挙げられるのが、墓石の大きさやデザインです。

墓石も規模の大小によって費用は大きく変わってきます。
というのは、墓石が大きいということは、それだけ多くの石材が使用されていることを意味し、当然ながら石材を利用するほど建てる際の費用も高くなっていきます。

一方、デザインの方も複雑かシンプル化によって費用が大きく変わってきます
そのため、デザインが複雑さが伴うものであるほど、加工費が高くなっていきます。

墓碑以外の墓石

墓碑以外の墓石についても、お墓全体の費用を決める要素はたくさんあります。
ここでは、墓碑以外について1つずつ見ていきましょう。

外柵

外柵とは、いわばお墓の基礎部分を構成する部分であるとともに、そのお墓の区域を決定づけている領域でもあります。

外柵の場合は、そこに使われる石材や設置される面積が費用を決める要素となります。
このため、良質な石材を使っていたり、また外柵を設置する面積が広かったりするほど、費用も高くなります。

墓誌

墓誌とは、お墓本体(墓碑)の隣などに設けられる、納骨されている方々のご戒名やご俗名を記した石板のことです。

墓誌の場合は、建てる墓誌の大きさやデザイン、そして使われる石材の種類が費用を決定する材料となります。
このため、墓誌が大きかったり、デザインが凝ったものであったり、石材の種類が良質なものほど費用が高くなる傾向にあります。

卒塔婆立て

卒塔婆立ては、故人のご冥福のために建てられる木でできた板のことです。
ただし、浄土真宗のように宗派によっては立てないというところもあります。
また、民営霊園や公営霊園では基本的に宗教・宗派が不問であるため、基本立てられることがありません。

卒塔婆立ての費用は、お墓の傍らに立てる枚数により変化してきますので、経てる枚数が多いほど高くなるということになります。

墓地の立地条件

お墓を建てる際の費用は、墓石や墓域、付属物だけでなく、そのお墓が建てられる墓地や霊園の立地条件も大きく関わってきます。

特に、公共交通機関の駅や停留所などから近いかや、複数の公共交通機関でアクセスがしやすいかなどといったアクセス面の条件が大きく左右してきます。
アクセスの良いところほど永代使用料が高くなります。

また、その地域の地価の影響も大きく、こちらも永代使用料の額に直接反映されます。

お墓を安い費用で買う方法

お金

お墓を安く建てたり、安く維持したりしたいというのはだれもが考えることです。
そこで、ここでは実際にお墓を建てたり、維持したりするために、お墓を安い費用で買う方法についてご紹介いたします。

お墓の敷地の区画を小さくする

まず、お墓の敷地の区画を小さくするという方法があります。

墓地・霊園が設定している永代使用料は、敷地の大きさによって異なり、敷地が広いほど高く設定されています。
そのため、区画の小さい敷地を選べば、永代使用料を安く抑えることができます。

また、狭い敷地を選ぶことで、敷地が広いところのように多くの付属物をなどを建てる必要がなくなります。
言い換えれば、墓域全体が必要最小限の構造物を建てるだけで済むため、費用も最小限に抑えやすいです。

デザインをシンプルにする

デザインをシンプルにすることで、余計な加工費を抑えることができます。
先ほども見たように、お墓のデザインは凝ったものであるほど加工の手間が増えるため、その分加工費が高くなる傾向にあります。

そのため、逆にデザインをシンプルなものとすれば、加工費も余計に必要となることがありません

安くて質のいい墓石を選ぶ

墓石には高いものから安いものまでさまざまな種類があります。
しかし、だからといって安い墓石が粗悪品というわけではありません。

むしろ、安い石材の中にも良質なものがあるため、石材店とよく相談しつつ、安くて質のいい墓石を選ぶようにするのがよいでしょう。

完成品の墓石を購入する

販売されている墓石の中には既に完成され、アウトレット品(いわゆるわけあり品)として売られているものもあります。

完成した後に傷がついたなどといった何らかの理由で、割引になっていたり、半額で売られていたりする場合も少なくないので、完成品の墓石を購入することも考えてみましょう。

公営霊園を利用する

公営霊園は民営霊園や寺院墓地に比べると管理料が安く、またところによっては永代使用料も安くなっている場合があるため、費用を抑えたいのであれば公営霊園を利用するという手もあります。

ただし、敷地によっては応募の際に激しい競争となる場合があるので、そこは留意しておくべきといえます。

お墓にかかる費用の平均まとめ

お墓

お墓にかかる費用の平均について見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お墓にかかる費用の内訳として、墓石費と墓石工事費(彫刻費、加工費、工事費)、永代使用料、管理料とがある。それぞれの費用の平均は墓石費であれば10万円から50万円、永代使用料であれば地域にもよるが20万円から200万円、管理料であれば4000円から14000円の範囲が相場である。
  • 新しいタイプのお墓には永代供養墓や樹木葬などがあるが、その費用の平均は普通のお墓の場合に比べると比較的安い。
  • お墓の費用を決める要素としてはさまざまなものが挙げられるが、主に墓石の大きさやデザイン、墓碑以外の墓石、そして墓地の立地条件がある。
  • お墓を安い費用で購入する方法として、お墓の敷地の区画を小さくしたり、安くて質の良い墓石を選んだり、完成品の墓石を購入したりするといった方法が挙げられる。

今回見てきたように、お墓にかかる費用は平均で考えても安いものではありませんが、お墓の費用を決める要素や費用を安く抑える方法を知っておくことで、お墓を比較的安い費用で建てるということがそう難しいことではなくなります。

ぜひとも、お墓を建てる際に使える方法として存分にご活用いただければ幸いです。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・費用・平均」に関連する記事

「お墓・費用・平均」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・費用・平均」についてさらに知りたい方へ

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓を安い値段で購入する方法を解説!安い供養方法はあるのか?のサムネイル画像

お墓を安い値段で購入する方法を解説!安い供養方法はあるのか?

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!のサムネイル画像

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説しますのサムネイル画像

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

お墓を安い価格で建てるには?気になる方法や費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓を安い価格で建てるには?気になる方法や費用相場を解説!

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと