お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!

家族や友人を偲びお墓参りをするときには、霊園のそばの石材店や花屋で供花を購入することが多いと思います。しかし、できれば亡くなった方の愛した花を供えれば、きっと喜んでくれるに違いありません。今回はお墓参りにおすすめの花の種類やルールなどについて解説をいたします。

目次

  1. お墓参りの花について
  2. お墓参りで供える花の意味
  3. お墓参りに持っていく花の種類
  4. お墓参りの花の値段の相場
  5. お墓参りの花の供え方
  6. お墓参りの花を片付けるタイミングは?
  7. お墓参りの花のついてまとめ

お墓参りの花について

お墓

冠婚葬祭については、通常一定のルールやマナーがあります。
しかし、お墓参りはそうたびたび行くことはできませんので、よくご存じない方も多いと思います。

終活中の方は、特にお墓にお供えする花についてのルールを知り、それに則った方法でお墓参りをしたいものですね。

そこで今回終活ねっとでは

  • お供えする花にはどのような意味がるのでしょうか?
  • 母線に供える花はどんな種類のものがよいのでしょうか?
  • いくらぐらいの金額の花を供えたらよいのでしょうか?
  • お花はどのように供えたらよいのでしょうか?
  • お供えした花はいつ片づけたらよいのでしょうか?

以上の項目を中心にお墓参りの花について解説していきたいと思います。

終活をお考えの方はぜひ参考にして見てください。

お墓参りで供える花の意味

お墓

お墓参りをする際に欠かせないものとしては、お線香とお花があります。
それではなぜ墓前にお花を供えるようになったのでしょうか?
ここではまず、お墓参りで供える花の意味について紹介していきます。

土葬をしていた時代にさかのぼると、動物が墓を荒らすことから守るために毒性の強い樒(しきみ)を供えたと言われています。
そしてその後、花を供えるようになったとされています。

またある説によると、お釈迦様が若い頃修行していた時に、ある仏様にお会いしましたが、仏様の供養に差し上げるものなかったので、お花を供えたのが始まりとも言われています。

また別の説によりますと、切り花を飾ることにより、命のはかなさ・大切さを知ることができるとも言われています。

いずれにしてもお花を供えることにより、お参りする人の心を穏やかにし、それにより心から故人の冥福を祈ることができるに違いありません。

お墓参りに持っていく花の種類

お墓

では次に、お墓参りに持っていく花の種類について見ていきましょう。

一般的にはお墓に供える花の種類については、これといって決まったルールはありません

ですが、墓前に供える花は長持ちする、枯れても散乱しないのような花が好まれています。
また、菊は夏から冬までどの季節でも購入することができ、高貴なイメージもあるために好まれます。
菊の他にお墓にお供えする花として好適な花は、菊をはじめとしてカーネーションやアイリス・キンセンカ・キンギョソウ・りんどう・グラジオラス・ケイトウなどがあります。
また、自宅で育てた花をお供えすることも、亡くなった人は喜ぶのではないでしょうか。

関東地方ではお供えする花は生花が主流ですが、地域によっては造花をお供えするところもあります。

故人をしのび供養する気持ちがあれば、生花でも造花でもよいでしょう。
但し、生花は長い期間放置しておきますと腐敗し衛生上に問題があり、生花をすぐに回収できない場合や霊園・墓地で処分してくれない場合には造花を利用したほうが良いでしょう。

しかし、お住まいの地域や霊園・墓地によっては独特の風習がある場合もありますので、事前に確認しそれに従っいましょう。

四十九日までは白色の花

一般的に亡くなって間もない場合、特に葬儀から四十九日までは白色の花が良いとされています。

特に花の種類には決まりはありませんが、菊や百合などの白色の花を基調とし、青色や紫色の差し色は無難であり、 他の色を加える場合には淡い色にするほうが良いでしょう。
また、亡くなった人が好きだった花や自宅に咲く花を供える場合もあります。

しかし、四十九日までのお供え花は白い色が基本とされていますので、贈る場合には遺族の意向も考えて送ることが望まれます。
また、供花の種類は花束でもアレンジメントでも良いです。

オススメの花

次に、是非墓前に供えたいオススメの花を、季節ごとに具体的に解説をいたします。

墓前に供える花は一般的には、長期間咲き続け枯れても周囲に花びらが散乱しない、品があり清潔感のある花が好まれます。

例えば、菊の花やユリの花は代表的な花ということができます。
しかし、美しい季節の花を墓前に捧げれば、どんな花でも故人は喜ぶに違いありません。

また、ブリザーブドフラワーは枯れる心配もなく、みずみずしい美しさを長い期間楽しむことができますので近頃人気となっています。

では季節ごとのオススメの花について見ていきましょう。

まずは、春のオススメの花について見ていきましょう。

寒い冬を脱し、暖かく過ごしやすい春の到来とともに、次から次へと美しい花が開き、墓前に供える花の種類は非常に多くあります。

春の仏花として知られるのは、カーネーションやアイリス・キンギョソウ・キンセンカ・アマリリス・スズラン・水仙・孔雀草・ストック・ポピー・フリージア・アネモネ・シンビジウムなどがあります。

また、母の日に贈られる花で有名なカーネーションの花言葉は「愛情」で、優しい感じは供花としては最適です。
白のカーネーションは清潔で厳かな雰囲気を醸し出し、ピンクの花は上品で温かさがあふれ、墓前に佇む人の心を穏やかにします。

そして、アイリスはアヤメや花ショウブの総称で、花言葉は「希望」「信じる心」で、白い花は「あなたを大切にします」「純粋」などです。
上品で日本的な美しさがあり、墓前にそなえても長期間みずみずしさを保ちます。

キンセンカは菊の種類に入りますので、供花としても長期間にわたって明るく美しい花を咲かせます。
キンセンカの花言葉は「別れを悲しむ」であり、亡くなった人を悔やむ心が伝わるに違いありません。

次に、夏のオススメの花について見ていきましょう。

夏は水が濁ったり腐敗しやすく、花も同様に短期間で腐りやすく枯れやすくなります。従いまして供花は生花でなく造花でもよいでしょう。
夏の供花に適した花はユリ・りんどう・ケイトウ・ヒマワリ・グラジオラス・マーガレット・ホオズキ・ヤグルマソウ・アンスリューム・ロータス・クローバーなどがあります。

ユリは多くの品種があり、清らかでゴージャスな雰囲気の大きな花を楽しむことができます。
ユリの花言葉は、「純潔」「無垢」などがあります。
室内ですと甘い香りや花粉を注意しなければならない場合がありますが、墓前に供えれば気にならず祖の見事さは供花で一番と言っても過言ではありません。

また、グラジオラスは大輪の花をつけるものと小輪のものがありますが、豪華で美しい花は墓前に映えます。
白色・赤色・紫色など多彩な色があり、花言葉は「あなたは私の心を貫きました」、「華やかな恋」などがあります。

ここで、秋のオススメの花について紹介します。

秋はお彼岸があり春のお彼岸とともに、最も墓参りをする人が多いシーズンです。
夏の間生えた雑草をむしり、木を剪定しお花を供えれば、お墓参りをした人の気持ちもすっきりすることでしょう。
秋に供える花としてはりんどう・コスモス・センニチコウ・ススキ・ワレモコウなどがあります

りんどうは青や紫の花をつけ、暑さの残る墓前に供えるには涼しげで好まれます。
花言葉は「悲しんでいるあなたを愛する」や「誠実」で、青色の花が咲く姿は悲しむ姿を思わせるでしょう。

また、コスモスは漢字で書くと秋桜と書き、風にそよぐ姿は物悲しい秋を感じることができます。
コスモスの花言葉は、「乙女の心」や「愛情」「優美」などがありで、ピンクや白の楚々とした女性らしい花は人の心を癒してくれるに違いありません。

最後に、冬のオススメの花について解説していきます。

寒い冬は花の種類も少なくお墓参りに訪れる人もあまりいませんが、正月に墓前に花を供える人もいます。
墓前に捧げる花としてはスイートピーや アイリス・ストック・サザンカなどがあります。

スイートピーは新春の門出に合う花で、良い香りがします。
花言葉は「門出」「デリケートな青春の喜び」などで、新春の墓前を美しく飾るには最適な花です。

避けたほうがいい花

お墓に供える花の種類に決まったルールはありませんがm避けたほうがいい花はあります。
前に述べましたが好まれる花は菊のように墓前に供えても長持ちする、枯れても散乱しないような花です。
ここでは、避けたほうがいい花について解説していきます。

避けたほうが良い花は、毒性のある花や針のようなとげをもつ花、匂いの強すぎる花、ツル性の花などが挙げられます。

例えば、キョウチクトウや曼珠沙華は毒性が強く、バラはとげがあり、ユリは匂いが強く、朝顔は弦が伸びますのでさけたほうが良いとされています。
また、椿の花が散る時は、花の首の部分からいっぺんにドサッと落ちる感じから縁起が悪いと言われます。

しかし近年では、亡くなった人が育てたバラや故人が生前好きだった花を供えたほうが喜ばれ、お墓に備える花についてあまり枠にとらわれないとする考え方もあります。

お墓参りの花の値段の相場

お墓

ここで、お墓参りの花の値段の相場について見ていきましょう。

お墓参りのお花は霊園や墓地の周辺の石材店や花屋で購入することが多いと思います。
その場合は2つの花束とお線香がセットとなり、1,600円~2,200円程度で購入することができます。

また、マッチや竹ぼうきなども同時に揃えられますので、事前になにも用意しなくとも手軽にお墓参りができます。
スーパーや町の花屋など購入すると、花束だけでだいたい500円~1500程度で購入できます。

生前好きであった花を入れれば、故人もきっと喜ぶと思いますが、ユリなどの豪華で美しい花を選んで入れると値段は高くなります。
花の本数は3本・5本・7本の奇数が良いと言われ、墓前の花立にちょうど入る程度が良いでしょう。

花の相場は上に述べたとおりですが、自宅にある花や安くとも心がこもっていれば良く、お花の値段はさほど関係ありません
墓前に手を合わせ、故人を偲ぶだけでも亡くなった人の供養になるに違いありません。

お墓参りの花の供え方

お墓

ここまでお墓参りの際のお花について見てきましたが、お花はどのように供えればいいのか、わからない方は多いと思います。

ここでは、お墓参りの花の供え方について解説していきます。
お墓参りの花の供え方についてあまりわからない方はぜひこの記事を参考にして見てください。

葉の部分を水につけない

お墓に供えた花は、一般的には花立に残して帰ることが多いと思います。
その場合、花もちをよくするには、葉の部分は取り除き、葉の部分を水につけないようにします。
葉が水につくと水が腐り、それにより花も腐りやすくなります。

また、あらかじめ墓前の花立もきれいに洗っておくことも、花を長く持たせる秘訣です。
そして、少量の塩素系漂白剤と入れることで、花立内の雑菌の繁殖を抑えることができます。
さらに少量の砂糖を入れることで、養分を補給し花持ちをよくします。

根元の切り口部分をとる

お花を長くもたせるためには、茎を水中に浸したまま、花の根元の切り口部分をとるのも効果的です。

切り方としては、バケツに水を入れ、よく切れるはさみで斜めにきれいに切ります。
これにより茎にある導管に空気が入り吸水面も広くなり、水の吸い上げが良くなり花を長持ちさせることができます。

参拝者の方に向けて供える

お墓参りをした際のお花の供え方は、お墓のほうに向けず参拝者に向けてお墓の両脇に対にして供えます。

美しい花を見ることによって参拝する人は、心穏やかに故人を偲び供養することができるでしょう。
また、花の命の短さを知り、命の大切さに感謝する心を大切にすることができるに違いありません。

お墓参りの花を片付けるタイミングは?

お墓

お墓参りをした後に、お供えしたお花はどうしたらよいでしょうか。
最後に、お墓参りの花を片付けるタイミングについて解説していきます。

一般的にはお墓参りをした後、花はそのまま飾ったままにして帰る人が多いと思います。
春のお彼岸にお参りし、そのまま半年が過ぎ秋のお彼岸で枯れた花を回収し、新たな花を活ける人がほとんどではないかと思います。

花を放置したままにしておくと、腐ったり枯れたりすることになり、虫がわくこともあります。
衛生上よくないばかりでなく、花が散乱すれば周囲のお墓にも迷惑になり、お墓が痛む原因になります。
そのため、活けた花はしばらくしてから自分で回収するか、お墓を管理しているお寺や霊園などに回収を依頼することが良いでしょう。
それが不可能であれば、参拝した後に持ち帰るのが良いでしょう。

お供えする花は必ずしも生花でなくともよいとされていますが、その場合でもそのままにしておくと強風が吹けば散乱することになりますので、やはり回収した方が良いでしょう。

なお、お供えした生花は仏さまに差し上げたものであり、家に持ち帰り仏壇に飾るのは良くないとされています。
自宅に持ち帰った花は、床の間やリビング等に飾るのが良いでしょう。

お墓参りの花のついてまとめ

お墓

以上、お墓参りの花について解説してきましたが、お花を供える理由は故人を偲び供養をするということです。

そして、予算が足りなくとも、自宅のある故人が愛した花があれば、それが一番の供養になるに違いありません。
今回解説した内容をまとめると次のようになります。

  • お墓に供える花は長持ちし枯れにくい花を選びましょう
  • 亡くなって四十九日までは白い花を基本とします
  • 故人が好きであった花や自宅の花を供えれば個人は喜ぶに違いありません
  • 毒性のある花や針のある花、匂いの強い花は避けたほうが良いでしょう
  • 花の値段は500~2,200円位で購入できますが、ユリなどを入れると高くなります
  • お花の葉の部分には水につけない、水切りをすることが長持ちさせる秘訣です
  • お墓に供えた花をすぐに回収できない場合には、持ち帰った方が良いでしょう

命日やお彼岸・お盆などにお墓参りをするのも、終活の一環ともいえます。
墓前に供える美しい花を見れば心に安らぎを感じ、故人も喜ぶに違いありません。

お墓参りのお花選びの際にこの記事を参考にしていただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓参り・花」に関連する記事

「お墓参り・花」についてさらに知りたい方へ

  • お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

    お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

    お墓参りのお花の種類やマナー、実は向き不向きのお花の種類があるのをご存知ですか?迷うことやわからない事も多いと思います。ここではお墓参りの供えるお花の種類やマナーについて解説していきます。ぜひこの機会に覚えておきましょう。

  • お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介のサムネイル画像

    お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介

    亡くなった方やご先祖様を供養するお墓参り。墓前には気持ちを込めて、一対の花をお供えしましょう。適した花の種類は?タブーの花はあるの?今回は、お墓参りでお供えする花の選び方についてご案内します。

  • お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

    お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

    お墓参りの時にはお花を持って行かれる方も多いですよね?ではお花はどのようにして選んでいますか?季節によって種類も変わってきますが、お墓にお供えするお花に決まりやマナーがあるのでしょうか?そこでお墓に持って行くお花の選び方や相場などを解説します。

  • お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

    お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

    お墓参りにはさまざまなマナーがあります。お供えするお花もその一つです。今回は恥をかかないためにお墓参りにお供えするお花について基本的なことを紹介していきます。

  • お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

    お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

    春と秋のお彼岸にお盆、月命日など、節目ごとにお墓参りをする人は多いと思います。お墓に行く時に欠かせないのは花。きれいな花をお供えして故人を弔いますが、この花には決まりがあるのでしょうか?お墓にお供えするのに適した花についてご紹介します。

  • 供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょうのサムネイル画像

    供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょう

    お彼岸やお盆など、私たちがお墓参りに行く機会は年に何度かあります。お墓が近くにある場合、季節の行事以外でもお墓参りをする事は意外と多いかもしれません。そしてお墓参りの時にはお花をお供えしますが、お供えするお花には何か決まりのようなものがあるのでしょうか?

  • お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!のサムネイル画像

    お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

    お盆にお墓参りに行く際、お花をお墓にお供えすることが多いのではないでしょうか。お花をお供えする際には、決まり事やお供えしてはいけないお花などがあるといわれています。今回は、お盆のお墓参りのお花についての疑問点を紹介します。

  • お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

    お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

    お墓にお供えするお花についてはお花屋さんなどで購入できますので、詳しく調べた方は少ないと思います。 今回終活ねっとでは、普段あまり調べる機会の少ない仏花について調べてみました。 少しでもお墓にお供えする仏花についての知識を深めていただけるとありがたいです。

  • 墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

    墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

    お墓参りに欠かせないものは墓花ですよね。実は最近墓花として造花を持参する人が増えているってご存知でしたでしょうか?造花でもOKなら長い期間キレイなままでお供え出来て便利ですよね。仏花よりも自由性の高い墓花、知らないマナーや人気の増加をまとめてみました。

  • 墓地・霊園とお供えの花に関するマナーについて解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園とお供えの花に関するマナーについて解説します!

    墓地・霊園にお墓参りに行く時にはお花を持って行かれる方も多いことでしょう。しかしお花はたくさん種類があってどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで墓地・霊園に持って行くお花に関するマナーについて解説しますので、悩んだ時の参考にしてください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓参り・花」についてさらに知りたい方へ

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介のサムネイル画像

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょうのサムネイル画像

供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょう

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!のサムネイル画像

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

墓地・霊園とお供えの花に関するマナーについて解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園とお供えの花に関するマナーについて解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓参り・花」についてさらに知りたい方へ

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介のサムネイル画像

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと