お墓を建立するときに石碑にかかる費用相場をご紹介します

お墓を建てるときにいくら費用がかかるのかは誰もが気になるところですよね。石碑の素材となる石材代、石碑として加工する費用など、いくつかの費用がかかってくることが考えられます。お墓を建立するときに石碑にかかる費用相場について解説いたします!

目次

  1. お墓を建立するときの石碑の費用について
  2. そもそも石碑ってなに?
  3. 石碑建立にかかる費用の相場
  4. 石碑建立にかかる費用の内訳
  5. お墓を建立するときに費用を抑えるポイント
  6. お墓を建立するときの石碑の費用まとめ

お墓を建立するときの石碑の費用について

お墓

終活のなかで、生きているうちにお墓を建てておく方もいらっしゃいます。
そして、現在は、生前にお墓の準備される方が増えている傾向にあります。

お葬式や仏壇など、ご供養に関する費用や相場というのは分かりにくいものですね。
お墓を建立するときの石碑にかかる費用についても同様です。

人生において、お墓を建てるというのは何度も経験することではありません。
だから、余計分かりにくいものです。
お墓の購入は、意味合い的にも、金額的にも、人生の中でも大きな買い物です。

そこで、今回終活ねっとでは、主に次のようなことについてお伝えいたします。

  • そもそも石碑とはなにか?
  • 石碑建立にかかる費用の相場
  • 石碑建立にかかる費用の内訳(石材費、加工費など)
  • 石碑建立の費用を抑えるポイント

石碑に関する費用について知っておくことで、終活でお墓のことを調べている方や実際にお墓を購入しようと考えている方に役に立つ内容となっていますので、ぜひ最後までお読みいただければと思います!

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓の費用についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも石碑ってなに?

お墓

まずは、そもそも石碑とはなんなのでしょうか。

一般的に石碑(せきひ)というと、墓石のことを石碑と呼ぶ場合と、偉人の言葉や、土地や地域の紹介などを刻んだ石製の碑のことを呼ぶ場合」とがあります。

今回の記事の中では、墓石という意味で、石碑という言葉を使用しています。

納骨堂や樹木葬など、お墓にも色々な種類がありますが、現在のところ、墓地の割り当てられた区画内に墓石を建てるというスタイルが圧倒的多数を占めています。

圧倒的多数を占めるスタイルですから、お墓を購入について考えている多くの方にとって、お墓の石碑にかかる費用の相場を知っておくことは重要ポイントとなりますね。

石碑建立にかかる費用の相場

お金

まずは石碑建立にかかる費用の相場をご紹介します。
費用のことを気にされる方は、まずトータルでいくらほど必要なのかが知りたいところだと思います。
お墓に石碑を建てるときにかかる費用は、トータルで100万円~200万円が相場です。
この費用は、石碑の素材となる石材費、石材の加工費、墓地に石碑を建てるための工事費が含まれています。
ただし、この相場の金額には、ケースバイケースで必要となる永代使用料、管理費等は含まれていません。

一般的に都市部は、郊外に比べ石碑建立の費用が、若干高くなる傾向にあります。
また、全国各地を地域別に見ますと、九州地域は、特に石碑建立の費用が高い傾向にあります。

石碑建立にかかる費用の内訳

困った人々

石碑建立にかかる費用について、トータルの相場についてはお解りいただけたと思います。
それでは次に、石碑建立にかかる費用の内訳、相場を知っておきましょう。

費用の内訳や相場を知っておくことで、お墓を購入する際、ご自分で予算を決めるときや、石材店との値段交渉に役立つ場合もあるかもしれませんね。

石材費

石材費は、石碑の材料となる石材(原石)自体の費用です。
色々な種類の石材がありますが、50万円~100万円が石材費の相場です。

石材の種類は、200種あるとも300種あるとも言われています。
現在もっとも日本国内で多く流通しており、比較的安く手に入るのは中国産の御影石(みかげいし)です。
御影石は通称で、本来は花崗岩(かこうがん)と呼びます。

また、多種多様な色合いの石材がありますが、一般的に白系の石がもっとも安く、色付きの石、黒系の石といった順番に高くなっていく傾向にあります。

石材費は、使用する石材の量が増えれば、それだけ高くなります
つまり、大きなお墓を作ろうとすれば、それだけ高くなるということです。
また、希少価値のある石材を使用を使用すれば、やはり費用は高くなります。

現在使用されている石材の多くは、中国産、インド産を中心とした外国産が占めますが、外国産だからといって、必ずしも安いというわけではありません。
外国産であっても、高品質な石材や、希少な石材など、高価なものもあります。

石材加工費

石材加工費は、石材から必要なパーツを切り出すため、石碑として形作るため、装飾を行うための費用です。
30万円~70万円が石材加工費の相場です。

基本的に、複雑な加工、細かい加工を行えば、それだけ石材加工費は高くなります。
一般的に直線的な加工よりも、曲面的な加工の方が技術を要するため、その分高くなります。
また、使用する石材の量が多ければ、その分、石材加工費は高くなります。

石材加工費は、傾向として洋型の石碑が一番安く、和型の石碑、自由型やデザイン型の石碑といった順番に、高くなっていきます。

工事費

工事費は、石碑を墓地に建てるための費用です。
工事費は、基礎工事から、遺骨を納めるカロート部分(納骨スペース)の設置工事、石碑の組み立て工事、柵などの外構工事などにかかる費用が含まれます。
20万円~30万円が工事費の相場です。

工事費は、広い墓地であれば、それだけで基礎工事費や柵などの外構工事費が膨らみますし、大きな石碑を建立すればするほど、それだけ高くなります。
そのほか、石材や工事機具の搬入のし易さや、墓地の交通アクセスの良さ、石材店から墓地の距離、電気や水道が使用できる環境の有無なども費用の高低に影響してきます。

また、地域によって遺骨全部を納骨するところ、遺骨の一部を納骨するところ、遺骨を骨壺に納めた状態で納骨するところ、遺骨を骨袋に入れて納骨するところなど、納骨方法が異なります。
納骨方法によって、遺骨を納めるカロート部分の大きさも影響を受けますので、この納骨方法も工事費に影響を与えます

その他費用

そのほか、希望や状況により、次のような費用が必要となります。

  • 文字の彫刻費(相場は4万円~6万円)
  • 墓誌や灯篭や塔婆立てなどの付属構築物にかかる費用(相場は5万円~30万円)
  • 花立て、香炉などの付属品の費用(相場は5千円~2万円)
  • 耐震工事費(相場は5万円~10万円)
  • 敷き砂利費用(相場は5千円~2万円)

上記は、石材店に支払う費用となりますが、もしお墓を建てる際、お寺にお墓の開眼(かいがん)法要を依頼する場合には、別途お寺に対して3万円~5万円の御布施を用意しておく必要がありますよ。
開眼法要は、魂入れとか、入魂式、性根(しょうね)入れと呼ばれることもあり、ただの石であったお墓を御先祖様、故人をお迎えできる状態にするための法要です。
なお、浄土真宗では、開眼法要とは言わず、建碑(けんぴ)式や建碑法要などと言います。

お墓を建立するときに費用を抑えるポイント

人々

お墓を建立するときに費用を抑えるポイントについてご説明します。
まず、お墓を建立するときに、一番費用を抑えやすいのは、石材費です。
なぜなら、石材費は、費用の内訳でも一番割合が大きく、また石材費以外の費用は、石材が異なっても費用はあまり変化しないからです。
たとえば、50万円の石材を使用しても、100万円の石材を使用しても、石材加工費や工事費は変動することが少ないのです。

石材費を抑えるための基本的な考え方は次の3つです。

  • なるべく小さな石碑にする
  • 華美な装飾は避け、なるべくシンプルな石碑にする
  • 石碑に使用する石材は、なるべく安い石材を選択する

石材にも色々な種類がありますが、希少性のある石材よりも、一般的な石材を使用した方が安くなります。

ただし、安い石材だから、なんでも良いというわけにはいきません。

お墓は、長期的に使用していくものですから、特に耐久性が備わっていることが重要です。

とは言いましても、わたしたち素人が、石材の耐久性などの品質を見極めるのは難しいですよね。
石材のプロである石材店と相談しながら、品質も確保したうえで石材費を抑えることが重要です。

そのほか、お墓を建立する費用を抑えるポイントを、下記に挙げておきますので、参考にしていただければと思います。

  • 相見積もりを取る(石材店同士で競合させる)。
  • 石材店の決算期前を狙う。
  • 展示品、アウトレット品を選択する。
  • 工事の日時は出来るだけ石材店に任せ、その分値引いてもらう。
  • 石材店の繁忙期を避けてお墓を建てる。一般的に春のお彼岸(3月)、お盆(地域により7月か8月)、秋のお彼岸(9月)は、石材店にとって、仕事がたくさんある時期です。

なお、墓地や霊園によっては、指定の石材店でないとお墓が建てられないという場合もありますので注意が必要です。
とくに寺院が管理運営する墓地・霊園、民間法人が管理・運営する墓地・霊園は、指定の石材店が存在する場合が多いですね。

お墓を建立するときの石碑の費用まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓を建立するときに石碑にかかる費用相場について解説いたしましが、いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、主に下記の点についてお解りいただけたと思います。

  • 石碑とは、墓石のことを石碑と呼ぶ場合と偉人の言葉や、土地や地域の紹介などを刻んだ 石製の碑のことを呼ぶ場合とがある。
  • お墓に石碑を建てるときのトータル的な費用相場は100万円~200万円である。
  • 石碑を建てる費用の内訳は、主に石材費(相場は50万円~100万円)、石材加工費(30万円~70万円)、工事費(相場は20万円~30万円)が含まれる。
  • お墓を建てる費用を抑えたいとき、一番効果や影響が大きいのは石材費である。
  • 基本的に、より小さくシンプルなお墓を建てることで費用は抑えられる。

記事の中でも少し触れましたが、お墓は長期的に使用するものです。
そして、けっして安い買い物ではありません。
費用だけでお墓を決めるのは危険ですが、費用の相場を知っておくこと、費用を抑える方法のポイントを知っておくことは大事ですね。

今回終活ねっとでは、お墓を建立するときに石碑にかかる費用相場についてお伝えしましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでもし良ければ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・石碑・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・石碑・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓を安い値段で購入する方法を解説!安い供養方法はあるのか?のサムネイル画像

お墓を安い値段で購入する方法を解説!安い供養方法はあるのか?

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!のサムネイル画像

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!のサムネイル画像

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!

お墓の見積もりの着目ポイントは?見積もりの見方を解説します!のサムネイル画像

お墓の見積もりの着目ポイントは?見積もりの見方を解説します!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!のサムネイル画像

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・石碑・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓を安い値段で購入する方法を解説!安い供養方法はあるのか?のサムネイル画像

お墓を安い値段で購入する方法を解説!安い供養方法はあるのか?

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!のサムネイル画像

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!のサムネイル画像

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと