お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!

お墓を建てる場所はどこでも良いわけではなく、公営・民営の霊園や、お寺の墓地を使用することになります。 今回は、お寺の墓地を使用して、お墓を建てた場合の費用について考えていきます。 お墓を建てるまで、そしてお墓を建てた後の維持費用までを説明します。

目次

  1. お寺にお墓を建てるのにかかる費用について
  2. お寺にお墓を建立するためにかかる費用
  3. お寺にあるお墓を守るためにかかる費用
  4. お墓にまつわる費用は誰が負担するの?
  5. お寺にお墓を建てるのにかかる費用まとめ

お寺にお墓を建てるのにかかる費用について

お墓

お墓を建てることは、終活の中でも重要なイベントとなります。

しかし、情報が不足していたり、身近に感じられなかったりで、分からない事がとにかく多いですよね。
それも、霊園ではなくお寺に建てるとなるとお寺との関係やお寺ごとの違いなどがあり、なおさらわからないことが多いです。

そこで今回終活ねっとでは

  • お寺にお墓を建てるのは、だれでもできるのかしら?
  • お寺と霊園では、建てるお墓の費用が違うの?
  • 檀家といわれても、お寺さんとのお付き合いがまったく無いんだけど?
  • 寺院墓地だと、石材店が指定されているって聞くけど、どうなんだろう?
  • お寺って、いろいろ行事があって物入りのように感じるけど、費用的に高くない?
  • 石材店のちらしに書かれている墓石代って、墓石以外に何が含まれているの?

など上記のことを中心に、お寺にお墓を建てるのにかかる費用についてひとつひとつ説明をしながら進めてまいります。

先ず最初の疑問ですが、これから説明いたします寺院墓地は、宗教法人が運営する民営墓地のひとつとなっています。

そしてほとんどの寺院墓地は、檀家資格を持つ人のみが使える墓地のため、使用させてもらうには当該寺院の檀家となる必要があり、別途、入檀費用が掛かってきます。
ここが、公営・民営の霊園と大きく異なっている点ですね。

ではここからお寺にお墓を建てるのにかかる費用について詳しく見ていきましょう。
ぜひ最後までおつきあいください。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続、お墓の費用などのあらゆる内容についてご紹介しています。
お寺にお墓を建てる際には、ぜひ以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お寺にお墓を建立するためにかかる費用

お墓

お寺にお墓を建てる費用は、墓石代・工事費や永代使用料と、お墓を建てた直後や納骨時に必要な開眼法要・納骨法要を営んだ際の僧侶へお渡しする「御布施」、そして入檀料のトータルを算出しますと、平均相場で136万~550万円ほどとなります。

平均相場にかなりの幅が見てとれますが、その原因の一つはお寺に建てる墓石自体の料金であり、二つ目はお墓の永代使用料です。

ではここでは、お寺にお墓を建立するためにかかる費用について、墓石代・工事費・永代使用料・開眼法要・納骨法要などのお布施・入檀料にそれぞれ触れながら解説していきます。

墓石代・工事費

お墓の設置費用は、墓石代+工事費ですが、通常これらを御馴染みのセット墓石価格という表示であらわされています。

墓石代は購入価格帯で最も多いのが、100万~200万円台で46.6%となっており、単純平均で計算した全国の平均購入価格は、167.3万円となっています。
また、地域別だと、九州の222万円が最も高く、次に四国の189.7万円、関東の170.7万円と並び、北海道が133.8万円となっていました。(2017年お墓購入者アンケート調査結果「一般社団法人全国優良石材の会」調べ)

墓石の費用は、石材の種類や大きさ、加工の度合いによって大きく変わります。
また、墓石で使われる石材は、硬度が高く耐久性に優れている御影石が多く選ばれています。
これは、お墓の石材には長い年月の寒暖差や風雨雪など自然による劣化が少なく、耐久性の強さが求められるためです。

その中でも、黒御影石は白御影石よりも硬度が高い分だけ割高ですし、加工にも時間が掛かりますので、加工費も同様に高くなっています。
中国やインドなど外国産の石材も多数扱われていますが、国内産の方がすべて高いとは一概にいえないようです。

石材店についてはお寺が指定している場合もありますので、あとで問題が起きないように、事前に確認しておいた方が良さそうです。

次に、墓石既購入者が墓石選びで重視したポイントは、全国的には、石の色や材質、価格の手頃さが上位を占めていますが、北陸・中部以西では、アフターサービスや耐久性、国内産の石といった点にウェイトを置いていました。
石の色は、黒より白を選ぶ地域もあり、地元もしくは近隣の墓石産出地の石の色を優先して購入する傾向があります。

また、墓石購入時に参考とした情報源は石材店のアドバイスが圧倒的に多く、やはりお寺や霊園での納入実績や工事経験を重視した結果でしょうか。

墓石自体の価格は、お寺でも霊園でも、変わりはありません。
ただ、工事費用は建立場所により差が大きいと言われます。
お墓を建てる機材や資材を運ぶことを考えますと、山の上と駐車場そばでは設置費用が変わってくるのは納得できますよね。

お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。
国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。

永代使用料

永代使用料は、建てたお墓の土地を永代に渡って借りる権利料のようなもので、所有権が有るわけではないので他人への売買や譲渡などはできません。
また、永代使用料は契約時に一括で支払います。

永代使用料は、お寺の建っている地域の土地代に大きく影響されますし、立地条件が良く交通の便も良ければ、それに見合った高い費用となり、都市圏に近いほど高く設定されています。

例えば、東京の閑静な住宅地として有名な港区白金にある寺院の永代使用料では、0.81平方mで250万円からとなっており、平均値をはるかに超える料金となっています。

ここで注意が必要なポイントは、永代使用権を受け続けられるのは継承し続ける者がいる方のみという点です。
もし継承者が存在せず、管理費用の納入も滞っているお墓の場合、お寺によっては永代使用権が取り消されることもあります。

ですから、継承者不在という事態とならないようにご家族・親族での話し合いやお寺へご相談されることをお勧めします。

開眼法要・納骨法要などのお布施

次に、開眼法要・納骨法要などのお布施について見ていきましょう。

開眼法要は、お墓を新しく建立した際の儀式で、お寺の僧侶に開眼法要の読経をしていただきます。
開眼とは、位牌や仏壇などに魂を入れて安置することを言い、お墓も同様に仏の魂を迎え入れて、初めて礼拝の対象とします。

また開眼法要は、夫々の宗派や地域によっても呼び方が異なっており、「魂入れ、お性根入れ、建碑法要」とも呼ばれています。
また、お寺のお墓を改葬したり戒名などの追加彫りをする場合には、先ず閉眼法要を行って改葬後に開眼法要を行います。

その際の、僧侶にお渡しする「御布施」の目安は、3万~10万円が多いようです。
ですが、10万円の費用が慣習という地域もあるようで、地域や宗派の違いによりお布施の費用はかなりの差があります。

納骨法要は、お墓への納骨をする際の儀式ですが、お墓を建ててすぐに納骨する場合には、開眼供養に続けて、納骨の読経をしていただきます。
開眼法要と同時に儀式を行う際の「御布施」は、別々にお包みするのでなく、開眼法要の1.5倍~2倍を目安にお包みすればよいでしょう。
納骨法要のみであれば、「御布施」は開眼法要と同額を目安にされる方が多いです。

また、納骨法要の場合は、石材店の方などに遺骨をカロート(遺骨を納める石室)に納めてもらうためのお礼として、2万~3万円程の費用を目安とする「志」をお渡しされている方が多いです。

寺院境内の墓地以外で、僧侶にお墓まで出向いてもらう場合の御車代としては、5000円~1万円位が目安となります。
また、開眼供養後の会食に僧侶が出席しない場合の御膳料としては、5000円~1万円位が目安です。

入檀料

入檀料とは、お寺さんの檀家になるときに必要な費用です。
入檀料にかかる費用は、お寺がある地域やお寺の宗派によっても異なりますが、10万~30万円が相場と言われています。

また、入檀するにあたって信仰宗派が問われる場合が多いこともあり、お墓の継承者の取り決め等をご家族・親族間で充分な話し合いをされることをお勧めします。

お寺にあるお墓を守るためにかかる費用

お墓

ここまでお墓を建てるために必要な費用について話してきましたが、次にお寺にあるお墓を守るためにかかる費用について話していきます。

お墓を守るためには、檀家としての自覚を持って臨むことが大切になります。
檀家となった後はそのお寺が菩提寺となり、年会費や管理費用、彼岸会・盂蘭盆会といった年行事に参加する費用も必要となります。

また、法要やお葬式、そして月命日と回忌法要等では、僧侶に読経などをお願いすることになります。
そのため、その際にお渡しする「御布施」と、菩提寺や僧侶の住居を、改築・修繕する際の負担もあります。

年会費

年会費は護持会費や維持費ともいわれ、お墓の清掃管理や寺院の通常運営のために檀家が負担する費用です。

年会費の費用の相場は、年間で5000円~2万円ほどと言われています。

行事や法要のお布施代

通夜・葬儀の読経や供養では、御布施として15万~50万円が費用の相場といわれます。

次に、1周忌や3周忌といった回忌法要への「御布施」として3万~10万円程度で、お寺以外のお墓まで出向いていただく際の御車代は、1万円が相場です。

月命日などの読経では「御布施」として5000円~1万円が相場といわれます。
また、お彼岸やお盆などに供養の読経をいただいた際の「御布施」は1万円の場合が多いです。

寺院改修のための寄付

寺院には、「山門」「本堂」「法堂」「僧堂」「庫裡」等の様々な施設があり、経年劣化により数十年単位で改築・修繕が必要となります。

そのため、寺院改修のための寄付として、1口何万円の寄付として求められる場合があります。

その他お布施代

戒名・法名を授かる際に支払うその他のお布施代の相場としては、「信士・信女」の位で30万~40万円、「居士・大姉」の位で50万~80万円と言われます。

お墓にまつわる費用は誰が負担するの?

お墓

お墓を建てる費用は、生前から家族間で話されている場合は、取り決めに従い負担すれば良いのです。
しかし現実には、そこまで具体的なお話しをされているご家族は多くはありません。
では、お墓にまつわる費用は誰が負担するのが正しいのでしょうか?

故人の伴侶やお子様など残されたご家族が、お墓を建てる費用を応分に負担し、お墓を守るために支払うべき維持費に関しては、その子孫が負担するのが、一般的といわれています。

しかし、ご家族間でも、お墓までの地理的な問題や経済的な制約、ご兄弟での長男・次男といった続柄と相続額の多寡等で、様々な負担割合いが考えられます。

ですので、お墓にまつわる費用は誰が払うなどの決まりはなく、ご家族でしっかりと話し合い、お互いに協力し合うのが大切です。

お寺にお墓を建てるのにかかる費用まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お寺にお墓を建てるのにかかる費用について解説しましたが、いかがでしたか?
この記事の内容をまとめますと

  • お寺にお墓を建てる前に、お墓を守り続けることも含めて、ご家族・親族間での充分な話合いが必要です。
  • お寺にお墓を建てる費用は、一般的に、ほぼ140万~550万円となる。
  • 内訳は、墓石代等で100万~300万円、永代使用料で20万~200万円。
  • 墓石購入時に、地域の情報に精通している石材店のアドバイスが役に立ちます。
  • ご葬儀に必要な費用は、授けられる戒名で大きく異なりますが、ほぼ50~100万円。
  • お墓を守り続ける費用は、年会費や寄付、行事・法要時読経への「御布施」など。

以上を中心に解説しました。

「お寺にお墓を建てる費用」についての説明をしてまいりましたが、お墓は、建てるよりも遥かに永い時を家族と共に維持していく事が大切です。

一般的に言われていますように、お寺にお墓を建てるには維持経費も含めて高いように感じます。
しかし、突然の不幸にみまわれても菩提寺に葬儀一式をお願いできますし、その後の手厚い供養も受けられます。

何より、親身になって相談にのって頂ける菩提寺があるのは、家庭医と同様に「こころに安らぎ」が生まれるのではないでしょうか。

終活の一環でお寺でお墓を建てることを考えている方はぜひこの記事を参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・お寺・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・お寺・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するにはのサムネイル画像

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するには

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!のサムネイル画像

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説しますのサムネイル画像

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説します

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説しますのサムネイル画像

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!のサムネイル画像

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・お寺・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するにはのサムネイル画像

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するには

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと