データの終活って一体何?今スマホやPCのデータが危ないって本当?

データの終活という言葉をご存知ですか?もしあなたが突然亡くなった時、スマホやパソコンのデータはどうなるのでしょうか?第三者に知られたくない情報は入っていませんか?近頃よく聞くようになった「データの終活」について解説していきます。

目次

  1. データの終活について
  2. そもそも終活とは
  3. データの終活を始めておかないと危険な理由
  4. データの終活は具体的にどうやって始める?
  5. データの終活まとめ

データの終活について

データ

近年、「データの終活」という言葉をよく聞くようになりました。
これはデジタル終活とも呼ばれています。
例えば今、自分がスマホやパソコンをそのままにして死んでしまった時のことを想像してみてください。
誰かに見られると困るような情報が入っていませんか?
逆に、知ってもらっていないと困る情報はありませんか?

このように、自分が突然電子機器を残して死んだ場合、何を消して何を残しておくかを見直しておくのが「データの終活」なのです。
今回はこのデータの終活について

  • そもそも終活とは
  • データの終活を始めておかないと危険な理由
  • データの終活は具体的にどうやって始める?

の3つのポイントを検証していきたいと思います。

残された人たちがトラブルに巻き込まれないためにも、もしもに備えて対策しておくのがよいと言えます。
まずは、そもそも終活とは何なのかについて見ていきましょう。

そもそも終活とは

人々

誰もが一度くらいは「死」について考えたことがあるでしょう。
人間はいつ死ぬか分かりません。
明日が必ず来るかどうかなんて、誰にも分からないのです。
そんないつくるか分からないけれど確実な「死」を迎えるために準備しておくことを、終活と言います。

終活は何歳から始めても早すぎることはありません。
終活は、人生の終末期について考え、残された人生を幸せに生きるために行うのです。
いつかは必ず死ぬという現実を受け止め、向き合う覚悟を決めるのが終活なのです。

最近では、スマホやパソコンなどの電子機器を頻繁に使用する人が増えてきています。
また、大切な情報もその中にしまっています。
終活の一環として、データをきちんと整理しておく必要があるのです。

データの終活を始めておかないと危険な理由

困った人々

ではなぜデータの終活が必要なのでしょうか?
やっておかないと危険なこととは何でしょうか?
ここでは、データの終活を始めておかないと危険な理由について詳しく見ていきたいと思います。

残された人が困る可能性も

最近では、インターネット銀行口座を開設している人も多くいます。
もしも故人の遺産を調べようとした時、インターネット口座の番号が分からなかったら、残された家族は困ってしまいますね。
このように、家族が故人の情報を知りたい時パスワードが分からないままだと困る可能性もあります。

また、登録している有料サイトがあれば、解約する必要があります。
その際にもパスワードやIDが分からないと困ります。
どのようなサイトに登録していたのか、どのようなサービスを利用していたのかを残しておかなければなりません。

ご自身の死後に家族に見られて困るようなものは早めに退会しておくなど、必要なものとそうでないものを分けておくことをオススメします。

トラブルの原因にも

データの終活をしっかりしておかないと、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。

もし家族に黙って株取引やFX取引、仮想通貨の取引などを行っていた場合、金銭面のトラブルはよくある話です。
このようなインターネット取引の場合、パスワードが分からない時は専門家に依頼して解除してもらうことになります。
その際、見られては困るような情報や個人情報も一緒に見られてしまう可能性があるのです。
また、手続きにもかなりの日数が必要なようです。

インターネットの口座は、利用者が死亡すると凍結される仕組みになっています。
しかし、証券などはそうではありません。
もしもの時のために、インターネット取引のパスワードやIDはどこかに書き残しておいたほうがよいでしょう。

自分が開設している口座などのパスワード、IDはまとめて1枚の紙に書き、通帳などに挟んでおくと後々発見されやすいかもしれません。
生前に伝えるのはちょっと…という方は、死後発見されやすそうな場所に保管しておくのです。

誰にも見られたくないようなデータも

パソコンやスマホの中に、誰にも見られたくないデータが入っているという人も多いでしょう。
パスワードを残しておくだけだと、解除した時に見られたくないデータが人の目に触れてしまいます。
このような誰にも見られたくないデータがある場合はどうしたらよいのでしょうか?

一番よいのは自分で見られたくないデータを消去しておくことです。
しかし、死はいつ訪れるか分かりません。
最近では他人に見られて困るデータやソフトを、自分の死後に自動で消してくれるソフトも存在します。
故人のパソコンに遺言のような形で表示され、家族がその遺言を読んでいる時間を利用してデータを消去してくれるという便利なものです。

このように、無料でデータの終活を手助けしてくれるソフトやアプリがたくさん出てきています。
これらのソフトやアプリをうまく利用するのもよいですね。

データの終活は具体的にどうやって始める?

パソコン

それではここからは、どのようにデータの終活を始めていけばよいのかについて解説します。
パソコンやスマホに登録しているSNSなど、ぜひ自分が利用しているサービスを見直すきっかけにしてみてくださいね。

PC(パソコン)の場合

まず、PC(パソコン)の場合のデータの終活について解説します。

パソコンに保存されているデータとしてよくあるのがメール、金銭関係の取引、有料会員登録などです。
それらの具体的な処理方法について見てみましょう。

メール

メールの内容は結構プライベートなものです。

無料のメールアドレスを利用している場合、一定期間使用がないとそのまま使用できなくなる、または削除されるものもあります。
有料のものは支払いがされなくなれば使用不可になります。

しかし、送受信したメールは一定期間残ることになりますね。
自分でできるのは、不要なメールは読んだら定期的に削除することです。
従って、見られて困るようなものや後にトラブルの原因となりそうなものは予め削除しておきましょう。

金銭関係

株取引、インターネットバンク、保険などの金銭関係は、本人以外があまり知らない情報かもしれません。

後から家族が金銭関係の物を引き継いだり何らかの手続きをするのも、かなり煩雑です。
そのため、パソコンやエンディングノートに、自分の死後どのような手続きをしてほしいかをしっかりと示しておくのがよいと思います。
エンディングノートについては、後に解説していきます。

また、インターネットのサイトやサービスに有料会員登録している場合も注意が必要です。
こちらも自分の死後、解約手続きなどを家族が行うのは大変です。
専門家の方の手を借りてもかなりの時間がかかるでしょう。
どのようなサービスを利用しているのか今のうちに見直し、必要のないものがあれば解約手続きを行っておきましょう

パスワード関連

金銭関係のサイトには、必ずと言ってよいほどパスワードの登録がされているはずです。
家族が解約手続きをしようと思っても、そのパスワードが分からなければできません。
どのサービスがどのパスワードで解約できるのか、分かりやすい場所に示しておきましょう。

パスワードを管理せずに放置してしまうと、最悪の場合誰かに乗っ取られたりする危険もあります。
そうなれば手続きはさらに困難になってしまいます。
このようなことを防ぐためにも、金銭関係の管理はしっかりと行わなくてはならないのです。

SNSの場合

今使用しているSNSについて自分の死後どうなるか考えたことがありますか?
SNSも、パスワードやメールアドレスを分かりやすい場所に残しておくか、家族に伝えておくようにしましょう。
そうすれば、家族や専門業者が本人に代わって退会処理を行うこともできます。
具体的にどのようなサービスでどのようなことを行っておけばよいのか、解説していきます。

LINE(ライン)

日本中で約7,000万人の人が使用しているというLINE
アカウントを取得すれば無料でメッセージのやり取りや通話が可能ということで、大変便利ですね。
仕事で利用している人も多いようです。

このLINEのアカウントは本人しか利用できない規約になっています。
つまり、亡くなった人のアカウントを誰かが引き継いだりすることはできません。
もしユーザーの死亡などにより長期にわたり使用されず、放置されている場合は自動でアカウントが削除されることがあるようです。

LINEのサービスの中には、音楽やゲームなど一部有料のものも存在します。
有料でダウンロードしたものも、他社が引き継ぐことはできません。
もし故人のアカウントを削除したい場合は、管理者に連絡をしてみるのがよいと思います。

facebook(フェイスブック)

facebookも世界的にユーザーの多いSNSであると言えます。

facebookでは自分が死んだ後、アカウントをどうするのか選択できるようになっています。
ユーザーが死亡したことを連絡すると、「追悼」という文字が表示され、新しい書き込みはできなくなります。
しかし、生前に投降した記事や写真は残ります

自分の死後、誰にページを管理してほしいかを指定しておくこともできます。
詳しくは「設定」というページを覗いてみてくださいね。
もしも死後アカウントを削除したほうがよいならば、そのように設定することも可能です。

Twitter(ツイッター)

Twitterの場合、LINEとは違い長期間利用されなくてもアカウントが削除されることはありません。

つまり、ユーザーが死亡した場合、誰かが削除申請をしなければならないのです。
今のところ家族であれば削除の申請ができるようです。
Twitterの機能を使ってユーザーが死亡したことを報告すれば、その後どのようにしたらよいかを教えてくれます。
死亡証明書などの書類が必要なので、すこし手間はかかりますが、削除することは可能です。

Instagram(インスタグラム)

Instagramもfacebookと同じように、「追悼」としてアカウントをそのまま残すことが可能です。
もちろん削除もできます。

「追悼」が表示されると新規の投稿はできなくなりますが、過去の記事の閲覧はできます。
削除したい場合は、ユーザーの近親者のうち誰かが削除申請を行います

このように、今は自分の死後アカウントをどうしたいかを決めておけるSNSも存在します。
しかし、もしアカウントを削除ということになった場合、ユーザー名やパスワード、IDなどが必要になることがあります。

どのようなSNSを利用していて、パスワードは何なのか、ということを自分の死後家族に伝える方法を考えましょう。

エンディングノートの活用

このように、自分の死後何をどうしたいかという意思表示をするのに便利なのがエンディングノートです。
また、自分の意志だけでなく、残された家族が死後の処理を円滑に進めるのにも役立ちます。

エンディングノートには自分の葬儀をどうして欲しいか、運転免許証やパスポートがどこに置いてあるのか、預貯金に関することなど様々な情報を記入できます。

また、どのようなサービスに加入していて、死後どうしたいかも書き残すことができます。
先述したSNSのIDやパスワードも残しておくことができます。
このようにエンディングノートをうまく利用すれば、死後に関しての全ての情報を残しておくことができるのです。

データの終活まとめ

データ

いかがでしたか?
普段あまり考えることのないデータの終活について見てきました。
この記事から分かることは

  • データの終活は、自分のためだけでなく、残された家族に苦労をかけないために行う。
  • しっかりとデータの整理をしておかないと、金銭関係など様々なトラブルに巻き込まれることがある。
  • パソコンのメールや有料サービス、インターネットバンクなどは生前からしっかり整理し、いざという時どのように手続きをすればよいかを家族に伝えるか、書き残すのがよい。
  • 多くの人が利用しているSNSも、予め死後の対策を取っておく必要がある。
  • 膨大な個人情報を整理しておくのに、「エンディングノート」を活用することもできる。

ということでしたね。

日々生活している中で、「自分の死後このデータはどうなるのか?」と日々考える人は少ないかもしれません。

しかし、考えてみれば自分が現在利用しているサービス等は誰かに解約してもらったり、何らかの手続きをしてもらう必要があるわけです。

残された家族が困らないためにも、今からデータの終活ついて考えてみませんか?
きっと早すぎるということはないはずです。

今回終活ねっとでは、「データの終活」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活・データ」に関連する記事

  • 終活でのパソコンの情報処理法とは?便利ツールなども具体的に解説!のサムネイル画像

    終活でのパソコンの情報処理法とは?便利ツールなども具体的に解説!

    パソコンの情報処理についての終活はもうお済みですか?個人情報を大量に保管しているパソコンの所有者が、ある日突然いなくなることだってあります。そんなもしもの時のために、終活としてやっておきたいことや便利なツールについて解説します。

  • 終活用のパソコンソフトとは?デジタルでできる終活用ソフトを紹介!のサムネイル画像

    終活用のパソコンソフトとは?デジタルでできる終活用ソフトを紹介!

    今、パソコンソフトを利用した終活が注目されています。自分の死後、仕事やプライベートで利用していたデータの管理や、円滑な相続手続きを目的とした利用を検討されている方々が増えているのです。ここではそのような終活用のパソコンソフトについてご紹介いたします。

  • デジタル終活って一体なに?大事なデータの管理について解説!のサムネイル画像

    デジタル終活って一体なに?大事なデータの管理について解説!

    近年、何かとブームの終活ですが、その中でもデジタル終活というものも流行しています。終活といえば、最期に備えてお墓を用意したり、これまで保有してきた財産について整理をつけることなどが挙げられますが、デジタル終活とはいったいどのような内容のものなのでしょうか?

  • 若者も終活を考えるべき?将来役立つ終活について解説します!のサムネイル画像

    若者も終活を考えるべき?将来役立つ終活について解説します!

    より良いエンディングを迎えるために、多くの方々が終活に取り組まれるようになってきました。その年齢層は幅広く、今では10代20代といった若者からも注目を集めています。若い世代の終活とはどのようなものなのか、若者の将来に役立つ終活について解説していきます。

  • 終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!のサムネイル画像

    終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!

    終活のためのアプリと聞いてどのようなものを思い浮かべますか?日常生活で使用しているスマートフォンのアプリで終活ができると手軽で便利ですよね。この記事では終活でアプリを使用する方法やメリット、さらにはおすすめのアプリも紹介していますので参考にしてください!

  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

  • メールの終活っていったい何をすればいいのか?具体的な方法を解説!のサムネイル画像

    メールの終活っていったい何をすればいいのか?具体的な方法を解説!

    1978年に最初のパソコンが発売された後、パソコン通信の時代からコミュニケーションツールの一つとしてメールが登場します。メールは手軽に情報を伝えることができる便利な道具ではありますが、いづれ終活する時が来ます。メールの終活をどうしたら良いのかご紹介いたします。

  • 終活でのデジタル遺品ってなに?整理の仕方も解説します!のサムネイル画像

    終活でのデジタル遺品ってなに?整理の仕方も解説します!

    終活のことを考えた時にはまず何から始めますか?自分の持ち物を整理したり遺産相続のことを考えたりしますよね。最近ではデジタル遺品でご遺族の方が困ったことになる場合が増えてきています。そこで今回は終活におけるデジタル遺品の意味とその整理の仕方を解説します。

  • 終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

    終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

    最近はテレビでも終活が話題になっています。ある程度の年齢になると終活について考えますが、実際に終活を始めようとしても、手順がわからない人が多くいます。終活は人生のまとめとしてとても大切な活動です。今回は終活の手順やメリットについて紹介します。

  • 終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

    終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

    終活をやってみたいと思う人は意外と多くいます。しかし、どんな方法があるのか、具体的に知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、終活を行う際の具体的な方法やメリットについて解説していきたいと思います。終活に興味のある方は是非最後までお読み下さい。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・データ」についてさらに知りたい方へ

終活でのパソコンの情報処理法とは?便利ツールなども具体的に解説!のサムネイル画像

終活でのパソコンの情報処理法とは?便利ツールなども具体的に解説!

終活用のパソコンソフトとは?デジタルでできる終活用ソフトを紹介!のサムネイル画像

終活用のパソコンソフトとは?デジタルでできる終活用ソフトを紹介!

デジタル終活って一体なに?大事なデータの管理について解説!のサムネイル画像

デジタル終活って一体なに?大事なデータの管理について解説!

若者も終活を考えるべき?将来役立つ終活について解説します!のサムネイル画像

若者も終活を考えるべき?将来役立つ終活について解説します!

終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!のサムネイル画像

終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

メールの終活っていったい何をすればいいのか?具体的な方法を解説!のサムネイル画像

メールの終活っていったい何をすればいいのか?具体的な方法を解説!

終活でのデジタル遺品ってなに?整理の仕方も解説します!のサムネイル画像

終活でのデジタル遺品ってなに?整理の仕方も解説します!

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明しますのサムネイル画像

終活の手順とは?終活のメリットを含め詳しく説明します

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介のサムネイル画像

終活の最高の方法とは?具体的な方法や行うメリットもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・データ」についてさらに知りたい方へ

終活でのパソコンの情報処理法とは?便利ツールなども具体的に解説!のサムネイル画像

終活でのパソコンの情報処理法とは?便利ツールなども具体的に解説!

終活用のパソコンソフトとは?デジタルでできる終活用ソフトを紹介!のサムネイル画像

終活用のパソコンソフトとは?デジタルでできる終活用ソフトを紹介!

デジタル終活って一体なに?大事なデータの管理について解説!のサムネイル画像

デジタル終活って一体なに?大事なデータの管理について解説!

若者も終活を考えるべき?将来役立つ終活について解説します!のサムネイル画像

若者も終活を考えるべき?将来役立つ終活について解説します!

終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!のサムネイル画像

終活のためのアプリがある?おすすめの終活アプリもご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと