墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

家族形態やライフスタイルの変化などにより、一家に一つあった家墓の形ではなく、永代供養を選ぶ人が増えてきています。でも、墓地・霊園によって違いがあることをご存知ですか?個人の意向に合った永代供養をするために、最適な墓地・霊園を選ぶためのお手伝いをします!

目次

  1. 墓地・霊園の永代供養について
  2. 墓地・霊園での永代供養までの流れ
  3. 墓地・霊園での永代供養墓の種類
  4. 墓地・霊園での永代供養の費用の内訳・相場
  5. 墓地・霊園での永代供養の注意点
  6. 墓地・霊園の永代供養まとめ

墓地・霊園の永代供養について

お墓

もともとは、寺院などで、無縁墓になったお墓を一つに集めて弔うことからきた永代供養ですが、近年ではライフスタイルの変化などで、家墓ではなく永代供養墓を選ぶ人が増えてきています。

永代供養を選ぶ理由は人それぞれですが、一般の墓地が祭祀継承者とよばれる承継者がいないと契約できないのに対し、永代供養であれば承継者は不要で、永代供養の契約は本人が生前にすることもでます。
また、墓地・霊園の管理者が個人に代わって、亡くなった後のご遺骨の管理や供養をしてくれるので、お墓参りや法要などの手間もかからず、後々継承する者がいなくても、無縁墓や無縁仏になる心配はいりません

しかし、それだけを取り上げてみると、今どき便利な供養の方法に思えてきますが、年々永代供養も多様化しており、どういう形での永代供養をしたいのかという考え方をしっかりと持っておかないと、後々の後悔につながりかねません。

そこで今回終活ねっとでは

  • 永代供養までの流れ
  • 永代供養墓の種類
  • 永代供養にかかる費用
  • 永代供養を選ぶときの注意点

以上のことを中心に、墓地・霊園の永代供養について解説していきますので、ぜひ終活を考えるうえでの参考にしてください。

今後、少子化にともなって増えることが予想される永代供養ですが、これから墓地・霊園での永代供養を考えている方はぜひこの記事をお読みになってご自身の終活に役立ててください。

墓地・霊園での永代供養までの流れ

お墓

これから、永代供養についてみていきますが、まず墓地・霊園での永代供養までの流れについて見て行きましょう。

永代供養は、文字通り「永代(長い年月)に渡って供養する(死者の霊を弔う)」ことですが、永代使用料を払ってお墓を代々使用する永年使用とは区別されることを知っておきましょう。

永代供養をお願いできる寺院のなかには、寺院が無くならない限り未来永劫にわたって個人のご遺骨を供養しますというところもありますが、個別に納骨しても、弔い上げと呼ばれる33回忌を目安に、いずれは合祀されるところがほとんどです。

供養される年月に限りがあると言われる永代供養ですが、合祀された後も供養していただけるのかどうかも確認しておくと安心です。

永代供養の形態を選ぶ

永代供養を考えるうえで、まずご遺骨をどう埋葬するのか、永代供養の形態をざっと見ていきましょう。
また、どのように埋葬してもらいたいのかを明確にしておくことも大切です。

埋葬される場所による違い

ご遺骨が埋葬される場所には屋内と屋外があり、それぞれ屋内型と屋外型と呼ばれています。

屋内型の場合、永代供養をする施設の建物の中に納骨する場所があり、霊廟型・納骨塔型・ロッカー型など、その形状による違いで呼び方が変わってきます。

屋外型の場合も、納骨される場所の形状によって呼び名が変わり、納骨壇型・納骨塔型・墳陵型があります。

また、自然に還る埋葬方法で注目されている樹木葬も、屋外型になります。

このように、永代供養には埋葬される場所による違いがあるので、事前に確認しておきましょう。

埋葬方法による違い

次に、埋葬方法による違いについて紹介して行きます。

ご遺骨を個別に埋葬するかどうか、骨壷に入れて埋葬するのかどうかの違いがあります。

屋内型と呼ばれるものの多くが骨壷で個別に埋葬され、屋外型でも個人の墓石がある場合には、骨壷の形でカロートに納骨し埋葬されます。

ただし、一か所に多くのご遺骨をまとめて納める納骨堂などの場合には、墓地・霊園によって違いがあるので確認が必要です。

個人の墓石のない合祀墓は、骨壷からご遺骨をとり出して埋葬しますが、多くの場合、血縁のない方々と同じ場所に埋葬されることになるので、共同墓や合葬墓とも呼ばれます。

また、樹木葬も骨壷からご遺骨をとり出して埋葬しますが、個別に埋葬される場合とそうでない場合とがあります。

経営・管理する側の違い

永代供養の形態は、経営・管理する側の違いによっても異なります。

墓地・霊園は公営、民営とあり、民営の中には寺院経営があります。
宗旨(宗教)や宗派を問わないのは、公営や寺院経営でない民営の墓地・霊園です。

ですが最近では、寺院経営の墓地でも宗旨や宗派を問わないところも増えてきています

墓地・霊園を選択・見学

次に、墓地・霊園を選択・見学しましょう。

永代供養であっても、お墓参りや法事を行うことはできます。

節目ごとにお墓参りなどをして、故人と向きあう時間を大切にしたいと思っている方も多いので、お参りに来られる方がいる間は、残された家族の方が行きやすい場所であることを考慮することも大切です。

永代供養のイメージが少し具体化したところで、実際に墓地や霊園に見学に出かけることをお勧めします。

埋葬を希望する墓地・霊園にお子さんと一緒に出かけて見学することも、大切な終活かもしれません。

また、立地だけなく、永代供養の期間や料金などの内容も多種多様ですので、後悔しない永代供養墓を選ぶためにも、何度も墓地や霊園に足を運び比較検討されることをお勧めします。

開眼法要を行う

一般的に、お墓を建てた場合は、納骨に合わせて開眼法要を行い、お墓に魂を入れることで礼拝の対象となります。

永代供養でも、個人の墓石を用意する場合は、一般のお墓と同じように僧侶にお願いして開眼法要を行うことになりますが、墓地・霊園によって開眼供養を行う場合と行わない場合がありますので、確認しておきましょう。

また、開眼法要を行う場合は、僧侶への連絡やお布施の用意が必要になります。
開眼法要と納骨法要は別ですので、同時に行う場合は両方のお布施が必要になります。

納骨する

納骨の方法は永代供養をする墓地・霊園によって違いがありますが、基本的にすべての場合において納骨式または納骨法要があると思っていて良いでしょう。

骨壷で納骨する場合は、永代供養で使われるカロートが一般の家墓と比べてさほど大きくはないので、専用の骨壷への入れ替えが必要になることがあります。

また、寺院の墓地・霊園に限らず、納骨法要を行うなら僧侶へのお布施が必要になります。

多くの場合は、四十九日に納骨式や納骨法要を行うことになりますので、正装ででかけます。
そして、法要後に会食の席を設け、引き出物の用意をすることは一般的なしきたりになっていますが、仏教式の場合に限られているようです。

納骨の日にちに正式な決まりごとはないので、四十九日を過ぎてしまった場合は、都合の良い日にちを選んで納骨を行います。

墓地・霊園での永代供養墓の種類

お墓

永代供養には様々な形態があることが分かりました。

どのような永代供養の形態を選択するかによって、供養できる人数やかかる費用に差があります。

今までは、お墓を継承する子どもがいない、身寄りがないなどの理由で永代供養が選ばれていましたが、今は、子どもが離れて暮らしている、子どもが結婚していない、子どもは結婚しているが孫がいないなどから、今後墓守りができないことが予想されるなど、様々な理由で永代供養が選ばれているようです。

さらに、子どもが信仰する宗教と違う、子どもに墓守りで迷惑をかけたくない、また、配偶者の親と同じお墓に入りたくないという理由などもみられるようになりました。

最近では、経済格差の拡大などによって、お墓を建てるだけの費用が用意できないからという方も少なくないようです。

なぜ、永代供養に選ぶのか?
永代供養を選ぶ目的などをよく考えた上で、ご自分に合った永代供養墓の形を選ぶ必要があります。

ここでは、墓地・霊園での永代供養墓の種類をみていきましょう。

個人墓・夫婦墓

個人墓・夫婦墓は、単独墓と呼ばれるもので、屋内型・屋外型の両方があり、個々人で埋葬されるお墓を指します。

お参りをする人がいる間は、普通のお墓のようにお墓参りができますが、多くの場合は一定期間の契約の間だけになり、のちに合祀されます。

ですが、寺院によっては、お参りする人がいなくなっても、しばらくの間個人のお墓として管理してくれるところもあるようですので、気になる方は問い合わせてみましょう。

屋内型の場合は、ロッカー型のように墓石を必要としない場合と、個人名を記した墓碑など、小さいながらも屋内墓として墓石が必要になる場合の両方があります。
しかし、屋外型の場合には個人の墓石が必要です。

また、小さな個人墓を一か所にまとめて集めた永代供養墓もあり、それを集合墓と呼んでいる寺院もありますが、この場合は合祀ではありません。

合祀墓

合祀墓は、共同墓とも呼ばれるもので、多くは血縁関係のない方々と一緒に埋葬される屋外型のお墓を指します。

合祀墓の多くは骨壷からご遺骨を取り出して土に還すので、屋外で他の方のご遺骨と一緒に葬られ、その形から墳墓や墳陵と呼ばれることもあります。
ですが、合祀墓の中には、一定期間納骨堂などに納骨してから合祀するところもあります。

基本的に合祀と名が付くものは、後々にご遺骨を取り出すことはできません

大阪にある一心寺のように、ご遺骨から仏像を作って供養するところもありますが、これも合祀になります。

納骨堂

納骨堂には、屋内型と屋外型の両方があり、多くのご遺骨を一か所にまとめて納める建物を指します。

納骨壇と呼ばれるロッカーのような形の中に安置されることが多く、お堂の形をしている建物であれば納骨堂であり、塔の形をしていれば納骨塔であり、大規模なものは霊廟と呼ばれます。

屋外型では、永代供養墓の中に納骨堂がある場合があります。

また、屋内・屋外に関わらず、個々人のご遺骨を納めるためのスペースが区切られているものと、区切られていないものの2通りがあります。

樹木葬

樹木葬とは、霊園の敷地内や自然の山の木の近くに遺骨を埋葬する方法を指します。

もともとは、墓石のかわりの墓標として樹木などを植えていたことのようですが、ご遺骨を土に戻して自然に還すのが魅力で、近年、新しい埋葬方法として注目を浴びています。

樹木葬は、都市型・公園型と呼ばれる近郊にあるものから、里山型と呼ばれる郊外型のものまであり、その形もいろいろです。

また、樹木葬には、個人の区画を特定して埋葬する方法と血縁のない方々を一緒にまとめて埋葬する方法、また、1人のご遺骨に対し1本の木を植える方法と、大きな樹をシンボルツリーにしてその根元にご遺骨を埋葬する方法などがあります。

墓地・霊園での永代供養の費用の内訳・相場

お金

家墓を建てるよりも、永代供養墓の方が金銭的に安くてすむので永代供養を選ぶ、そういう人も増えてきています。

一般的な家墓なら墓石の購入だけでも100万~150万円はかかり、土地の使用料を入れれば最低でも200万円近くかかる計算になり、上限はありません。

ここでは、墓地・霊園での永代供養の費用の内訳・相場についてみていきます。

永代供養をする際にかかる費用

まず、永代供養をする際にかかる費用について見て行きましょう。

永代供養なら、家墓を建てるより費用はかからないと言われています。

しかし、墓地・霊園によって「永代供養○○万円から~」という表記をしていても、その中に「永代供養料・納骨堂使用料・管理費」だけでなく「戒名料・永代過去帳記入料・位牌料」など、こと細かく費用が記されているところがあります。
また、漠然と永代供養料としか記されていないところなど、その表記には統一性がないので注意が必要です。

永代供養の費用は、最低で3万円から(一心寺の場合は1万円から)あるようですが、中には250万円もかかるところがありますが、金額だけに惑わされないでその内容をよく確かめる必要があります。

寺院内に墓石を用いないでご遺骨を安置する場合の永代供養料の平均が、一体につき50万円というのを目安にするといいでしょう。

永代供養料

永代供養料とは、納骨されたご遺骨を永代にわたって供養するための料金とお考えください。

個別に納骨してもいずれは合祀されることになりますが、合祀されてもずっと供養されるということで、永代供養料というわけです。

ただし、合祀された後も供養が続くのは寺院管理の墓地・霊園に限られ、公営の場合には年に一度の慰霊祭という形での供養になるようです。

なので、永代供養料にかかる費用は、3万円~100万円と墓地・霊園によってかなりの差があります

立地条件や建物にどれだけの費用が掛かっているかなどによっても変わってきますが、サービスの内容で差別化をはかっているところもあります。

お支払いする永代供養料でどういった供養が受けられるのか、しっかりと調べた上で検討することも重要です。

開眼供養のお布施代

開眼供養は、仏の眼を開くことからくる言葉で、仏教式に限られます。

お墓に魂を入れて崇拝の対象とすることですが、寺院が管理する墓地・霊園なら必ず行う法要です。
単独墓・集合墓ともに開眼供養の時には、開眼供養のお布施が必要になります。

お布施は、家墓と同じで1万円~5万円が相場とされていますが、永代供養料に含まれている場合もあるので確認が必要です。

墓石代

屋内型・屋外型に関わらず、個人墓・夫婦墓の場合は家墓同様に墓石代がかかります。

家墓より小さい墓石になることが多く、使う石や大きさにより金額にかなりの差があり、屋外型では50万~100万が相場のようですが、それ以上かかるところもあります。

また、最終納骨予定者の納骨後に墓石を撤去するところもありますので、撤去費用も墓石代として含むところもあります。

入檀料

寺院墓地の場合で、その寺院の檀家でない場合には、入壇料を納めなくてはならないところがあります。

入檀料の費用の相場は1万~3万円のようですが、寺院の格式や規模により金額に差があります。

近年では、永代供養に限り宗派や宗旨を問わず受け入れてくれる寺院も増えてきましたので、必要のない場合もあります。

永代供養の後にかかる費用

永代供養料として、最初に一括で支払う場合とそうでない場合とがあります。

永代供養料以外にも、納骨した後に費用がかかるのかどうか、気になりますよね。

ここでは、永代供養の後にかかる費用について紹介します。

管理費・護持会費

まず、管理費・護持会費について見て行きましょう。

永代供養であっても、供養する場所の確保やその状態を維持するための管理費用が掛かります。
屋内なら電気代もそれにあたるでしょうし、屋外なら草むしりなどの整備費用なども必要になります。

管理費の費用は立地や建物の規模・設備などにより差がありますが、相場は1年間5000円~2万円前後のようです。

また、仏教系寺院での檀家制度は寺院の収益基盤でもありますので、寺院の維持や発展のために護持会費という年会費を納めるところもあります。
護持会費の費用の相場は年間1万~2万とされていますが、これも寺院によって差があります。

法要時のお布施代

お布施は寺院の経営基盤ですから、月命日や祥月命日などの法要ごとお渡しする必要があります。
また、命日以外でもお盆やお彼岸などの施餓鬼法要もあり、法要の度にお布施が必要になります。

多くの場合、永代供養の費用に周忌と呼ばれる法要のお布施代は含まれていないようですので、法要をおこなわない場合には必要ありません

永代供養の費用相場や内訳について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

墓地・霊園での永代供養の注意点

葬儀

永代供養は、その形態やかかる費用がさまざまであることがわかりました。
さらに、埋葬できる人数や供養の方法なども確認しておきましょう。

ここでは、墓地・霊園での永代供養の注意点について紹介して行きます。

埋葬する人数を確認

永代供養の場合は、埋葬できる人数を制限している墓地・霊園が多いので、埋葬する人数を確認しておきましょう。
また、古くからある家墓の墓じまいで永代供養を考えている方は、埋葬するご遺骨を減らすことも頭に入れておく必要があります。

納骨する場所の大きさによって、埋葬できるご遺骨の数に限りがありますが、骨壷を小さくして納骨できる人数を増やしてくれる墓地・霊園もありますので、相談すると良いでしょう。

個人用(1人)、夫婦用(2人)、家族用(4人)と、納骨できる人数を最初から決めて料金設定をしている墓地・霊園もあります。

宗教不問でも宗派によって供養方法が違う

宗教不問でも宗派によって供養方法が異なるので、注意が必要です。

寺院には必ず宗旨と宗派が決まっています。
寺院が管理する墓地・霊園なら、その寺院の宗旨と宗派のやり方で供養されることになりますので、そのあたりも承知の上で選ぶ必要があります。

また、本山に分骨して供養する宗派もありますので、その場合には分骨証明書なども必要になります。

管理者が寺院の場合は、どういう形で供養をしていただけるのか、説明をよく聞いておきましょう。

宗教不問の表記で選ぶ場合には、故人や個人の意向に合った供養をしてもらえるのかどうかを見極めることも大切です。

一度合祀したら取り出せない

親族間ではない方々を、合同で祀(まつ)るのが合祀とよばれるもので、その多くは骨壷から出して合祀墓などに埋葬されますので、一度埋葬されたご遺骨は取り出すことはできません

一定期間だけ納骨堂などに骨壷で納骨する方法をとっている合祀墓は、その期間に限って取り出せるとしているところもありますが、基本的には取り出せないと思っておいた方がよいでしょう。

また、合祀に限らず、樹木葬でも土に埋葬された場合のご遺骨は取り出せません。

墓地・霊園によってルールが異なる

寺院が管理する墓地・霊園では、永代供養できる人を檀家に限るとしていたり、また、檀家でなくても戒名がある人に限るとなっていたり、あるいは、一切の宗旨や宗派を問うことなく供養しますとなっていたり、それぞれの墓地・霊園によってルールが異なるので注意しましょう。

最近では、公営の墓地・霊園でも永代供養をしてくれるところもあり、生前に本人や家族が申し込むこともできるようですが、墓地を経営・管理する県や市町村などに申し込み者の住民票があることが条件だったりするので、よく調べておきましょう。

改葬する時は墓じまいをする必要がある

永代供養であっても、改葬(お墓の引っ越し)をする場合は、墓じまいが必要になります。

個人墓や夫婦墓などの単独墓で、個人の墓石を用意すれば、その墓石の処分費用も必要になるなど、墓じまいの方法は家墓の場合と同じです。

墓地・霊園の永代供養まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、墓地・霊園の永代供養について解説しました。

永代供養には、多くの種類があり、今後もニーズに合わせてサービスも多様化していくと考えられます。

永代供養も、建ててしまうと簡単には変更できない家墓と同じですので、料金と供養される内容をよく吟味しながら、できるだけ下調べを入念におこなって、ご自分の意向に合った墓地・霊園を選びたいものです。

この記事では

  • 永代供養の形態や種類(施設を含む)
  • 立地条件
  • 供養墓の形
  • 費用(予算)

以上のことを中心に解説しましたが、個々に合った細かなチェックシートを作成し、見学や下見、できれば説明会などにも出かけて、それぞれの墓地・霊園を比較検討することをお勧めします。

どういった形でご遺骨を供養したいか、されたいかなど、ご遺骨の供養方法について希望することを書き留めておくだけでも、墓地・霊園選びの時に役に立つことでしょう。

最後まで、お読みくださりありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓地・霊園・永代供養」に関連する記事

「墓地・霊園・永代供養」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

    永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

    皆さんは永代供養ができる霊園をご存知ですか。寺院で行う場合とどこが違うのか、気になりますよね。実は費用面も一般墓に比べて安価に抑えられる場合があります。終活を考えていらっしゃる方は、生前墓の申し込みもできる?永代供養の霊園の例についても解説致します!

  • 永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

    永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

    永代供養のお墓では、お墓の管理や供養を墓地管理者が行います。お墓の承継で悩む必要はなく、永代供養のお墓にする方も増えています。しかし永代供養のお墓といっても供養の仕方などがよく分からず、不安な方も多いでしょう。永代供養できるお墓について分かりやすく解説します。

  • 終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

    終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

    終活や永代供養と言う言葉を聞くようになって、ご自身の終活について考えるようになった人も多いのではないでしょうか。ご自身のお墓について、誰にも迷惑をかけたくないと考えている方には、永代供養について詳しく知ることが大切でしょう。

  • 永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

    永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

    故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

  • 永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

    永代供養・共同墓地について解説いたします!

    核家族化と少子高齢化が進んだ近年では一般的なお墓を持たず、永代供養の共同墓地を選択する人が増えています。 共同墓地に入った場合に供養はどうするのか気になりませんか? 永代供養と共用墓地の疑問について解説いたしますのでぜひ最後までお読みください。

  • 永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説しますのサムネイル画像

    永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説します

    最近では、納骨度や樹木葬など様々な供養一つにしても様々な手段が選べるようになりましたね。 みなさんはその中でも「永代供養」をすることで費用を安く抑えられることをご存知ですか? 今回は、永代供養が安くなる理由や永代供養をする際の注意点を中心に詳しく紹介していきます。

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓地・霊園・永代供養」についてさらに知りたい方へ

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

永代供養・共同墓地について解説いたします!

永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説しますのサムネイル画像

永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説します

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓地・霊園・永代供養」についてさらに知りたい方へ

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと