墓地・霊園とお供えの花に関するマナーについて解説します!

墓地・霊園にお墓参りに行く時にはお花を持って行かれる方も多いことでしょう。しかしお花はたくさん種類があってどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで墓地・霊園に持って行くお花に関するマナーについて解説しますので、悩んだ時の参考にしてください。

目次

  1. 墓地・霊園と花について
  2. 墓地・霊園にお供えするのに適した花は?
  3. 墓地・霊園にお供えしない方が良い花は?
  4. 墓地・霊園に持っていく花に関するマナー
  5. 墓地・霊園と花についてまとめ

墓地・霊園と花について

お墓

墓地・霊園にお墓参りに行く時にはお花を持って行ってお供えされる方も多いことでしょう。
しかしお花の種類はたくさんあってどれを持って行くのがふさわしいのかわかりませんよね。
墓地・霊園にお供えするお花にマナーやタブーなどがあるものなのでしょうか?

そこでこの記事では以下のことについて詳しく解説します。

  • 墓地・霊園にお供えするのにふさわしいお花とは?
  • 墓地・霊園にお供えするお花で適さないものとは?
  • 墓地・霊園にお供えするお花のマナーとは?

お墓参りにはお花は欠かせないものですが、墓地・霊園によってはルールやマナーを守らなければいけない時もあります。
お墓参りはご先祖様や故人の供養を祈るものですが、墓地・霊園にはよそのお墓もたくさんあります。
よそのお墓に迷惑をかけぬように最低限のマナーは知っておいて損はありません。
お墓参りにお供えするお花のマナーについて詳しく解説しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

墓地・霊園にお供えするのに適した花は?

お墓

墓地・霊園にお供えするお花はどんな種類がふさわしいのでしょうか?

基本的にはお墓にお供えするお花は何でも構いません。
故人が好きだったお花が一番良いとされています。
参拝者の好みのお花でも良いでしょう。
できるだけ茎がしっかりしていて水の上りがよく長持ちするお花がお墓参りのお供えの花にふさわしいと言えます。

お墓参りのお花の定番は菊

菊は日持ちもしますし茎がまっすぐしていて花瓶に入れやすく、一年中安定した生産が行われていますのでお墓参りのお花には一番適しています。
大輪菊や小菊、西洋菊などもありカラーバリエーションも豊富で菊だけでも立派な供花になります。

なお、お葬式にもよく使われている菊は仏教のイメージがあるかもしれませんが、菊に宗教的な意味合いはありませんので仏教以外のお墓にお供えしても大丈夫です。

菊以外のおすすめの供花

供花は菊が主流ですが他には、カーネーション・グラジオラス・キンセンカ・キンギョソウ・アイリス・グラジオラス・リンドウ・スターチス・ナデシコ・ケイトウ・カラーなどが人気です。
季節によってないものもありますが、色どりも考えて上手に組み合わせてみてはいかがでしょうか?

墓地・霊園にお供えしない方が良い花は?

バラ

基本的にはお墓にお供えするお花は何でも良いのですが、あまり適していないとされているお花もあります。
お墓は不特定多数の人が訪れる場所でもありますので、他の人に見られて恥ずかしい思いをしないように適していないお花のことも知っておきましょう。

棘のあるお花

バラやアザミなどの棘のある花は供花としては避けた方が良いでしょう。
宗教的に棘がNGというわけではないのですが、棘がほかのお花を傷つけたりお参りする人に迷惑をかけることもあるので供花としてはふさわしくありません。

故人がバラが好きだったのなら棘を取るか棘なしの小さなバラなら使ってもいいかもしれません。
ですがバラだけというのはやめておいた方がいいです。
どうしてもという方は家のお仏壇にお供えするようにしましょう。

毒のあるお花

彼岸花やトリカブトなど毒のあるお花は供花には適していません。
他に意外ですがユリや水仙、彼岸花も毒のあるお花ですので避けた方が良いと言われています。

毒草として有名なトリカブトですが、そのお花は意外と美しくお花屋さんでも売っていることもありますし家で栽培されている方もいます。
しかしトリカブトは根っこ以外にも茎や花粉にも毒性があり、うっかり口に入ってしまう可能性もありますのでお墓の供花には使わないようにしましょう。

ユリや水仙、彼岸花は少量使う分にはそれほど気にする必要はありませんが隣のお墓と非常に距離が近い場合は避けておいた方が無難です。

香りの強いお花

お花は良い香りがするものですが、あまりに香りが強いものはお墓のお花にはふさわしくありません。
お花の香りが強いと蜂などの虫を引き寄せてしまう可能性もあります。
ユリは香りが強く花粉が飛んだりするので供花として適していないと言われています。
水仙も香りが強いです。

ユリはお葬式の時にもよく使われていて供花にはふさわしいように思えますが、ユリの花粉が墓石に付くと変色の原因になってしまったり手や服に付くと取れにくく厄介です。
花が少し開いた時におしべの部分を取ってしまうという方法もあります。

ユリは供花をゴージャスに演出してくれますので1,2本程度他の花と組み合わせてみたり小ぶりのユリを使ってみてもいいかもしれません。

ツル状のお花

アサガオなどのツル状のお花は長持ちしませんし墓石などに絡んだりしますので供花にはふさわしくありません。

植木鉢で育ったツル状のお花をお墓のそばに置いておけば、定期的に花が咲いて便利だと思われる方もいるかもしれませんが、お隣のお墓にまでツルが伸びて絡めば迷惑をかけることになりますし供花にするのはやめておきましょう。

花や花びらがパラパラと散るお花

ツバキやユリ、彼岸花、チューリップなど花がポロリと落ちたり花びらがパラパラと散ってしまうような花は周りのお墓にも迷惑になりますし、お墓周辺が汚れやすくなるので避けた方が良いでしょう。

首がポトンと落ちるツバキなどは縁起が悪いので供花には向いていません。
桜や梅の木もお花は可愛いですがお花自体は長持ちしませんしすぐに散ってしまうので供花として使うのはやめた方が良いでしょう。

墓地・霊園に持っていく花に関するマナー

お墓

この章では墓地・霊園に持って行くお花に関するマナーについて解説します。

墓地・霊園によっては細かくルールが決められているところもありますので、自分の家のお墓があるところではどんな決まりごとがあるか確認するようにしましょう。

花は墓地・霊園から持ち帰るべきなのか

お墓参りの際にお供えしたお花は基本的にはそのまま置いていく方が良いです。
お花は生きていますので、最低でも一週間に一回、できれば毎日でも水を変えてあげることが望ましいです。

しかし年に数回程度しかお墓参りに行けないという方はお花は持ち帰る方が良いでしょう。
そのままにしておくとやがては枯れてしまいますし、花瓶の水に虫が湧いたりします。
墓地・霊園によっては管理者が枯れたお花を処分してくれるところもありますが、近いうちにお墓参りに来る予定の無い方はお参りが済んだらお花は持ち帰り、花瓶はうつぶせにして雨水が溜まらないようにする方が良いでしょう。

なお、お墓にお供えした後、持ち帰ったお花を家の仏壇にお供えすることはNGです。
ばらして一輪挿しなどに入れてお部屋のインテリアとして飾るようにしましょう。

造花は持って行ってもいい?

お供えのお花は生花が望ましいのですが、造花を持って行ってもダメと言うわけではありません。
最近では生花と見間違うほど美しい造花もありますしブリザードフラワーならいつまでも美しさを保てます。

日差しが強い真夏では生花もすぐに枯れてしまいます。
枯れた花をお供えするぐらいなら何もいれないか造花を使うのも一つの方法です。
暑さに強い生花と造花を組み合わせてお供えするのも良いですね。

お墓参りに頻繁に行けない方は、生花はお参りが済んだら持ち帰るようにしお墓には造花を入れておくという方法はいかがでしょうか?

花の供え方に関するマナー

お墓にお花を供える時は、こちら側つまり参拝者側から見て正面になるように供えます。
これは命あるものはやがては枯れてしまう、今生きていることに感謝するという教えから来ています。
また故人との別れを悲しんでいる遺族の心を美しいお花で慰めるという意味もあるそうです。

5色の場合は、白色・赤色・黄色・紫色・ピンク色を3色の場合は、白色・黄色・紫色を使うようにすればバランスよく見栄えのする花束ができます。
緑色のニューサイランやドラセナ、樒などを後ろ花に入れると色花が際立ってより美しくなります。ひし形になるように花束を作れば供花としてふさわしくなります。

供花の費用の目安

お墓参りの供花は基本的にはどんなお花でも構いません。
自分で育てたお花でも大丈夫です。

しかしお花屋さんで購入される方が多いのではないでしょうか?
最近はスーパーでも供花として菊などを形よく束ねられて売っている場合もあります。
大体、一束で500円~1000円ぐらいのものが多いです。
お花屋さんに金額を言って頼めば、供花を作ってくれるところもあります。
自分で好きなお花を選んで供花にしてもいいでしょう。

供花の費用の相場は一対で2000円前後のところが多いです。

墓地・霊園と花についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
墓地・霊園とお供えのお花について解説させていただきましたが参考になりましたでしょうか?

この記事では以下の事柄について詳しく解説しています。

  • 墓地・霊園でお供えするお花は基本的には何でも良い。
  • お供えに適したお花は菊やキンギョソウ、カーネーションなどがおすすめ。
  • お供えに適していないお花はバラやユリ、水仙やアサガオなど。
  • なるべくお墓にお供えした花は持ち帰った方が良い。造花を使っても大丈夫。
  • 供花の費用相場は一束500円~1000円ぐらい。

お墓参りに持って行くお花は基本的には何でも良いということになります。
しかし墓地・霊園の場合は、ルールがあったり周りのお墓に迷惑をかけないことも考えなければいけません。
持って行くお花に気を使い過ぎてお墓から足が遠のくぐらいなら、手ぶらでもこまめにお参りする方が故人やご先祖様も喜んでくれることでしょう。

お墓参りに持って行くお花に関して最低限のマナーを知って置けばお墓参りも行きやすくなることでしょう。
ぜひこの記事を参考にして素敵な供花を持っておはかまいりにいきましょう。

終活ネットでは、お墓に関するマナーなどを解説していますので終活する時の参考にしてくださればうれしく思います。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓地・霊園・花」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓地・霊園・花」についてさらに知りたい方へ

お墓参りで供花を選びお供えする時のポイントと注意点を詳しく紹介!のサムネイル画像

お墓参りで供花を選びお供えする時のポイントと注意点を詳しく紹介!

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介のサムネイル画像

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介

墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!のサムネイル画像

墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓地・霊園・花」についてさらに知りたい方へ

お墓参りで供花を選びお供えする時のポイントと注意点を詳しく紹介!のサムネイル画像

お墓参りで供花を選びお供えする時のポイントと注意点を詳しく紹介!

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介のサムネイル画像

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと