墓地・霊園を相続する際の方法や疑問点について解説します!

財産相続の話はよく耳にしますが、墓地・霊園の相続に関しては、あまり聞きませんよね? 財産相続とお墓の相続は、全く別のものなのです。 では、お墓を相続する場合、どうすれば良いのでしょうか? 今回は、墓地・霊園の相続について疑問点を解説します。 ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 墓地・霊園の相続について
  2. 墓地・霊園は誰が相続するべきなのか
  3. 墓地・霊園の相続に関する疑問
  4. 墓地・霊園の相続に関する費用
  5. 墓地・霊園の相続後の名義人変更方法
  6. 墓地・霊園の相続についてまとめ

墓地・霊園の相続について

お墓

墓地・霊園の維持・管理をしている人を、お墓の「名義人」といいます。
その名義人が亡くなった際、直面する問題の1つに「お墓の相続」の問題がありますよね?

お墓の名義人が亡くなった場合、まずそのお墓を継ぐ人を決めなければなりません。
では、お墓は誰が相続すれば良いのでしょうか?
また、どのような方法で相続をすれば良いのでしょう?

墓地・霊園の相続について、様々な疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。
「お墓を継ぐ」とは実際にどういうことなのか、良くわかりませんよね。

そこで、この記事では、墓地・霊園を相続する際の手続きや疑問点など、墓地・霊園を相続する際に気になる疑問について詳しく解説していきたいと思います。

  • 墓地・霊園は、誰が相続すれば良いのか?
  • 「相続財産」と「祭祀財産」の違い。
  • 墓地・霊園を生前に相続することはできるのか?
  • お墓を相続する人がいない場合は?
  • 墓地・霊園の相続に税金はかかるのか?
  • 相続した人がかかる費用とは?
  • 墓地・霊園の名義人変更に必要な書類は?

以上のことを、1つずつ解説していきます。
いざお墓を相続する場合に焦ることのないよう、ぜひ参考にしてください。

墓地・霊園は誰が相続するべきなのか

困った人々

墓地・霊園を相続することを「承継(しょうけい)」といい、相続した人を「承継人」といいます。
ここでは、墓地・霊園の相続は誰が承継すれば良いのか、また承継人が決まらないときの解決方法について解説していきます。

墓地・霊園の承継順位

現代「長男がお墓を継ぐ」という慣習に基づいて、墓地・霊園の名義人が亡くなった場合には、家を継ぐ予定である子供が承継することが一般的となっています。
慣習とは、ある集団の中で長期にわたり受け入れられている習わしを言います。
しかし近年では、核家族の増加や少子化問題によって、子供が墓地・霊園を承継できないケースも増えてきています。

実は、墓地・霊園の承継には、必ずしも遺族や親族が継がなければならないという決まりはありません
実際には、血縁関係のない人が承継人となるケースもあります。

それでは、承継人を決める際、参考となる墓地・霊園の承継順位などはあるのでしょうか?

まず1番に「お墓の名義人だった人(旧名義人)から指定を受けた人」です。
故人の遺言書などにより承継人についての明記がある場合には、明記されている人が承継人となります。
もし遺言書といった正式書面がない場合でも、生前に名義人が口頭で承継人を指定していれば、それは有効とされます。
この場合でも指定さえあれば、遺族や親族でない人であっても承継することが可能です。

2番は「慣習に従って承継人を決定する」です。
遺言書などの書面に、承継人についての明記されておらず、旧名義人から何も指定がなかった場合には、代々伝わる慣習に従って、遺族や親族で話し合いを行い承継人を決定します。

もし慣習が明らかではない場合には、遺族や親族で話し合いを行い承継人を決定します。
話し合いでも決まらない場合には、「家庭裁判所に調停や審判の申し立てを行う」こととなります。

以上が、墓地・霊園の承継順位とされています。

ちなみに、先程述べたように承継者は遺族・親族以外の人でも可能とされていますが、公営の霊園などでは、承継者は遺族・親族でなければならないと決められているところもあるようです。

長男が承継しなければいけないのか

日本の慣習として、昔から「長男がお墓を継ぐ」という考え方が一般的となっています。
では、必ずしも長男が承継しなければならないのでしょうか?

結論からいうと、長男が継承しなければならないという決まりはありません
場合によっては、長男以外の子供が承継することもあります。
もちろん、結婚して嫁いでいる娘が承継しても構いません。

現代でも長男がお墓を継ぐことが一般的とされていますが、核家族の増加や少子化によって、実際には長男がお墓を承継できないケースも増えてきています。
承継人がいなければ、お墓の維持や管理が困難となり、墓じまいをしなければならない状況に陥る可能性があります。
もし長男が承継することが出来ず、墓じまいを考えている状況であれば、もう一度承継人を見直すこともおすすめします。

遺族・親族以外の人を承継人とすることは可能ですが、「長男がお墓を継ぐ」という慣習がある場合には、トラブルを招かない為にも、遺族や親戚ときちんと話し合いをして承継人を決めることが大切です。

どうしても決まらない場合は

墓地・霊園の名義人だった人から承継人の指定がなかった場合、慣習に従って話し合いで承継人を決定します。
しかし慣習が明らかではなく、話し合いでも承継人が決まらなかったり、また揉め事に発展してしまった場合など、継承者がどうしても決まらない場合にはどうすればいいのでしょうか?
その場合は、家庭裁判所に調停や審判の申し立てを行います。

家庭裁判所に調停の申し立てを行うと、家庭裁判所が調停の合意へ向けて働きかけをしてくれます。
それでも合意に至らなかった場合には、審判で承継人を決定することとなります。
承継人として決定した人は、正当な理由をなくして権利を放棄したり辞退することができません。

このように、承継人が決まらない為に家庭裁判所に申し立てを行うこともあれば、反対に承継の権利を求めて争うケースもあるようです。
こういった事態にならない為にも、旧名義人はあらかじめ承継人を決めて、遺言書などに明記をするなど自身の意思をきちんと伝えることが最善といえます。

墓地・霊園の相続に関する疑問

お墓

財産を相続することと、墓地・霊園を相続することとは、関係があるのでしょうか?
ここでは、「相続」について解説します。

また、承継する人がいない場合、お墓をどうすれば良いのか?
ここでは、墓地・霊園の相続に関する疑問点についても解説していきます。

相続放棄した場合お墓は相続できないのか?

まず気になる疑問である、相続放棄した場合お墓は相続できないのか?という疑問を見ていきましょう。

墓地・霊園や仏壇・仏具などは「祭祀財産(さいしざいさん)」といい、一般的な相続財産とは異なります。
祭祀財産と相続財産との主な違いは「祭祀財産には相続税がかからない」「祭祀財産の承継者は1人であること」「お墓に関する全ての決定権を所有する一方で、お墓に関する一切の費用を担う義務がある」といった点があげられます。

財産相続を放棄した場合であっても、祭祀財産の相続に関しての権利はあるので、お墓を相続することは可能です。

生前にお墓を相続できるのか?

一般的には生前に承継を行うことはできません。
墓地・霊園は、譲渡や転売といったトラブルを回避する為に、生前に承継を行うことを禁止しているところがほとんどです。

ただし例外として、お墓の名義人が、お墓の維持や管理ができなくなった場合には、条件つきで生前の承継を認めるケースもあるようです。

誰も相続する人がいない場合どうなるのか?

お墓を相続する人がいない場合、そのお墓はどうなってしまうのでしょうか?

承継者がいなくてお墓の管理や維持がされなくなると無縁墓となり、最終的にはお墓も撤去され、複数の人と一緒に祀られる合祀墓に入れられることになります。

そういったことからも、近年では永代供養墓を利用する人が増えてきています。
お墓を建てても、お墓の管理や維持が困難な状況に陥いる可能性がある場合や、残された遺族に迷惑をかけたくないなどの理由で、永代供養墓を利用する人が増えています。

永代供養墓とは、お墓の名義人に代わって、お寺や霊園などが永代に渡り管理をしてくれるお墓のことで、近年ではとても人気があるようです。
費用はお寺や霊園などによって異なりますが、一般的には10万から50万程度のところが多いようです。
また、ロッカーのような棚に個々の骨壺を安置する納骨堂を選ぶ人も増えてきています。

近年では、お墓の管理をする必要がない散骨を選ぶ人もいますが、全てのご遺骨を散骨してしまうと、お墓がなくなることからお墓参りをすることが出来なくなります。
そのため、遺族や親族など、きちんと話し合いをしてご家族全員の合意を得た上で決めることをおすすめします。

墓地・霊園の相続に関する費用

ここからは墓地・霊園の相続に関する費用について解説していきます。

お金

墓地・霊園を相続するのに税金はかかるのか

墓地・霊園にかかる費用のことで気になるのが、やはり墓地・霊園を相続するのに税金はかかるのかという疑問だと思います。

一般的に相続財産には相続税がかかります。
霊園・墓地や仏壇・仏具などの祭祀財産は、相続財産には含まれません。
よって祭祀財産には相続税は適応されず、税金はかかりません

そのことからも、節税を兼ねて生前にお墓を建てる(生前建墓)人が多いようです。
ちなみに、生前建墓自体は縁起のよいものといわれています。

相続した人が支払うべき費用

祭祀財産を相続した場合、お墓に関する決定権を所有する一方で、お墓に関する一切の費用を担う義務が生じます。
お墓の管理・維持や、法要の執り行いなども承継者が引き継いでいくことになります。
相続した人が支払うべき費用を具体的にみていきましょう。

管理費

相続した人が支払うべき費用の一つとしてまず、管理費が挙げられます。
墓地・霊園によって異なりますが、一般的に一定の期間分まとめて支払うところが多いようです。

自治体が運営している「公営墓地(霊園)」では年間5,000円から10,000円程度、宗教法人や財団法人などが運営している「民営墓地(霊園)」では、年間5,000円から14,000円程度かかります。

寺院墓地の場合では、年間5,000円から20,000円程度となり、公営墓地や民営墓地に比べると管理費の金額が高くなるようです。

法要時のお布施

承継者は、法要時のお布施の費用も負担する義務を担います。

お布施は感謝の気持ちが前提のものなので、決まった金額ではなく、出せる範囲で金額を決定します。
なので、あくまで目安となりますが、1周忌などの法要でかかるお布施の金額で3万円から10万円程度かかると言われています。

ちなみに、お通夜やお葬式では15万円から50万円、月命日などで5千円から1万円程度かかるようです。

墓地・霊園の相続後の名義人変更方法

お金

ここでは、墓地・霊園の相続後の名義人変更方法や名義変更する際に必要な書類について解説をします。

墓地管理者に名義変更を申請する

承継することが決定したら、墓地・霊園の管理者に名義変更の申請を行います。
旧名義人の死亡届を役所に提出しても、お墓の名義変更とは全く別のものなので、忘れずに名義変更の手続きを行いましょう。

名義変更手数料は、墓地・霊園や申請する内容によって異なりますが、基本的な手続きの場合は1,500円から5,000円程度です。
また、追加の手続きがあれば、1万円程度かかることもあります。

寺院墓地の場合は、檀家としての立場も同時に継ぐこととなるので、名義変更手数料以外にお布施も必要となるようです。

必要な書類を管理者に提出する

墓地・霊園によって名義変更を申請する為に必要な書類が異なりますので、事前にお墓の管理者に問い合わせすると安心です。
確認後に必要な書類を管理者に提出しましょう。

一般的に必要とされる書類は、下記のようなものがあります。
なお下記の書類以外に、管理費の支払い手続きの為に銀行口座振替用紙の申請書が必要となる場合もあります。

名義変更届

名義変更届の様式は、墓地・霊園によって異なりますので、お墓の管理事務所に問い合わせをしましょう。

また、お墓のある墓地・霊園にホームページなどがあれば、名義変更届をダウンロードすることができる場合もあります。
また書類には、新名義人の実印が必要となります。

戸籍謄本

旧名義人の死亡を確認できる戸籍謄本と、新名義人の本籍地が記載されている戸籍謄本と住民票を準備します。

印鑑証明

名義変更届で使用する、新名義人の実印の印鑑証明が必要です。
印鑑証明は発行から3ヵ月以内のものを準備しましょう。

遺言書(必要な場合)

旧名義人が遺言書に承継者を明記している場合には、遺言書が必要となります。

墓地・霊園の相続についてまとめ

お墓

今回は、墓地・霊園の相続に関する様々な疑問について解説してきました。
その結果、

  • 墓地・霊園を相続することを「承継」といい、承継者は必ずしも家族や親族でなくても良い。
  • 承継順位は「墓地・霊園の名義人だった人から、承継を委ねられた(指定された)人」「地方や家の慣習に従い承継者を決定する」「家庭裁判所に調停や審判の申し立てを行う」
  • 必ずしも長男が承継しなくても良い。
  • 承継者が決まらず、万が一揉め事に発展した場合には、家庭裁判所に調停や審判の申し立てを行い承継者を決定する。
  • 財産相続を放棄しても、承継することができる。
  • 生前に承継することはできない。
  • 承継者がいない場合には「永代供養墓」を利用する人が増えている。
  • 祭祀財産には税金はかからない。
  • 承継した人が支払う費用として、管理費や法要にかかる費用などがある。
  • 墓地・霊園の名義人変更に必要な書類は「名義変更届」「戸籍謄本」「印鑑証明」場合により「遺言書」がある。

などが分かりました。
大切なお墓を維持・管理していく為にも、お墓の相続はとても重要なことだと思います。

近年では、子供や身内に迷惑をかけないように永代供養墓を利用する人が増えているという話をしましたが、残されるご遺族の方が困ることのないよう、墓地・霊園の相続について日頃から話し合いをすることも立派な終活の一つなのではないでしょうか。

こういった終活を通して、いざという時に自分自身の意思や気持ちを遺族にきちんと届けることができれば、とても素敵なことですね。

今回終活ねっとでは、「墓地・霊園の相続」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓地・霊園・相続」に関連する記事

「墓地・霊園・相続」についてさらに知りたい方へ

  • お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

    お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

    お墓の相続はどうしたらよいのでしょうか。 お墓の相続については、手続きや内容が複雑でどこからどのように手をつけたらよいのかと、悩まれる方も多いと思います。 お墓の相続について、お墓の相続権は誰にあるのか、手続き・費用から相続放棄までの全てを分かりやすく解説します。

  • お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

    お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

    都市部への人口集中などで古いお墓の管理が難しくなっている近年、お墓を相続する際の注意点や相続の方法、さらにお墓を相続しないという選択について解説します。

  • お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

    多くの方にとって、お墓とはご先祖様の眠る場であり、ご先祖様を祀る場であると考えられています。しかし、その一方でお墓そのものが財産でもあります。はたして財産としてのお墓はどのような性格を持っており、それをうまく引き継いでいくにはどうすればよいのでしょうか?

  • お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?のサムネイル画像

    お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?

    お墓の名義について考えたことはありますか?先祖代々受け継がれてきたお墓や自分の代で建てるお墓。お墓にもいろいろありますが、その名義はいったいどうなっているのでしょうか?そしてその名義はどのような手続きを経て引き継がれていくのでしょうか?

  • お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?のサムネイル画像

    お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?

    お墓を継承することになったけれど費用はどれくらいかかるのか、よく分からないと心配ですね。当面必要な費用や先々必要になる費用はどんなものがあるか、意外と分からない方も多いと思います。お墓を継承する際に必要な費用の内容やどのくらいかかるのか手続きも含め解説します。

  • お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

    お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

    お墓の継承とはどういうことでしょうか。 誰が引き継ぐべきものか、手続きや費用・税金がどうなるか、などよく分からず、自分がお墓を引き継いでよいものかと、悩まれる方も多いと思います。 そこでこの終活ねっとでは、お墓の継承者や手続き・費用・税金などについて、解説します。

  • お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!のサムネイル画像

    お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!

    お墓を保有している場合、遺産相続する際にどんな問題が発生するのかをご存知でしょうか? 誰がお墓を相続するのか?遺産相続する際の手続きはどうすればいいのか?相続放棄をした場合にお墓は引き継ぐことが可能なのか?など、今回は相続に関する疑問をご紹介していきます。

  • 兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

    兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説します

    お墓のことは意外と分からないものです。 お墓は普通子供が引き継ぎますが、子供がいないときなどはどうすべきなのでしょうか。 故人の兄弟が引き継ぐことが考えられますが、規則や費用面などの問題はないのか心配ですね。 兄弟間でお墓の承継を考える場合の問題について解説します。

  • お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説のサムネイル画像

    お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説

    お墓も代替わりがあります。お墓を承継するときに、本当は誰が承継すると良いのでしょうか。そのときの名義変更はいくらかかるのでしょうか。名義変更するときに慌てないように費用相場や手続きについて知っておきましょう。今回はお墓の名義変更費用や手続きについて説明します。

  • 墓地・霊園の名義変更の流れや費用について解説しますのサムネイル画像

    墓地・霊園の名義変更の流れや費用について解説します

    高齢化が進む現在では、今までのようなお墓の維持管理は難しくなったという話を耳にします。墓地・霊園では契約した本人からお墓の承継者に名義変更をすることが可能です。今回は墓地・霊園の名義変更について、手続きの流れと費用を詳しく見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓地・霊園・相続」についてさらに知りたい方へ

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?のサムネイル画像

お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?

お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?のサムネイル画像

お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!のサムネイル画像

お墓の継承とは?相続手続きの費用や税金、継承者まで徹底解説!

お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!のサムネイル画像

お墓を遺産相続するのは誰?手続きや決まりごとについてもご紹介!

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

兄弟間で意外と大変なお墓の問題についてわかりやすく解説します

お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説のサムネイル画像

お墓の名義変更っていくらかかるの?費用相場や手続きについて解説

墓地・霊園の名義変更の流れや費用について解説しますのサムネイル画像

墓地・霊園の名義変更の流れや費用について解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓地・霊園・相続」についてさらに知りたい方へ

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説しますのサムネイル画像

お墓の相続権は誰になる?手続き・費用から相続放棄まで解説します

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なことのサムネイル画像

お墓の相続をする前に知っておきたい大切なこと

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?のサムネイル画像

お墓の名義はどうなっているの?誰でも名義人になれる?手続きは?

お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?のサムネイル画像

お墓を継承するときにかかる費用はどれくらい?何が必要なの?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと