墓地・霊園から墓石を撤去する場合の手順や費用を解説します!

何らかの事情があって墓地・霊園からの墓石の撤去を検討している方も多いのではないでしょうか?墓石の撤去と聞くと手続きや費用、段取りなどいろいろとこなさなければいけないことが多く複雑そうです。今回は墓地・霊園からの墓石の撤去に必要なことを簡潔に見ていきます。

目次

  1. 墓地・霊園からの墓石撤去について
  2. 墓地・霊園から墓石を撤去するパターン
  3. 墓地・霊園から墓石を撤去して改葬する手順
  4. 管理できなくなった墓石を撤去する方法
  5. 墓地・霊園からの墓石撤去にかかる費用
  6. 墓石の撤去の際に起こりうるトラブル
  7. 墓地・霊園からの墓石撤去についてまとめ

墓地・霊園からの墓石撤去について

お墓

墓地・霊園に建っているお墓ですが、今までであれば多くの場合、一度建てればその後は子孫代々きちんと管理されて、そのまま長いこと同じ場所に存在するものとみなされてきました。
また、お墓を守るのも基本的にその家の長男で、その長男の家系が続く限りはお墓への供養なども途切れることがないと考えられてきました。

しかし、現代ではその常識とされてきたことに大きな変化が押し寄せてきています。
少子高齢化や核家族化が進み、そのうえ若年層を中心に人口が減っているため、先祖代々のお墓の面倒を将来にわたってみることができないという家庭が増えてきているのです。

その過程で、以前から墓地・霊園にあるお墓を閉じて、墓石を撤去しようというところも少なくありません。
いわば、何らかの事情でお墓を撤去するというパターンが増えてきているのです。

そして、本格的な人口減少社会に入った現代の日本ではこれから先もなおのこと墓石を撤去するパターンが増えることは間違いなく、だからこそお墓を墓地・霊園から撤去することについての知識を知っておくことがより重要になってきます。

そこで今回は、墓地・霊園から墓石を撤去するうえで必要な手続きや費用などについてみていきます。
なお、今回の記事では以下のポイントを軸に見ていきます。

  • 墓地・霊園から墓石を撤去するパターンとは?
  • 墓地・霊園から墓石を撤去して改葬するための手順とは?
  • 管理できなくなった墓石を撤去するための方法とは?
  • 墓地・霊園から墓石を撤去するための費用はどのくらいか?
  • 墓石の撤去の際に起こりうるトラブルとは?

終活を考える際には是非とも参考にしてみてはいかがでしょうか。

墓地・霊園から墓石を撤去するパターン

お墓

最初に、墓石を墓地・霊園から撤去する際によくみられるパターンについてみておきましょう。

大きく分けると、お墓を改葬する場合と管理者側がやむなくお墓を撤去する場合とに分けられます。

お墓を改葬する場合

お墓を改葬するというパターンは、お墓の撤去の動機としては最も多くみられるパターンです。
改葬が動機という場合も、大きく分けて新しい墓地・霊園にお墓を移す場合と、墓石を処分する場合に分けられます。
ここではその二つについて見ていきましょう。

墓石を新しい墓地・霊園に持っていく場合

地元ではお墓の面倒を見てくれる人がおらず、別の場所に親族が住んでいるから、墓石をそちらに移したいという場合などで見られるパターンです。

こうすることで、たとえ息子夫婦あるいは娘夫婦が遠く離れていても、将来的にお墓を継がせることができ、お墓関係の心配をなくすことができます。

墓石は処分する場合

こちらも終活の中でよくあるパターンですが、墓石を処分する場合も少なくありません。
お墓の跡継ぎが将来的にいないという場合、納骨してある遺骨の永代供養を依頼し、墓石そのものはそのまま撤去するというものです。

このようにすれば、永代供養の管理費だけを支払うだけで済むうえ、遺骨の供養や管理のほうも永代供養先が引き受けてくれるので、このようなパターンが増えてきています。

管理できなくなった墓石を処分する場合

跡継ぎだけでなく故人の縁故者すらいなくて、お墓の管理できる人がいないために墓地・霊園の管理者のほうで撤去するというパターンも少なくありません。

この場合は、管理者側が法律に基づいて官報や立札を通じて縁故者に申し出るよう依頼しますが、それでも見つからない場合は、お墓自体を撤去し、中に納められていた遺骨を合祀することになります。

また、将来的にお墓の面倒を見ることのできない家庭の場合も、お墓の撤去に向けて墓地・霊園の管理者とよく話し合って、段取りを決めていきます。
一方で石材店にも撤去工事に向けて見積もりを出してもらうとともに、実際の工事を依頼します。

そのあとは閉眼供養を経て、カロートから遺骨を取り出し、墓石を撤去してもらったうえで、敷地を管理者に返還します。
なお、遺骨は供養の方法に応じた取扱いをします。

墓地・霊園から墓石を撤去して改葬する手順

お墓

墓地・霊園にあるお墓の撤去でよくみられるパターンを簡単に見ていただいたところで、今度は墓石の撤去から改葬に至るまでの手順についてみていきましょう。

受入証明書の発行

お墓の改葬にはまず、移転先の墓地・霊園の受入証明書を発行してもらう必要があります。
申請用紙は移転先の墓地・霊園にあるため、そこで必要事項を記入・捺印のうえ、申請すれば発行してもらえます。

埋葬証明書の発行

次に、現時点でお墓がある墓地・霊園の管理者から埋葬証明書を発行してもらいます。
こちらも、必要事項を記入したうえで、最後に墓地・霊園の管理者の署名と捺印をもらえば発行となります。
なお、こちらについては指定の書式は特にありません。

改葬許可証の準備

受入証明書と埋葬証明書を発行してもらったら、今度は市区町村役所に出向いて改葬許可証の申請を行います。

申請に必要なのは、受入証明書と埋葬証明書、そして役所で入手できる改葬許可申請書です。
改葬許可申請書のほうも必要事項を記入・捺印したうえで、ほか2種類の書類とともに担当窓口に提出します。
改葬許可証は申請後、数日ほどで発行されます。

なお、担当窓口は市区町村により異なりますので、事前の確認は欠かせません。

閉眼供養

改葬許可証が発行されたら、いよいよお墓の撤去の段階に入ります。
その前に必要なのが、お墓の閉眼供養です。

閉眼供養とは、お墓に眠る故人の魂を抜き、お墓としての役割を終わらせるための儀式のことです。
そのための準備とは、具体的には閉眼供養で読経を行う僧侶への依頼を指します。

日時や場所はもちろんのこと、依頼の相手が改葬元の墓地・霊園を管理する寺院の住職であれば、この段階になるまでに改葬する旨やそれに至った事情をきちんと説明し、今後の段取りも合わせて相談しておくようにしましょう。

墓石の撤去・移動

閉眼供養が終われば、墓石の撤去と移動です。
このことについても事前に石材店や墓石の運送業者に依頼しておく必要があります。
撤去や移動の日時や費用の相談などが主な打ち合わせ事項となります。

特に、石材店に対しては、墓石の撤去というのはあまり引き受けたくないことであるため、こちらについてもなるべく早い段階で墓石の撤去をする旨とそれを決断するに至った事情をきちんと説明し了解を取ることが大切です。

改葬許可証の提出

新しい移転先の墓地・霊園に着いたら、そこの管理者に改葬許可証を提出します。
これによって、移転先の墓地・霊園で新たにお墓を立てたり、故人の遺骨を納骨したりすることが可能になるのです。

開眼供養

移転先の墓地・霊園に移動させてきたお墓が建ったら、あらためて開眼供養を行うことで、故人の霊をお迎えしてお墓として機能するようにします。

開眼供養を行う僧侶についてですが、移転前の閉眼供養を行う僧侶と違う宗派である場合は、事前に相談しておくことが大切になります。
開眼供養や閉眼供養で読経で用いられるお経や供養そのものの形式などが宗派により異なるためです。

なお、開眼供養が終わったら、新しいお墓のカロートに遺骨を納骨します。

管理できなくなった墓石を撤去する方法

お墓

昨今の社会情勢の変化によって、将来的に考えてお墓の跡継ぎとなる人がいないという状態、つまり将来的にお墓の管理ができる見込みがなくなるという家庭が増えてきています。
また、自宅からお墓が遠すぎて、お墓参りにほとんどいけないというケースも少なくありません。

この場合、管理できないお墓について終活の一環として生きている間にお墓を撤去する、あるいは故人の死後、さまざまな理由で管理ができなくなってお墓を撤去するということが発生します。

このようなケースではどのようにお墓を撤去していけばよいのでしょうか?

寺社・霊園との話し合い

このような場合でもお墓の撤去については、そのお墓を管理している寺社や霊園との話し合いが欠かせません。

撤去するに至った事情や経緯を話して、お墓の撤去に関する了解を得たうえで撤去に向けた段取りを相談していくことになります。

ただし、お墓の撤去の話は寺社や霊園にとっては、いわばお得意先が1つなくなることに等しいため、相談する際には先方の心情をよく汲み取りつつ、納得してもらうことが重要です。

石材店に見積もりを取る

管理しきれなくなったお墓の撤去については、石材店にもきちんと相談して見積もりを取るようにしましょう。

最初に相談する石材店となると、やはりお墓を建てる際にお世話になった石材店ということになる場合が多いですが、石材店にとってもお墓の撤去という話はあまり引き受けたくない話です。
場合によっては、撤去ということで高い料金を吹っ掛けられてトラブルになることもあります。

このため、その石材店に相談がしにくいのであれば、複数の石材店に相談して見積もりを取り、最も妥当な金額を提示したところに依頼するのが賢明といえます。

閉眼供養

管理しきれなくなったお墓の撤去についても閉眼供養が不可欠です。
この儀式なしには、お墓は本来の役割を終えることができず、撤去作業に取り掛かることもできません。

管理しきれなくなったお墓についても閉眼供養については、お世話になっている寺院の住職や、霊園で契約している寺院の僧侶に相談することになります。
その際に閉眼供養の日時や場所、お布施などについて綿密に相談するようにしましょう。

ご遺骨の取り出し

閉眼供養が終わったら、カロートの中に納めてある故人の遺骨を取り出します。

とはいえ、遺骨の取り出しは遺族の手で行われる場合と、墓石の撤去を実際に担当する業者のほうで行う場合とがあります。

そして、遺骨が長い間お墓の中に納骨してあった場合は、湿気などの影響で湿った状態であったり、遺骨に汚れがついていたりすることが少なくありません。
このような状態にある場合は、専門の業者にクリーニングを依頼することになります。

最終的には遺骨は改葬の場合であれば、新しいお墓の移転先に納骨することになりますが、管理しきれないという理由でお墓を撤去する場合は、永代供養墓への納骨や散骨、あるいは自宅での手元供養など予定されている供養の方法によって取扱いの方法が変わってきます。

墓石の撤去・墓地区画の整理

墓石そのものの撤去や墓地区画の整理は、閉眼供養や遺骨の取出しが完了した時点で行われます。
石材店との打ち合わせの内容によって、閉眼供養が終わったその日に行われることもあれば、別の日に改めて行われることもあります。

なお、区画の整理まで終わった段階で、かつてお墓の建っていた場所はその墓地・霊園の管理者のもとに返還されます。

墓地・霊園からの墓石撤去にかかる費用

お金

それまでのお墓を撤去するとなると、もちろん先立つもの、つまりお金が必要です。
ここでは、お墓の撤去に必要な費用についていろいろとみていきます。

お寺・霊園に支払う費用

お墓を撤去する場合はお寺や霊園にもお金を払う必要が出てきます。
どの墓地・霊園でもお墓を撤去するのであれば、閉眼供養の際のお布施は必ず支払う必要が出てきます。

加えて、お墓が建っているのが寺院墓地である場合は、檀家をやめるための離壇料が必要です。

閉眼供養のお布施

閉眼供養では、僧侶の方に来てもらって読経などを行い、そのお墓に宿っている魂を抜いてもらうため、僧侶の方に手渡すお布施が必要となってきます。

そのお布施の相場ですが、一般的には1万円から5万円の間とされており、その範囲の中でどのくらい支払うかは、閉眼供養を依頼する側の気持ち次第ということになります。

閉眼供養を行ううえで、僧侶の方に遠いところから足を運んでもらう場合は、お布施のほかに御車代(つまり交通費)を手渡すことが大切です。
御車代の相場は、5000円から1万円が一般的な相場です。

なお、お布施と御車代は一緒に手渡すのがマナーです。

離檀料

撤去するお墓が寺院の管理する墓地にある場合は、離壇料も必要となってきます。
離壇料とは、いわばその寺院のスポンサーである檀家をやめるために支払う費用のことです。

ただし、寺院側としてはなるべく檀家をやめないでほしいというのが本音です。
このため、お墓の撤去の話し合いの状況によっては、寺院の住職が不快な思いをして法外な離壇料を請求するというトラブルになる場合もあります。
だからこそ、離壇料の相場を知っておくことも重要なことといえるのです。

一般的にはその寺院で行われる法要1回分の額が相場です。
具体的な数字として、3万円から15万円、多く見積もっても20万円といったところです。

ただ、このような一般的な相場はあっても、やはりお墓の撤去にあたっては寺院側とは穏便に交渉を進めていくことが大切といえます。

石材店に支払う費用

お墓の解体工事や撤去、更地にするための工事を実際に請け負う石材店にはいったいどのくらいのお金を支払えばよいのでしょうか?

一般的な相場としては1㎡あたり10万円から15万円程度とされていますが、もちろんのこと石材店によってその額は多少変わってきます。

このため先ほどもふれたように、お墓関係で日ごろお世話になっている石材店だけでなく、複数の石材店にあたって見積もりを出してもらい、それを検討したうえで、最終的に撤去を依頼する石材店を決めることが重要です。

撤去に必要な書類などの手数料

お墓の撤去にはさまざまな手続きが必要となってきます。
中には、市区町村役所といった行政担当者への届け出が必要な場合も含まれており、その過程で手数料が発生することも少なくありません。

ただでさえ、お墓の撤去にはそれを管理している墓地・霊園の管理者や閉眼供養を行う寺院、そして実際に撤去を請け負う業者との打ち合わせが必要なのに、手続きにまで手が回らないという方は行政書士などの専門家に依頼することになります。

専門家に依頼する場合は、手続きの内容にもよりますが、おおむね10万円から30万円ほどの費用が必要です。

なお、改葬許可証の発行申請は一通につき300円の手数料が発生します。

墓石の撤去の際に起こりうるトラブル

困った人々

お墓を撤去するとなると、できれば円満に行われるのが理想的ですが、中には予想もしていないトラブルに巻き込まれることもあります。

ここでは、お墓の撤去にまつわるありがちなトラブルについてみていきます。

親族間で意思疎通が取れていない

お墓を撤去には、そこに納骨されている故人の親族にも関係のあることです。
しかし、親族の中には何らかの事情があって、普段からなかなか意思疎通が取れていない場合も少なくありません。

そういう事情の中で意思疎通が取れていない親族に何の相談もなくお墓の撤去を決めた場合、親族との間でトラブルになることも少なくありません。

このため、お墓の撤去については、事前に親族の間でよく話し合っておくことが大切といえます。
特に、撤去に必要な手続きや依頼はだれが行うかや、撤去にかかる費用はだれが負担するかは重要な項目です。

高額な離檀料を請求される

寺院墓地にあるお墓の撤去は檀家をやめることと同じです。
当然ながら、その旨をお墓を管理する寺院に相談することになりますが、その過程で寺院側を怒らせて法外な離壇料を請求される場合もあります。

本来であれば10万円から20万円が相場であるのに、数百万円や1千万円以上の額を請求されてトラブルになったという場合もあります。

このようなことにならないように、寺院墓地のお墓を撤去する場合は寺院側の心情をよく汲んだうえで、誠実な対応をすることが大切です。
特に、これまでお墓や供養の件でお世話になったことについては、厚い感謝の意思を示すようにしましょう。

悪質な石材店に当たる

お墓の撤去は石材店についてもあまり請け負いたくない仕事です。
中には、悪質な石材店も存在し、お墓の撤去については、最後の付き合いということにかこつけて高額な撤去費用を請求するところもあります。

このため、複数の石材店から見積もりを取っておくことで、悪質な石材店のやり口を見抜くこともできますし、法外な費用の支払いを未然に防ぐこともできます。

墓地・霊園からの墓石撤去についてまとめ

お墓

墓地・霊園にあるお墓の撤去の方法や流れ、費用などについていろいろとみてきましたが、いかがでしたか?
今回の記事の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 墓地・霊園からお墓を撤去するうえでよくあるパターンとして、古くなったお墓から新しいお墓に移すなどといった改葬を行う場合や、故人の縁故者すらいなくて管理できなくなったお墓を処分する場合が挙げられる。
  • 墓地・霊園から墓石を撤去して改葬する場合の手順として、まず必要書類をそろえて改葬許可証を発行してもらう。そして、寺院に依頼して閉眼供養の段取りを行い、石材店にも実際の撤去工事を依頼する。閉眼供養ののちに古いお墓の撤去がされたら、受入先の墓地・霊園の新しいお墓で開眼供養を行い、そこに改めて遺骨を納骨する。
  • 管理しきれなくなったお墓の撤去についても、墓地・霊園の管理者とよく話し合ったうえで準備を進め、石材店から見積もりを取って最終的に撤去を依頼する業者を決める。そして閉眼供養を行った後に遺骨を取り出し、お墓の撤去後に敷地を管理者に返す。
  • お墓の撤去にかかる費用は、閉眼供養のためのお布施や離壇料といった寺院に支払う費用や実際に撤去工事を請け負う石材店に支払う費用、そしてお墓の撤去にかかわる手続きの費用がある。閉眼供養のお布施の相場は1万円から5万円、離壇料は10万円から20万円、撤去工事の費用は1㎡あたり10万円から15万円、手続きを専門家に依頼する場合は10万円から30万円が相場である。
  • お墓の撤去にまつわるトラブルとして、親族間での意思疎通不足によるトラブルや、高額な離壇料の請求、さらに悪質な石材店の存在が挙げられる。いずれも事前によく話し合うことや複数の石材店から見積もりを取ることがトラブル回避の手段となる。

お墓の撤去は今日のようにお墓の跡継ぎが不足するという家庭が増えてきている状況では、決して他人ごとではなく、これから先現在よりも人口減少が予想される状態ではなおさら知らないでは済まされなくなります。

いざというときにお墓の撤去に向き合えるように、今からでもよく話し合い、またよく情報を集めておくことが大切です。

今回終活ねっとでは、「霊園・墓地のお墓の撤去」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので参考にして見てはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「墓地・霊園・撤去」に関連する記事

「墓地・霊園・撤去」についてさらに知りたい方へ

  • お墓を撤去するには?かかる費用や気をつけるべき注意点を解説!のサムネイル画像

    お墓を撤去するには?かかる費用や気をつけるべき注意点を解説!

    近年お墓を撤去する人が増えていますが、お墓の撤去をするにはどういったことに気を付けるのか、またどのくらいの費用がかかるのかということは気になる点です。 そこで今回はお墓の撤去に必要な確認事項や撤去の流れ、費用、トラブルなどをご紹介します。

  • 墓地・霊園での墓石の撤去費用について内訳・相場を解説しますのサムネイル画像

    墓地・霊園での墓石の撤去費用について内訳・相場を解説します

    少子化の昨今、墓石の撤去なんて選択肢も聞かれるようになってきました。 墓地・霊園でどんな手続をすればいいのか、いったいどれくらい費用がかかるのか、など、墓地・霊園での墓石の撤去費用について、わかりやすくまとめてみました。

  • お墓を撤去するのに必要な費用について流れと一緒にまとめました!のサムネイル画像

    お墓を撤去するのに必要な費用について流れと一緒にまとめました!

    墓じまいでお墓を撤去することは大切な終活の一つですが、ある程度の費用の目安があると安心して取り組むことが出来ます。お墓を撤去する時には一体どの位の費用が掛かるものなのでしょうか。作業の行程を交えながら一つ一つみていきましょう。

  • 古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

    古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

    建てたばかりのころはとてもきれいだったお墓も年月が経つとそれだけ古いものになります。もし、年月が経って管理する人がいないということになった場合、いったいどのようにすればよいのでしょうか。今回は古いお墓をいかにして処分するかについて見ていきましょう。

  • お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

    お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

    先祖代々受け継いで来たお墓でも、引き継ぐ人が無ければお墓を整理して墓じまいをしなければなりません。 お墓を整理する際には様々な費用が生じますが、いったいどのような費用が必要になるのでしょうか。 今回は墓じまいにかかる費用にいてお話しします。

  • 墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説しますのサムネイル画像

    墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説します

    何かしらの理由で墓地・霊園からお墓を移す必要がある場合、様々な手続きや手順を踏まなければなりません。 お墓の引っ越しなど普段の生活では馴染みの無いことなので一般人にはなかなか分かりません。 今回は墓地・霊園からお墓を移す際に必要な手続きや費用を詳しく解説します。

  • 永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

    永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

    お墓の承継問題や経済的事情で墓じまいをして永代供養に改葬しようと考えたとき何をすればいいか知っていますか?墓石の撤去費用や方法って複雑ですよね。今回は永代供養に改葬するときの墓石撤去費用など抑えておきたいポイントを解説します。ぜひ最後までお読みください!

  • 墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

    墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

    墓石の撤去といわれても何をすればいいのか分からないと思います。いざそのときになってみると焦ってしまうかもしれません。また、費用もどのくらいかわかりませんよね?ここでは、そんな墓石の撤去の手順と費用について解説します。

  • 墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

    墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

    終活をはじめる時、お墓の行く末も不安の種だと思います。最近では墓じまいをする家も増えてきました。ここでは、墓じまいの方法や手順、墓じまい後の遺骨の供養方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

  • 墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめましたのサムネイル画像

    墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめました

    やむを得ず今のお墓を移転したり閉じなければならない時は、墓じまいをしてその区画は更地にして墓地や霊園の管理者に返却します。 墓じまいは身近な出来事ではないのでこれらの費用は良く分からないもの。 今回はお墓を更地にした時の費用に関して説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「墓地・霊園・撤去」についてさらに知りたい方へ

お墓を撤去するには?かかる費用や気をつけるべき注意点を解説!のサムネイル画像

お墓を撤去するには?かかる費用や気をつけるべき注意点を解説!

墓地・霊園での墓石の撤去費用について内訳・相場を解説しますのサムネイル画像

墓地・霊園での墓石の撤去費用について内訳・相場を解説します

お墓を撤去するのに必要な費用について流れと一緒にまとめました!のサムネイル画像

お墓を撤去するのに必要な費用について流れと一緒にまとめました!

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介のサムネイル画像

お墓を整理して墓じまい・改葬する時にかかる費用をご紹介

墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説しますのサムネイル画像

墓地・霊園を移す方法や必要な費用について解説します

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめましたのサムネイル画像

墓じまい・改葬時にお墓を更地にする費用についてまとめました

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと