お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!

お墓に入れる文字は、デザインや彫り方に決まりはあるのでしょうか?費用がどのくらいかかるのかも気になりますよね?また、お墓の文字部分は自分で掃除をしたり、ペンキの塗り直しはできるのか、お墓の文字の気になることを徹底的に解説します。

目次

  1. お墓の文字について
  2. お墓にはどのような文字を入れるのか
  3. お墓の文字を入れるのにかかる費用の内訳
  4. お墓に彫る文字・イラストの彫刻方法の種類
  5. お墓の文字のペンキを塗り直す方法
  6. お墓の文字の部分を掃除する方法
  7. お墓の文字についてまとめ

お墓の文字について

お墓

お墓に好きな言葉を入れる際に決まりはあるのでしょうか?

これからお墓を建てる人や先祖代々のご遺骨を新しいお墓に移転する際に、お墓の正面に入れる文字を「家名」や「題目」以外のものしたいと考えている人もいるはずです。

今回終活ねっとでは、お墓に入れる文字について考えていきたいと思います。

  • お墓に入れる文字の種類
  • 文字の入れる場所
  • 文字の色やデザインは自由に決められるのか?
  • お墓に文字の彫刻の種類
  • お墓に文字を入れる際にかかる費用

お墓の文字について気になること以外に、お墓の文字の塗り直しや掃除の仕方についてもまとめていきますので、お墓の文字を決める際の参考にしてくださいね。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓の建立を検討されている方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お墓を建てるにあたって、霊園を探したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

お墓にはどのような文字を入れるのか

お墓

お墓に入れる文字といえば「家名」や「題目」を思い浮かべますが、お墓の形も様変わりして、故人やお墓を建てた人の「好きな言葉」や「好きな文字」を入れることも増えています。

宗教や宗派によっては「戒名」や「没年月日」「享年」「お墓を建てた日付」も入れなければなりません。

まずは、お墓にどのような文字をいれるのか、文字を入れる位置に決まりはあるのか、また、文字は自分で決めてよいのかということを解説していきますね。

お墓のどこに文字を彫るのか

お墓の文字というと、墓石の正面に入る「家名」や「題目」を思い浮かべますが、このほかに戒名もしくは俗名、お墓を建てた日付も入ります。
お墓を建てる際には、お墓のどの部分に文字を入れるか理解しておいた方が、石材店での話もスムーズに進みます。
ここでは、お墓の彫刻に関して、「竿石の正面」「竿石の側面」「墓誌」のそれぞれに入る文字について説明します。

竿石の正面

竿石の正面には「○○家之墓」というように家名を入れたり、「南無阿弥陀仏」や「南無妙法蓮華経」のような題目を入れることが多いのです。
しかし最近では、好きな文字や好きな言葉を入れる人もいます。

竿石の側面

竿石の側面は戒名や俗名、お墓を建てた人の名前を入れる部分です。
竿石の側面の右側には、戒名や俗名、命日、享年、竿石の側面の左側にはお墓を建てた日と建てた人の名前が入ります。
竿石には左右で言葉を入れる位置に決まりがあるので注意しましょう。

墓誌

墓誌は戒名や俗名、命日、享年を入れるものですが、設置はしなくてもよいものです。
ただし、お墓の引っ越しをしたり、建て替えしたときには、先祖代々の戒名を残すために設置することもあります。

自分でお墓に入れる文字を決められるのか

お墓に入れる文字については、戒名や没年月日、享年以外の文字については、「家名」や「題目」に限らず、自分の好きな言葉を入れることができます。

漢字、ひらがな、カタカナの他にアルファベットも入れられるので、自分や故人が好きな言葉や家族や親戚、友人といったお墓参りをする人へのメッセージになるような言葉をお墓に彫る人もいるでしょう。

ここでは和型墓、洋型墓、デザイン墓それぞれのお墓にどのような文字を入れるのか、説明していきます。

和型墓の場合

和型墓は日本で一番普及しているお墓の形で、宗派によって文字の入れ方が異なります

  • 禅宗(曹洞宗・臨済宗・黄檗宗)は、家名の前に「円相」という丸い円形のマークが入ります。題目として「南無釈迦牟尼仏」とお墓に入れることもあります。
  • 天台宗は、題目「南無阿弥陀仏」と入れる場合と家名の上に梵字を入れる場合があります。梵字は天台宗叡山派と他の宗派で違い、叡山派は大日如来を表す「ア」他の宗派は阿弥陀如来を「キリーク」という梵字をいれます。
  • 真言宗は、題目は創始者である空海のお大師様が入った「南無大師遍照金剛」と入れます。梵字は阿弥陀如来の「キリーク」が入り、この場合家名は「○○家先祖代々」入れます。
  • 浄土宗は、題目は「南無阿弥陀仏」、梵字は阿弥陀如来の「キリーク」が入ります。梵字が入る場合家名は「○○家先祖代々」となります。
  • 浄土真宗は密教系で唯一梵字をいれません。「南無阿弥陀仏」や阿弥陀経にある「俱会一処」と入れることがあります。
  • 日蓮宗は「南無妙法蓮華経」もしくは家名の最後に「妙法」という、日蓮宗の「法蓮華経」の正しい教えという意味の言葉を入れます。

和型墓の場合、題目もしくは家名のどちらかが多く、最近はで、円相やサンスクリット語である梵字が墓石に入ることは少なくなっています。
天台宗や真言宗では幼い子供が亡くなった場合には、地蔵菩薩を表す「クシティガルバ」という梵字をいれます。

洋型墓の場合

背が高い和型墓に対して、洋型墓は横に広いタイプなので背は高くありません。
洋型墓は最近増えているお墓のタイプで、家名をいれるだけでなく、メッセージ性がある言葉を入れる人もいます。

また、漢字やひらがなだけでなく、英語で文章を入れる人も少なくありません。

デザイン墓の場合

デザイン墓の場合は、漢字やひらがな、英語が使われ、好きな言葉を入れることが多いのが特徴です。

お墓のデザインに合わせた言葉を入れることも多く、故人やお墓を建てた人の個性が出やすいともいえます。

家名を入れることもありますが、洋型墓と同様に家名を小さく入れたり、家名というよりは家族全員の名前を入れることも珍しくありません。

キリスト教徒の場合、割とお墓のデザインは自由に決められるので、好きな形で作り聖書の中の言葉や故人の名前、生没年を英語で入れることもあるようです。

お墓に入れる文字に関する決まり

ここまでの説明でお墓の種類によって入れる文字や文字を入れる位置はわかったと思います。
しかしお墓の文字を入れる際には、どんな言葉を入れるかとか、書体や文字の色、文字のデザインについても決めていかなければなりません。

お墓に文字を入れる場合、言葉や書体、文字の色やデザインについて決まりはあるでしょうか?
ここでは、一般的によく使われる言葉や書体、お墓の文字の色や文字に使用するデザインなど、お墓に入れる文字に関する決まりについて解説していきます。

言葉

言葉について決まりはありませんが、1文字なら故人の冥福を祈る「偲」や「祈」を入れたり、家族の絆を感じさせる「絆」なども良く使われます。

2文字以上なら「永遠」や「永遠に」「やすらかに」という言葉や「一期一会」そして浄土真宗のお墓で使われる「俱会一処」という言葉を四字熟語で入れる人もいます。
故人やお墓を建てた人が好きな言葉や夢やロマンが感じられるような言葉が入っているお墓もあります。

新しいお墓なら英語で「Love」や「Forever」の他に「Love&Peace」のようなメッセージ性が強い言葉を入れる人もいるようです。

このように、墓石に彫る文字に決まりはありません

書体

お墓の文字に使われる書体は「楷書体」「行書体」「隷書体」といった書道で使われる書体や「ゴシック体」や「明朝体」といった、パソコンや印刷物に使われるフォントの文字が多いようです。

和型のお墓では、「楷書体」や「行書体」「隷書体」が使われるのが一般的ですし、洋型やデザイン型のお墓では「ゴシック体」や「明朝体」が使われることもあります。

家名でも言葉でも、お墓に文字を入れる時に大事にしたいのは、文字が見やすく、わかりやすいことです。

お墓の文字に使う書体を選ぶときは、お墓参りに来た人が自分の家のお墓だということがわかるということも意識してくださいね。

文字の色

お墓の文字の色に関してですが、白や黒のペンキは塗らず、墓石そのものの色でも問題ありません。
しかし最近は、文字以外にもイラストを入れたりデザイン性が高いお墓が増えていますので、文字やデザインの部分をわかりやすくするために色を入れることもあるようです。

文字の色には地域性もあり、九州ではお墓の文字を金色にしている地域があります。
特に長崎は、江戸時代に外交が許された唯一の場所でもあり、当時オランダとともに外交が許されていた中国の影響を受けてお墓の文字を金色にしているともいわれています。
天台宗、真言宗、浄土宗といった密教系の宗教宗派では梵字の部分を金色にすることもあります。

また、竿石の側面に入れられることが多い赤色の文字は、生前にお墓を建てた場合に入れるとされていて、お墓を建てた人の名前や建てられた日付を入れます。
赤で入れる決まりはないので、文字に色を入れなくても問題はありません。

文字のデザイン

従来の和風のお墓だと、書体も決まっているのでお墓の文字のデザインについてはあまり考えないかも知れませんが、洋風のお墓やデザインタイプのお墓だと、文字を入れる位置やデザインにもこだわりたいという人もいますよね。

文字のデザインについても決まりはないので、書道家に書いてもらった文字を入れてもらったり、好きなデザインの文字を入れることができます。

文字のデザインによっては彫るのが難しかったり、文字がわかりにくいということもあるので、石材屋さんと相談しながら選んだほうがよいかも知れませんね。

お墓に彫ってはいけない文字はあるのか

お墓に彫ってはいけない文字はありませんが、お墓は継承されるものなので、残された子孫が見た時に不快な気持ちになったり、悲しい気持ちにするような言葉は避けた方がよいかもしれません。

寺院にある墓地では、宗教や宗派によってお墓に入れられる文字に制限があるかもしれません。
したがって、寺院に新しくお墓を立てるという場合は、間違いがないように寺院の関係者に入れられる文字の確認をしてから石材店にお願いした方がよいでしょう。

また、文字や文章によっては著作権に関係するものもあるので、有名アーティストの歌詞を使うのは辞めておいたほうが無難です。

お墓の文字を入れるのにかかる費用の内訳

お金

お墓の文字は正面に入る「家名」や「好きな言葉」の他に、側面や墓誌に入れる故人の名前や戒名があります。

お墓の文字入れをするためにはお墓が必要なのですが、お墓を建てるには石材店と寺院、霊園それぞれにお金がかかります。

ここでは、「石材店」と「寺院」に支払うお墓の文字を入れるのにかかる費用について解説していきます。

石材店に支払う費用

石材店に支払う費用としては主に墓石代、戒名彫刻の追加料金、石の磨き直し代、お墓の改装代がかかります。

新しくお墓を建てる場合には「墓石代」といい、工事代と彫刻代がセットになった料金を支払います。
彫刻代は、竿石の正面に入れる言葉や文字の他に、戒名や俗名、お墓を建てた人の名前を入れることが含まれています。

お墓を建てる際の費用は、寺院や霊園に払う永代使用料とは別に100万円~300万円が相場といわれていますが、墓石の種類やデザイン、墓石のみなのか、墓誌や塔婆立といった付属品も必要なのかで値段は違います。
戒名や俗名は追加して入れることもできますが、一人当たり3万円~5万円が相場といわれていますが、石の種類や石材店によって値段が変わります。

先祖代々で入っているお墓の場合は、竿石に戒名を入れるスペースがなくなるということもあります。
この場合、竿石に傷が入った場合に行う「石の磨き直し」をして竿石をきれいにし、弔い上げが終わった戒名を一つにまとめて入れ直し、新しい戒名を追加します。
そして、墓石の磨き直しを行う場合、一般的に20万円位かかるといわれています。

また、先祖代々のお墓を別の場所に移す時には、墓じまいをするときと同様に改装費を石材店に支払います。
先祖代々のお墓を建てなおすときには、先祖の戒名を残すために墓誌を建てることもあります。
お墓に文字を入れる時は、彫刻代以外の費用も同時にかかるということを知っておいてくださいね。

寺院に払う費用

寺院に支払う費用として主に、戒名料、お布施、開眼供養、閉眼供養、離壇料、永代使用料、管理費がかかります。

お墓に名前を入れるのに寺院にもお金を払わなければならないの?と思う人もいるかもしれません。しかし、寺院にお墓を建てれば、永代使用料や管理費が必要になりますし、お墓は寺院と別の場所にあっても、僧侶に死後の名前を付けてもらえば、戒名料がかかります。

新しくお墓を建てたり、お墓を移動した場合には、お墓に魂入れをする開眼供養のお金や納骨をするたびにお布施もかかります。

これまで寺院に建ててたお墓を別の場所に移動するには、魂抜きをする閉眼供養の費用や檀家を離れる際にかかる離壇料も発生します。

お墓に彫る文字・イラストの彫刻方法の種類

お墓

お墓の文字やイラストの彫刻方法もたくさんあり、同じ彫り方でも地域や石材店で呼び方が違います。

お墓の彫刻は文字やイラストのデザインによっても合う合わないがありますが、墓石に使われている石の種類や色でも向き不向きがあるので、お墓が素敵に見える彫刻方法をしたいですよね。

ここでは、お墓の彫刻方法として代表的な「通常彫り」「かすみ彫り」「線彫り」「浮かし彫り」について説明していきます。

通常彫り

通常彫りは「行書」や「隷書」のような崩した文字よりも「楷書」のように一画一画がはっきりしている文字に向いている彫り方で、文字を立体的に見せてくれます
墓石に深くしっかり彫りこむので「彫りこみ」とも呼ばれ、関西の方が文字を深く彫りこむのを好みます。
墓石にノミを使って手で彫ることもありますが、最近はサンドブラストという機械で彫ることが多くなっています。

かすみ彫り

かすみ彫りは輪郭はわかるようにしっかり彫りますが、通常彫りのように深くは彫りこまず、文字の中はサンドブラストという機械で砂を吹き付けてざらざら感を出すようにします。

また、かすみ彫りは行書のような崩した文字やイラストを美しく見せる彫り方ですが、石の色が黒っぽいほうが、サンドブラストをかけた部分がきれいに見えます。

線彫り

線彫りはお墓にイラストを入れる時に輪郭のみ彫る方法で、細く繊細な線を彫りたい時に行います。
他の彫り方のように立体感を出すよりは、線の部分を活かすように表現します。
花のイラストなどは線彫りにすることで、花びらの美しさを表現することができるでしょう。

浮かし彫り

浮かし彫りは従来のお墓では墓石の上台部分に家紋を入れる際に使っていた彫り方で、家紋が浮かぶように彫ります。
最近は文字を入れるのに使われることもあり、正面に一文字で言葉を表現する際に入れると文字が立体的に見えます。

お墓の文字のペンキを塗り直す方法

お墓

お墓の文字やデザインに色を入れている場合には、時間が経つと色を入れた部分が剥がれやすくなるので、ペンキを塗り直さなければなりません。
また、お墓参りの際の掃除では文字部分の汚れが落とせなくなったり、カビが生えたという時もペンキの塗り直しが必要です。

ここでは、ペンキの塗り直しを石材店に頼む場合と自分で直す場合のお墓の文字のペンキを塗り直す方法について簡単に説明します。

石材店に頼む場合

ペンキの塗り直しを石材店に頼む場合、費用は1万円~3万円位かかりますが、プロなのできれいに塗り直してくれます。

文字に入っているペンキを塗り直すには、元々入っていたペンキを剥がしてから新しいペンキを入れなければならないので、結構大変です。

見た目だけでなく、色持ちも石材店に頼んだものの方が良いといわれています。

自分で塗りなおす場合

ペンキを自分で塗り直す場合用意するものは、お墓の文字を塗り直すためのペンキやラッカー塗料、文字を塗る為の筆やペンキを剥がすためのブラシ、ビニールシートやマスキングテープ、仕上げに使うスクレイパーです。
道具のほとんどがホームセンターで売っていますし、ブラシやビニールシートは自宅にあるもので代用ができます。

石材店にペンキの塗り直しを頼むよりはお金はかからないので、普段からDIYをやっているという人や工作が得意な人は自分でやってもよいかもしれません。
ただ、見た目にこだわりたい、頻繁にペンキを塗り直すのは嫌という人は石材店にお願いした方がよいでしょう。

お墓の文字の部分を掃除する方法

お墓

ここでは、お墓の文字の部分を掃除する方法について解説していきます。
お墓の文字部分に関しては、使い古しの歯ブラシやつまようじを使うと掃除することができます。

お墓の正面に入っている文字部分は意外とゴミがたまりやすく、虫が入り込んだりしやすい場所です。
汚れが目立つようになってから掃除をするというよりは、お墓参りに行ったら必ず掃除をする習慣をつけるときれいな状態が保てるでしょう。

お墓の文字についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓に入れる文字について解説していきましたが、参考になりましたか?

お墓の文字については以下のように考えられます。

  • お墓に入れる文字の種類は「家名」や「題目」「好きな言葉」の他に戒名や俗名、命日や享年も含まれる
  • 文字によって入れる位置に決まりがあり、先祖代々のお墓を新しくする場合には戒名をいれやすくするために「墓誌」を建てることもある
  • お墓の正面に入れる文字は「家名」や「題目」が一般的であるが、最近は昔からある「和型墓」の他に「洋型墓」や「デザイン墓」も増えており、宗教に関係なく「好きな言葉」を入れる人も多い
  • 「言葉」や「書体」「色」「デザイン」は好きなものを選んで問題はないが、お墓参りに来た人が不快に感じるような言葉や著作権に関わる言葉は入れないようにする。宗教、宗派によっては使わないほうが良い言葉もあるので注意する
  • 文字の彫刻に関しては、文字の書体やデザイン、お墓の石の種類にあわせて選ぶようにする
  • お墓の文字に関する費用は、石材店と寺院の両方に払う。新しく建てる時は、彫刻費以外の費用もかかるので注意する
  • お墓の文字のペンキの塗り直しは自分でもできるが、石材店のほうが仕上がりはきれいで色持ちが良い
  • お墓の文字部分は汚れやすいので、お墓参りの時に必ず掃除をする。道具は自宅にあるもので揃えられる

お墓の正面に入れる文字や言葉は、お墓の印象を決めますし、戒名や俗名は誰が入っているのがわかるというだけでなく、先祖や家族を思う気持ちが込められるでしょう。

子孫にもお墓を受け継いでいくのであれば、お墓の正面に入れる文字に関しては、残された家族やこれから生まれるかもしれない子孫のことを考えてお墓に入れる「文字」や「言葉」を選んでくださいね。

今回終活ねっとでは、「お墓の文字」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので参考にして見てはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・文字」に関連する記事

「お墓・文字」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・文字」についてさらに知りたい方へ

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?のサムネイル画像

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方のサムネイル画像

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識のサムネイル画像

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?のサムネイル画像

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!のサムネイル画像

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?のサムネイル画像

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?

お墓の彫刻に対する疑問を解決します!彫刻の種類・費用などを紹介!のサムネイル画像

お墓の彫刻に対する疑問を解決します!彫刻の種類・費用などを紹介!

墓石の文字入れってどうしたらいいの?時期や費用は?のサムネイル画像

墓石の文字入れってどうしたらいいの?時期や費用は?

墓石に彫刻する【文字の例】どんなものがあるの?のサムネイル画像

墓石に彫刻する【文字の例】どんなものがあるの?

今大人気の洋型のお墓について徹底的に解説します!のサムネイル画像

今大人気の洋型のお墓について徹底的に解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・文字」についてさらに知りたい方へ

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?のサムネイル画像

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方のサムネイル画像

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識のサムネイル画像

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?のサムネイル画像

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!のサムネイル画像

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと