骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

昨今の宗教観の変化から遺骨を分骨して手元で供養される方が増えています。 さて、火葬場で分骨してもらう場合は良いのですが、お墓に埋葬した骨壷から改めて分骨して手元供養をすることは出来るでしょうか? 今回は骨壷から分骨する際の注意点についてお話します。

目次

  1. 骨壷を分骨することについて
  2. どんな人が分骨をするのか
  3. 骨壷内のご遺骨を分骨してもいいのか
  4. 分骨用の骨壷の種類・サイズについて
  5. 分骨後の供養方法
  6. ペットの遺骨も分骨できるのか
  7. 分骨と骨壷についてまとめ

骨壷を分骨することについて

お墓

皆さんは分骨という言葉を知っていますか?
日本の法律では人は死ぬと埋葬しなければならないため、ほとんどの方が火葬されてご遺骨だけとなり、そのご遺骨は骨壺に納めらられ、それぞれ法律の定めるところの墓地や納骨堂などに納め供養されます。

親族が無くなられた際、火葬場の方から「分骨されますか?」というご質問を受けたことがある方もきっと多いかと思います。

火葬場の方から分骨について聞かれるということは、それだけ分骨の需要が多いからですが、さて分骨したご遺骨はその後どう扱われるのでしょうか?
また、既に墓地や納骨堂に骨壺を納めてしまった人は改めて分骨をしてもらえるのでしょうか?

今回は終活のテーマとして、骨壺に納めてしまったご遺骨を分骨できるのかといった内容を中心に、骨壷を分骨することについてお話ししたいと思います。

  • どんな人が分骨をするのか
  • 骨壺に納められ遺骨を分骨して良いのか
  • 分骨用の骨壺にはどんなものがあるのか
  • 分骨した後はどんな供養の方法があるのか
  • ペットの遺骨は分骨出るのか

終活の一環で分骨について考えている方はぜひこの記事を参考にして見てはいかがでしょうか。

どんな人が分骨をするのか

人々

さて、一度ご遺骨を骨壺に納めお墓や納骨堂に納めてしまった人があらためて分骨をするというのはどんな場合に起こるのでしょうか?
ここでは、分骨を利用する人について解説していきます。

まず第一に挙げられるのが、距離的な問題や体力的な問題でお墓参りが出来なくなってしまった人がお墓にあるご遺骨を分骨して手元供養をする場合です。

第二に挙げられるのが、故人の遺言などで別の場所にご遺骨の一部を埋葬して欲しい場所があり、後日になってその望みをかなえることが出来るようになった場合です。

第三に挙げられるのは、浄土真宗などの信者で、ご遺骨の一部を本山納骨をすることで信徒としての栄典を故人にしてあげたい場合です。

他にも分骨する理由は色々と考えられますが、一度埋葬したご遺骨を分骨する理由は人それぞれであり、その人なりに故人に対する思いの表れなのです。

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいのか

お墓

さて、一旦埋葬してしまったご遺骨を再び骨壺から取り出して分骨することは出来るのでしょうか?
骨壷内のご遺骨を分骨してもいいのか、まずは法律的な面からお話ししたいと思います。

法律的には分骨しても大丈夫

日本には亡くなった人をするための法律である「墓埋法(墓地、埋葬等に関する法律施行規則)」が存在し、その第五条に分骨に対する取り決めが定められています。
つまり、分骨そのものは法律で認められていることになります。

分骨に関して全部で3項の項目があります。
その内容は、基本的には分骨を希望する者があれば、火葬場あるいは収蔵された墓地の管理者はそのご遺骨が分骨されたものであることを証明する証明書を発行しなければなりません。
また、分骨を受け入れる側も証明書が無ければ受け入れてはならないと定められています。

もともと分骨そのものは日本でも古くから行われていたことです。
ただし、犯罪等で使われる恐れがあるので、ご遺骨は法の下で厳しく管理されているのです。

分骨するために必要なもの

埋葬してしまったご遺骨を分骨するにはどのようなものが必要なのでしょうか。
ここでは、分骨するために必要なものについて紹介していきます。

分骨用の骨壷

まず、分骨されたご遺骨を入れるための分骨用の骨壺が必要になります。
分骨はご遺骨の一部を取り出すだけですので大きなものは必要なく、公営の火葬場に行けば分骨用の骨壺を安く分けてもらえます。

ただし、分骨したご遺骨を散骨する場合には骨壺は必要ありませんので、故人に対し失礼ではない入れ物を容器を用意しましょう

埋葬する場合は分骨証明書が必要

既にお墓に埋葬してあるご遺骨を分骨する訳ですから、この場合は墓地の管理者に分骨の意思を連絡し分骨証明書を発行してもららわなければなりません。

この「分骨証明書」が無ければ「墓埋法」の規定により、次に埋葬する墓地や納骨堂などの埋葬先で分骨したご遺骨を受け入れてくれません。

石材店・寺院への連絡

お墓からご遺骨を取り出すのは一人ではではできませんので石材店に依頼して納骨室を開けてもらう必要があります。

そして、お墓からご遺骨を取り出す際には管理者の立ち合いが必要で、その立ち合いのもとに分骨証明書が発行されます。

また、宗派や地域によってはご遺骨を取り出すときに閉眼供養、改めて残りの遺骨を納め直す際に閉眼供養が必要な場合がりますので、自身の菩提寺に連絡をいれて事前に確認してください。

分骨用の骨壷の種類・サイズについて

お墓

さて、分骨しご遺骨はどんな骨壺に入れれば良いのでしょうか?
ここでは、分骨用の骨壷の種類やサイズについてお話ししていきます。

分骨壷の種類

分骨用の骨壷の種類は仏壇や祭壇などに自立しておける置物型の骨壷と、袋などに入れて携帯できる骨壷の2種類があります。

置物型の骨壷

置物型の骨壷は、従来の骨壷をそのまま小さくしたタイプの骨壷で、自立させることができます。

置物型の骨壷の材質は陶磁器や金属、ガラスなどさまざまな素材と形状のものが出回っており、色も普通の骨壷が城であるのに対し花柄やパステルカラー、メタリックなものまで様々です。

基本的に、手元供養を目的として作られているため、仏壇や棚に作った祭壇に置いても辛気臭くならないように明るデザインののものが多いです。

また、金属製のものであれば蓋がしっかり締まるものもありますが、たいていの場合は普通の骨壷と同じように蓋を置くだけのタイプが多いです。

携帯できる骨壷

携帯できる分骨用の骨壷は手のひらに収まるほど小さなサイズです。

骨壷の材質はアルミやステンレス、真鍮など金属製で出来ている場合がほとんどで、ご遺骨がこぼれ落ちないようにネジ式で蓋がしっかり閉まるようになっています。

骨壷の形は従来の骨壷をそのまま小さくしたものや、円柱形、宝珠型など様々ですが、最近ではリップススティック型のタイプも販売されています。

分骨壷のサイズ

分骨用の骨壷といってもいまいちピンと来ない方もいると思います。
そこで、具体的に分骨壺のサイズをご説明します。

伝統的な分骨壷

次に、伝統的な分骨壷について紹介します。
西日本では、自分が信仰する宗派の本山に自らのご遺骨の一部を納骨する「本山納骨」の習慣が古くからあります。
そのため、火葬時に分骨するために現在も火葬場で分骨用の骨壷が準備されています。

通常の骨壷が関東では7寸でこの中に遺灰を含むすべてのご遺骨を入れるのに対し、関西では5寸で足、腰、胸、腕、喉仏、頭などの主要な部分だけを入れ他は火葬場で処分してもらいます。

この時本山納骨用に2寸か3寸の骨壷が用意されていて、これに分骨用のご遺骨を収めます。
この寸尺は直径で、2寸の骨壷であれば直径が約6㎝高さが約8㎝、3寸で直径が9㎝高さが11㎝くらいです。
手元供養や本山納骨に使用するのであれば2寸程度の骨壷に入る分量のご遺骨で十分にこと足ります。

喉仏だけを入れることがある?

関西で本山納骨をする場合は、喉仏の骨だけを収める場合が多いです。

本山納骨ともなるとそれこそ全国から数多のご遺骨が集まるため、納めるご遺骨も故人のすべてのご遺骨というわけにはいきません
ご遺骨で喉仏と呼ばれる骨は第二頚椎で、その名前のとおりその形が仏様に似ていることから故人の分身であると考えられているからです。

この喉仏の骨さえあれば本山納骨ができるので、分骨用の骨壷も喉仏の骨に準じた大きさになったのです。

ミニ骨壷

ネットやお店で販売されているミニ骨壷はだいたいこの2寸の骨壷に準じた大きさか、それとももう少し小さなものです。

茶道具で使われる棗や茶入を思い出していただければその大きがわかるかと思います。
棗や茶入も小さい道具ですので仏壇などに納める手元供養用の骨壷として使うには最適なサイズです。

分骨後の供養方法

お墓

分骨したご遺骨はその後どのように供養すればいいのでしょか?
様々な供養法がありますので、分骨後の供養方法について一つずつ順を追って見ていきましょう。

手元供養

距離的、体力的な理由でお墓参りが困難になってしまった方、お墓を継ぐ人がいなくなってやむを得ず墓じまいをしなければななくなった方の場合、分骨して自宅の仏壇や祭壇に安置することで手元供養が行なえます。

他のお墓に納骨

故人の遺言などでご遺骨を兄弟姉妹や家族など、先祖のお墓から他のお墓に納骨したいという場合ににも分骨が利用されます。

故人の希望であれば、それを叶えてあげるのもこれも立派な供養となります。
この場合は埋葬する際に、墓地の管理者にそれぞれ分骨証明書を一緒に提出しなければなりません

永代供養

経済的な理由でお墓を持てない方や、やはり墓じまいをした方がお墓に変わる埋葬法といて納骨堂などの永代供養を行ってくれる施設に納骨して供養してもらう方法があります。

また、合祀墓を持つ寺院などに持って行き、他の方のご遺骨とともに永代供養してもらいます。
納骨堂に収めるにしても合祀墓で埋葬してもらうにしても、埋葬ということになるので、やはり施設の管理者に分骨したご遺骨とともに分骨証明書を提出しなければなりません

樹木葬

樹木葬は墓石の代わりに樹木を墓標がわりにする埋葬法で、埋葬した後はお墓を管理したり後を次ぐ必要もないので、永代供養と同様に経済的時お墓を建てることが困難な方やお墓を引き継ぐ方々が選多く択しています。

しかし、樹木を墓標とするならどこでも樹木葬ができるというわけではなく、埋葬という形をとるため「墓埋法」の対象となります。
また、墓埋法で規定される墓地を運営している霊園内の区画を利用して樹木葬を行うこととなり、やはり埋葬の際には分骨証明書が必要となります。

散骨(喉仏供養)

故人が生前好きだた場所に散骨して欲しいと望んでいた場合、分骨したご遺骨を粉骨し散骨をして供養することができます。

散骨の場合は墓埋法に規定する埋葬には該当しないため、自宅の庭などの私有地や公海の海などに節度とマナーをもって散骨すれば法律上問題ないとれています。
また、散骨の場合は分骨証明書は必要ありません

散骨の一つの携帯として喉仏供養というのがあります。
本来の仏教や浄土真宗などでは霊が抜けてしまった遺骨は最早何も意味がないと考えているため、仮に故人を偲ぶのであれば喉仏さえあれば十分供養ができ、佛の形をした喉仏の骨さえ粉骨して手元供養をすれば、残りは必要ないという考え方です。

喉仏供養を行い、残りのご遺骨を散骨するという方は多くいらっしゃいます。

ペットの遺骨も分骨できるのか

葬儀

人間の遺骨を分骨できるのであれば、愛するペットの遺骨も分骨できるのではないかと思う方もいるでしょう。

ここではペットの遺骨を分骨することについて簡単に説明します。

ペットの遺骨を分骨しても問題ないか

ペットの遺骨を分骨することは法律上何も問題ありません

ペットの遺骨は人間の遺骨と違い埋葬に関する法律は存在せず、ペットの遺骸は原則として一般廃棄物に分類され、基本的のはモノ扱いです。
言い方は悪いのですが、法律上はペットの遺骨の分骨はゴミを仕分けしているのと何ら変わらないのです。

そのためペットの遺骨を分骨してそれをどのように供養しようとも、廃棄物処理法に違反しない限りは飼い主の自由ということになります。

ペット用の分骨壷を紹介

ではペット用の骨壷にはどんなものがあるかご紹介します。
人間の骨壷とは違い、形式にとらわれずにかわいいデザインのものが多いです。

ペット骨壷 ミニ骨壷 足あと 2寸 
ペット骨壷 ミニ骨壷 足あと 2寸 

商品価格1980円

シンプルな形ですが足跡のデザインがキュートな陶磁器製のミニ骨壷です。
蓋にシリコンゴムが付いていますので密封度が高まり遺骨がこぼれ落ちてしまう心配もありません。

この商品を購入
手元供養 ミニ骨壷 チワワ 手元供養
手元供養 ミニ骨壷 チワワ 手元供養

商品価格5400円

ペットとして人気のチワワの形をした信楽焼のミニ骨つのです。
もしあなたのペットがチワワだったら、在りし日の愛犬の姿を思い出させてくれることでしょう。
他にも猫やダックスフンドなどもあります。

この商品を購入

分骨と骨壷についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、分骨と骨壷について解説しましたが、いかがでしたか?

分骨に至る経緯は人それぞれですし、分骨したご遺骨の供養も人それぞれです。
故人の冥福を祈るのであれば、分骨を通して故人の意向に沿った埋葬をしてあげるのも大切な供養となるのです。

最後にいままでお話した内容をリストでまとめておきます。

  • 一度埋葬したご遺骨を改めて分骨するのは手元供養が目的であったり、故人の遺言を叶えて上げる場合であったり、信徒して本山納骨の栄典を賜るためだったりと人によって様々な理由があります。
  • 一度埋葬したご遺骨を骨壷から取り出して分骨することは墓埋法で規定されている手順に法って行えば問題なく、分骨しする際には墓地の管理者から分骨証明書を発行してもらい、次に埋葬してもらう施設に分骨したご遺骨とともに分骨証明書を提出する必要があります。
  • 分骨用の骨壷は自分で用意する必要がありますが、現在はその目的に応じて様々な種類の分骨用の骨壷があります。分骨の際は喉仏の骨を使う場合が一般なので、喉仏の骨が入る骨壷であれば大きさは十分です。
  • 分骨後の供養の方法といて手元供養、親族のお墓に分けて埋葬する、永代供養、樹木葬、散骨など様々です。散骨を除き分骨したご遺骨を埋葬する際には一緒に分骨証明書が必要となります。
  • ペットの分骨は法律上問題ありません。ペット用の分骨用骨壷は人間用のものよりバラエティーに富んでいますので、ペットの冥福を祈り個人の趣向に合わせて選べます。

以上、ここまでご拝読頂き誠にありがとうございました。

終活ねっとでは「分骨と骨壺」以外にも、終活に関する様々な記事を紹介していますのでぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「骨壷・分骨」に関連する記事

  • 分骨用骨壷はどのように選んだらいいのか?オススメの骨壷も紹介!のサムネイル画像

    分骨用骨壷はどのように選んだらいいのか?オススメの骨壷も紹介!

    みなさんはお葬式が終わると遺骨は1ヶ所に納骨しますか?納骨する方法としては分骨も選択できます。分骨には手続きがあり不安に思うかもしれません。 また、分骨用にはどんな骨壷を準備したらいいのでしょうか? 今回は、分骨する際に役立つ手続きの方法と分骨用骨壷を紹介します。

  • 手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!のサムネイル画像

    手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!

    火葬後は大体の人がお墓に納骨すると思いますが、手元で供養したい、分骨して故郷にも埋葬したいと思うこともありますよね。分骨用の骨壷があればいいなと思ったことはありませんか?この記事では分骨用の骨壷のご紹介と、分骨に関する必要書類などをまとめてみました。

  • 分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

    分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

    永代供養や散骨、樹木葬など、従来のお墓にとらわれない多様な供養方法に注目が集まる今、分骨についても関心が高まってきています。これまで通りのお墓制度にも、新しい供養方法にも対応できる分骨。その具体的な手続きの仕方や注意点などをご紹介します。

  • お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!のサムネイル画像

    お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!

    亡くなった方のご遺骨は多くの場合、お墓に1つの骨壷にまとめて納骨されます。しかし、人によってはさまざまな理由で分骨しようと考える方も少なくありません。このような場合費用はどのくらい必要となるのでしょうか。今回は、お墓の分骨に必要な費用を見ていきましょう。

  • 分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

    分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

    家族が離れている・お墓参りに行けない、などの理由から、近年は「分骨」が広まっています。しかし、方法や手順に不安がある人も少なくありません。そこで、分骨の仕方・分骨後の供養の仕方を詳しく紹介します。葬儀前の知識としても役立ちますので、是非お読みください。

  • 分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

    分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

    「分骨をするのはよくない」と、聞いたことはありませんか?聞いたことがあっても、よくないという根拠は何でしょうか。分骨の必要性やメリットを考察しつつ、よくないとされる理由を探っていきます。

  • 身近な場所で供養をしたい。分骨用の骨壷についてのサムネイル画像

    身近な場所で供養をしたい。分骨用の骨壷について

    遺骨を分けてお寺での合祀や散骨を行ったり、手元供養する際に取られる供養方法である分骨。中でも自宅で供養する際に使われるのが、分骨用の小さな骨壷です。分骨に関する手続きや骨壷の種類などについて、詳しくご紹介します。

  • 分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介のサムネイル画像

    分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

    複数の親族間でそれぞれに遺骨の供養を希望する場合には、分骨が必要です。分骨をする時に重要な手順や費用について詳しくご紹介します。ご自身の希望する本山への分骨を検討されている方についても宗派・お寺別に費用をご紹介いたします。

  • お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

    お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

    様々な事情によってお墓からご遺骨を分骨する際、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?お墓から分骨をする方法や費用について詳しく見ていきましょう。近年増加している分骨。手続きも様々なものが必要となりますので、しっかりと知識を身に着けておきたいですね。

  • 分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説しますのサムネイル画像

    分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説します

    ご遺骨を何らかの理由で分骨したいという場合は所定の手続きを経ることが不可欠です。それでは、分骨に必要な手続きとはどのようなもので、どのような書類が必要となってくるのでしょうか?今回は、分骨という行為を行ううえで必要な手続きについて見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「骨壷・分骨」についてさらに知りたい方へ

分骨用骨壷はどのように選んだらいいのか?オススメの骨壷も紹介!のサムネイル画像

分骨用骨壷はどのように選んだらいいのか?オススメの骨壷も紹介!

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!のサムネイル画像

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!のサムネイル画像

お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

身近な場所で供養をしたい。分骨用の骨壷についてのサムネイル画像

身近な場所で供養をしたい。分骨用の骨壷について

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介のサムネイル画像

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説しますのサムネイル画像

分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「骨壷・分骨」についてさらに知りたい方へ

分骨用骨壷はどのように選んだらいいのか?オススメの骨壷も紹介!のサムネイル画像

分骨用骨壷はどのように選んだらいいのか?オススメの骨壷も紹介!

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!のサムネイル画像

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!のサムネイル画像

お墓の分骨にかかる費用と分骨の方法について解説します!

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと