現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。

終活を始めた時に、まず考えるのはお墓のことでしょう。しかし、昔と違い現代は様々な選択肢があるので悩みが尽きません。そこで今回は、現代のお墓事情の変化について、その問題点・原因・解決策を説明します。お墓の悩みを解決する道筋が開けますので、是非お読みください。

目次

  1. 現代のお墓について
  2. 現代のお墓の傾向と問題点
  3. 現代の新しいお墓・供養形態
  4. 生前に建てたお墓に入れない場合も
  5. 現代のお墓の問題点まとめ

現代のお墓について

お墓

終活を始めた時、まず供養方法で悩む人も多いでしょう。
お墓の継承者で先祖代々のお墓があり、そこに入る予定の人や、これから自分たちのお墓を建てようと考えている人、またはお墓以外の供養方法を望んでいる人など、人によって様々です。

昔に比べて現代は、ライフスタイルの変化に伴って選択肢が増えたので、ベストの選択が何なのか悩んでしまい、なかなか決められない人も多いでしょう。

しかし、現代のお墓の特徴や問題点・原因・解決策と一通り押さえておけば、今後の予定も立てやすくなります。
そこで今回は、以下の話題について説明します。

  • 現代のお墓の傾向とは何か?問題点は?
  • 現代の新しいお墓にはどのような種類があるのか?
  • 供養形態にはどのような種類があるのか?
  • 生前に建てたお墓に入れない場合もあるが、それはなぜか?

気になるお墓のことを解決して、安心したセカンドライフを送りましょう。

お墓を建てるにあたって、霊園を探したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

現代のお墓の傾向と問題点

お墓

初めに、問題の背景となる現代のお墓事情について、傾向を説明します。

故人の供養と言えば、お墓を真っ先に思い浮かべる人が多いでしょう。
お墓には「先祖代々の墓」などと墓石に掘られており、遺骨は全てそこに納められ、遺族は節目ごとにお墓参りに訪れる、そのような光景が一般的です。

しかし現代はライフスタイルの変化が原因で、「墓じまいの増加」「無縁仏の増加」などの問題が発生しており、故人の供養から遠ざかっている人やお墓以外の供養方法を選択する人が増えたことで、郷里のお墓参りに訪れる人やお墓自体が減少傾向です。

ではどのようなライフスタイルの変化が原因で、それらの問題が発生しているのでしょうか。

墓じまいが増加

お墓を無縁墓になる前に解体し墓石を撤去して、墓地を更地にして返すことを墓じまいと言います。

年を追うごとに墓じまいは増加していますが理由はどこにあるのでしょうか。

お墓の継承者がいない人が増加

現代は少子高齢化が進み、将来的にも改善の見込みが今のところないことから、お墓の継承者がいなくなるケースがあります。
お墓には管理料を毎年支払わなければなりません。

継承者がいないお墓は無縁墓になる可能性が高いです。

これを懸念して、今の継承者が存命のうちに墓じまいをしてしまい、後のトラブルを回避しようという人が増えています。

お墓に対する価値観の変化

墓じまいをすることによって遺骨の処遇が課題となりますが、そこで登場するのが、お墓供養以外の供養形態です。

現代はこの形態を希望するために墓じまいをする、という継承者問題とは方向性が反対の、価値観の変化が生まれています。

新しい供養形態としては「納骨堂」「永代供養墓」「樹木葬」「散骨」「手元供養」などが挙げられます(詳細は後述)。

東京一極集中の進行

地方創生の必要性は以前から提唱されていますが、いまだに、政治経済・文化・人口などの、社会における資源・資本・活動は、東京やその周辺に集中し続けています。

東京一極集中は、普段の生活では利便性に優れ快適ですが、お墓参りとなると地方に行かなければならない人が多くなり、場所の遠さや利便性の無さによって時間と手間が取られるため、次第にお墓参りと疎遠になってしまう人が年々増えています。

結果として、墓じまいをする人が東京一極集中の進行と比例して増えているのです。

無縁仏の増加

無縁仏とは、お墓を継承する人や守る人がいなくなり、管理されず放置されているお墓や魂のことです。
お墓参りに行った時に、草木が伸び放題で荒れ果てているお墓を目にしたことがある人も多いでしょう。

無縁仏が増加している理由は、基本的には墓じまいが増えている理由と同じですが、少し性質が違う部分もあります。

墓じまいをしない人がいる

毎日の生活が忙しく、お墓に対して徐々に意識が薄くなり無頓着になってしまった人が増えたことで、近年は、お墓参りどころか墓じまいも後回しにされつつあります。

親族の誰かが管理しているだろうと無意識に考えて疎遠にしていたが、親族同士がお互いに同じことを考えていた結果、いつの間にか、お墓が無縁仏のような状態になってしまったケースも散見されます。

管理料の未払いの増加

勘違いや経済的な事情で管理料を支払わなかったがために、墓地や霊園側から無縁仏とみなされお墓が撤去されてしまうことも増えています。

管理料とは、墓地や霊園を維持していくためのお金で、永代使用料とは別に支払う必要があります。
管理料を一定期間支払わないと、法律により墓地や霊園側はお墓を無縁仏として整理することができます。

永代使用料を支払っているから大丈夫、と勘違いしている人も少なくありません。
永代使用料とは、あくまで「そこにお墓を置く権利を買うための料金」なので、永代使用料を支払ったからと言って、墓地や霊園側がお墓を管理してくれるわけではありません。

ちなみに管理料は、お墓参りに来た人が墓地を気持ちよく使えるように、施設の整備や備品の管理等に使われます。
墓所内は個人管理の場合がほとんどなので、たとえ管理料を支払っていても、お墓参りは必要と言えるでしょう。

霊園・墓地のイメージの変化

従来のお墓は、古い墓石に塔婆が何本も立ち並び暗く重苦しい、いわゆる「墓場」のイメージでした。
死に対する漠然とした不安や、根拠の無い心霊・オカルトの類の情報が、さらに負のイメージを増幅させていたと言えるでしょう。

しかし現代は高齢化が進み終活のニーズが増え、供養方法が多様化してきたことに合わせて、従来暗いの墓場が持つイメージを払拭する霊園や墓地が登場しています。

様々な形のお墓が登場

従来から存在する、いわゆる日本のお墓は、特に高齢者に根強いニーズがあります。

一方で、故人の特徴や趣味を見立てたオリジナルデザインのお墓を建てるケースが近年増えています。

例えばサッカーが好きだった故人のお墓を、サッカーボールを模したザイン墓で建てられることで、より故人をイメージし易く、故人に会いに来た感覚が強くなるでしょう。

また、洋風のお墓は、全体的に背が低いことで知られています。
お墓参りし易く地震にも強いので現代は特に好まれています。

まるで公園のような霊園の増加

従来の墓地や霊園は、しきたりを気にしたり暗い印象を持っていることが原因で、特別なことが無い限り近づかない人が多いでしょう。

しかし現代は、これらのイメージを払拭する、外国のグリーンガーデンのような霊園が日本にも入り、さながら整備された自然公園のように、誰もが訪れやすく周囲の住民にも受け入れられやすい外観や内装を携えた霊園・墓地が増え、ニーズも高まっています。

現代の新しいお墓・供養形態

お墓

従来のお墓の問題点や原因をここまでは解説しましたが、では墓じまいや無縁仏の増加という問題に対して、解決策となる新たな供養方法とはどのようなものがあるでしょうか。

以下ではそれぞれの特徴を解説します。

納骨堂

納骨堂とは、他人から委託をうけて遺骨を収蔵する場所のことで、納骨堂として各都道府県知事から許可を受けた施設のことです。

長期的(一般的には弔い上げの三十三回忌まで)に遺骨を個別に収蔵した後、永代供養墓などの合祀墓に移して供養するのが一般的です。

従来のお墓との違いは納骨する場所の違いで、永代使用料や管理費を支払う必要があります。
しかし、墓石を準備する必要が無いことなどから、費用を安く抑えられるでしょう。
好みやライフスタイル、経済事情に合わせて様々なタイプの納骨堂を選ぶことが可能なのも魅力です。
また、墓所の手入れをする必要が無いので、無縁墓のようにお墓が荒んでしまう心配もありません。

永代供養

永代供養墓は、お寺が遺族に代わって供養や管理をするお墓のことです。
個別に管理する従来のお墓や納骨堂と違い、他の遺骨と同じ場所に納骨されることから、合祀墓と呼ばれることもあります(一定期間個別に安置される場合もあり)。

お墓を引き継ぐ必要が無いことや、管理費がかからないことが多く、従来のお墓よりも費用を安く抑えられることが特徴でしょう。

樹木葬

樹木葬は永代供養墓のように合祀墓の一つで、霊園の敷地など許可が出ている場所において、1本の木の下に個別、または合同で遺骨を埋葬する供養方法です。

主な特徴は永代供養墓と同様ですが、自然に還ることができる埋葬方法として、需要が高まっています。

散骨

散骨とは、遺骨を第三者が見て遺骨と判断できない状態(粉状)にしたものを、海や山中などに撒く供養方法です。

遺骨を粉状になるまで粉砕するのは、遺族の労力や精神的負担が大きいので、通常は業者へ委託しますが、お墓の管理等も不要なので、費用を安く抑えられます。

手元供養

故人の遺骨を自宅などの身近において供養する方法を手元供養と言います。

一般的には全ての遺骨ではなく、分骨したものを一部だけ手元供養にしていることが多いです。
分骨した遺骨を小さなペンダントにして身に着けたり、ミニ骨壺に入れて部屋で供養する場合が多いでしょう。

タイプは様々ですが、やはりお墓供養に比べて費用を安く抑えられることや、故人を身近に感じられることがメリットです。

生前に建てたお墓に入れない場合も

困った人々

その他に生前建墓という方法があります。
生きているうちにお墓を建てることは、身内の負担を軽減することや、都合のいいタイミングで好きなデザインのお墓を建てることができるメリットがあります。

建てた後に意向が変わったり、維持費がかかることや、場所によっては生前建墓を断られるケースもありますが、仏教的には「寿陵」と呼ばれ、長寿・子孫繁栄・家内円満など、縁起がいい行いとされ、現代はニーズが高まってきています。

しかし、トラブルに発展している事例があることも事実なので注意が必要でしょう。

終活が親族に認知されているか

生前建墓を行なったものの、親族の意向を無視して建ててしまったために、場所が遠い・先祖代々のお墓との兼ね合い・そもそも建てたことを知らせていない、などのトラブルが発生し、場合によっては改葬に発展しているケースもあります。

終活を始めたら周囲の親族には必ず内容を話し、自分の意向を伝えて親族との折り合いをつけていくことが、本当の意味で親族の負担を減らし、お墓のことで悩まないためには必要でしょう。

終活の内容を周りに伝える方法

終活の内容を伝えることは、いかに親族と言えども個人情報を開示することなので、抵抗がある人も少なくないでしょう。

しかし無用なトラブルを回避するためにも必要なことです。

折をみて少しずつ話していく方法もありますが、エンディングノートなどを用意して、親族に見える形で残しておくこともできます。
法的効力はありませんが、意向を伝える手段として有効でしょう。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

現代のお墓の問題点まとめ

人々

いかがでしたか?
今回は現代のお墓事情の変化について、問題の原因と解決策を解説しました。その結果、

  • 生活の変化でお墓参りの機会が減り、墓じまいや無縁墓が増加していること
  • 現代はデザイン墓や庭園のような、綺麗な景観のお墓や霊園が増えていること
  • 納骨堂、永代供養墓、樹木葬、散骨、手元供養など多様な供養方法があること
  • 生前墓に入れない場合があること、終活を親族に話す必要性があること

が分かりました。

故人を供養したいという想いは、いつの時代も変わりません。
従来のお墓供養が、時代やライフスタイルの変化に伴って変わってきていることは、その想いを適切に時代やライフスタイルの変化に反映させた、自然なことと言えるでしょう。

供養方法をよく吟味し親族とも話し合い、自分に合った方法をしっかりと選んでトラブルを回避し、円満なエンディングを迎える準備をしましょう。

終活ねっとはみなさまの終活を本気で応援します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・現代」に関連する記事

  • 近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

    近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

    お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • 墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像

    墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

    代々受け継いできたお墓だけど、管理するのが難しくなってきて墓じまいを検討した時、困るのは遺骨の行き先です。最近では、墓じまい後の供養方法の多様化に伴い、遺骨の管理の仕方にも様々な方法があります。今回は、そんな墓じまい後の遺骨の管理方法について詳しく紹介します。

  • もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

    もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

    先祖代々のお墓を守ったり、お墓を建ててそのお墓にご遺骨を納骨するという供養方法ではなく、最近では新しいスタイルの供養方法を選ぶ人が増えてきています。ここではお墓の新しいスタイルについて紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

    お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

    今、お墓をめぐる様々な問題があふれています。継承者のいないお墓が増加する一方、お墓を持たないことを選ぶ人も少なくありません。少子高齢化や未婚率の上昇、経済の低迷など、目まぐるしい社会の変化と共に表面化してきたお墓が抱える問題についてご紹介します。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

  • 放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?のサムネイル画像

    放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?

    高齢者と呼ばれる年代が増える一方、晩婚化や少子化の影響で若い世代の人口は減少しています。つまり墓守のいない家庭が増えているのです。墓守がおらず放置されたお墓はその後どうなるのか、どんな対処法があるのか。今回は放置されたお墓の疑問を詳しくご説明していきます。

  • お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

    お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

    お墓を持たないということについて考えたことはありますか?お墓の後継者がいなかったりしてお墓を必要なしとする人が増えているそうです。お墓を持たないといってもどうすればいいのか分かりませんよね。そんなお墓を持たないことについて今回は調査してみました。

  • お墓の悩みを抱えている方のために 解決策を紹介いたします!のサムネイル画像

    お墓の悩みを抱えている方のために 解決策を紹介いたします!

    「お墓を建てても自分の代で後継ぎがいなくなる」「代々守ってきたが、後継者がいない」「お墓を維持する余裕がなくなった」など、お墓の悩みを抱える方が増えています。現代では、お墓の悩みが深刻化しています。お墓についての様々な悩みを解決する方法をご紹介いたします。

  • 永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!

    現代ではお墓の後継者についての心配がいらない永代供養のお墓に注目が集まっています。その中でも永代供養付きの家族墓は家族と一緒の安心感が好評です。今回は家族墓の特徴や気になる費用の相場などを詳しくご説明いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・現代」についてさらに知りたい方へ

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?のサムネイル画像

放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

お墓の悩みを抱えている方のために 解決策を紹介いたします!のサムネイル画像

お墓の悩みを抱えている方のために 解決策を紹介いたします!

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・現代」についてさらに知りたい方へ

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと